2021年02月12日

トラ技という月刊誌があるんですわ ほー で?

https://toragi.cqpub.co.jp/tabid/944/Default.aspx

3月号はFPGAの特集だが執筆者を見ると昔と変わらんなあ(笑) そりゃ、長生きしているんだろ。

知ってる名前ばかりだわん。

まあしかし、ワイのようにちょう・ベテランはともかく、今の20代の技術者、技術者もどき、技術者みならい、技術者補佐(あくまでも個人のテキトーな考えであり) から見たら新鮮であろう。
いいのだ、それで。この月刊誌をいつまでも読んでいる奴は何の発展もないのだ(笑)
職場でも地位が上がったら読むものは変わってくるだで(あくまでも個人の妄想であり)。

とはいうものの、トランジスタ技術という名称も時代に合わなくなっている。この雑誌が出た当時は時代にマッチした。マッチングした。適合した。真空管からトランジスタに変わる頃。。。今から50年ぐらい昔ね。
今はトランジスタ単体でなにか作るということはニッチ分野ではあるかもしれないが、一般的ではない。機能はICに入っている。LSIに入っている。デバイスは進展した。デバイスを使いこなすのが技術者の技量の一つでもある。

そう、デバイスを使いこなすのだ。そこだよ、ちみぃ。そのためにはどういう知識が必要か。そこだね、ちみぃ。

システムとかソフトウェア関連とか、ハードもソフトも製品には必要なのだけど、かといってCQの「インターフェース」月刊誌がその役割を果たすかというか、そうでもない気がする。つーか、最近は読んでないけど。
もっとも分野限定して複数の雑誌を出す事で読者を釣って儲けるのだというのが戦略かもしれないけどね。

昔の昔、ワタクシが紅顔の少年である中学生である時は「ラジオの制作」「初歩のラジオ」という月刊誌をたまに読んだ。近所の高校生のお兄さんちには「トランジスタ技術」という月刊誌があった。たまたま、トランジスタ技術を見たワタクシはビックリギョウテンしたのである。
レベルが違うのだ。内容は分からんし(笑) 中学の時の、あらら、小学6年だったかな忘れたが、トランジスタ技術はワタクシの憧れであった。うーーむ。懐古趣味かよ。

では、今の少年・少女らが見て憧れるような月刊誌があるのかどうか。
ワタクシは工学部・電子工学科に進んだのである。子供の頃に見た近所のお兄さんちの「トランジスタ技術」がトリガーであった。

今の分野で子供らに夢となるような、あるいは人生の職業選択の際のヒントになるような、そういう月刊誌があるのだろうか。エレクトロニクス系に限らず、だ。
うーーむ。知るかよ。

posted by toinohni at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお、ひよっとして山口んさちの俊くんも国内復帰か

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102110001097.html

巨人が10日(日本時間11日)にブルージェイズのメジャー40人枠から外れた山口俊投手(33)が自由契約になった際への獲得準備を進めていることが分かった。

メジャー移籍後も山口と親密にコミュニケーションを取り続けており、復帰する状況となれば、情報を精査したうえで、本格交渉に乗り出す見通しだ。

---------------------------------------
2年契約で1年で終わるとカネはどうなるのだ?  知るかよ。

2年総額635万ドル(約6億6700万円)の契約だったらしい。総額だからな。1年では半分か。成績次第で変わる部分もいるのかね。

まーしかし、巨人復帰するならば大歓迎である。菅野がとどまり、山口俊が復帰する。加えてコーチ陣には桑田が加入している。巨人は鬼に金棒だ。怖いぞ。
こうなると打撃陣はどうするか。一軍の打撃コーチって誰だっけ。
打撃コーチってのはないのか。野手コーチってのがそれか。野手は打って走って守って、だな。打つだけではないわけだな。

だが、今年の巨人は昨年より強化されるであろう。シーズン始まったら圧倒的にダッシュするであろう。もう夏までに優勝を決めるかもだぜ。。。 こらこら。

ただ、良い選手を集めてくると戦力増強、結果として優勝する、という簡単な構図はない・・可能性もある。
昔の長嶋がやった。一番から8番まで四番打者みたいなの揃えて・・・それで優勝出来ましたかね。そういう事だ。
個々の選手の能力が高くても試合はチームでやる。いや、そうでもない。個々の高い能力を試合で発揮できるかどうかはチームによる。そこだな。

今年は阪神が優勝だ・・・・ 根拠はない。テキトーに言うて見た(笑)

posted by toinohni at 11:51| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお、ヤクルトが記事に・・・ まれに見るバカ記事だけど

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/02/12/kiji/20210211s00001173643000c.html

元監督でOBの古田敦也氏がヤクルトの沖縄・浦添キャンプで今月5日から1週間、臨時コーチを務めた。1年前に死去した野村克也元監督から最も薫陶を受けた同コーチは捕手陣を中心に精力的に指導。石川、小川ら主力だけでなく、奥川ら若手のボールも受け、惜しみなくアドバイスを送った。
担当記者として「古田イズム」がチームに浸透していく様子を連日記事にしたが、現役選手にも周囲に好影響を与えるレジェンドがいる。青木宣親だ。

まずは己を知れ。野村元監督の教えにも通じる。ノムラやフルタだけでなく、ヤクルトには「アオキの考え」も浸透している。
------------------------------------------------------------------

  おいこら、野村・古田の教えが浸透していて2019,2020と最下位だったのだぞ。ここを指摘しなさいよバカタレが(笑)
スポニチは東スポ並かよアホタレ。
スポーツ紙の記者はもっと真面目にかきたまへよバカタレのアホタレの焼肉のタレ。

えーか、・・・以下略

posted by toinohni at 11:30| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOAで知る今日の中南米 ハイチってどこに配置されてんの なんですとーー

https://www.voanews.com/americas/haiti-civilian-court-orders-release-supreme-court-justice-accused-coup-plot

WASHINGTON/PORT-AU-PRINCE - The head of the Civilian Tribunal of Croix-des-Bouquets has ordered the release of Supreme Court Justice Yvickel Dabresil. 

The justice was one of 23 people arrested early Sunday in connection with an alleged coup attempt. A video produced by the Haitian National Intelligence Service and distributed to the press begins with mobile phone footage of Dabresil shortly after his arrest.

-------------------------------------

いや、しかし、なんだな。ワケワカラン。ハイチってどこに配置されとる?
Caribbean general map.png

   海賊が活躍したカリブ海だな。何とか島の西半分だ。東半分はドミニカだ。キューブやジャマイカも近い。うむ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%81
   ざっと読んだら中南米の歴史がわかった。。。ちょっとだけ。
なんで黒人の国なのか。元々の原住民は西欧列強により絶滅・・・絶滅に近い状態になったらしい。フランスがアフリカから黒人奴隷を連れてきて働かせて、フランス人も入植して人口増えて。黒人も増えて。どーたらこーたらで、激しい歴史である。
ここらフランス、スペインが植民地ぶんどり合戦やっていたのか。エゲレスも参戦か。世界の混乱の元凶は西欧列強にあり、だな。
エゲレス、フランス、スペイン・・・ それ言ったらイタリア、ベルギー、ポルトガルだって・・・・ 植民地ぶんどり合戦という熱病に罹った時代があったという事だ。
  中南米の黒人ってアフリカから連れと来られた奴隷が御先祖って事だなあ。フランスがメインだ。

で、ハイチの現在の紛争は何ですかあ。。。ワケワカメ。

posted by toinohni at 09:20| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする