2021年10月18日

おお ちゅうにちい どらごーーーんずうぅぅ

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3db2e85ffc6d58b824f3729abd7ccd16da57d54?page=1

新監督決まりか。日ハムは誰だろな、ソフトバンクは誰だろな。さーな。

で、中日は監督が代わって強い中日になるかどうかは練習次第だよおぉぉぉぉんんんんん。

秋季キャンプ、来春のキャンブがどうだかなあ。。。なんだよおぉぉぉぉぉん。

練習の質と量が大事なんだよおぉぉぉぉぉんんんん。

昨今はどの球団も練習は なまぬるーーーーい らしいんだよおおおぉぉぉぉぉぉん。

そういう中で抜け出すには・・・そこだなあ。

監督が代わって貧打中日がすぐに強力打線に変わるかよ。地道に練習して鍛えるしかないんだよおぉぉぉぉぉぉんんんん。
そこだよな。PL出身の立浪だとPL学園の野球部並みの練習はさせるだろ(笑)

助っ人外人 獲得できるかね。ケチケチ中日が・・・・・ 知らんけど。
とにかく、来季は優勝戦線で頑張ってくれたまへよ。

posted by toinohni at 21:12| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子とはなにか  知るかよーーーーだ そーーなんだ

質量がある。
電荷がある。
スピンがある。
原子に束縛されている。
原子に束縛されていないのもある。
速度vで運動するとλ=h/(m・V) の ド・ブロイ波である。
光子を吸収する(アインシュタインの光電効果の説明)
光子を放出する(ボーアの水素原子モデルでの説明)
相棒の陽電子がおる。
相棒の陽電子とは対生成、対消滅の仲である。
対消滅を無視すると寿命は無限大である。ホンマかね。
個性がない。
大きさはかなり小さい。現代の検出技術では大きさを測定できない。
なので点電荷として扱うが、点電荷は自己エネルギーが発散する。
電子は無限大のエネルギーを持つ・・・計算上は・・・ それ使えない(笑)
古典電磁気の電子の無限大のエネルギーは量子力学でも見事に受け継がれた。
量子電磁気学では電子のエネルギーの無限大を回避する手法が開発された。くりこみ理論。
電子の真の電荷や質量はわからない、観測されるのは真の電荷・質量と周囲のもやもやの合計。

するってーと電子ってなんだ?  簡単だな。電子とは上のように語られるものである。うむうむ。

  シュレディンガーは波動関数を電子の質量分布と捉えたらしいが、それだと電子がピンポン玉やスイカぐらいの大きさになってしまうでバカタレ・・・と否定された。
量子力学では電子を点粒子として扱うが波としての性質は波動関数が担う。電子は波動関数でその存在位置を記述できるのである・・・・確率的に・・・・ ほんまかいな。
電子はここにある・・・とは言えず、そこらにある・・・ なので実際にどこにあるかはわからないのだが、どこにあるかはわからないがそこらにあるという事を物理用語では難しく共存しているというのである。それって正直にどこにあるかわからないんだもんって言えって(笑)

日常経験的な感覚、古典物理の捉え方で電子を理解しようとするとドンづまる。古典物理で説明できない現象が出てきたので量子力学が誕生したのであった。ものの考え方を変えねばならぬのである。
  そんなのいやだー、つじつま合わせのためにものの考え方を変えるっていやだーーと ダダをこねた人もいる(笑) つじつまが合うってのが理論なんだぜ。

というように考えたのだが、最近は物理の入門書をたくさん読んで知識が増えた気がするのだがワタクシは知恵が増えていないと気づいたのである。雑学は増えても知恵がつかぬ。
それってワタクシはアッタマーが悪いってことかもなーーーー(笑)

posted by toinohni at 18:50| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東芝Dynabook R732/F で四苦八苦

Win 11 は不可らしい。CPUが古すぎるらしい。世代が。まー。

しかし、手動でWin 11にすることは可能だという記事があったので真似た。途中まで。

しかーし、だめだった。原因はセキュアブートではないからだった。そこでBIOSでセキュアブートにした。そしたら、OSが起動しなくなったんだよおおおぉぉぉぉぉぉん。
Insert System Disk とか出た。がびーーーん。

だめなんかーーーい。セキュアブートにして他にも設定が必要なのかーーーい。

うまく言った例があったら真似るぞーーーーい。

posted by toinohni at 14:42| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テンソルってなんだべや  なあぁにい知らんのか うむ

最近の大学ではテンソルを1,2年で習うのか? 理工系で。ワタクシの頃はそんなの知らんかったぞ。そもそも電磁気学の教科書にテンソルが出てこない。
手持ちの「電磁気学」高橋秀俊、「電磁気学」スレイター・フランク、「バークレー電磁気学上下」飯田監訳 を見ても書いてない。テンソルという言葉はあるが解説はない。
これらの教科書は大学初年級レベルのものだからか。いやーーー、2,3年次あたりの教科書だと思うぞ。
ってことは最近の電磁気学の教科書を探そう・・・・レッツラゴー 図書館。

しまった、今日は月曜日だ。図書館は休館日だあぁ・・・・・

計量テンソル・・・・うむうむ相対論で出てきましたね、夢の中で(笑)
電磁気学でも出てくるとしたら・・・・J = σ E という式でσはスカラーであるのだけれども、これがベクトルになったらどないだ?  行列になったらどないだ。・。。 テンソルって概念の登場はそこらからだで、電磁気の場合には。

と言う気がするの。

しかし、そもそもテンソルとはなにか、どうしてこんなの使うのか、何が便利なのか、って初歩的なところがまったく理解できておらんうーたん。

浅学非才!!   不勉強が身にしみる秋 !!    くっそー、焼酎飲んでやる・・・ なんで?

posted by toinohni at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお、菅野 頑張り球へよ なんちて

https://hochi.news/articles/20211017-OHT1T51227.html?page=1

image

中4,5日のローテで先発陣は壊滅したのだが・・・・中9日となると休養十分であり疲労はとれて菅野が絶好調、ベンツくんも山口俊も高橋優貴も戸郷も絶好調、打撃陣も休養十分 + 練習十分で絶好調になって23日のヤクルト戦からの残り4試合に臨むのである。素晴らしい。
これで勝てないはずがないね。そだねえ。

しかし、菅野はデブ化しとるなあ。これと岡本のデブ化はなんとかならんのか。見苦しいのだ。デブは。。。。 わーー、それ差別うぅ・ぅ・・・・・・
丸も巨人に来てからますます 丸くなってまー まるが ますます まるくなって (笑)

なんでデブ化するのか。単純だよ。練習不足と食事管理が出来ていないって事だ。
ここはなあ、昔の昔の昔のカネダマサイチのような健康管理が欲しいところだで。

ただ、スリムであれば成績良いのかというとそうでもないところがプロ野球なんだけどな。江夏は腹が出ていても活躍したし。門田はデブだったし(笑)

とにかくな、巨人の選手らが休養して疲労が取れて絶好調になったら強いんだぜ。。。たぶん。

待て待て、それって相手も休養十分なのでわあぁぁぁ・・・・ はっ そうだね。

posted by toinohni at 12:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バカタレ オリックス 最下位の日ハムに負けとるんじゃねーちゅーの そだねえ

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110180000074.html

日本ハム斎藤佑樹投手(33)が涙の引退試合に臨み、11年間の現役生活に幕を下ろした。オリックス25回戦(札幌ドーム)の7回、2番手で登板。予定の打者1人と対戦し、四球を与えて降板した。三塁側ベンチに戻ると、同時期に退任を発表した栗山英樹監督(60)に声を掛けられ涙を流した。プロ11年間で通算89試合、15勝26敗、防御率4・34。数字以上の大きなものを残し、ユニホームを脱いだ。

---------------------------------------------------------------
こんなのに同情して負けたのかバカタレ!!   なんちてね。

まー、これだとロッテかなあ。。。。 いやいや、まだわからんぞ。

斎藤佑樹は知名度バツグンなので次の仕事は困らないであろうぞ。コーチ業でも野球解説者でも 好きにし球へよ。好き西多摩へ…・・ すきにしたまへ、を変換すると好き西多摩へ。。。

ワタクシは数年前から潔くとっとと引退したまへと思っていたので やっとかよって感じ。もうひとり潔く引退したまへと数年前から思っているの松坂大輔。。。いまいち応援する気にならん。
  松坂も引退試合やるのか。知らんけど。

話題性はあるので共に引退後もメディアに狙われる・・・・かに? 

早大で同期の大石、福井っていたなあ。あらら、ららー。三人ともたいした活躍してないなあ。大石は引退して西武の二軍コーチみたいだし。福井は楽天かあ。
斎藤、大石は甲子園優勝投手でんがなや。まー。これって甲子園で肩ダメージってパターン? 
知らんけど。
甲子園優勝投手で今 活躍しているのは西武の今井達也を連想するが他には? 中日の小笠原だな。。。あと知らん。

いや、楽天・田中のマ~がおったわ。今井、小笠原、田中のマ~は高卒でプロ入りしている。保険で大学進学しようって考えない潔さがあるなあ。。。。うむうむ。
するってーと、大学野球経由でプロ入りして活躍している投手は?  うむうむ。後で調べようっと。たくさんいるはず。

posted by toinohni at 08:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子は でんこ じゃないんだよーーー

ファインマン 電磁波・物性で半径aの球として電子を考えた場合の問題について書いてあった。点電子だと発散があるが球だと発散はない。しかーーし、代わりに別問題で破綻するとか。

電子を球と考えた時に共変性を取り戻す・・・・「電磁気学Ⅱ」太田浩一、「マクスウェル方程式の基礎」太田浩一 では1983年にシュインガーが解を与えたと書いてある。

ポアンカレー・シュインガー応力によって、安定な球殻電荷を作ると同時に、共変性も回復するのである・・・・・ じゃじゃじゃーーーーーん。

しかし、そうであるならば、そこから量子力学につながるのか。ファインマンは電子の理論は量子力学につながるべきであるとかの主張をしていたぞ。
その安定な球殻電荷から電子のスピンが導き出せるのか。どうなのよおぉ・・・・

というわけでワタクシにはワケワカラン話なのであります。だが、なんだか面白いと感じる次第である。物理学者が四苦八苦、悪戦苦闘してきた様子が想像できるのである。

物理の理論ができて教科書に載ると読者はそれらが簡単に出てきたと勘違いするであろう。なんたってノーベル賞の受賞者って天才肌だからなあ。ところがバット、そうではない。やっぱ歴史的な流れって知ると面白いね。。。。。そりゃどうせ理論は理解できないからなあ(´・ω・`)

ところでワタクシは二重スリットの話を知っている。量子力学での。あれは一つの光源から出た光を二重スリットに通す。干渉縞ができる。ヤングの干渉実験である。

では一つの光源からではなく二つの光源からの光は干渉するのかしないのか?  しない。二つのレーザー光線を交差させても、二つの懐中電灯を交差させても干渉しない。どうしてか。周波数が違う・・・・うむ、それはありうる。だがそれだけが原因ではない。

2つの光源からの光は干渉しない。。。。。。

「電磁気学」スレイター・フランク 柿内訳 を読んだら書いてあって。これは電磁気学の教科書であるが不出来で不勉強なワタクシは学生時代から最後まで読んだことはなかったのである。
教科書は最後まで読もうね。そだねえ(笑)

だが太田浩一の本は最後まで読めんのである。数式ばかりでワタクシは嫌いじゃ(´・ω・`)
待て待て、その数式は太田浩一が発明した数式ではないがなや。昔の物理学者の論文に載っていたものらしいぞ・。・・・・・ どっひーーーー。数学できんと物理はわからんってかー!!
  そりゃそうかもね。そだねえ。

浅学非才!! 不勉強が身にしみる秋 !!     うーーむ。誰かの受け売りでんがな(笑)

posted by toinohni at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あららら 広島が3位巨人に2.5差まで迫ってきましたぜ

https://hochi.news/npb/standings/?bw_pageId=info0201

image

これは巨人が10連敗中だし残り4試合も全敗して・・・・ 待て待て、広島が残り試合7つだねえ。うむうむ。ともに勝率5割切ったテイタラクなのでどーでもいいや、もう。
いや、広島は阪神に勝ったのでCSに出たら有利かもなあ。。。テキトー。
一時期は阪神が独走だったのがヤクルトに追い越された。チビシーのお。まあしかし、今年の阪神は見ごたえがあった・。・・・・ってか、まだ終わってないわん。

巨人は3位になってCSで下剋上だな。試合間隔が空くので投手の疲労が取れるだろう。中9日とか中7日とかならばもうもう カンポキカンポキ!!  残り4試合も試合間隔が空いているので菅野や山口俊やベンツくんらが完封するであろう。中継ぎ抑えが出る幕なし。。。という妄想。
しかーし、CSまでの試合間隔が空くのは巨人だけではないのでして(笑) 相手も疲労回復してくるとどうして気づかないのかワタクシは…・・(´・ω・`)

posted by toinohni at 08:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする