2021年10月11日

キーボード なんですけど そうなんだ

エレコム 有線キーボード TK-FCM108KBK 薄型 メンブレン式 抗菌 フルサイズ テンキー付 ブラック

 

エレコム 有線キーボード TK-FCM108KBK 薄型 メンブレン式 抗菌 フルサイズ テンキー付 ブラック

 

近所のPCデポにあった。展示品があったのでキーボード叩いて試した。タイプの感触はメンブレンとしては良い。パンタグラフ方式のフルキーボードは高いのでこれにするか。パンタグラフ方式のテンキー無しのキーボードは持っているがフルキーボードが便利だわ、やっぱ。

そこで他の店では価格はどうだろな・・・ヨドバシ・ビックとか見たがあかん。実店舗ではヤマダ電機、コジマなど回ったが。運動不足解消のために自転車で・・・・ いいぞ。

結局、PCデポが一番安かったので購入した次第である。1500円・税込み。

で、2週間ぐらいになるるか・・・ まあこんなものである。慣れるとこんなものである。今までのキーボードはもう使わんので小型家電の日に捨てるか。

で、これのレビューだが。某通販サイトのレビューを読むとキータイピングの感触が悪いとか、よくワカラン書き込みがあるが、それは個体差なのか使う側の個性の差なのか。
ワタクシは2000円以下のキーボードに関しては数種類使って来たので、これの感触は良いと感じている。
感触はキーストロークの長さも関係するわな。パンタグラフ方式だと2mmぐらいのストロークがあるがメンブレンではないだろ。
他に一ヶ月で壊れたとか、数ヶ月で壊れたとかのレビューもあるが製品は初期不良というものがあるし、これは運としか言いようがない。
ワタクシが持っているフルキーボードは10年選手もいるのだけど故障はないのだ。意外と持つ。運だろか。
ノートPCのキーボードがこわれた・・・一つのキーが使えん・・というのはあるけどね。10年選手でして。それは外付けキーボードつなぐので問題なし・・・うむ。

で_?

例のレビューだが、信用度はどれぐらいなのかね。5chと同じぐらいだろなあ(笑)

posted by toinohni at 17:59| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中古デジカメ Fuji Z1100EXR なんですねえ

  購入2週間ぐらい。前のZ800EXRに比べてどうかというと、良い(笑) 解像度が上がったしWi-Fi機能もある。これが実用になる・・・とは思わぬ。激オソだしFolder一気にスマホに転送という事も出来ぬ。枚数制限がある。なのでSDカード外してPCに挿すのが早い。USBケーブルでつないでも良い。
で、2012年製なのでバッテリーは持たんだろと思ったら10日過ぎているのに未だにヘタリが出てこない。
  Z800EXRは2,3日でバッテリー切れたぞ。。。。どっーひーーーーーーん。

というわけでなんかへんだな。こんなにバッテリーが持つっておかしいど。。。 そりゃ使ってないからだろ。どどっぴーーー。

というわけで100枚ぐらい写真とってみそ。まだ30枚ぐらいだろ。

この手のコンデジはスマホのデジカメより性能低いので新製品は出てないだろ。。。つーか、Fujiは撤退したっけ。一眼レフだけ維持しているのだっけ。

スマホのデジカメは光学望遠がないからな。うむうむ。それだけが上のZ1100EXRが勝っているのどすえ。。。。どーよ。なにがよ。知るかよ。

posted by toinohni at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソフトバンク うむうむ まー

https://hochi.news/articles/20211010-OHT1T51260.html?page=1

ソフトバンクの工藤公康監督(58)が今季限りで辞任する意向を固めたことが10日、分かった。就任7年目、2年契約2年目の今季はここまで4位に低迷。球団からは再三の続投要請を受けたが、不振の責任を取って辞退を申し入れた。
就任1年目の15年にリーグ優勝から日本一に輝き、千賀を球界を代表するエースに育て上げるなど世代交代にも成功。投手王国を作り上げ、昨季までの6年間でチームを3度のリーグ優勝、5度の日本一に導いた。しかし、リーグ連覇、5年連続日本一を目指した今季は4月に千賀、森、5月にはグラシアルと投打の主力に故障者が相次ぐなど、戦力が整わず苦しんだ。

------------------------------------------------------------------
うーむ。まあいいか。監督交代は心機一転でいいぞ。2年契約で2年間だし。

さー、次は。しかーーし、レギュラーで怪我・故障者が出たら若手が台頭して。二軍、三軍もあるのだしよ。っていくかよバカタレ。すぐにでも一軍で通用するような選手が下にスタンバっているわけがないがなや。二軍の試合で打てても一軍の投手が打てるかよ。二軍の打者を抑えても一軍の打者を抑えられるかよ。二軍で良さげの選手は一軍に上げて試合で使って育てるんだどー。
一軍で一試合出して結果でないので二軍に落として・・・ってことやっていても育たないんだじょー。
むかーーし、巨人の話だが、中畑が言う取った。打てなくても長嶋監督が使ってくれた、だから成長出来たって。。。。。
まあ中畑は当たりだったんだな(笑) ただ、これも見方を変えると監督が依怙贔屓エコヒイキ、ひいきだじょーーーん!!  ってアリエール。

まあしかし、監督は勝てないと印象悪いなあ。負けると叩かれ、勝っても勝つのが仕事だと言われ、監督やる人ってのは神経が普通のレベルじゃないのだなあ。まあプロ野球の選手って神経が普通じゃあないわな、たぶん。

さーズタボロ状態の巨人はどうするか。どっちらけで進むのか。知らんけど。

posted by toinohni at 13:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドラフトだが なんで場所を書かない なあぁにぃぃ気づいちまったな

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202110020000064.html

image

場所 東京都内 だってサー。どこだろなあ。

そもそもドラフトって何のために?  クジ引きで行ける球団決めるって仕組みは職業選択を制限するのでは?   逆指名って何?  指名されても行きたくないがカネを稼がねばという時は? 

https://baseball-tokidoki.com/professional-baseball-draft/

ドラフト会議の目的は「戦力の均衡化(きんこうか)」です。

だが毎年ドラフト続けているのに最下位球団ってだいたい決まっている気がするが?  DeNAとか日ハムとかが最下位なんだがドラフトで良い選手を獲得して数年後はAクラスってあり?  ない気がするなあ。もっとも戦力はドラフト選手だけで決まるものでもないがなや。

2021年のドラフト会議は、2021年10月11日(月)に行われます。

会場は「グランドプリンスホテル新高輪」です。

新型コロナウイルスの影響で、2020年に続きオンライン形式で実施されます。

 

なんだよ、オンライン形式ってのは。会場に各球団のエライさんが集まるのではないのか。

それとな、なんで午後5時からなんや、昼間やればいいがなや。いや、昼間やるとテレビ見る連中がな、仕事中なんでテレビみれない連中がな、夕方にやって視聴率稼ぎたいねん。な。

というわけだが、ここ10年でドラフトで獲得した選手らがどうなっているかの統計が欲しいものだで。一軍に出てレギュラー、一軍と二軍を往復、二軍ばかり、戦力外通告・・・・などですね。

甲子園で活躍して知名度がある選手ばかりがドラフト候補でもないからなあ。プロ球団のスカウトの目は日本全国を見るだろう。そして、ああ、あの球団のスカウトは目が節穴だぜ。。。。っとかもアリエール。
だーーれも知らない選手を獲得して、それが2,3年後に大活躍したら、それはスカウト冥利につきるというものだで(笑) ほんまかどうかは知らん。

posted by toinohni at 09:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くっそおもしろくない 感じわるーーー  そーなんだ

昨夜、ヤクルト・阪神の結果見ないで寝た。巨人・広島は昼間の野球なので巨人いつものように やる気なく 負けた(笑)

で、今朝、報知の結果の図を見るとヤクルトが勝っとった。
image

おおおお、ながしま。

しかーーーし、報知も日刊スポーツもヤクルトの記事がないずら。。。感じわるー。書けよバカタレ。マジック減ったんだし書けよアホたれ。報知は読売だから書かないのも分かるが日刊スポーツも読売系なのかよバカタレ。日刊スポーツは読売とはライバルの朝日の系列だろが書けよバカタレ、なんか感じわるーーー (笑)

そういうなかで次のスポーツ紙はエライ!!
https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12278-1282224/

ヤクルトの塩見泰隆外野手(28)が阪神戦(神宮)で5回の1点差に迫るバックスクリーンへの13号ソロに続いて6回には勝ち越し&決勝の中越え適時二塁打。初回の第1打席では10球粘って四球を選んで先制のホームを踏むなど切り込み隊長らしく打線をけん引し、8日に初点灯した優勝マジック11を2つ減らして自身の背番号と同じ「9」とした。

----------------------------------------------------------------

niftyニュースなんだけどな。・。。。スポニチのサイトのとごにあるのか知らんけどな。

とにかーーーく、M9だぜ。

image

 

ワタクシは つば九郎が好きなのである。ヤクルト優勝が決まったら つば九郎を飛ばせ!!  クレーンで吊り 球場を一周だあ・・・!!   ( やだなあ by ニセつば九郎 )

posted by toinohni at 09:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電子の質量ってなんだんねん  知るかよバカタレ そーなんだ

ファインマン物理学 電磁波と物性 電子の電磁的質量が特殊相対論のU/c^2と一致しないことで悩んだらしいが、ファインマンの本は63年の講義がネタであって出版はその後であって国内で邦訳が出たのは71年である。
ワタクシは90年の第19刷を読んでいる。図書館から借りたのである。ファインマン物理学を全部揃えようとするとカネがかかるのである。貧乏・金無しのワタクシは図書館に頼るのである。知識の宝庫が近くにある。活用しない連中はバーーーカか金持ちか いずれかであろう(笑)

しかーーし、「マクスウェル理論の基礎」太田浩一 によると1983年にシュインガーがこの問題に解を与えたと書いてある。なので第19刷あたりでは脚注に83年にシュインガーが・・・と書いて欲しいものだで、岩波さん。
ちなみににファインマンはその問題に対してボルン、ディラック、ファンマン・・・らがマクスウェル理論に修正を加える試みをしたが全部消えたと書いてある。これ超・難しい問題だったのだ。そして、実は83年にシュインガーが与えた解・・・・これを理解する物理学者は少ないのではないか。あるいは、もう興味無くなっていたのか。などと妄想するワタクシ。

さて、素粒子の標準理論で最後まで残っていたヒッグス粒子が2012年か、発見されたのは。質量の起源がヒッグス粒子である・・・というような入門書を読んでも質量の問題が解決されたという感じは皆無である。ワタクシはワケワカランのである。

素粒子論は相対論的場の量子論を基礎としたゲージ理論で記述される。って「現代の物質観とアインシュタインの夢」益川敏英 1998 岩波 に書いてあった。
ゲージ対称性がまずあって、それが自発的に敗れる。ゲージ対称性が保たれている世界では何も起きぬ。つまらんぞ。だが、そんな世界はどこにもない。宇宙は誕生直後に自発的に対称性は破れたのである。なんちてな。

量子電磁気学がゲージ理論でうまくいったので物理学者は素粒子論もそれで行こうやと考えた。ところがゲージ場の量子は質量がゼーロである。ゲージ場である電磁場の量子すなわち光子は質量がゼロである。
ところが、どっこい。素粒子は質量がある。クォークもレプトンもW,Zボソンも質量が測定されている。どないしょーーーー。ゲージ理論ってダメなのでーーーーわ?

そこでまずはゲージ対称な世界があって、その後に自発的に対称性が破れたということにしようぜ。。。 そーだそーだ。 それだな、ヒッグス機構、ヒッグス粒子などが考え出された。
しかーーし、ヒッグス粒子で質量が全部説明できるわけではなーーーいらしい。

  益川の本では、カイラル対称性の破れで質量が生ずるなどと書いてある。どの粒子の話か忘れたのだが。

そもそも陽子はクォーク3個で構成される・・・というのだがクォーク3個の質量を足しても陽子の質量にはかなり足りないのである。すると陽子の質量は?   というとエネルギーが質量に反映されているなどというとる。クォークの運動エネルギー、グルーオンの場のポテンシャルエネルギーなどが質量のほとんどを占めるのだぎゃー。プギーーー!!

てな話があって、電子の電磁的質量と特殊相対論での U/c^2という質量が一致しないという問題があるって知ると、ワタクシは質量とはなんだろうとドン詰まる次第である。電磁的質量は電子の場の運動量から導き出した・・・と思う。特殊相対論にしても量子力学以前の物理理論である。

ここで、ヒッグス粒子が出てきて、ヒッグス機構・ヒッグス粒子との相互作用に依って電子の質量はこれこれになるのであーーる、という明快な説明が出てこないのであーーーる。
ビッグス粒子は発見されたのだが、ヒッグス粒子とのこれこれこのような相互作用によってクォークの質量はそれそれの値にあるのであーーる、という説明もないのであーーる。
なんでクォークもレプトンも世代が右になると重くなるのか。そこに規則性があって、その規則性はヒッグス粒子との相互作用を考えると説明がつくのか?   などと妄想するのだが、ワタクシが入門書を読む限りはそこらは分かっていないと書いてある…気がする次第である。

質量とエネルギーが等価であるというのは量子力学の前の古典物理の世界からある。ミクロの世界では質量とエネルギーの転化が普通に起きるとかの説明ではハイゼンベルクの不確定性原理が使われる。量子力学が入ってきた。
ある微小な時間内であればエネルギーが膨大になってもよい、その時の膨大なエネルギーが粒子として観測されるのがハドロンである。そしてハドロンの寿命は10^-8 (s)~ 10^-23 (s) とかの超・短寿命であり、一瞬でさえない。加速器でハドロンは数百と検出され、そのハドロンを説明するためにクォークというより基本的な素粒子が考え出されたのであった。

うーむ。あまりワカランが まったくワカラン(笑)

まあしかし、再度 質量とは何か について書いてある入門書を探して読むとしよう。雑学程度ではあっても物理の知識が広がったので今度読めば何か違う印象を得る可能性がある。

実はこういう事はプロ野球の昔の話とも関連がある。直接の関連ではないが、ともに共通する何かがあるのだ。元プロ野球選手らのYoutube動画で昔の話を聞くと、ああ、あれはそうだったのか・・・という事が分かる。じつはあの監督はそういう性格だったんだなあ・・・ワタクシはスポーツ紙、漫画に書かれているもので判断していたわけであって、書かれている事が事実とは限らない。ウソではないにしてもその監督の性格の一部に過ぎない。そこだで。

欠けていたのは視点を意識して変えて見るという事がなかったという事だ。ものごとを複数の視点からみようとしない人を馬鹿という・・・というのがワタクシが私淑する精神科医の言葉である。逆にこれはカルトにとっては役立つ。ものごとを複数の視点から見させないようにする、信者は教祖の言うことだけ聞け…・カルトの典型だ(笑)
今の情報化社会でそんなの無理ぃ・・・と考えるのは甘い。情報は簡単に遮断できるのだ。子供の頃からアタマを鍛えることのない教育では・・・どーたらこーたら・・・という話は辞めといてだな。

ワタクシは巨人の連敗が意味するものを妄想している。9月以降あまりにひどい・・・たぶん中田翔獲得も一因であり、他にも原因はあり、だろけど。ようするに連敗は選手らが原とは一緒にやりたくないという本能の発露なのである・・・と妄想する。彼らもプロなので成績低迷は年俸に直結するんだけどな、本能が抵抗しているのである(笑) 妄想は楽しいぞ。

で、物理の話は?    そーそー。忘れた(´・ω・`)

posted by toinohni at 08:42| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする