2021年02月03日

文章での印象と動画での印象は同じ事を話しているのに違うぞ・・・ ほー

広岡のジーサンにしても、亡くなった野村のジーサンにしてもスポーツ紙等の彼らが書いた記事を読むと、地味な上に文句ばかり言うヤツラだなあ・・・という感じであった。
だが、動画で見たら印象が違った。記事等で書いた事と内容は同じ事を話しているのだが、話すという動作、表情があり、手を振り・頭を動かし、という動作があり。すると、だいぶ様子が変わって見えたのである(あくまでも個人の体験であり・・・・)

ここだよなあ。5ch 等でも嫌味な書き込みとかムカッパラが立つ書き込みとかを続ける嫌われ者をよく見かけるのだが、実物は良い性格なのかも知れないぞ。

Youtubeでデーブ・大久保とか高木豊とかのチャネルを見ていると印象が変わったもんね。こいつら面白いし楽しいし話芸が出来るじゃんよー。
元近鉄の金村のチャネルも見ていて面白いでした。野球漫談が出来る人だったんだ。わっはっは。
で、チャネルはChannelだが、Youtuneで松田聖子が老けた感じの昔はきっとかわいい子だったんだろうなという英語教えて数十年の人が、チャネル と発声していたのできっとチャネルが正しいのだろう。だが、日本語では ちゃんねる と言うのだよ(笑)

つまり、広岡もスポーツ紙ではチビシー事とか文句ばかりとか書いている気がするのだが、動画で見たら同じことを言っていてもワガハイの捉え方が変わったのである。
嫌味ばかり言う地味でひねたジーサンだなあ・・・という印象が変わったのである。それは話す時の表情があるからである。
やっぱ、文章だけではダメだ。
ワタクシは物事は複数の視点で見るべしと信じている。複数の視点で見ようとしない者、見ない者がバカである・・・という定義を支持するのである。ワタクシが私淑する精神科医の言葉なのである。どーよ。なにがよ。知るかよ。

というわけで、人の話は文章で知る。。。 動画もあれば視聴しませう。そこだで。

昔、関口宏が嫌いだった。テレビで見て。言うことが何か気に触る。言うことというときの顔が気に触る。不快なヤツであった。今は知らん。テレビ持ってないので見ることはないのである。どーよ。 見たくなかったらな、みないという手もあるんだよ(笑)

元・貴乃花とその息子がメディア使って対立している感じがある。だが、週刊誌の記事は危ない。文章での印象は危ない。そこだで。
文章でも動画でも、観たい・聞きたい・知りたい・・・・ところであるが、元・貴乃花は自分では何もメディア等に対しては話さないからなあ。周りが憶測で話す。これは一番あぶない。なので、周りが話す事はワタクシは信用しないのである。どーよ。何が? 

しかし、Youtubeチャネル見ているとCMが入る。CMが嫌いなのでテレビ捨てたというのに(笑)
だが、CM見たくなかったらカネ払えって戦略もあるんだろ。

スマホアプリでは普通だ。CMがあるから無料だ。CM見たくなかったらカネ払え・・・どっひーーーーー。
タダでは物事は提供できませぬ。それは分かるのである。だけどワイはカネは払わぬ。どっひーーー。

えーと、何の話だっけ。

そうそう、デーブのチャネルのアシスタントの女の子がたいへんに かわいくて 大人気らしいが、あの顔で30歳代とか言う取るのが ワイは信じられん!!  石川愛って名前。
デーブの話に相槌売って、うんうんと聞いて たまに笑顔で頷いて・・ちょ~かわいい。大人気。
それはいいのだが、このうんうん、頷くのだが、これ話はまったくわかっていないで・・・と分かるシーンもいくつかあった。でも訳わからなくても うなづく のがいいよね。 反応がなかったらデーブも困るね。

そういうのが放送大学の動画でもあった。物理系の講座だけどアシスタントの女性は講師の先生が説明する際に、適当にうんうん、頷いているのである。そのシーンを見ていると、これは何もわかってないな、と直感するものも多い。(笑) だが、いいのだ。かわいいので許す。

ワタクシが昔、仕事で外注の営業含めて数人で打ち合わせしていた時に、ワタクシが説明すると若いやつが うんうん と頷いているのであった。 ワタクシも若い頃であった。ワタクシは相手が 頷いている ので理解していると思った・・・・・ 間違いだった。 奴らは単に頷いていただけであった(笑) その後に、あらら、話が通じていないなあ・・・という事があってワタクシは現実を知った次第である。タノシー思い出である。どーよ、なにがよ、知るかよ。

で、デーブ チャネルのアシスタントというのか うなづき係というのか、のかわいい子。笑顔がいい。笑顔たけでなく はっはっはと笑い声も良い。
デーブも笑い声は ひゃっはっはっーーとか声がかすれてしまう場合がある。これは耳障りだが、アシスタントの愛ちゃんの笑い声で相殺だ(笑)

で、何の話だっけ?  知るかよ バカタレ・・・ なんで怒るん?   知るかよ

posted by toinohni at 13:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業名って変わるので ワケワカメ。。。

https://www.fukeiki.com/2021/02/dexerials-cut-59-job.html

東証1部上場の電子材料メーカー「デクセリアルズ」(旧商号:ソニーケミカル)は、2020年8月28日付で公表していた特別早期転身支援制度に59名が応募したことを明らかにしました。

対象となったのは50歳以上の管理職従業員で、当初の募集人員50名~100名とするなか、想定範囲内の応募者数となりました。なお、この施策に伴う関連費用として約10億円の特別損失を計上する予定です。

-----------------------------------------------------------

デクセリアルズ ってナンジャらほい。。。 ソニーケミカルって旧商号と書いてあるが、これも忘れていた。
ソニーが2000年代に低迷した頃、2004年のソニー株価大下落とか話題。そしてリストラ=人員削減が常套化。退職金割増しで50代をだいぶ減らした。ここらはワタクシは下請けでそこで働いていたのである程度見たのである。課長経験者、部長経験者が続々と辞めて。課長やっているヤツまで辞めて。退職金に釣られたのであろう(笑)
さらに小会社の譲渡が進んだ。ソニーケミカルだけではない。プリクラ事業を譲渡、ソニーなんとかかんとかという会社も譲渡、そそういう中でソニーケミカルはだいぶ大きい企業だったのだが儲からんと譲渡、儲からん事業からは撤退。。。。そういうのが続いたなあ10年ぐらいは。もっとか。
ただ、ソニーが儲からんと判断して譲渡・売却・・・、買った企業はどうやって儲けるわけ?  という疑問は当時からあった。
これはIBMがPC部門をレノボに売却した時も同じく。IBMが儲からん・・・というビジネスをレノボはどのようにして黒字化するのか。その後にレノボがPCメーカーとして君臨しているので連中は儲けるにはどうするか術を知っているのだろう。
国内でも赤字会社を買収して黒字化するというマジックを見せる敏腕経営者がいるにはいる。日本電産の永守が典型だろう。テキトー。
この部門はダメだ、儲からん。。。。よっしゃ、売れるうちに売ってまえ・・・という経営者
そのダメ部門を買収して黒字化するマジックをみせる経営者。

なかなか見ていると面白い。
科学技術鑑賞が趣味だが、ここに経済社会鑑賞も趣味にしようっと。なんたって、まー見ているだけで、ワタクシは傍観者に徹する次第である。うむ。

posted by toinohni at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語できんのでツールでアーーソブ そしたらワケワカメな なんどすとぉ

Does anyone know (who) this coat might be?

( ) --- who, whose, to whom, whose ----> whoが正解だというが違うのではないか?

https://www.quora.com/Which-version-of-%E2%80%9Cwho%E2%80%9D-is-correct-in-the-following-Does-anyone-know-whose-this-coat-might-be-Does-anyone-know-whom-this-coat-might-be-Does-anyone-know-to-whom-this-coat-might-be-Does-anyone-know-who-this-coat-might-be

whose が正しいという回答がある。

ところがGrammarly はエラーだという。
image

Grammarlyは who が正解だ、と指摘している。問題アプリでも who が正解になっている。だが、英文サイトの質問では回答者は whose が正しいというのが多いぞ。

どないなんじゃあぁーーーー!!!

翻訳は  誰かこのコートが誰か知っていますか? なのですが、これはおかしいだろ。
このコートは誰のものか、というのなら言葉として意味はある。このコートは誰ですか、ってバカかよ。このリンゴはだれですか、この本は誰ですか、とは言わないからなあ。

だが、スマホアプリもGrammarlyも who が正解だという。なんでじゃあぁーーー!!!
上の英文サイトの質問と回答を読むとワタクシは whose が正しいと思う次第である。

だが、who が正しいと言う。うーーむ。ひょっとして this coat に別の意味があるのか。このコートを着ている人という意味が含意されているのか。そうてあれば、このコートの人は誰ですか、ってなって正しい気がするなあ。

上の英文サイトの回答者が英米圏でるとして、連中が who が正解 だと言うとるのに、問題アプリとGrammarly が who を正解とする・・・ これだって英米圏の連中が作ったんだろによ、TOEIC問題なんだから。

すると、ここで who が正しいか、whose が正しいかは ワタクシには分からない。そこで、このコートは誰のものであるか知っている人は?  とか言う場合には、

Does anyone know whom does this coat might belong to?
Does anyone know who the owner of this coat might be?
とか、分かる言い方にしようっと。。。 言わないけど。

しかし、このコートの人はだれであるかしってる?  という場合には、
Do you know who is on this coat?
Do you know who is wearing this coat?
   こういうのにしようっと、言わないけど。これらは Grammarlyでエラーないし(笑)

posted by toinohni at 10:35| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Techno-Frontier なんとか どーたら

https://jma-tf.com/
Webで開催。今年の6月には東京ビッグサイトで開催予定。新コロが収束すればの話だろなあ。まあ幕張よりは近いから暇つぶしに行くか。

で、Webでの展示を見ていて、おお、知らない会社がたくさんあるぞ。。。。 ワタクシも数十年、エレクトロニクス分野の技術者の下層として飯食ったから社名はだいぶ知っていたけどねぇ。
まあ現役ではないからなあ。知るかよ、最近のはって。

で各社のWeb Site見たら、なーーんでい 社名変更してんじゃん、最近・・・だったらワイが知るはずがないんだわん。
まあしかし、技術展示会も流行り廃りがありまして。2010年頃は太陽光発電やら風力発電やらが盛んで。ソーラーパネルに風力発電の大きな扇風機が展示されてたり。
風力発電のプロペラを回すのに扇風機数台で風を送っていたり。まあにぎやかでしたわ。
LED電球が流行りだした頃はLED照明の展示がズラズラと並び。

というわけでリアル展示会は楽しー。いまは何が流行ってんだろなあ・・・というの実物を見るのが手っ取り早いでえぇぅーーーー。

基板屋が出ていたのでおろろいた。P版屋も東京近辺なら・・・消えたのいくつかあるなあ。

てなわけで、バーチャルTechno Frontier は 2/12 までですぜ。内容は登録しないと見ることができませんなのです。
既存技術がどのように地道に活躍しているのか、そして、何か新しいモノが登場しているのか、もーもーワクワクして牛が啼くぅ・・・ なにそれ? 

posted by toinohni at 08:27| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする