2021年10月02日

さすがは堀内である これば分かる菅野の状態 なんですとー

https://hochi.news/articles/20211001-OHT1T51276.html

それよりも、投手出身の私には気になることがある。菅野の投球フォームだ。重心が左足に完全に乗り切る前に手先で投げている。外角を狙ったストレートがシュート回転して真ん中に入る球を今季はよく見る。腕を振り切る前にボールを離しているからだ。この試合、四球が多かった(4個)のもそのせいだろう。好調時の面影がない。

今のように、小手先だけの投げ方をしていると、ひじや肩に負担がかかってしまい、故障につながる危険性もある。もう一度、この日のビデオをじっくりと見て、いい時のフォームと見比べた方がいい。

------------------------------------------------------------
200勝投手の目はごまかせぬ。・。。。。 別にごまかしたいわけではないだろが。菅野は本調子ではない。投球フォームが全盛時と違う。見ればわかる。ワタクシだって見ればわかる。テレビないので見れん(笑)
つまり、菅野が本調子ではないことは誰でもわかる。巨人の投手コーチも監督も分かっている。だが、代わりがいない。菅野に期待するしかない。そこだね。

昔の堀内・・・引退の年、その前年、さらにその前年の投球フォームは全盛時と違っていた。腕を振り回して投げるのだが、その腕にしなりがない。
江川は13勝した年に引退した。32歳ぐらいだったか。全盛時の柔らかいフォームが消え、デブが変化球主体の投球をしていた。もはや江川卓のピッチングではない。13勝しても引退した。引き際の美学というものだろう。

で、菅野だが。怪我・故障があるのだろなあと想像する。投球できない程のレベルではない、としても。
30過ぎて怪我・故障まったくなしの絶好調・・・って選手もそうはいないと思うけどね。

で、ペナントの行方だが。今年はCSもあるのでペナント逃したら下剋上に期待。両方だめだったら監督・コーチ・ロートル選手ら クビ・・・・かなあ。どうだろなあ。

posted by toinohni at 13:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pythonセキュリティプログラミング マイナビ

図書館から。こういう本はな、買う前に内容チェックするのだぞ。買ってから、なんじゃこりゃあ?  というのやダス。もっともワタクシは気に入っても買わない(買えない)。

というわけで、どうやらDockerをインストするらしい。それは別の本でインストしてあるのでいいだろうが、もう忘れているけど(笑)
Dockerの記憶は時とともに どっかーに行ったす。。。。ププッ)

  いやー、今日 最強のギャグを飛ばしたので気分がいいわい。

若干 細く・・・ちがーーーう!!  補足です。
本の内容は今では古い。今はDocker Desktopになっている。その場合には本のとおりにやってもダメでして。サポートページに説明がある。
https://book.mynavi.jp/supportsite/detail/9784839968502.html

本書11-13ページにて紹介しております「Windows」での環境構築にDocker Toolboxを利用した解説を行っている件につきまして、2021年6月現在Docker Toolboxの開発が止まり使用も非推奨となっています。 Docker Desktopでの環境構築についての解説を以下に用意しましたので合わせてご確認ください。(2021.6.25現在)

docker-desktop_setup.pdf

 

というわけでして。このpdf を読んでなぞるんですなあ、たぶん。ワタクシはDocker DesktopはインストしてあったのでLinux起動のところ真似た。
ワタクシはDockerはPowerShellで操作するものだと思っていたのであるが本ではDOS窓でやっている。なーんだDockerってDOS窓、つまりコマンド・プロンプトからも使えるのかあ。。。
ついでにDOS窓、PowerShellでもやってみた。どっちでもOK。PowwerShellは従来のv5ですね。
そんで、コンテナ起動に関してですがpdfでは次のように書いている。
image

  まあここらはやってみれば気がつくと思うが単なるコピペではダメでして。これ一行にしてコピペすると動いたよん。
  このままコピペしても改行されて一つのコマンドにならんのだった(笑)

というわけで環境構築が出来た。Linuxが出てきた。
image

 

Python使えるようになったし、これで後は本の内容をなぞるだけ。ワタクシの趣味は本・サイトの例題を動かす事なのであって(´・ω・`)

本の例題はサイトからDLした。ところでワタクシは敬虔なクリック教徒である。例題をクリッククリックで動作させて・・・というのが趣味なのである。そして、Python CodeなのだからDockerでなくてもWin 10のVScodeで動作させればいいじゃんって考えた。もっともPython Moduleが本とversion一致するかは知らんけど。
さらに、Anacondaでも仮想環境があるし、WSL2でUbuntu起動してBashからVScode起動してもよかろうぞ。。。もっとも本のModuleとversion一致するかは知らん。
てなわけで、まずはWin 10のVScodeで初めの方をテストして見る。動作が変だジヨーだったらDocker使う。それまではDockerは どっかー 行けえぇぇぇぇぇ!!  ププッ)

その後のワタクシ・・・・
脱力した。Win 10のVScodeではすぐには動作しなかったのだ、簡単な例題が。
hello.py

#!/usr/bin/python
#-*- coding: utf-8 –*-
print('Hello World')

   VScode Editorで右クリック・Run Codeとやると、エラーになった。で、気づく。Run Codeは一行目のpython pathを解釈して探そうとする。そんなのない。Win 10だし。だからエラーである。
そういう時はTerminalで手動   > python hello.pyで動作する。

しかーーし、それならばVScodeの意味がない。経験なクリック教徒のワタクシにとってVScodeのTerminalで手動でコマンド叩くという邪教はゆるさん。なんちて。

Run Codeで一行目を無視する設定ができるのかどうか知らないが調べる気もないので、VScodeは今回は放棄。ここは素直にDockerのLinuxのPythonでコマンド叩くですわ。あーつまらん。

というのはウソですね。VScode使うですね。実行はTerminalで手動ですね。どうしてVScodeがいいかというとEditorがあるのですね。Dockerの場合にはEditorがないのですね。。いや、あるけど。nano, vim が・・・・使えるか そんなもの。
というわけで例題がうまく動かないという場合にはDockerからコンテナ起動して本と同じ環境にして試すが、動く場合にはWin 10で動作みる次第である。。。
こういうの面倒だけど好き・・・(´・ω・`)

posted by toinohni at 07:59| 東京 ☀| Comment(1) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語出来ませんが、なにか これはね、もう無理

スマホのTOEIC Part 2の問題で回答の一つに、
It costs $30 per person.  という文があった。ワタクシは$30が聞き取れず。
いっと こすとでぃーだら ぱーそん ・・・・という感じ。30をサーティというと思っていて、サーティとは言わんのだ。costsのtsの部分とthirtyのthの部分がつながって、さらに消えて、ワタクシにはコストディーと聞こえる。ディーはthirtyのirtyの部分だろなあ。

ところで、これ、ほんまに$30と言うとるのか?  と、タブレットで再生してスマホのGoogle翻訳を英語音声入力にして食わせたら、$30 per personと認識しやがりましたで。
ワイには コストディーとしか聞こえませんが。

ここら、I will --- I’ll  あいる。I have --- I’ve あいぶ。going to --- gonna ごな、などのように変わるんだと解説してある本があるのだけど、そういうように変わるんだ・・・という事を耳で覚えないといかんのかあぁーーーとなると、それは500ぐらいでいいのか、50ぐらいなのか? 

と考えるとワタクシには無理ぃ・・・・ひーーーー。
ただ、Part 2の問題をこなしていて比較的すんなりと聞き取れるものもある。ここらはreduction, liaisonがない場合だな。で、Part 2に慣れてきたら、およよ、ひょっとして聞き取れるのではないか・・・と別の会話アプリとか天気予報とか聞くと太刀打ちできんのである。
というわけで、ワタクシには無理ぃ・・・ どっひーーーーーー。

まあそのうち通訳機が低価格で登場する事を期待する次第である。Google翻訳の音声認識を日本語の認識、英語の認識で試すと精度はかなり高い。通訳機のソフトをとっととワタクシに提供してくれたまへ。ただでつかわせろー えいえいおーながしま。

posted by toinohni at 07:40| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんで同期すんねん  知らんがな

image

上位3チームが揃って勝った。なんで同期すんねん。揃って負ける日もあった。なんで同期すんねん。
これは何らかの信号が伝わっているに違いない。阪神からの信号が、巨人からの信号が、ヤクルトからの信号が・・・それぞれ互いに伝わり選手の本能がそれを検知する。よって、今日は負ける日である、今日は勝つ日である・・・と分かる。うむうむ。そう考えると同期するのも分かる。
もちろんテキトーな想像であり妄想である(笑)

揃って勝ったのでゲーム差は変わらない。下位に取りこぼしたらダーーミと言われている。さあ、下位に取りこぼすのはどこだ?  終盤になって下位3チームが強くなってきている。気のせいか。上位3チームはくたびれている。きっと取りこぼすチームで出てくる。

それはそれとしてオリックスが首位に返り咲いたのである。一時期、ロッテが快走したのだが再びオリックス・ロッテは混戦になりましたばい。
こうなるとセ・リーグも1差に3チームが並ぶような大混戦を期待する次第である。

まあしかんし、ワタクシはどこが優勝してもどうでもいいんだけどね。こらこら。

白鵬が引退し、斎藤佑樹が引退し、松坂大輔も引退し、プロ野球でも戦力外通告の季節が近づき、自民党総裁選が終わり、ワクチン接種も進み、そういえば野党ってなにやってんだろ?  知るかよ。

脊髄反射で文句いうだけで2200万円かあぁーーーって某新聞でも書かれていたけどな(笑)

この金額はプロ野球では二軍レベルか。一軍でも下層階級はそのぐらいなのか。

で、白鵬が引退したらスポーツ紙が掌返しをしている気がしてきて(笑)

とにかくな、巨人は9月に連勝がなかった・・・らしいよ。大きく負け越しているし。10月は最後の火事場の馬鹿力を発揮して10連勝ぐらいしやがれ・なさいまし。

posted by toinohni at 07:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする