2021年02月14日

噂の東京マガジンとかの番組 まだやってたのかよ

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202102120000774.html

TBS系昼の情報バラエティー番組「噂の!東京マガジン」(日曜午後1時)が、4月からBS-TBSに移行することが14日、分かった。

1989年(平元)10月に始まり、31年以上、TBSの日曜昼の顔として愛されてきた番組。“身近なできごとから世の中が見える番組”をモットーに、実際に現場を取材する「噂の現場」、街の若者がさまざまな料理に挑戦する「やって!TRY」などのコーナーが人気だった。

------------
  昔はよく見た。20年ぐらい昔。ワイは10年ぐらい前にテレビを捨てたので今はしらん。未だにデレビみている連中はバカだろと思っている(笑)

で、BSに移行で廃止ではないみたい。廃止しろよ、もう。役割は終わってんだよ(笑)

ワイはいまだにテレビが暇つぶしである連中の中でもワイドショー等を見る連中は真性のバカだと思っているし、その番組の出演者もバカがバカを騙す構図に載っていると思っている。

バカがバカを騙す構図・・・・資本主義というか自由経済・社会というか、成り立つ基盤がそこにある。
バカでない連中ばかりだと我々の経済社会は成り立たないのである。分かっているけど、テレビはいらん。バカの芸タレや出演者が観るの耐えんバカレベルなのだ。どっひーーーー。

終わり。

バカの発想の一つ
豊田真由子さん、森会長の発言に「政治の世界ではあるある、日本は国際標準から50年遅れている」 (msn.com)

豊田真由子さん、森会長の発言に「政治の世界ではあるある、日本は国際標準から50年遅れている」

---------------
  バカの典型。おまいがいう世界とはどこよ、ねー。そういうの何も語らずに、国際標準から50年遅れているってめ・・ だから、まずは、おまいの言う国際標準ってどこの世界の世界なのか、行ってからものを言うよ、このバカタレのアホタレ。何の説得力もなく感情でいうだけでは、バカの典型だっちゅーのよ。アホタレ。

終わり。

posted by toinohni at 14:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOAで見る今日のニッポーーーンってのも たまには

https://www.voanews.com/east-asia-pacific/strong-quake-hits-japan-coast-injuring-dozens-and-triggering-blackouts

IWAKI, JAPAN - A strong earthquake hit off the coast of eastern Japan on Saturday, injuring dozens of people and triggering widespread power outages, but there appeared to be no major damage and no tsunami warning was issued.

The earthquake had a 7.3 magnitude and its epicenter was off the coast of Fukushima prefecture at a depth of 60 km (36 miles), the Japan Meteorological Agency said. It shook buildings for some time after it hit, shortly after 11:00 p.m. (1400 GMT).


Earthquakes are common in Japan, one of the world's most seismically active areas. Japan accounts for about 20% of the world's earthquakes of magnitude 6 or greater.
--------------------------
   M 7.1 だったんだね。うーーむ。デカイわあ。
M 6以上の地震で言うとニッポーーンは世界の20%だって言う取るが。これが多いのか少ないのか、知らんけどね。
インドネシアでも大地震起きたし。南米でも起きとるし。

地震は起きるものなのだよ、それは地球が生きている証なのだよ。人間の都合など知るかよ、地球の都合なのだよ、よいか、地震が起きる = 地球が生きている ---> よっしゃー ワシも生きていくぜ・・・と テキトーニナ、なんでも自分のエネルギーに転換できる奴らが人生を少しはシアワセに過ごす事ができるかもだぜだぜ、ハゼは魚。 なんで? 

A worker cleans up broken bottles at a liquor shop after a strong quake in Fukushima, Japan, Feb. 13, 2021, in this photo taken by Kyodo.

くっそ。酒がもったいねーーーー (笑)

posted by toinohni at 13:10| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素粒子の入門書というか なんというか

1995年の第2版を持っている。内容に関してではなく誤字について書く。出版社は岩波である。

1965年の出来事を 1956年と書いてある箇所がある。一九五六、一九六五 という書き方なので勘違いしやすいのかね。
クォークの第3世代で最初に発見されたのは τ(タウ)であると書いてある。 t(ティー) である。これは似ていて気づかずか。というのは間違いである。b クォークの発見が先であるのである。どっひーーー。

では、この手のミスはその後の改訂版では修正されているのか。とりあえず出版社はサポートページでなにか説明があるのか。

https://www.iwanami.co.jp/book/b265952.html

見たけど何もない。改定本で修正があるのが好ましいが改定本を出さない場合は出版社サイトで誤字・脱字ぐらいの訂正はしろよなバカタレと思う次第である。
95年の本だからもう放棄かもしれないけどね。

最近は査読をきちとしてから出版しているのかね。誤字脱字はサポートページに載っているって出版社によってはやっているわな。
本が売れないっていうけど、だれが誤字脱字だらけの本を買うかい(上の本は誤字脱字は極めて少ないと思いますけどね)
  出しっぱなし、サポートもないって本はな・・・・

まあソフト絡みでは某金城なんとかって人の本は初版は間違いが多くて(笑) 本人が書かずにバイトが書いているのか。あるいは出版社はわかる人に査読を頼むこともしないのか。もっとも、その本は出版社のサイトで誤字間違いの訂正は出ていたけど。

それはともかく上の本は素粒子分野の50年ぐらいの経緯をコンパクトに紹介している良い本であるが、初心者で分かる奴は少ないだろう。ある程度の雑学を持っている人が整理のために一気読みするのが良かろう。
終盤のヒッグス機構のところはワイはさっき風呂の中で読んで、ああ、そういうことか!!  と勘づいたのである。南部・ゴールドスットントン粒子が登場するあたりは2,3行ぐらいの説明であるが、ビッグス粒子に関する別の入門書では詳しく出てきた。南部・ゴールドスットントン粒子ってなんだよ・・・・ 南部・ゴールドストン粒子だよアホタレ。

ここらあたりまで知ってくると、この分野ってちょ~・面白いかも・・・と思ふ次第である。理解しようと思ってはいかん。知るのだ。まずは知るだけでいいのだ。考えてはいかん。考えてなんとかなる話ではない。まずはしるのだひでき!!   のだひできって誰だよ。知るかよ。

posted by toinohni at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語できませんが、なんでございましょ   なんですとおぉ

最近はYoutubeの英語ものをいくつか見ている。数年前も見たのだが飽きて見なくなった。だって、見てもわからんもん。
数年前は若い頃の松田聖子が老けたような顔立ちの・・・そりゃ今の松田聖子も老けているだろな・・・その松田聖子似の講師のチャネルを見たものだが、ワシの英語力は一向に向上せぬなのです。
Weblioの語彙力診断、英単語の学習アプリ、いまきなきサイト「単語力」などで語彙力増強を図った結果、Weblioの語彙力診断ではTOEIC900超のレベルにはなった。あれはね、そればっかりやっていると同じ問題がよく出るので点数は上がるのだよ。これが語彙力増加に微々たる効果はあるとワイは期待している。でもね、他のサイトで語彙力診断みたいなのやると点数は低いんだよ(笑)

で、英語ものの動画を見ていて思うのは、これは新しいエンターテインメントであるって事だ。講師は、Youtberというのか、そいつらは工夫している。よく工夫している。そりゃ登録者数増やさないと儲からんだろからな。
このエンターテインメント・・・長いので娯楽とするわ、娯楽であるとして見ると面白い。最近は さるの仮面つけて しゃべり倒す人のいくつか見た。とにかく途切れずに喋り続ける。見ていて面白いが内容は頭に排卵誘発剤、入らん。
さらに おぎやはぎの小木と超新塾のアレックの動画も面白い。あれはコントというか、完全に娯楽である。
英語ものの動画ではないが一番面白いのは「セイン・カミュ外語学院」だ。ボビー、アデゴニー、エリックらが妙な日本語を話す。たまに英語も話す。たまに英語が入るので面白いし英語の勉強にもなるぞ・・・ちょっとだけ。20年ぐらい前のテレビ番組だったようだが。

というわけでYoutubeの英語モノは娯楽である。うむうむ。

しかし、出てくる広告を見ると こじき の物乞い みたいだな。めぐんでくだされ、めぐんでくだされ・・・・ ものもらいの典型みたいな印象だ。
情弱を釣りたい必死さがあって笑える。

そういう広告を見たくなかったらカネ払えってのもYoutubeの戦略みたいだけどね。なむうぅ。。。。。

posted by toinohni at 08:20| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

じじじじじ   じしん だあぁぁ・・・ 今更かよ

image

https://earthquake.tenki.jp/bousai/earthquake/entries/

震度3 @西東京市 でしたね。

ワタクシは布団の中でそろそろ眠りに入る頃に、背中に小さな振動を感じたね。地震だな・・・と思って数秒後にガタゴトゴットンした。震度3ってこういうものだっけな。
まー前回の東日本大震災の時は机から液晶モニター落ちて画面にヒビが入ったり本棚から本が数冊落ちたりしたが今回は無事。震度3ではこんなものだな。。。。
震源地に近い福島では震度6とかのエライコッチャ状態です。

10年過ぎても余震ってものがあるのか。地球史的な見方では10年ってたいした時間ではないか。

というわけで、被害からの早急な復興を願うばかりである。上のサイトみたらM3-4ぐらいの余震が続いているようだ。
きっとコンビニ・スーパー、GSなどは大行列ができているであろう。なむうぅ・・・・

posted by toinohni at 08:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする