2019年09月16日

VDSLの次のG.fastというの・・・期待しておるのだが

au光はマンション入口までが光であり、そこから俺んちの部屋には既存の電話線、つまりメタリックケーブルに信号を載せておるおるおーーるず。そこで下り100Mbpsとか上り30Mbpsとか言うとる。数値はテキトー。
だが、G.fastという技術規格だと下りが600Mbpsぐらい可能となるのであります。というので、待っている。
いや、またないでauひかりは解約してフレッツ光にすればいいんだけどさ。これはフレッツ業者に確認したら俺んちの集合住宅(マンションとも言うらしいが恥ずかしいので書かない)では可能だ。配管があるので光ファイバーをそこに這わせるとか言う。管理人に聞いたら既に使っている事がいるって去年言うとったし。
つーわけで、auひかりを解約して、Nifty + KDDIの組み合わせを解約してかね、So-net + フレッツ光で新規契約してキャッシュバック狙いを計画しておるおるおーーるず(笑)

だが、KDDIのG.fastが今後の半年ぐらいで実現したら、それでもいいなあ(笑)
どゔたろ。
と思ってKDDIに聞いた。auひかりに聞いた。メールで聞いた。電話で聞いた。そしたら、わかりませんって(笑)
新聞発表では2018年の10月に、つまり去年の10月にVDSLはG.fast規格に切り替えていく、それで下り600Mbps超が狩野舞子だ、叶姉妹だ、可能となるのです、キリッ)
というような新聞発表は単なる宣伝に過ぎず実態は・・・・。くそ、どっかで調べるか。5chで、ちみぃらのauのVDSLはG.fastに切り替わりましたか、教えてケロって書くか。

というわけで、価格コムを見ると100Mbpsは数少なく、多くが1Gbpsになっている。NTT東西、ソネット等が活躍している。au, KDDIは遅れている印象だ。

まあしかし、いいや、どうでも。

posted by toinohni at 14:23| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください