2021年09月15日

VScode Cpp 0除算で四苦八苦してまして えーえー そーなんだ

次のコードをg++でビルド実行したらエラーでして。9.2.0ね。
main()等は省略

printf("%d \n",  1 / 0);    //

printf("%d \n", -1 / 0);    //

 

そりゃ0で割っているからな、エラー出てプログラム抜けるだろ。。。ってか。そうなんだけどTerminalの表示が次のように出とる。

Zero_Divi.cpp:11:24: warning: division by zero [-Wdiv-by-zero]
   11 |     printf("%d \n",  1 / 0);    //
      |                      ~~^~~
Zero_Divi.cpp:12:24: warning: division by zero [-Wdiv-by-zero]
   12 |     printf("%d \n", -1 / 0);    //

これは Warningなのでして、Program続行するのではないか、なんで抜けるのじゃ?

Division by zero Error というようになるべきではないのか。ワケワカラン。

posted by toinohni at 21:40| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さてと 今日もラジオで巨人・DeNA実況を聞いているのだが

4回裏に坂本が2らん。ツーラン、つーーーらーーん。Dena3 点なのであと5点も取れば大丈夫。

キャプテン・坂本素晴らしい。好きよー好きよーキャプテーーン!!   リリーズかーーい!!

いや、なんと言っても巨人は9月に2勝しかしとらんのでね。10連勝ぐらいして欲しいね。
9月に2勝、もう9/15でして。
巨人が火事場の馬鹿力で10連勝してだな、すると阪神も線香花火の最後のように10連勝したりしてな。ヤクルトは つば九郎が頑張るからな。。。意味不明。

巨人は3割打者がいない。DeNAは3割打者が4人いる。得点は巨人、DeNAともに444点である。昨日時点で。巨人は本塁打137, DeNA 114である。うーーむ。巨人は本塁打が多いのに得点がさほど多くない。これはソロホームランが多いという事だろう。
そういえば貧打・巨人の中で岡本の本塁打が目立つが岡本が回の先頭である場合が多々あった。岡本の前にランナー溜まったシーンが少ないのだなあ、という事は3番が仕事してないぞ原くん。

しかし、ロッテ強いわ。なんでだ。補強がうまくいってるのか。そのうち解説記事読もうっと。

今年の日本シーズは巨人もソフトバンクも出るまい。って可能性が日増しに高くなってきた。

CSでどうなるかもあるけどね。

中盤まで互角の試合展開である。。よっしゃ、次は9回頃にラジオ聞こうっと。

9回裏 巨人が劇的なさよなら。。。。明日の報知はお祭りだな(笑)

これで9月3勝目だ。やっとこさ。今日の逆転劇ではずみを得て連勝街道を突っ走る。。。といいなあ・・・・・ ハイネマンの好守備、一軍上がったばかりの打者がヒット、坂本・岡本がチャンスで得点。。。。 うむうむ。明日の報知は盛りだくさん(笑)

posted by toinohni at 19:08| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VScode Editorで 変だジョー なあぁにぃぃみつけちまったな

VScodeは Ctrl + [+] で全体が拡大する。20%拡大とか。Editor画面での文字の拡大縮小はCtrl + マウスぐりぐり で良いのだが、たまに左サイドにずらずらと並んでいるファイル名を大きくしたい時があって、Ctrl + [+]を使う。全体が大きくなる。
そしたらEditor画面で変だジョーが出た。

image

かな入力して変換する直前である。先頭文字が半角ずれている。変換確定すると正常に出る。
Ctrl + [+]を使わないでマウスぐりぐりで拡大した時はこの現象は出ない。。。

ところでキーボードをフルキーからテンキーなし、ストローク2mmのパンタグラフ方式のものに換えたのだが、実はCtrl + [+]で拡大したものをリセットするのは
Ctrl + テンキー[0] なのである。ワイのニューキーボードにはテンキーがないである。困ったばい。。。ではなくて。Numlock押してからCtrl + [Mも 0]を叩く。一手間増えたな(笑)
じゃあ、CTrl + [-] で戻すわん。

ま、なにかやると弊害が出る、副作用がでる、副反応が出る、きっと出る。なにも問題がないということは何もやっとらんという事である。どーよ、真理を発見したぞ(笑)

posted by toinohni at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお、報知がまともな記事を書いている なあぁにぃぃ気づいちまったな

https://hochi.news/articles/20210914-OHT1T51205.html

◆JERAセ・リーグ 巨人2―3DeNA(14日・東京ドーム)

巨人先発の山口は7回、ソトの頭部に死球を与え危険球で退場。DeNA時代を含め通算4度目の危険球退場となり、3度の桑田真澄(巨)、浅尾拓也(中)、内海哲也(巨人で3度)を上回る最多回数になった。

退場後にリリーフした田中豊が牧に勝ち越し2ランを浴び、山口は6回1/3を2失点で敗戦投手。これで今年は10試合に登板して2勝5敗。東京五輪による中断を挟んだ後半戦は、6試合に白星なしの4連敗だ。

--------------------------------------------------

MLBで通用しなかった山口俊がNPBで通用するかよバカタレ。。。と思っていたが違うのであった。山口俊の勝ち星は上がらないのだが、投球自体が悪いわけではない。打たれてKOというシーンが多いわけでもない。危険球は残念であったが。

>>>
ただし後半戦に入って山口が登板中に味方打線からもらった援護点は、1、1、0、1、1、1点の計5点だけ。前半戦と後半戦で投球回数、援護点を比較すると(カッコ内は9イニングに換算した1試合平均)

登板 回―援護点

前半4 22―8(3・3)

後半6 32―5(1・4)

後半戦は援護点にも恵まれず、勝ち星から遠ざかっている。
>>>

というわけだ。貧打・巨人でなければもっと勝ち星は上がったろう。てなこというと他の投手にも言える。打線がもう少し点数取ってくれたら。。。。 投壊はなかったかもしれないのであるぞ、打撃コーチって誰だよ、バカタレ。
だが投手もな、抑えが逆転本塁打打たれたり。、。。知らんけど。終盤で活躍すべき中継ぎ・抑えもピシッとしない。投手コーチって誰だよ、アホタレ。

というわけで、山口はNPBで十分に通用する投手である。ただ巨人では勝てんのな(笑)

で、巨人は9月に2勝だけですぜ。もう9/15ですぜ、後半で10勝ぐらいするかね。・・・・

どうだろなあ。
トレードは8/末で締め切りだから、もう他所からの戦力獲得は今シーズンはないぞ。今の人員でどのようにして優勝するか。そこだで。
ただ、オリンピックで試合がなかった一ヶ月ぐらいを巨人の選手はマトモに練習していたのかよ。。。と思うとムカッパラが立つ。一ヶ月も試合がなくて今頃、疲労が。。疲弊が・・とかバカかよ。なにやってんだよ、一ヶ月・・・ なー。
てなわけで広島とかもそうだが、一ヶ月何してたのよーーー!! 

そういうわけで、優勝はきっと一番勝ち星を上げたチームであろう。。。うむうむ

posted by toinohni at 14:11| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Python Overflowで四苦八苦して楽しくて苦しくて なんなんだよ

OverFlowの確認のために・・・どっかのサイトから拾ってきた簡単なコード

import math
try:
    a = math.exp(710)
    print(a)

except OverflowError:
    print( "Overflow Error")

結果は、 Overflow Error   と出た。

 

次に、同じコードのようだがちょっと違う

import numpy as np
try:
    a = np.exp(710)
    print(a)

except OverflowError:
    print( "Overflow Error")

これは Overflow Error  は出ず、Teminalに
RuntimeWarning: overflow encountered in exp
  a = np.exp(710)
inf

と出た。mathのexp()はOverFlowで例外投げるが、numpyのexp()はOverFlowで例外を投げず、かわりに inf を返すようだ。Overflowは生じているのに。

math, numpyでの違いってものがあるのだなあ。。。
これは math.exp() と np.exp() での違いであるが、では10の指数の場合にはどうなるのだ?  
  想像するに、numpyはinfを返すだが、mathは?  よーし、やってみそ
どっちも inf であったなりぃ。。。。

さて、そこで問題です。10の指数表現の場合に最大値を超えたかどうかを検出するにはどうしたらいいでしょうか? 
   そりゃ、ちみぃ・・・・結果が inf だったらOverflowしとるだよ、単純さーへへ、。、、、

そなの? 
後で調べようっと。。。。 inf って数字じゃないしなあ、文字列だしなあ。・・・たぶん。
こうなると面倒だが最大値は 1E308ぐらいなので、この指数の308を見張るかなあ。
賢人・先人・はどのように処理しておるであろうか、Googlingしようっと、明日。

import math
import numpy
の場合には、infは math.inf, np.inf なのである。数値として使う場合には inf だけではダメだったす。

0で割ったり、最大桁を超えたりという場合の解説があまりないが普通はそんなことしないからであろう。。。。テキトー いくつかあったので読んだけど。

ちなみに0で割るとエラー出してプログラム抜ける・・・と思っているが、numpyの配列に対しての0割は inf を出す・・・エラーで抜けることはないのだった、ドッヒーーー。

posted by toinohni at 12:43| 東京 🌁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Open Live Writerで画像貼り付けの際のエラー

Open Live Writerは画像を貼り付けることができる。コピペが出来て便利である。しかーーし、こういう問題がたまにある。
image

エラーはテキストサイズがオーバーしたなり!!  なんですが、どこにテキストがあるっちゅーーのよおおおぉぉぉぉ!!  なんですが思い出した。
画像をテキストに変換しているのであった。家貸し、こういうのよくあったよね。。。今もあるで、ここに(笑)
OLWの下のSourceで見てテキストがズラズラズラーーーと出てきた次第である。
よって、上の画像は消してメニューから画像挿入でやり直した。

てなわけで、大きな画像をコピペるのはやめよう。小さな画像はコピペるが良いサー。

あらら、SeesaaをBloggerに引っ越した場合には画像はどうなる?
   画像のリンクで画像表示した場合には、そのリンク先が生きていれば問題はない。Seesaaにuploadした画像は?  うーむ。めんどいなので小さい画像はコピペ、大きい画像はリンク方式で。どうせGoogle photoのリンクだし。。。。
待て待て、Google PhotoはuploadするとGoogle Driveを消費するようになったぞ。。。ってか、いいや。15GB満杯になったら考えよう。まだ1,2年は持つ、たぶん。

posted by toinohni at 09:14| 東京 🌁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2mm Stroke Keyboard ケチってテンキー無し

keyboards.png

 

SKB-SL17BKN(SANWA) @ヨドバシカメラ

  上の小さいの。

昨日 注文したら今日の8:30頃ピンポーン。迅速なヨドバシカメラに好感を持つワタクシである。もうAmazon要らん・・・つーか、とっくに解約しとる。
このキーボードのReviewを見ると故障したという書き込みがいくつかあったのでして。まあね、製品品質って100%故障なしってないからね。
噂では昔はソニータイマーというものがソニー製品にはあったらしいが。保証期間すぎると直ぐに故障するって揶揄。
単なる噂であってね。壊れる時は保証期間内でも壊れる。壊れない時は10年、20年持つ・・・といいなあ。

フルキーボードの癖でNumlock押したら赤いLEDが右上に点灯しまして、同時に かなキーおしたのに数字が入ったりして・・・・ そりゃNumlock押したからなあ。。。というわけで、Numlockは使用する事はなかろう。Page Up,Down, Home,Endキーは矢印キーと併用、切り替えはFnキーで。。。まあここらはいいか。ノートPCのキーボードだわん。
で、2mmストロークと、キーの間隔とデザインが良いし、叩いた時の感触がフルキーボード(安物の)より良い。
SANWA, ELECOM,BUFFALOの1000円以下のキーボードをいくつか持っているが、上のは1000円超過しましたね。1000円台後半というワタクシとしては勇気を持ってカネ出しました(笑)

中古PCが数台あるのでキーボードはいくつかあるのであるが、2mmストロークは初である。
これでブログの駄文をずらずらと書き続ける事ができようぞ・・・えいえいおーー。

posted by toinohni at 09:05| 東京 🌁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Overflowって生ずるんですよ なあぁにぃぃみつけちまったな

VScode + Python, c/c++ でもそうだが。doubleの最大値は 10^308 ぐらい、これはe^709ぐらいになる。こんな数字を超える事はあるま~~に。特にワタクシのような趣味のプログラムでは・・・と思っていたらOverflowが生じたのである。

プランクの黒体輻射の数式を計算してグラフ化する。数式書いてmatplotlibでグラフ出すだけ。

image

数式 書くの面倒だし、このブログではきれいな数式が出ないので略だが、
exp(h*f/k*T)  という項目が計算式にある。
h*f/k*T が709を超える場合があるのだった。周波数f は極めて高く、温度Tはかなり低い場合に。
プランク定数    h = 6.626E-34
ボルツマン定数 k = 1.381E-23

教科書の黒体輻射の説明では T = 500~ 5000Kぐらいだった気がする。それは溶鉱炉の話である。周波数はE16ぐらいまでか。その場合にはOverflowは生じなかった。

ところが、宇宙背景放射の場合には黒体輻射なのだが T = 3Kぐらいなのである。Overflow生じたのである、(周波数が低い領域では生じない)
では、どするか?  doubleは倍精度である。倍の倍精度とか使うのか。あるのか。あるらしいな。Pythonで使えるのか。知らんもんね。
世の中には4倍精度という規格があるようなのでPythonで使えるか、だが。
c/c++ではどうか、なのだが。
ちょっくら調べて上の計算だけやってみるか、そのうち。

数式を単純に計算したらdoubleで表せる数の最大を超えました・・・という時はどのようにすればよろしいんで?  単位を変更して数字がでかくならないようにするとか?
天文計算の例では時間を秒ではなくて年にしていたなあ。距離はメートルではなくて天文単位とか。光年とか、pcとか。テキトー。
計算式に物理定数を代入して単純に計算するというのは芸がなさすぎるかも知れぬ・・・いや、それでいいのだワタクシのレベルでは。
なにかやってみる。すると弊害、副作用、副反応等が出る。そこにこそ学習のヒントがあるってものなのであーーーる。どーよ。なにがよ。知らんわ。

posted by toinohni at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おおおお、首位戦線が動き出した なあぁにぃぃ気づいちまったな

https://hochi.news/articles/20210914-OHT1T51210.html

巨人は5位のDeNAに痛い逆転負けを喫した。4回に1点を先行したが、先発の山口が6回に桑原に同点ソロを許し、7回1死からソトへの頭部死球で危険球退場。2番手の田中豊が続く牧に勝ち越し2ランを浴びた。5か月ぶりに3番に坂本を置いたオーダーも実らず、DeNA戦は8戦勝ちなしで6連敗となった。ヤクルト・阪神戦が引き分けたため、首位・阪神とは3・5差の3位転落となった。
ヤクルト・阪神戦が引き分けに終わり、首位とは3・5差の3位転落となった。原監督は常に「打線は4点以上、投手陣は3失点以内」を試合でのノルマに掲げる。そこから得点は平均で1点以上、足りていない。ここに来て「サカオカマル」にばかり重荷を背負わせるのは酷だが、それでも主役が活躍するチームの形で勝ってこそ、勢いが生まれるというもの。逆境をはね返してほしい。

----------------------------------------------------
巨人が自滅コースか・・・・ 投打ともにあかん。巨人病が慢性化したのか(笑) なんで投打ともに悪くなるんだ。それは巨人病・・・テキトー。
原は打線が4点以上、投手は3失点以内を・・・というのだが、9月で2勝しかしてないのだぜぇ。。。。原の掲げるノルマが達成できん。日曜に菅野先発で勝った試合は打線は2点だった。失点1で投手陣らが踏ん張って勝ったのだった。
投手陣が失点1を維持すれば勝てる!!  そこだぜ!!  原くん。
それは無理ね。中田翔を獲得して打線の刺激になるかと思いきや、変わらず。助っ人外人頼りという伝統の巨人の手法でも変わらず。
年俸は高い巨人である。二軍に高年俸の選手がゴロゴロしとるど(笑)

で、セ・リーグもパ・リーグも首位戦線が動き出した。ワタクシは阪神は息切れしてズルズルと下がると予想したのだが、少しズルズル下がってから盛り返したのである。逆に息切れしたのは巨人であった。ムカッパラが立つのはオリンピックで試合がなかった一ヶ月、巨人の選手らはキチンと練習してなかったのではないか・・・という事。一ヶ月も試合がなかったのだ、調整期間として十分だろう。今、疲労とか疲弊とか言うなバカタレ。
セ・リーグは阪神が抜け出し、パ・リーグはロッテが抜け出した。

image

   とは言ってもセ・リーグは3.5差に3チーム。これはまだまだわからない。ただし、巨人は9月に2勝しかしとらん。この調子で行くと3位から落ちる可能性もある。最近は貧打・中日がどういうわけかようけ打ち出したし(笑)
パ・リーグは5差に3チームだが、オリックスがズルズルと下がるのかロッテが独走するのか、そのうちロッテも息切れするのかわからぬ。ロッテ・オリックスの首位争いに楽天が割り込めるか・・・可能性は低いと見る。

9月に2勝しかしとらん巨人が奇跡の盛り返しを見せるか、このままズルズル下がるか。阪神が優勝すると関西圏はエライ騒ぎになるぞ。密密密で人が集まって新コロ感染拡大はは間違いない!! 
  間違いない!!  の芸人はどこに消えたんだ? 

大相撲もやっとるし、スポーツの秋ですね。そして台風も・・・まだ関東には来てないか。

さてと、スポーツは見るものであってやるものではない。記録狙い・カネのためのスポーツはカラダに悪いし健康に悪いというのがワタクシの信条である。見るに限る(笑)
で、散歩がちょうど良いがなや うむうむ。

posted by toinohni at 07:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする