2019年09月12日

10kgの米袋を開けたら虫がうようよ・・・・どっひーーー

カリフォルニア米10kgが安かったので買って2ヶ月ぐらい保管。安い時に買い置き!!  が失敗の元だった。
袋を開けたら、蛆虫がぞろぞろ。おいおい、ちみぃらはどっから来たであるか?
https://www.ricepier.jp/%E3%81%8A%E7%B1%B3-%E9%9B%91%E7%A9%80%E8%BE%9E%E5%85%B8/%E3%81%8A-%E7%B1%B3-%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%93%E3%82%8C/%E3%81%8A%E7%B1%B3%E3%81%AE%E8%99%AB%E3%81%AB%E6%B3%A8%E6%84%8F/

コクゾウムシではなくメイガだった。モスラーのミニチュアみたいなのがうようよ。さらに羽がある虫もいたから。幼虫が蛹となり孵化して成虫となり羽ばたいて飛んでいくのでありまーーす。

で、カリフォルニア米はどうしたものか・・・・・ 水洗い。虫は軽いので浮かぶ。それで取り去る。うーーむ。いいぞ。と思ったものの一度、水につけた米をどうすれば?   とりあえず乾かした。
その後に炊いてみたが何か変だジョー!!  変色してたし。なんでだろ。知るかよ。

で、捨てた。無理して食うことはない。

次は国産米の10kgの一番安いの。これも買って2ヶ月ぐらい台所に置いといた。今朝、開けたら虫が飛んでいきました。既に孵化して羽があり。活きている虫は飛んでいき。死んだ虫は米に混ざり。
今度は幼虫はいなかった。
そもそも、こいつらはどこからやってきた?  買う前からいた?   既に卵が米の中に?  いやー、どうだろな。仮にそうだったら店舗で並んでいる時に虫がウヨウヨ見えるはずだなあ。
買う際にはいなかったわなー。買ったのは7月だけど。

というわけで上のSite記事を読むと害はないみたい。俺んちの台所にメイガがいて袋を破って中に入り卵を産み付けたってか?   そなの? 

とりあえず、15℃以下では活動しないとか。10kgで一番安いのは3000円弱だ。買っておこうっと。・・・・と貧乏金無しのオレは思いました。知恵もなし!! (笑)
夏場は米の買い置きはしないことにする。

まあしかし、虫が湧いた = 無農薬の証 !!    というおめでたい見方もあるのでして。

posted by toinohni at 06:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください