2021年09月16日

Dynabook R731/F だと思っていたが R732/Fであった。。。

ワタクシのサブ機は東芝Dynabook R732/Fである。中古で買って3,4年になる。製造は2012年であるらしい。そして、今日まで R731/Fであると認識して追ったのであるが、間違っていたことに気づいた次第である。
R731, R732の違いはCPU Clock, Cacheの違いである。R732の方がR732よりClcok高い。。。。が、どうでもいいがなや。

この2012年製のノートPCはなかなか壊れないなあ。他にDELL LATITUDE E6400もある。Core 2 duoである。製造は2008年である。2015年頃に中古で買った。これはヨレヨレの部分がある。内蔵のボタン電池というのか、
電池は一回交換した。キーボードは一つ壊れた。なので外付けキーボードを使う。サーバーになっているのでそれでよい。

そして、NEC VersaPro VY24G, Lenove X201とある。製造は2010年から2012年であろうか。VY24Gはバッテリーはカラッケツ。中古で買ったときから空っぽであったがデスクトップPCとして使うのでいいや・・・と数年。壊れたら捨てるが故障しないんだ、これが(笑)
X201も故障しないんだ、これが。そして、2012年あたりのノートPCでもWin 10が動いている。素晴らしい。
さらに、2004年製のツクモのショップブランドのデスクトップPCもある。Core 2duo 2.4GBだ。故障したら捨てるのだが、故障しないのだ、これが。。。。。。
というわけで、モノは使えるものは使うのである。誰が買い換えるかバカタレ、そんなカネがあるならばあーー焼酎買って飲むである。

というようなことをダラダラ書いているのは実はR732のキーボードの試しである。キーピッチは1.9mmであり、ストロークは2mm弱のようだ。そして、キーはアイソレーションというのか昔のキーボードと違う。ようするに掃除しやすい(笑)
で、打鍵の感触だが安物フルキーボードのメンブレン方式と比べてどうかという、これで比較が簡単ではない。
デスクトップPCの場合にはキーボードは机の上に置く。手とキーボードとの距離は比較的可変である。だが、ノートPCのキーボードはその手前に手首が位置する感じであり、ようするに手の配置が違う。なのでキーボードの叩き具合も変わってくる。
どっちが良いか、楽か・・・というとどっちもどちなのだった。
さらにR732のキーボードは左下のCtrlキーが小さい。これはフルキーボードの大きさになれていると困る。よく使うCtrlキーはもっと大きくして欲しいものである。
ようするにキーの感触等はワタクシの姿勢も関係するので単純にどれとも言えぬ。さらに、ノートPCのキーボードは昔からタッチパネルをいとせずらに触ってカーソルが飛ぶという現象がある。これを書いている際も数回 飛んだ。
なのでノートPCで文章を書くのが良いのか・・・フルキーボードでデスクトップPCで書くのがよいのか・・・はどっちもどっちじゃあ・・・・(笑)

いまのところ一番いいのは、最近買ったテンキーなしのキーーボードでパンタグラフ方式でキーピッチ19mmでストローク 2mmというSANWAのキーボードが良い。
文章を書くとかブラウザ使うとか、ようするにPCを使う場合にはデスクトップPCが良い。姿勢が可変だ。ノートPCはキーボードと画面が固定されているので腕、手の位置も限定される。

てなわけで、サブ機のR732だが、これWin 11が載るのか。しらんけど、そのうち降りてきたらインストールするで。ただだったらな。
以上 今日の駄文を終わる次第である。

posted by toinohni at 20:33| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おおお  Python 秘技・発見  そーなんだ

 

a =100

print("\na と文字列 baka の一致テスト")
if(a == "baka"):       # エラー出ない
print("a = baka \n")
else:
print("a ≠ baka \n")

おお、数字と文字列が一致するかどうかでError起こして抜けるかと思ったら何も起こらんぞ!!

if文の中を、 a > “baka”  とやるとError起こして終了した。

さー、ここはどうなっているんだ?  数字と文字列でそういう事できるのか?  == っていったい何をしているのだひでき。

だいぶワケワカラン状態になっているので、ワタクシのおつむが・・・ こういうことはやらずに、数字なら数字と、文字列なら文字列と比較等するようにしませう(´・ω・`)

posted by toinohni at 16:32| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大相撲 サイト 更新遅いぞー なあぁにぃぃみつけちまったな

湘南ザクラは8月終盤に引退したという記事を見たのだが、相撲協会の式秀部屋サイトみたら、まだおるぞ・・・

https://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/3659/

https://www.sumo.or.jp/ResultRikishiDataSumoBeya/detail/17/

image

https://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/intai_rikishi/
引退力士情報 にも載ってないし。
大相撲協会はサイトのメンテに手が回らないのかね。知らんけどね。

posted by toinohni at 13:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッテが優勝すると何十年ぶり。。。らしいぞ なあぁにぃぃ気づいちまったな

https://news.yahoo.co.jp/articles/311057bd99166997e5df81c730c3ed1e217e3c28?page=1

10年ぐらい前にロッテが優勝したことがあつた気がしているが、あれはCSでの下剋上であった。ペナントを制したのは数十年前らしい。
今年のロッテは。。。。の前に今年のパ・リーグは異常だ。。。テキトー。オリックスが好調で首位を快走していたのに最近は急ブレーキ踏んでしまった。踏むならブレーキではなくてアクセル踏めよな、認知症かよ(笑) なんですとぉーーーー。
オリックスの代わりにロッテが首位に浮上して快走している。まあシーズンは一ヶ月ぐらい残しているから今後どうなるかわからないがな。
オリックスが独走するかと思ったら急ブレーキ、こうなるとロッテもいつ急ブレーキかかるかわからないぞ、
こうなると楽天もまだ諦めてはいないだろし、首位戦線は楽しーーーーー、

セ・リーグも阪神・ヤクルト・巨人が団子三兄弟ですね。まあしかし、新コロで低迷気味な大阪圏を阪神優勝が活気づけるでしょうね。優勝したら。テキトー。

で、ロッテが今年の後半に急に強くなったのには訳があるらしい。トレード・補強がうまく行ったらしい。詳しくはどっかのスボーツ紙を読むとよかろう。

巨人、ソフトバンクではないのだ、今年は。。。という気がしている。

ロッテが強い理由はここにもある。二軍も強い。
https://npb.jp/bis/2021/leagues/index_el.html

image

ロッテの二軍が圧倒的に強い。おかしい。おかしかったら笑えばいい。わっはっは。。。 いや、その おかしさ ではなくて。
二軍は優勝争いよりは選手を育てることに主目的があるとは言え、ロッテは強い。巨人は弱い。ここに問題がある。
巨人の二軍は億円の選手もおるで。どうして最下位なん?
二軍の阿部監督はどういう方針なん? 一軍から落ちた選手の調整と同時に若手の育成をしないといかんのだよなあ。陽岱鋼や中田翔ら高年俸の選手が年俸数百万の二軍選手の中で活躍しても意味ないなあって気がしたりして(笑)
巨人の二軍の場合には強かろうが悪かろうが、どうせ助っ人外人、他所からトレードで一軍をまかなうわけで。そういう選手が成績でないと二軍に落とす・・・二軍で何するってーーのよおぉ。

というか、ここに巨人病の原因があるなあ。もう慢性化しているのでどうしようもないが、これは球団の問題なので現場の巨人軍ではどうしようもあるまい。
二軍、三軍は優秀な若手が他所の球団で活躍しないように囲い込むのが役割なのである・・・と球団幹部が言うとった気がするなあ(笑)
まあ、それはそれでいいのだ。優勝すればな。それで強い巨人であればいいのだ。だが、弱っちーのだ。そこをどうするかが問題なのだ。

それはそれとして、倉科カナって いい女優 だよなあ。。。。うむうむ。

posted by toinohni at 11:23| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語できんのでツールでアーーソブ   そーなんだ

次の文の翻訳を各種ツールで見た次第である。

He has to take inventory.


棚卸しをしなければならない。   by DeepL

彼は在庫を取る必要があります   by Google

彼は棚卸しをしなければならない。by 未来翻訳お試し

彼は在庫を取る必要があります。by Bing MS翻訳

-------------------------------
Google, MSは出来が悪いぞ(笑) GoogleはAI,機械学習、DeepLearningの先頭を走る知的企業でもある。だが、翻訳レベルの進展が最近は頭打ちのようだ。MSも似たようなものであるが・・・・ 要するに優秀な技術を持ったベンチャーを買収したのだが買収後に技術進展が思うほど伸びていないって事ではないかと邪推する。
囲碁や将棋に強いAIを応用して自然言語処理に活かすってのは簡単ではないようだ。ってことかーーーい。DeepLや未来翻訳は翻訳に特化して研究開発したんかーーーい。

というわけです。

ついでに今日のSANTA TOEIC学習日記。。。Part 5は良い。問題はPart 2だ。聞いても分からん・・・・ものが多々ある。何言うとんだ、こいつは?  初めの方で聞き逃すと、もう全部ダメだ。聞いても頭の中に残る単語もない。。。。
そこで思い出した。関ジャニの伝言ゲーム。あれだ。ああいう感じだ。聞いてもワケワカランってのはああいう感じだ。
そうなのであるから、Goole, Microsoftをはじめとして優秀な研究者・技術者を抱える企業は通訳機を、通訳ソフトをとっとと出してくれたまへ。そしてワタクシにタダで使わせろーーー!!
場合によってはカネ出してもいいぞ。

Google ChromeでGoogle翻訳に英語音声を食わせると精度良く英文に変換するのだ。かなり技術は向上している。ワタクシの日本語はほとんど正しく文章化できるし。それを英訳して音声出力も出来る。ここらの一連の処理をアプリとしてまとめてちゃぶ台なのである。
自動翻訳機アプリ。。。 とっとと出しやがれ・くだされ。頼んます。

posted by toinohni at 09:42| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PCキーボードってさ・・・ なあぁにぃぃ気づいちまったな

手が大きい人も小さい人も大人も子供もキーピッチが19mmというのはなんだろな。
先日、安いメンブレン方式の1000円以下のフルキーボードから1000円台のパンタグラフ方式のテンキー無しのキーボードに換えた。キーピッチは19mmであり、ストローク2mmである。打鍵の感触はよい。だが、キー配列がちと問題である。SKB-SL17BKN(SANWA)
image

Ctrlキーが左端シ下にあるのだが小さい。フルボードでは上のShiftキーの半分ぐらいあるのだが、Fnキーが追加されたので幅が狭くなっている。
ワタクシは左手の小指で押さえるのであるが、Ctrlキーはもっと大きいほうがよいぞ、メーカーさま。。。かと言ってコンパクトを狙っているのでFnキーは必須であり、それをどこに置くか。
ワタクシはSpaceキーを狭めればいいじゃんと思う。

手持ちのフルキーボード ELECOM TK-FCM085の場合、Space KeyはV,B,Nキーの下にあって、要するにキー3個分だ。これが上のSKB-SL17BKN(SANWA)では、V.B.N.Mキーと4個分の幅だぜ。これを3個分にしてCtrlキーの幅を広げるべきであるぞ、メーカー様。

フルキーボードではCtrl, Altキーは右側にもあるがワタクシは右側は使わない。上のキーボードは右側にCTrl, Altはない。それはそれでいいですじゃ。
よく使うキーは大きい方が便利。Entr,Shift, などは大きいのに、どうしてCTrlキーを小さくしたんじゃ? メーカー様!!  こういうのはな、買って使ってはじめて気づくものであって、チックショーーーー(小梅太夫風)

で、矢印キーはとっても小さくて可愛らしい。。。。コンパクトを狙うとそうなる。
今度買い換える時はここらも注意だな・・・つーか、ケチってテンキーなしを買ったのだが、次はフルキーボードだなや。やっぱフルキーボードだでや。ケチって結局は不満足(笑)

BY the way、言いたいのはそこではない。キーピッチだ。19mmで大人も子供もデカイ人も小さい人も・・・同じでいいのか。
ワタクシはもう少しピッチは大きいほうがいいのではないかと思う次第である。そうするとフルキーボードの横幅がますますデカくなりますぜ、それは困る・・・という連中もいるであろうが、製品として19mmピッチより大きいキーボードはあるのか。
まああるとしても高額になろう(笑) 人の指先の大きさを考えるとキーピッチ19mmもあれば十分なのでそうしているのであろう。ホンマでっかね。大相撲のちょう・デブの力士らも19mmで良いのであるか? 知らんけど。連中が使うかどうかも知らんけど。

てなわけで、そのうちキーボード評論家諸氏の解説でも探してみる。
高額ではないキーボードで使いやすい・耐久性がある・静かである、そういうものが欲しいのであるよ。カネかけたら良いのがあるらしいのは知っているが、キーボード買うカネでワタクシの中古PCが数台買えるずら(笑)

ん? 高級キーボードは耐久性も高いから買い替え需要が期待できないのでは。買った人は10年ぐらい使うかもだが。
そうだ、毎日キーボード叩いて仕事している連中のキーボード調査をだな・・・・
ワタクシが昔いた職場のソフト屋さんは安いキーボードでしたが・・・つーか、ワシラも安いキーボード叩いてCAD等を使ってましたが(笑) 壊れたら買い換えればいいし。。。
ただ、なかなか壊れないのだった、やすいキーボードでも、
PCだって昔は組み立てていたし・・・・・企業にとってコスト削減は大事でね。うむうむ。

というわけだが、次はテンキー無しでもCtrlキーが大きいモノを探す。フルキーも探す。PCが複数あるのでキーボードは複数あっても良いのであるぞ。。。。 テキトー

posted by toinohni at 08:06| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする