2020年11月27日

広岡のGさんが工藤をべた褒めである それはそれでいいがなや

https://news.yahoo.co.jp/articles/ed87399c4fd890dcfee59ec07aaaff9f59a97c19?page=1

プロ野球の日本シリーズでソフトバンクが圧倒的な強さを見せつけて巨人に4連勝、4年連続の日本一に輝いた。工藤監督は就任6年で5度目の日本一。その采配も円熟味を増しソフトバンクの王貞治会長は、巨人OBで元ヤクルト、西武監督の広岡達朗氏に「工藤はやっと嫌われる監督になりました」と勝因を説明した。

----------------------------------------------------------------------

王がソフトバンクの前のダイエー・ホークスの監督になったのは90年代だっけな。弱かった。世界の王が監督になるんだから2,3年でダイエー・ホークスは強くなるという期待感を世間は持った。根拠なく。
そしてBクラスを続けた。4,5年はBクラスだったのではないか。王に生卵を投げつけたバカも出てきた(笑) 笑ってはいかん。
王の後の監督は秋山幸二であり、その後が工藤公康である。強くなった。べらぼーに強くなった。土台は王が作った・・・としても秋山、工藤と立派に監督を努めている。素晴らしい。
ダイエー・ホークスはソフトバンク・ホークスに変わって久しい。

元は南海・ホークスである。が、そんな昔の話はいいや。

弱小のダイエー・ホークスが今や強者の日本一のソフトバンク・ホークスである。
王より8歳ぐらい年長で川上巨人のV9戦士でもある広岡が言う。

「ワンちゃん。工藤はいい監督になったな」

王を ワンちゃん と言えるのは広岡や長嶋ぐらいだろうなあ。でも、僕も言えるよ、ワンちゃん・・・・ 相手に聞こえないけどさ(笑)

この記事を読むと巨人が強くなる要因が見つからない。工藤はセ・バ複数の球団を経ている。いろいろと見たからこそ知ることが多かろう。
巨人は毎年のようにFA,助けっど外人等を獲得するが、その場しのぎである。監督は外様を持ってこない。巨人が強くなる要因がない。三軍まであるが育たない。

栄光の巨人は・・・・川上監督のV9時代である。その後は低迷している。だが、今のところはメディアが巨人人気に加担する。その効果がいつまで続くか。
世間がいつまで勘違いの妄想を持つか。今の後年・高齢者が亡くなれば効かなくなるだろう。巨人の栄光などしったこっちゃない。昔の昔の、もっと昔の話だ。

ここら巨人の経営陣は危機感を持てよ、バカタレ(笑) 巨人人気がいつまでも続くと思うなよ、バカタレ。
次の王や長嶋をどしどし育てろよ、あほたれ。

生え抜きを育てろよ、バカタレ。巨人は優勝が宿命付けられているとか妄想だぞ、バカタレ。かってに妄想しているだけじゃあほたれ。
人気にあぐらかいて衰退のコース・・・・ってソフトバンクに2年連続で4縦食らったのだ、考えろ、そして実行しろ。

そして、このオフでFA等で他所から大砲やエース級投手を取りに行くという みっともないブザマな事をして 楽しませてくれ。
いまのうちだ、取れるのも。そのうちFA選手も巨人には行かなくなるぞ・・・(笑)

posted by toinohni at 13:57| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇帝の新しい心 。。。。。 ペンローズのねじれた四次元

皇帝の新しい心 98年第7冊 初版は94年らしい みすず書房

--->  ロジャー・ペンローズ 2020年のノーベル物理学賞

ペンローズはホーキングが有名になった頃に知った。ホーキングの師匠にあたるらしい。
この本は500ページぐらいあり分量は十分。読むのタイヘン(笑)
で、内容は科学ものの入門書をたくさん読んだワガハイからすると、前半はありふれた話ばかりである。うむうむ。物理の歴史みたいな話がある。古典物理の。。その次に量子力学の話がある。その次辺りから本論って感じ・・・でもないか。ようするに、読むのタイヘンになる。後半も終盤になると、これわあぁ・・・と。だが一般向けの本であり著者も初めに書いているように数式など出ても読み進め、途中でわけわからんようになっても読み進め。って方針である。

この本がワイの本棚にあって買ったのが99年である。ワガハイは本を買うと買った日付、場所、書店名、その他を落書きするのである。なので中古屋に売れないである(´・ω・`)

四苦八苦して読んでいたが、ワガハイの本棚には
「ペンローズのねじれた四次元」竹内薫・講談社BB, 2000年 という本もあったのである。こっちの方はペンローズの本の解説本だろうと思った次第である。分量も少ないし、こっち先に読もうっと。。。 てへ。

関係ないけど、量子力学はワケワカメ。昔、量子論でノーベル賞を受賞したファインマンが、量子力学はわからない、と言ったのだった。おかげで下々の学者も 量子力学はわからないなあ、と言うしかなくなった(笑)
そこで市井の善良なる科学ファンである僕も量子力学はわからないと遠慮なく言う。ファインマンがわからないというのと 僕がわからないというのとは意味が違うけどね。しってらーーそんなことは(笑)

ペンローズの本でも量子力学のミステリーって章があってだな。うむうむ、よくある話でまったくわからんがなや・・・・
二重スリットの話はね、量子力学の不可解さ以前に分からない事がいくつかあるんだよ、僕は。単なる思考実験なのか、それとも実際に実験可能かも明確に書かない本があるし。光子を一発飛ばすという話が出てくると、そういう技術の方がよっぽど興味あるわい、ってなるし。
電子を一発飛ばす・・・という話は「ゲージ場を見る」外村・講談社BBにも出てきたが、あれは二重スリットの典型的な構成ではなく電子線パイプリズムを使う構成であり、原理的には二重スリットと同じであると言われても僕は同じには見えないのだよ。ってあたりから、いろいろとツッコミどころがたくさんあってな。
ここらは実は二重スリットに関してだがファインマン物理学・量子力学でファインマンが書いているように、その背後にまだ何かある・・・と考えても無駄である、ということになる。

とはいえ、僕としてはこれはどうなんだ、これがこうだったらどうなんだ、するとこれはこういうことか、などといろいろ妄想するわけですね。そういう妄想こそ入門書の楽しみ方の一つなのであって、たんに字面を追って内容を箇条書き風に整理して何かわかった気になるってのは、とっくに卒業しているんですわっとんとん。期末試験等があるわけでもないし(笑)

そういうわけで意識と物理がどう関係すんだい・・・ ってな話は量子力学の解釈問題でも出てきた話であるが、ペンローズはさらに探求している・・・はず。。。。 たぶん。
後半から終盤は読むのタイヘンだから、そのうち本気出して読むことにする。まずは竹内の本からだ。。。分量が少ないし(´・ω・`)

posted by toinohni at 10:55| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOAで知る今日のアフリカなんちゃら なんですとぉ

新コロはインド・ブラジル・ロシア等の新興諸国で感染拡大が続いた後、次はアフリカが震源地になると数ヶ月前に無責任な評論家が言うとった気がする。
ところが意外とアフリカの感染拡大は起きなかった。。。起きたのだがインド・ロシアほどではない。
アフリカは特有の問題もあり新コロだけが驚異ではない。HIV, 黄熱病その他の疾病に加え、紛争が日常茶飯事、洪水という自然災害も起きれば大統領選では暴動が起きて難民が発生する。
エチオピアでは国内紛争か生じているしソマリアはいつものようにドンパチが生ずる。さらにバッタがバッタバッタと植物を食い荒らし。。。。 テキトー。

だが、新コロの感染は増加している。第二波に対する準備が必要だと言う。
https://www.voanews.com/africa/africa-braces-second-coronavirus-wave

JOHANNESBURG - As a second wave of coronavirus approaches, Africa has a plan, says the continent’s top health official.    

In recent weeks, the continent has started to distribute 2.7 million rapid antigen tests. By mid-2021, health officials hope to vaccinate 60 percent of the continent’s population with one of the several promising new vaccines.     
Now, says Dr. John Nkengasong, director of the Africa Centers for Disease Control and Prevention, it’s up to the continent’s leaders to try to make that happen.    
   ここでワクチン配布に言及しているが、それは新コロに対するものではないだろ。新コロに効くワクチンはまだ完成していないのだし。

第二波が到来して困った・・・という話ではなかった。が、用心はする。

Dr. Nkengasong added that experts are working to bring more clinical trials to the continent. But, he stressed, as COVID-19 numbers rise in some countries — notably, South Africa, Kenya and Algeria — the continent’s health facilities appear to be weathering the onslaught. 

新コロ感染はいくつかの国で増加している、特に南アフリカ、ケニア、アルジェリアが目立つ。だが、大陸の医療施設は猛威に耐えるようだ・・・と言うとる気がするが、その根拠はなんだ?
  

で、日経のコロナマップを見てびっくりしたのがロシア・東欧の感染急増だ。アフリカなど問題ではない。。。。なんですとぉ
https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-world-map/
image

 

image

ポーランド、ベラルーシ、リトアニア等も同様に急増だ。どうしたんだ。西欧はピークから減少に転じている。相変わらず高い数字ではあっても。それが東欧はピークがまだない感じである。どうしたんだ。
ロシアは5月あたりのピークから減少に転じたが9月から再び上昇に転じ、上昇を続けている。どうしたんだ、いったい。
対策はとったはずだ。Lockdownも実施したはずだ。・・。・。・たぶん。

まあ西欧の例を考えればLocjdown緩和後に感染拡大が再発したという経験則がある。たぶん、そういう事だろうが、東欧でまだピークがないというのは・・・これはわけわからん。対策の効果が出ないということか、連中は警戒心がなくてマスクせず、大人数で飲み食い、イベントありで大感染・・・ってかね。実情はわからない。

カナダ、アメリカも感染上昇中でまだピークはないなあ。アジアでは日本が急上昇中である。いかんがな。

というわけで寒くなったら新コロはますます元気になってきとるがなや。南半球で減少傾向である感じなので季節も関係するのかね。

新コロの様子から考えると来年もプロ野球は怪しいな。変則的な開催になるのだろう。他のスポーツもだが。
米国・カナダ・メキシコでは感染急増しているし。日本もそうだけど(´・ω・`)
経済社会があぁ・・・

あらら、なんで新コロ発生源の中国で感染拡大が抑制されているわけ?  台湾もそうだけど。これは人種の問題か、政策・対策の問題か、注目だね。

記事の最後の文章

“My worry and fear is that the sacrifices and gains that were made since the beginning of this year ... those gains that were made in terms of bringing the pandemic down to where we were in October could be completely wiped out if we relent at this point.” 

意味わからん。

この前の文章で次のように言うとる。
“Do not relent in wearing masks,” he said. “One message that is emerging across the visits we are conducting across the continent is that people are not masking enough. And in some settings, absolutely it seems like they are not masking at all. And that is extremely dangerous.

  アフリカではマスクしない連中がいるってさ。。。。 だが、それはマスクがないからか、買えないからか、あっても意図的にマスクしないのか不明だ。

まーとりあえずはワシラは人混みではマスクする、帰宅したら石鹸で手を洗う、スーパー、コンビニではマスクするに協力するって事だ。
ただ、アフリカの場合、水道等のインフラ整備がなされていないと石鹸で手を洗うってことも困難である状況があろう。

さてと、寒いな今日は。寒いときは鍋料理だ。材料の買い出しに行くかい。ついでに焼酎買うかに・・・・てへ

posted by toinohni at 10:30| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワタクシの中古PC DELL OPTIPLEX 7010SFFが更新できんのです

image

いくつかの問題が見つかりました。・・・・このメッセージを選択してください。

とあるので「問題の修正」をクリックしたら何やらやっとるで。。。と思ってみていると、
このPCではWindows 10を実行できません、と出やがった次第である。

で、要するに上の繰り返しなのである。問題を修正しないのである。バカタレである(笑)

Won10 1903 である。1903からいきなり 2004へは行かないのか。1909にしてから2004にするのか。だったら、1909に更新する案内が来ていいだろうによ、あほたれ(笑)

今のところは笑っている場合である。来年の今頃もこれ繰り返していたりして(笑)

おら、クリーンインストールはやりたくないのであるぎゃー。時間がかかる。アプリを100ぐらい再インストしなければならぬ。そんなの矢田亜希子。ヤダもん。

Microsoftは1903のサポートを12/8で終了すると言う。もうすぐだ。そして記事によれば強制的に1903を1909に更新すると言うとる。だったら待つわ・・・

わたし まつわ いつまでも 待つわ の歌手さんは今でも待っているのだろうか。

待ってラッレッカーとばかりに手動で更新しようとしてドンづまったワタクシ(´・ω・`)

posted by toinohni at 08:10| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球 時代はとっくに変わってら・・・・・

https://hochi.news/articles/20201126-OHT1T50356.html

ワガハイはいつまでも「巨人の星」の巨人のイメージがあるのだ。もっとも星飛雄馬が活躍したのは監督が長嶋であり、V9の栄光の後の低迷した時代である。それでも巨人は輝いていた。
星飛雄馬は長嶋・巨人が勝つために魔球を生み出し、ついに右腕を壊して球界を去ったのであった。そういうフィクションさえもが当時の巨人人気に合致していたのである。

巨人は長嶋監督の頃には全盛期の選手らがとっくにピークを過ぎ、かといって台頭する若手も目立たず他球団と同レベルのドングリコロコロになっていた。それでも過去の栄光が忘れられず常勝・巨人という妄想に駆り立てられて他球団から大砲やエース級投手を次々と獲得して、その場しのぎ をする伝統を作り上げたのだった。どどーーーん。どーよ。なにがよ。

もっとも巨人人気にぶら下がる球界、特にセ・リーグの体質というものも問題だがな。

てなわけで、ソフトバンクに4縦を2年連続して食らった 弱っちい巨人 なのです。掛布や高木豊や桑田らがナニ言おうが巨人は強くならないしセ・リーグは強くならない。
球団経営陣をつつけ。もっと球団経営で儲けるんだという姿勢をつくりやがれ・なされ。ファンあってこそ成り立つ商売なのです。ようするに、見世物なのだ。エンターテインメントなのです。

ひょっとこして、来季も日本シリーズに巨人が出て惨敗するのではなかろうか。来季、巨人が強くなる可能性はない。今と同じレベルだろう。菅野がメジャー言ったら投手陣の整備は急務になるが、代わりに誰を・・・どっかから獲得するかに? 
パ・リーグはソフトバンクもロッテも強い。楽天も西武も強い。日ハムもオリックスも適度に強いと思われる(笑) 特にロッテはソフトバンクに唯一勝ち越している。選手層はソフトバンクが圧倒的に厚いと思うが、それでもロッテはソフトバンクに勝ち越している。
そこだよなあ。パ・リーグは強いチームどうしが切磋琢磨しているのだひでき。
それに対してセ・リーグは巨人人気にぶらさがるぜ作戦だから巨人の優勝を他球団の経営陣は願っているのだろ(笑) ここらをなんとかしないとセ・リーグは 弱っちい 状態のままであろう。

もはや、選手がどーたらこーたら、だけの問題ではないのであるなのです。どどーーん。

まあなんというか、カネだ。年俸だ。そりゃ選手からすれば高いほうがいいですなのです。いいですはんそん って人いなかったか。

まーなんというかね、屋根付き球場の差ね。セ・リーグ負けてるし。阪神は甲子園に屋根つけるぐらいの思い切ったことやって欲しいですわ。

でな、甲子園で活躍した高校球児らがプロ入って、甲子園のときはチョーチン記事ばかりだったことがバレとるし。スポーツ新聞はチョーチン記事ばかりで笑うしかないわ。

posted by toinohni at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語できませんが、なんでございますか

英語できん、できんと言ってもしゃーないので、たまには勉強しちゃると・・・とブックマークしておいたサイトをアクセスしたら とっくに終了しているなのです(笑)

https://www.atmarkit.co.jp/ait/subtop/features/info/lc_toreme_end.html

@IT編集部では、「各種ITスキル研修、セミナー、ビジネススキル研修の検索サイト」として@ITラーニングカレンダーを、「ITエンジニアのスキルアップに役立つ問題を毎日(※土日祝日を除く)1問ずつ出題する無料サービス」としてITトレメを運営してきました。これまでサービスを続けることができたのは、両サービスのコンセプトに共感をいただき、適切にご利用をいただいた皆さまのご支援があったからこそと考えております。重ねて御礼申し上げます。

しかしながら、全体的な利用の減少を鑑みた結果、2020年9月15日(火)15:00をもちまして@ITラーニングカレンダー、ITトレメのサービスを終了することにしました。

----------------------------------------------------------------
   運営のITmediaはソフトバンク系である。ITエンジニアは英語できんと仕事にならんのである。たぶん。なので良いサイトである、趣旨は。

で、ITといえばPC等のアプリを想像するが、そこでワガハイは奇妙な話を知るのである。どーよ。ナニがよ。知るかよ。
いや、大した話ではない。アプリの日本語化。これが不思議でならん。メニューの日本語化の事である。実に不思議である。そういうアプリを使うヤツらがメニューが日本語って・・・別に英語のママでいいじゃんや。
ITエンジニアだけでなく文系の一般人も使うアプリだからメニューの日本語化は便利である・・・という発想もわけわからん。
だいたい英語教材はは溢れていて、ワタクシのサイトでは50万人を指導しましたとか、ワタクシの教材はどーたらこーたらとか言うて宣伝している。だったら、Pcアプリ、ソフトのメニューが英語だって問題ないだろうに。単語数も限られているのだし。Fileとか読めないやつもいるってのか。 実際はバカばかりなのか、世の中は(笑)

あのな、人にバカと言われる奴がバカなんだじょーーー。

さてと、別の英語サイトを探すとするか。

英語できる連中が1000万人いるとして、できない連中が1億人ぐらいいるんだろよ(笑)

ワイもわいも・・・・・1億人のナカーーーマ(´・ω・`)

posted by toinohni at 07:02| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする