2020年11月17日

詐欺のショートメールのurlをみたら・・・

http://jpigrjkftg.duckdns.org/

こういうのがスマホに来たのでなんだろなーーー

PCでアクセスしたらこんなんがでました。
image

 

Firefoxすばらしい・。・・・というかさ、今どき、http://ってなんじゃ?  やる気のない詐欺ショートメールだなや(笑)

スマホでも警告でたけどね。

ワガハイのようなヒキコ森の中の土人にも、こういうのが来るって・・・ワシ、人間として認められているのね、わーーーい(笑)

つーわけだが。ちなみにSMSなので電話番号は 090-4546-8360だったが検索たら詐欺メールだって出てきた(笑)

SMSってのがあったんだ・・・いや、ほとんど使わないのでワイはびっくりしたなのです。

posted by toinohni at 20:26| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日ハムは・・・ハム取っとるけーのけー

https://hochi.news/articles/20201117-OHT1T50086.html

日本ハムの栗山英樹監督(59)の来季続投が17日、正式に決まった。都内の日本ハム東京支社で畑オーナーにシーズン終了を報告。正式に続投要請を受け、受諾した。1年契約で、来季は自身が持つ球団最長を更新する10年目となる。

今季は53勝62敗5分けで2年連続の5位。4年連続でリーグ優勝を逃した。新型コロナウイルスにより、開幕は延期され試合数は120試合に縮小。シーズン途中まで同一カード6連戦が続く過密日程だった。1、2軍の本拠地に距離があり、移動の際の感染リスク等の観点からチームが分断された時期も長くコンディション調整に影響が出た側面もあった。

-----------------------------------------------------------------------------

   まー 日ハムのすきに したまへよーー わしゃ興味ないすのん

と、言いたいところだが日ハムには注目している。ダルビッシュ、大谷という二人の規格外の投手を成長させたというところに注目だ。成長は当然、かれら選手らの努力を前提とするが球団のサポートも効いているはず。
ここだな。

次は斎藤佑樹をなんとかしたまへ。清宮をなんとかしたまへ。吉田コウセイをなんとかしたまへ。
日ハムの選手らは素材は良い。たぶん。
栗山くんが10年目に突入だ。清宮や吉田が小学校のときから日ハムの監督やっとるで・・・・

この若手らが来季は急成長を見せることを期待する次第である。うむ。

おお、なんとなく無難にまとめだぞ、わい!!  

posted by toinohni at 16:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

くまった くまった しまくらちよこ どっひーー 大相撲の話

http://www.zakzak.co.jp/spo/news/201117/spn2011170006-n1.html

上位陣が軒並み不在で、盛り上がりに欠ける場所とは一転。場所後23日の横綱審議委員会は注目を集めそうだ。2場所連続全休の白鵬(35)=宮城野=と鶴竜(35)=陸奥=は、今年5場所で皆勤は1度だけ。横審で「激励」「注意」などが決議されるのは確実となっている。

-------------------------------------------------------------------------------------
大鵬の引退の頃から大相撲を見ているワタクシは今の大相撲は面白くない。吾輩にとってのピークは昭和52年頃の輪島・北の湖の時代であった。残念ながら、その後に輪島・北の湖の時代を超えるような大相撲史は出てこなかった。
とは言っても、若貴の大人気で盛り上がった時代を知っているし、その後に朝青龍という化け物みたいな横綱が出てきたのも知っている。白鵬が優勝回数40回台だということも知っている。だが、感動がない。

そう、吾輩が大相撲を見て興奮し感動した輪島・北の湖の時代のような興奮も感動も、その後はなかったのだ。どっひー。

それはなぜか。単純ですな。ワイの興味が変わったからサー。。。。 笑 稲 草 どくだみ

大相撲は こうあるべき だ・・・・という妄想はワガハイは持たぬ。面白ければ見る。面白くなければ見ない。それだけだ。

面白いとはどういうことか・・・それは個人によって異なるわけさー・・・

で、なんというかね、昔は太平洋上の小さな島国からも力士になりたいという若者が来た。そして、ハワイからも巨漢がやってきた。国内で日本人の入門者が減ったので相撲部屋はそういう方向に動いたのであろう。そして、モンゴルから大量にやってきた。モンゴル人は強い・・・朝青龍、白鳳、日馬富士、鶴竜と横綱4人を出した。ハワイ勢は曙、武蔵丸だったな。

で、どうも外国人力士も強いとまずい・・・と思ったのか部屋では何人とかの制限をつけたようだ。まーすきにしたまへよ。

というわけで、なにか大相撲の世界がぐにゃーーと変わろうとしている。変わるという自発的なものではなくて変わらざるを得ないという状況だ。これはなんだ・・・ というのはエライ評論家のセンセイがなにかエラそうに言うであろう(笑) だってエライんだもん。

単純に白鳳、引退しろよ。鶴竜、とっとと引退しろよ・・・・と思うのだが事情は彼らと彼らの周囲と大相撲協会が把握している。わしは知らん。

引退したくても引退できない状況かもしれぬ。あるいは、引退すると年収が・・・カネがーーー、と執着しているかも知れぬ。こまけーこたー知らぬ。

ここで大相撲協会は横綱不在の2,3年を覚悟してでも変革だ、改革だ、革命だ、下剋上だ、謀反だ、・・・という大仕事をやって欲しいものである。

やるこたーいくつかある。単純には力士の ちょー・デブ禁止令だ。デブは怪我・故障が多いという話だけではなくて見苦しい。ちょー・デブの力士が2,3人いるだけなら良いのだが、ほとんどが ちょー・デブだと見苦しい。
大横綱の北の湖をみよ、その他の横綱を見よ。ちょー・デブはいないのだぞ。逸ノ城など30kgぐらい体重を落とせば怪我・故障が減って上位で安定すると思うがなあ。

ちょー・デブの横綱、いたじゃーーーーん(笑) 記事の芝田山親方じゃーーん、もと・大乃国じゃーーん、弱かったじゃーーーん(笑)

体重の上限を定めるぐらいの抜本的改革ょやれってば(笑)今の力士はちょー・デブが多くて見苦しいって(笑)
石浦とかごめんね。服部桜とかごめんね。ちみぃらは増量すべきなんだでよ。

北の湖、輪島、三重の海、若乃花、琴櫻、隆の里、・・・など思い出すと、あのぐらいの体躯がちょうどいいんでないの。
すでに大相撲界からトンズラした 貴乃花 だが、これは異常な体型だ。無理矢理に ちょー・デブ にしていた。
理想的には朝青龍とか白鳳の体躯だろなあ、と思う。デブすぎた朝潮は万年大関で終わったし。
今の朝乃山も正代もデブすぎる。大関陥落後でも幕内に数年は残るだろうが、大器ではない。デブをなんとかしやがれって(笑)

デブはな、稽古して体を絞るとデブには見えなくなるんだよ(笑) 稽古不足だからデブが目立つのだよ、バカタレ(笑)

というわけで、ちょー・デブの芝田山は横綱で皆勤して負け越したという 実に恥ずかしいが立派な事もやったのである。負け越しそうになると休場するよりは、100兆倍ぐらい立派であった。ガチンコと言われていた。
よっしゃ、次の理事長はハゲの八角にやめてもらって芝田山だ・・・みんなでスイーーツ食おう!!   なんだとぉ

posted by toinohni at 16:36| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捨てる前に分解するのが趣味なんです PCとか なんですとぉ

DELL Optiplex 7010SFF が壊れた(壊した)ので廃棄するが、その前に分解して中を見てフーーソブなのだす。

CPU, LSIの他にはコネクタが目立つぐらいだ。電解コンデンサとインダクターがたくさんあるのはLSIの電源の種類が多いのでLSIの近くにDC/DC配置するためだ。茶色の線が見えるのがインダクターである。その周囲に四角のICがたくさんあるが、Power-MOSであろう。
ここで電解コンデンサ、インダクタは面実装タイプではなく足が2本ある。足があるので幽霊ではないなのです。なにを!!

  昔、20-30年ぐらい昔はノイズについて詳しい偉いセンセイがLSIのパスコンは0.1uFと0.01iFをパラにすべし・・・などと能書きをタレていたのを思いだす。高周波特性が違うからだけどね。不要輻射の対策として基本だ・・・なのですが、ワガハイはその偉い先生はコンデンサメーカーの回し者だと考えて真似しなかった(笑) 不要輻射対策はそのパラにする・・・だけではないのでしてね。うむうむ。
で、この基板みたらパラにしようとしている姿勢はあるが小さい電解コンデンサは実装してないのである。
で、面実装タイプの電解コンデンサを使わないのは面積食うからである。そんだけ。いや、製造コストも考えるとメリットはどうなんだろなあ。
とにかく、コストダウンが必須の世界であるなのです。
とは言っても、ケチるとろくなことはない。
例えばコネクタは金メッキ品を使うべきだ。見たら金メッキ品が多いのだがファンのコネクタはそうではなかった。まあ すきにしたま へ~~~。

そして、裏だ。うらだー うらだぁ うらうらだぁーー わたしのこころはうらうらだーーー
(古すぎてわからない人は山本リンダを聞き球へ)

  裏にはパスコンさえもない。ワシは感激!!  秀樹も感激、隙間は間隙!!   なんだとぉ。
コストダウンの象徴である。裏に部品をはんだ付けする作業がないのである。はんだ付けをする人たちが楽になりますね・・・・こらこら。
コストダウンは部品屋いじめて値下げさせたり、基板設計屋いじめて値下げさせたり、することで実現するものではない。創意と工夫、そこにこそコストダウンの真髄がある。。。。 昔、エライ先生がいうとった気がする。その先生の名前は忘れた(笑)

 

RAMの裏側も部品はないでなのです。バスコンさえない。このようなコストダウンに対する創意と工夫が日本企業にはなくなったので競争力をなくしたのであろうか。
日本企業はコストダウンを下請けに丸投げして自社で創意と工夫を続けるという地道な生き方ができなくなったから技術力の低下を招いたと考える。こんなのは下請けにさせろ・・・・と偉ぶった態度ばかりだったので大手企業は技術力が低下し競争力を失ったとワイは考える。
ワイは昔、下請けでいじめられた経験があるどーー、どーよ(笑)

関係ないけど、基板を基盤と書くバカがいるのがハラタツ。それがド素人であればともかく、少なくとも電気系の仕事をしている奴が基盤と書くとアホだろと思う。もっとも電気系ではあっても強電分野であって電柱のトランスとかには詳しいぞ、そいつ(笑)
組み込み機器の仕事とか、それの受託開発をしている会社・・・のWeb-SiteでP版の話の中で基盤と書いてあるのを見ると、この会社の技術力はなかろうと想像しますね(笑) ばーーか。

というわけだが、写真のDELLのLOGOの下の方に 2011 という数字がある。2011年製造なのだな・・・ ということは、ここ1,2年のマザーボードを手に入れて眺めてみたい。

ワガハイは貧乏・金無し・暇だらけ なので買えないのでパソコンショップに行ってマザーボードのところで、物欲しそうに眺めるでがす。

とりあえず、上の写真でICの型名が読めるものはデータシートを眺めてみたい。

ワタクシの趣味は科学技術劇場・鑑賞でありますん。

蛇足だが、マザーボードって上のゆうなものは4層らしい。ほんまでっかね。
ワガハイの下請け土方設計者としての経験からはFPGAでFBGAでボールグリッド数が1000ぐらいなると8層や10層は普通だったのだがなあ・・・・テキトー。
今日の教訓 コストダウンについて知りたければ母板、すなわちMother Board を見よ!!  だ。

まあしかし、2011年のレベルでこんだけー・・・・なのだから最近の母板を見たらワイは気絶するかもしれぬ。。。。
パソコンショップのマザーボードのところでひっくり返っているGさんがいたら、それはワイですよって(笑)

posted by toinohni at 15:20| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おでん・・・ れれれのれーーーー

近所のセブンのレジ横の おでん が去年より少ない。売れものが2つあるのだが使っているのは一つだ。一つは空っぽである。どないしたのだ?
で、ファミマにいったらオデンがないのであった・・・気がついたのはいまさらかよーーーん。

おでんは人気がないのだろうか。

どうもわけわからん。検索すると、その手の記事はある。コンビニ店員の負担が大きいので減らすとか。ほんまでっかね。
モノは人が欲しいと思うモノを揃えるほうが売れると思うでがすよ。

だが、おでん が人気ないわけではない。袋入りの おでん は売られているし。まあ今後に注目だが、たしかに混んでいるときに おでん を買うと なにかまずい・・・って感じは以前はしたなあ。。。つーか、2,3回買っただけなんですけどね。

つまり、店舗によるのではないかと思いますね。さほど混まない店舗・時間帯ではレジ横にあると 買おうかなーーー どうしようかなーーー と思ったりして、じゃ買うかあ・・・となる場合もないとは限らないですねぇ・・・ テキトー

とは言うものの、ワガハイは貧乏・金無しなので缶チューとか焼酎とかはスーパーかドラッグストアで買うもんねーだ。コンビニは通販の支払いに利用するだけだ・・・・だが、缶ビール買って帰りに飲みながら歩く。飲酒歩行だ・・・ なにを!!  

posted by toinohni at 13:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Bloggerというものがありましてん

OpenLiveWriterを5台のWin10 PCで使って以前は使えていた。ところが、そのうちちに1台しか使えなくなった。その1台がDELL Optiplex 7010SFFであるが、これは先日、お亡くなりにならさられました。まあ、トドメさしたのオレだが(笑)

で、代わりの東芝Dynabook R732(Win 10) でOpenLiveWriterを使っているのだが、これがBloggerの設定もできないのである。なんでじゃー・・・ バカタレ。

まあ検索したらできんらしい。で、考えたのがBloggerって流行ってないん?  たぶんユーザーが少ないのだろ。だから情報が出てこないのではないか。
検索するとチラボラと出てきたけど。ただし、写真が投稿できないとかの問題であり、ワシんちではOLWでBloggerの設定すらできんのであーーる。

で、Bloggerの投稿画面を使う。ダッシュボードの。ダッシュボードと言うんだっけ。まあ、お察しください。窓にあるのはアルミサッシ。なんですとぉ。

その投稿画面で写真をコピペできるかどうか試した。出来ることは出来る。だが、使わないほうがいい。ソースを見たら数十行のテキストがズラズラと出てきた。画像データを文字化して送っているってかよ、いつの時代だよ、昔はそういうのあったよさ(笑)
Seesaa Blogに投稿するとOLWは画像をSeesaaに送信するみたい。ソースにテキストがズラズラと並ぶものはないし。。。。。 うむうむ。
すると、Google Bloggerは遅れている・・・つーか、コピペの使用は推奨しとませんがなや。

いやー、画像のコピペは便利でっせ。Alt + PrtSCで画像をクリップボードにとってペイントブラシ起動して貼り付けて適当に修正して必要な領域をコピーしてOLWに貼り付けだ。これをいちいちファイル名をつけて保存して・・・とかやってられっかー車!!
 
なのでOLWでBlogger設定を可能にする方法を賢人はとっとと調べてくだされm(_ _)m わがはいにはむりなので(´・ω・`)

ところで、GoogleがGoogle Photoのサービスを2021/5末で終わるとか、その後に写真アップロードすると15GB容量の方に移るとか言うとる。するとBloggerの画像はどうなるのだ。これも画像投稿数に制限はなかった気がするが。。。つーか、ほとんど使ってないけど(笑)

そこだな。ちょこっと注意が必要だ。こいつらサービスを辞めるからなあ、自分らの都合で・・・・・・ と、タダで使っているワタクシが文句を言うてみましたなのです。

数年前、マイクロソフトは30GBをタダで使わせてくれた・・・太っ腹だった・・・ だが、長くは続かず今の5GB容量に縮んだ。Googleは15GBを維持している。頑張れ、Google。
マイクロソフトは一つのアカウントで5GBなのでアカウント3つ取れば15GBなんですぜ。。。。だが、いちいち切り替えるのが面倒なのだす。よって使いませぬ。
クラウド大容量にして客を釣る戦略は終わりって事ですわ。もっと容量欲しかったらカネだしやがれ・くだされ作戦に移行するのですわ。
ワガハイはは釣られないからな(笑)

posted by toinohni at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Googleはおなかがぐるぐーーるるる なんですとぉ

https://news.yahoo.co.jp/articles/1519d0c8bc56df1a0b9faaf27d1da95b7e51c0ad

えーと、Google Photoの無制限容量サービスが2021/5末で終わりだとさ。

>>>
米Googleは11月11日(現地時間)、「Googleフォト」で提供している「高画質」画像の無料・無制限バックアップサービスを2021年5月末に終了すると発表した。「今後もより多くの写真を余裕をもって安全に保管していただけるよう、このたびストレージポリシーを変更」したとしている。
>>>
    なんでこのサービスを終了すると --- 今後もより多くの写真を余裕をもって安全に保管していただけるよう ---   になるのかワイにはわからぬ。まったくあいつらの考えることはわからん。なんちて。

ワガハイの想像と妄想によるとGoogleはGoogle Photoで機械学習用の画像を収集するという目的を達したからである。機械学習では膨大な画像が必要だ。それをGoogleは集めた。数兆枚にも及ぶ画像を得ているはずだ。ワシラはGoogle Photoを使う際にGoogleがワシラの写真を覗き見することを許可しておるからのおぉぉぉ(笑)

Googleにとって目的は達したのでGoogle Photoのサービスを辞める、これ以上クラウド上の資源を食われてたるかってこともあるし。

そうなると、写真が15GBの無料ストレージを食うことになるのだが、その場合には 覗き見は許さんからな わいは!!  
今、ワタクシのGoogl Photo Siteは100GBぐらいの写真・画像があろうかもだろうが、どないしょ。それらが消える事はないということらしいが、それはGoogleが倒産しない場合であってな・・・・

つーか、自分のPCのHDDががら空きなのでGoogle PhotoにUploadするってメリットはあまりない。ただ、スマホ写真が勝手にGoogle Photoに入るので手間がかからないというメリットはある。うむ、実はこれがすごいメリットであるね、圧縮されるけど。

ワシラ貧乏人が写真を15GB容量に入れるようになると15GBはあっというまに埋め尽くされて・・・そこで追加容量を買いなされ・・・ほれほれ、買いなされ!! ほれほれ、買ってぇな作戦が垣間見えておるおるおーーるず。

というわけで、ワイは自宅サバ(FTP)があるのでHDD容量100GBは容易してある次第であるから、スマホの写真をWi-Fiでそこに飛ばすアプリを探すことにするでがす。どうせ、自分だけが使うのであり共有するわけでもない。共有したい場合にはパスワード設定してあーーげーーる。

というわけで、Google Photoの容量確認と、一括ダウンロードして徐々にGoogle Photoの使用頻度を下げて別の手段を探す次第である。まー、たまにGoogleは良いサービスを終了するよね。。。ってこといったに、Yahoo!だって良いサービスを終了しますなあ、ときどき。

しゃーねーす。タダで使っておりますんで(笑)

自宅サバはね、PCの電気代がかかるっていうデメリットがあってですね。。。。 ノートPC1台の電気代も貧乏・金無しのワガハイにはキツイのであるなのです。なむうぅ・・・・

そーだ、友人に参加させて月額の費用を取ろうっと・・・わし賢いなあ。

posted by toinohni at 08:33| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Test

StampDecor_157621 - コピー
posted by toinohni at 07:29| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする