2020年11月13日

test

test

try

tehe

hage

posted by toinohni at 14:18| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テスト

かけるかな

posted by toinohni at 14:16| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

My MainPC DELL Optiplex 7010 SFF 不調である日々なのです

どうやらSSDに問題がありそうな感じ。7010SFFのSSD240GBをはずし、中古ノートから外したSSD 110GBに交換して起動したら今の所は安定している。
その110GB SSDはNEC VY21AのWin 10だったが夏に廃棄した。使えるのはSSDぐらいであり。
  Win 10(2004)である。どうして別のPCのSSDでOptiplex 2010SFFでWin 10が起動したのかは知らない。これができるとワイはこのSSDをコピーして別のPCでもWin 10が使えるのではないかと妄想する。認証とかと゜うなるかのう・・・ 知るかよ。

ここらの仕組みは知らないが、SSDを交換してすぐにWi n10が起動したのではなくも青い画面が出て、どーたらこーたらと表示しても診断していますとか、修復を試みますとか出た。そういうの何回かやっていたら起動したのである。もっともいつまで使えるのかは知らないヨン。

その110GB SSDで起動して数時間のテストをしてハングったりしない場合には元の240GB SSDが不良なんだろな・。・・ということにする。

元の240GB SSD だけで使う場合でもハングったので決まりかな・・と思うけどね。

2年前に購入でして。 ただ、動作するときは3時間ぐらい動作する。ハングするときは1時間ぐらいで生ずる場合もある。こういうの楽しいね。不確定ってのか大好きだね。
量子力学では不確定性原理というものがあってですね、数学ではゲーデルの不完全性定理というのがあってですね、こうなったらワガハイが電子機器の故障原因に対する不明性原理というものを提唱しようぜ(笑)

お規約様、あなたのパソコンは電子機器の故障原因に対する不明性原理の適用によって修理は放棄してください、買い換えるのがベストな選択です・・・・・ なむう。

posted by toinohni at 13:51| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイ Main PCマシーン DELL Optiplex 7010 SFF不調の日々 でへ

  よくわからんが、まったくわからん。SATA SSD(240GB)を外してUSB3のケースに入れてUSBからの起動設定にしてWin 10を使おうとしたら起動できなかった。なんやら青い画面で診断してますとか、別の選択するとか言う。
だが、別の中古ノートPcから外したSSD (110GB) Win 10(2004更新済み)で試すと起動したのだよん、USBからの起動で。

わあワガハイとしては SSD (240GB) + SATA だけでもコケた、ハングった症状が数回出たのでSSDの不良ではなかろうかと勘ぐっておる。
USBにUbuntu入れてUSBから起動して一晩は稼働した、こけなかったから 7010SFFのハードは正常であろうと期待を込めて想像しておる次第である。

で、SSD 110GBとSSD 240GB(これがDELLの)で試す。SSD 110GBをSATAにつないで起動してだな、それで症状がでなかったらSSD 240GBが原因だとしちまう気分である。

で、わけわからんのは、中古ノート NEC VY21Aの110GB SSDをUSBから起動してWin 10が起動して使えたのだが、ハードが異なるのだ、認証ってどうなってんだ。そもそも認証ってなんだ、5,6年前は知っていた気がするが最近は考えたこともない(笑)

で、ですね。SSD 240GBをUSBケースに入れてUSBからの起動では。。。。Win 10が起動しないでしたね。なんでだろー。

つーかね、こういう時は別の機器でもワケワカメ。。。が出る次第である。室内ではWi-Fiでスマホ2台、タブレット1台、ノートPC1台をぶら下げているのだが、スマホ、タブレットがインターネットにつながらないのである。ノートPCはつながるのである。なんでじゃろー。

楽しいなあ。こういう現象が続くと。解決策を探す、これゲーム・・・なむうぅ。

posted by toinohni at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたくしのメインマシン DELL Optiplex 7010 SFF不安定検討で四苦八苦

数日前、ハング。電源落として再起動で使えるようになるが1,2時間でハング。3時間ぐらいでハング。電源ボタン長押し。再起動。

SATAにSSD, HDD, DVD Driveつないでいる。このうちDVDは使えないとわかった。買ってから使ったことなかったし。Exploreから取り出し・・・とやっても蓋が反応しないし、フロントのボタン押しても開かない。そこでピンでつっつく。まあしかし、このせいで不安定になるのではなかろう。
SATAをSSDだけにしてテスト。。。症状が出た。するとSSDの問題か。だがDELLサイトの診断では正常だった。(DVDはスピンドルテスト実行できずと出たが)。
起動時のBIOS画面から診断を選択してALL Checkでも問題ない。メモリは30分ぐらいテストした。
  うむ。診断ツールが動いているときは たまたま症状が出なかったんだろと解する。なんども診断繰り返せば引っかかるだろな。

で、SATAを使わない場合はどうなるか?   そこでUSB3.0 32GB MemoryにUbuntu 18.04LTSを入れてUSBから起動するようにした。Ubuntuが一晩こけなかった。
するとSATAの機能を担当するチップセットに何らかの問題があるのか。だが、それがUSB3.0は正常ってか。まてまて、数ヶ月前からこのPCのUSB3は不具合あるぞ。何もしないでいないのにUSB機器を抜き差しするときの通知音が出ることがある。そのときにデバイスマネージャーを見るとUSB3のところが黄色にマークついているんだよね。
で、USB3からの起動でUbuntuは一晩こけなかった。うーーむ。

そこで次はSSDをUSB3ケースに入れてUSBから起動してみよう。それでコケたらSSDが問題だ。それで症状が出なかつたらSATAな問題がある・・・ということかなあ。

それはそれとしてOptiplex 7010SFFは実にコンパクトに設計されている。内部は密集している。組み立てデスクトップPCだとスカスカなんだがなあ。さすがはPCメーカーの製品であるぞな。
DELLのノートPC, DELL小型PC, DELL Monitor などを事業所ではよく見かけますね・・・・秒針、図書館では見た。

SATA にHDDをつないでからUSB3でUbuntu起動した。SATAに問題があればコケるかもしれないと思ったのだが、HDDをアクラスするソフトは動いていないわな。手動でアクセスするか。

というわけで原因探しの冒険ゲームだがや。パソコンの新たな楽しみ方は不具体対策というゲームなのである。テキトー。

posted by toinohni at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする