2021年02月27日

素粒子論ってとっとも ワケワカメ リケンはわかめ なんで

霧箱とか泡箱とか写真乾板とかで飛跡が観測される・・・・・のどかな時代であった。

現代の加速器ではそんな牧歌的なシーンはない。大量に得られたデータ処理によって新粒子の存在の有無を調べるようだ。どうよ。なにがよ。知らんよ。

CP対称性の破れを説明するためにはクォークは3世代6種類必要だ・・・と小林益川は1970年代半ばに論文を書いた。当時はクォークは u,d,sの3種類しかなかったのだ。
だーーれがクォーク6個説など信ずるか、ばかたれーーー ・・・・ ではない。c クォークが発見され、b クォークが発見され・・すると、物理学者は 小林・益川理論って ひょっとしてあたりじゃね?  と想い始めた。
クォークが3つしかなかった時代に6個あるんだと理論で予言した。だから小林・益川はノーベル賞だ、エライ!!  という見方は単純過ぎる。エライのは事実だとしても、だ。

CP対称性の破れは弱い相互作用でありふれた現象ではないのである。入門書ではこれを略しているものが散見される。CP対称性の破れはKo中間子の崩壊だけ生ずる。中間子はたくさんあるにもかかわらず。しかも頻度は少ないときた。
こうなるとCP対称性の破れをどうやって見つけるか、も大事だ。

そこでB中間子に着目した。B中間子を大量に製造して崩壊を観察しよう・・・CP対称性の破れを見つけるのだ。そーだ、そうしよー。 となったかどうか知らないが、筑波のBファクトリーはそういう事を目指したらしい・・・

「小林益川理論の証明」立花隆2009 初版 にそう書いてあったんだもんね。

詳細はその本を読んでもらうとしてだな、言いたいことは、霧箱とか泡箱とか写真乾板とかで飛跡が観測される、という状況ではなくて大量のデータを数ヶ月かけて解析してやっと確信が持てるというものらしい。
そういうところを省略して結果だけ書くと、ああ、筑波のBファクトリーで益川・小林理論が検証出来たんだね、で終わる。ただ、それではワタクシの趣味である「科学劇場鑑賞」ではないのである。
科学劇場で登場する人物、組織、団体、理論・・・・ そういうものが劇を創るのである。
例えばプロ野球。これも試合の結果だけ知りたいのであればスポーツ紙をみればいい。
だが、テレビでの実況であろうが、球場での観戦であろうが、そこには選手らの躍動がある。観客の興奮がある。投手と打者の対峙する緊張感があり、ゴロをさばく内野手の華麗な守備がある。
そういうシーンが実に感動的なのである。

科学劇場も同様にいろいろなシーンがある。感動は結果だけにあるのではない。劇は初めから終劇まで見て楽しむものである。どーよ。 なにがよ。

というわけで、入門者向け、一般向けの本も、結果としてはこうなります、と書くだけでなく、もっと経緯を書いて読者に感動を与えようぜ。

ただ、そこが難しい。CP対称性の破れに絡んでは、クォークの世代混合の話まで一般向けの本に書いてあるのは少ない。KM行列なんてものが出てきてクォークは世代混合がある・・・なんて話になると、なにをいってんの?  となってしまう。
ある程度は結果だけを簡潔に示すというのも仕方がないが、観劇を楽しむ為には演ずる俳優・女優、脚本とかその他の事を知っていると楽しさは増すであろう。

てなわけで、入門書もいろいろ複数たくさん 読むのがよい。踏み込んで書いてある本もあれば、数式は一つも出さない本もある。一冊だけ読んで、この分野は理解した・・・と思うやつはキチガイが天才であろう(笑) 凡人は ワケワカメ・・・と言うであろう。それでいいのだ。

で、こういう話は2000年頃の話である。それから20年が過ぎた。では、現在の素粒子論はどのようになっているのか。20年前からどのように進展したのか。これだな。
ビッグス粒子が発見されたのは2012年である。もう8年前だ。その後のCERNはどのような探求を続けているのか。そこだな。
そういう最新の状況をサイエンスライターは書いて欲しいものである。内容によってはワタクシは貧乏・金無しであるだけれども、数百円の本ならば買う・・・ 焼酎飲まないで本代に当てる覚悟はある次第である。

で、焼酎切れたので買い出しにすくわん・・・・・ なむう。。。 ワイのエネルギーは焼酎なのであるぞ!!  どうよ、何がよ。知るかよ。

posted by toinohni at 14:41| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほんまにこんなんがいるんですかね ま世の中は広いし いろいろあるからなあ

https://news.nifty.com/article/magazine/12179-979291/

こんなん、親が元・貴乃花親方みたいに、勘当しましたから、ってなると一気に解決すると思われる。
昔の昔の戸塚ヨットスクールみたいに厳しい環境に放り込め、と思う。

ワタクシは貧乏金無しの家庭で育ったので、こういう甘ったれたやつを見ると豆腐の角に頭ぶつけるか、ジョギング中に雷に打たれやがれと思うのである。

甘ったれた奴はその息子だけでなく、両親も甘ったれた連中である。まあしかし、年金で夫婦としては暮らしていけるようで、これは裏山であるが、このバカ息子を自立させるには、両親も息子も甘ったれた クソヤローなので しったこっちゃない。
ワタクシは貧乏金無しなので、こういう連中にはムカッパラが立つ次第である。

で、ファイナンシャルプランナーで思い出したがワタクシも10年以上前に2級ファイナルんシャルプランナーに合格したのである。なので自分の事は自分で心配し・処理するのである。記事のバカ息子もファイナンシャルプランナーの勉強でもしたらどうか(笑)

つーかね、この記事は創作ではないのか。こんな連中が現実にいるとは思えない。(笑)

posted by toinohni at 14:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山火事

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0226m040284/

こういう時に限って雨が降らないのなあ。

posted by toinohni at 12:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする