2019年09月21日

台風15号で倒木が

小金井公園。桜の大木が倒れていた。枝葉は細かく切り切り。枯れて軽くなったらトラックが運んでいくのだろ。桜だよな、松かな、欅か、ユーカリか、桜にしとく。
大木も枝葉が大量に茂っていると強風を受け揺れ、力は根元にかかる。枝葉が少なければ耐えたであろう。
数年前に強風で松の大木が根元でポッキリと折れていたのを見たことがある。見たら根元は空洞だった。根元が腐ると弱くなる。
他に楓の大木が、ユーカリかな、とにかくデカイ木が倒れていた。見たら根元の土がめくれる感じ。根元が折れたのではない。地面ごとめくれたのだ。これは根が浅いからだろう。大木は根を地面に深く下ろさないと弱い。

人も同じだ。根幹が弱いと倒れる。抱えるものが大きいと倒れる。地場・地域に根ざして活動しないと倒れる・・・・・なんちーーーて、人生訓を導き出したくなったでござる。

今年の台風はまだ来るぞ。

posted by toinohni at 09:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください