2021年01月21日

プロ野球 変革が必要だ セ・リーグのよわっちーでドッチラケているの わし

http://www.zakzak.co.jp/spo/news/210121/bas2101210007-n1.html

   王がかつて言うたように1リーグ制にすればいい。総当りだ。12球団しかないのだからな。

それはいいぞ。やれやれ、やれったらやれ、もっと やれーー。

何らかの改革が必要な時代になっていると思う。特にセ・リーグの巨人を除く5球団の やる気の無さ には呆れる。よわっちー 現実をなんとかしようという努力を見せろやバカタレ。

1リーグ制いいね。総当りするから12球団の順位が明確になるぞ。

というような改革をする気力も姿勢も何もなく、昨日の延長で今日があり、今日の延長で明日がある・・・と考える連中ばかりなんだろ、セ・リーグは特に、巨人を除くと。

巨人人気にぶら下がり、われわれは食っていくのだ・・・・ 伝統ですな(笑)

そのうちプロ野球なんぞ、見るやつはいなくなるぞ・・・という危機感はないわな。

だって、暇つぶしでプロ野球見るとか、大相撲みるとかって 大勢がそうだもの。暇つぶしで見るのにちょうどいいんだもん。

posted by toinohni at 18:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひさびさに見たバカサイト

https://gourmet-note.jp/posts/14438

ここよんでバカサイトだと思ったワイである。なんで?  そりゃ読めば分かる。分からない奴はシアワセである。よんで悲しくなった(´・ω・`) バカなんだろな書いている奴は。

https://chisou-media.jp/posts/1039

ここも同じくバカサイトである(笑)

posted by toinohni at 13:38| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うーーむ プロ野球は巨人が大元だよなあ、元祖は巨人なんだで

https://www.nikkansports.com/baseball/column/baseballcountry/news/202101200000183.html

日本シリーズ4連覇を達成したソフトバンクの強さを説明するためには、前身のダイエー時代からの経緯を無視できない。

福岡ダイエーホークスは1988年(昭63)、南海ホークスを買収し、本拠地も大阪から福岡に移転して誕生した。初年度の89年は、南海時代から監督だった杉浦忠監督がそのまま指揮を執ったが4位。2年目から田淵幸一氏が監督に就任したがチームがまとまらず、優勝争いをできるようなチームにはならなかった。

そこで白羽の矢が立ったのが、西武を強豪チームに育て上げた立役者でもある根本陸夫氏だった。

------------------------------
そこだで。田淵が監督していたって忘れていたけど(笑) 直ぐに強くなったわけではない。地道に優勝を目指し持続する戦略を持っていたのだった。うーーむ。

考えてみれば西武の黄金期を作った広岡・森路線。ともに巨人のOBなのである。今のソフトバンクの王会長はいわずもがなの巨人の4番のレジェンドである。
ようするに強いパ・リーグを作ったのは巨人OBである。巨人の、昔の強い巨人の伝統を西武、ソフトバンクに注入したのである。しかも持続するのである。うーーむ。
それに比べて本家の巨人は、元祖・巨人は (笑)
戦略が持続しないのである。その場しのぎばかりなのである。どうしてか。知るかよ。

ただ、セ・リーグはよわっちーー事に変わりはなく。広島がセ・リーグを三連覇した時も日本シリーズではパ・リーグ代表に負けたのであった。なむうぅ・・・・

これはなんでだ? 巨人が弱いす・・・・ ソフトバンクに4縦を2年連続で食らったのです・・・・ なのにセ・リーグに危機感がない、って気がする次第である。
DH制が・・・ どうかしらないが、今の所はセ・リーグの観客動員数がパ・リーグを上回っているので危機感を持てないのかね。
観客動員数がこのままでは逆転されっど゛゛゛゛゛゛゛゛おぉぉぉぉぉん。

パ・リーグはセ・リーグに勝って人気を上げるという目標があるのだろうな、選手全員に。セ・リーグはそういうものがない。という気がする。
それだけではない。どうもハングリー精神に欠ける感じがする。セパともにだが特に巨人の選手らに覇気がない。こいつらは覇気を破棄したのか?    はき を はき したのか?  笑えよな。

年俸が数千万円で長く現役を続けられたらいいもんね、わし。そんな感じ。しゃかりきに優勝狙いにいかないし、四苦八苦してタイトル取ろうなんてやらないもんね、わし。 そんな感じ。

なんというか、昔の「巨人の星」で星飛雄馬や花形満や左門豊作やらの熱血野球マンガで感動を得たワイは今の選手らに、なにか熱血が欠けているとしか思えないのである。
ただ、ダルビッシュとか田中とかは例外な。彼らは目が輝いているしオーラが出とる。
巨人の選手でそういうの極めて少ないもんね。

というわけでプロ野球の本家・巨人が大逆襲するのが今年からだな。セ・リーグの他球団は巨人に引きづられて強くなっていく。巨人が強くなったら他球団も引きづられて強くなるのである。原監督が全権を持っている。コーチも充足した。ソフトバンクでエースだった杉内が一軍投手コーチだ。加えて桑田が補佐として投手陣をみる。宮本投手コーチもテキトーに頑張るであろう。
だが、だからといって2,3ヶ月で成果が出るものではない。地道に努力を持続するかどうか、だ。ただ、巨人は毎年のように そのばしのぎ な事を続けているよね(笑)
なんちてな。

posted by toinohni at 12:43| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOAで知る今日のアフリカ 毎度のことですが

https://www.voanews.com/africa/un-reports-43-dead-after-migrant-ship-sinks-libyan-coast

Two United Nations agencies say that 43 African migrants died when a ship they were on capsized in the Mediterranean Sea off the coast of Libya.
In a joint statement, the International Organization for Migration (IOM) and U.N. refugee agency (UNHCR) say the vessel overturned in rough seas after its engine quit a few hours after leaving the city of Zawya early Tuesday.
The agencies say a “partner on the ground,” the International Rescue Committee, reports 10 survivors were rescued by coastal security and brought to shore. The survivors say all the passengers were men from West African countries.

-------------------------------------------

  リビア沖。死んだ移民希望者らは西アフリカから来たという。西アフリカからスペイン領のカナリア諸島を目指すコースもある。すでに何十人も死んだ。陸路をリビアへ向かい、リビアから地中海を渡るコースもあるようだ。密航者を扱う業者もいるのだろう。
今の欧州に行っても新コロ感染してひでーーーぞ、だが母国よりはマシだ・・・ってかね。
西アフリカの治安、経済がどういうものなのか。

西アフリカの旅 バックパッカーか? ツアー参加か? ~ | 貧乏旅人 アジアの星一番が行く 世界への旅 - 楽天ブログ

知らない国ばかりだ。ベナン、ナイジェリア、カメルーンは西ではないな。カメルーンでは武装勢力が暴れ、洪水が起き、象さんが暴れて・・・とか出ていたが。
中南米からも逃げ出す人たちが海上で死亡とかの記事が出ていた。
かつての西欧の植民地でスペイン系が多いのだろか。アフリカを植民地にしたのはフランスが最大だっけな。ナイジェリアもニジェールもフランス植民地だったし。
ここは旧宗主国として面倒みてやれや・・・・と思ったりして。なむう。

posted by toinohni at 09:57| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フーリエ変換ってものがあるらしいぞ ほーーーー

cos(ωt)のフーリエ変換は教科書等によく出てくる。これが有限区間の場合とか無限に続く場合とか。
ところが有限区間の場合のフーリエ変換を逆変換してもとに戻るか・・・・これはそうとうに初学者には ちょう・難しいのである。学部生でも複素関数論を学んだ連中で理解したならば可能ではあろうか。。。。 ワイは複素関数論は選択科目だったので授業は2,3回出て降参しました(笑)

というわけで、どのぐらいの難しさかというと、次のようなサイトがあって読んだが、これはいかん、ついていけん(´・ω・`)
わたしばかよねー 人生幸朗という漫才家が昭和50年代に、細川たかしは偉い、自分がバカだとようわかっておる、偉い !!  
それだったら、ワイも馬鹿だぜーー、わたくしはバカである、バカは風邪引かない、バカは新コロに感染しない、なんですとーーー。

で、このサイトだ。
http://hooktail.sub.jp/fourieralysis/fourierExample/

\mathcal{F}^{-1}F_n(\omega)&=\frac{1}{2 \pi} \int^\infty_{-\infty} F_n(\omega) e^{i \omega t} d \omega \\&=\frac{1}{2 \pi} \int^\infty_{-\infty}\frac{(-1)^{(n+1)/2} n \pi}{\omega^2 - \alpha^2} \cos \omega e^{i\omega t} d \omega \\&=\frac{n(-1)^{(n+1)/2}}{2} \int^\infty_{-\infty} \frac{\cos \omega}{\omega^2 - \alpha^2} e^{i \omega t} d \omega \\&=c \int^\infty_{-\infty} \frac{\cos \omega}{\omega^2 - \alpha^2}e^{i\omega t} d \omega \\&=c \int^\infty_{-\infty} \frac{e^{i\omega} + e^{-i\omega}}{2(\omega^2 - \alpha^2)}e^{i\omega t} d \omega \\&=\frac{c}{2} \big\{ \int^\infty_{-\infty} \frac{e^{i\omega}}{(\omega^2 - \alpha^2)}e^{i\omega t} d \omega + \int^\infty_{-\infty} \frac{e^{-i\omega}}{(\omega^2 - \alpha^2)}e^{i\omega t} d \omega \big\} \\&= \frac{c}{2} (I_n + I_n^\prime) \tag{8}

ここまでは問題はない。わけわからんのは次からだ。
chromel-fourierExample-02-t.png

この道はいつか見た道ーーーーー。以下、略。

ようするに複素関数の積分の知識が必要なのだよおぉぉぉぉぉん。コーシーの積分定理とかコーシーの積分公式とか留数定理とか、ワケワカランのだもんね、わし(´・ω・`)

だが、怯むなよ。そんなもん知らないでもFFTは理解できるのである。それは高速フーリエ変換と訳されているが実はフーリエ変換ではないのである。
離散フーリエ変換を高速演算するアルゴリズムをFFTというのである。そこでは複素関数の積分など登場しないのである。足し算と掛け算だけなのである。よかったぁ・・・・・(笑)

もっともディジタル信号処理等ではデルタ関数という超関数が登場してくるので数学的な知識があるにこしたことはないのである。よーーし、今日から複素関数論の勉強だ。

図書館にKBB(講談社Blue Backs)の本で次のがあるのは知っている。
「高校数学でわかるフーリエ級数」
「高校数学でわかる複素関数」

どーよ・

ところで工学系の本でデルタ関数は出てくるのだが、それが超関数の分類になるという丁寧な説明はないのである。単に便利な数学的なツールとして紹介される。イギリスのハゲの物理学者が発明したのである。ディラックだが若い頃はハゲではなかったのである。なんですとー。

フーリエ変換・逆変換の解説で工学系の本では複素関数の積分まで使って逆変換してみせるというものは見たことがないのである。まーいいか。

浅学非才!!  不勉強が身にしみる今日この頃は新コロ感染者数が日々高止まりしているのである。

posted by toinohni at 09:27| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする