2019年11月01日

VScodeというものがありましてん

Cでのデバッグができるようにしようっと・・・・と解説サイト見て真似たがうまくいかんのだった。BreakPointで止まらないでごじゃります。
そこでアンインストした。指定のFolderも消した。users/….とかにあるものね。

そして、VScodeを再インストして・・・・だが、うまくいかんのだ。何か勘違いしているぞ。多分。

   で、Pythonも使えるようにしてだね。拡張機能をせっせとインストだ。


そして、ドッヒャー!!  別問題が生じた。拡張機能でCode Runnerを入れたのだが、これの出力が文字化けするです。そりゃcp932とcp65001だっけな、切り替えれば・・・いや、そうではない。いままで正常だったのだ。文字化けとっくに解決していたのだがVScodeを再インストしたら文字化けが復活したでござる。。。(´・ω・`)

これは自分のメモを調べるよりGoogleが早い。

文字化けが治ったのではなかったのだ、今までも。Code RunnerはDefaultではOUTPUT窓に出力する。それだと日本語は化ける。なのでTerminalに出力するようにしていたの、わし。
なんでか知らないがTerminalに出力すると文字化けしないのであった。多分、settingsで何かやったかもなあ。知らんけど。

Code Runnerの出力をOUTPUT窓ではなくTerminal窓にすると文字化けはしないのである。
俺んち、Win 10(1903), VScode 1.3*** テキトー。

cppの場合にはCode RUnner使う前に Terminalで、chcp 65001 って叩いてから。それで文字化けはない・・・・ってずってやっていたのか不明。文字化けって去年か一昨年で消えたと思っていたのに。

で、デバッグができるようにするのは大変なのでVScodeではDebug機能は使わないで原始的にprint文を多用しますです。場合によってはVisual Studio 2017 Community使うますよってに。

posted by toinohni at 11:20| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください