2020年11月11日

DELL Optiplex 7010 SFFが不安定・・・ どないしょー

ここ数日でインストールした大きいアプリを先ずはアンインストしてみる。
XilinxのISE, Vivadoをアンインストして見た。これで様子を見る次第である。まー、原因はそれではないと思うけどさ。

一日に5時間は連続稼働、そしてハング、・・というのであれば使う。電源入れ直せば使えるし。

だって、買い替えはカネがかかるしいぃーーーーーー(笑) そして、アプリのインストに時間がかかるのだよう。一週間ぐらいかかるでえぇーーー

新規PCに今のPCのHDDつないで、そのまま使えたら便利なんだがなあ。OSの認証とか面倒なことがあるんだろ、Win 10は。と思う。てなことは数年前はいろいろやったけど、もうやる気ない。

今のPCのHDDを別のPCにつなぐと、そのまま使えるってのがいいよなあ。。。 そういう方法あるのかに。認証とか・・・・カネ払えとか言われると、やだーーーーーね。

posted by toinohni at 17:26| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お涙 ちょうだいの チョウチン記事は好きではない ワガハイは

https://hochi.news/articles/20201110-OHT1T50309.html

巨人・原監督が最後の名勝負を演出した。藤川のラストマウンドとなった9回先頭の代打で坂本が登場。148キロをフルスイングで空振り三振に倒れると、甲子園の今季最多2万1392人のファンから惜しみない拍手が送られた。

坂本が藤川の火の玉ストレートに、こん身のフルスイングで応えた。バットが空を切ると、甲子園から大きなどよめきと、拍手が沸き起こった。「すごくいいボールがきていました。最後、こうやって阪神・巨人戦で打席に立ったというのは光栄なこと」。敵の大歓声だが、心地よかった。

----------------------------------------------------------------

まあね、消化試合なので観客が喜ぶような事をするってのがいいんだろうなあ。

だが、記事の 坂本が藤川の火の玉ストレートに、こん身のフルスイングで応えた というのはチョーチン過ぎるなあ。バッカかよ、藤川が火の玉ストレートを投げるレベルであれば引退するかいな・・・とムカッパラ。

チョーチン記事でいいじゃん、消化試合だし、観客が喜んだからいいんだ、プロ野球は見世物であってエンターテインメントだしよ。。。。。。 それはそうだが、ワイはいまいち納得しないのである。

まあ、プロ野球の運営人はワイとは考え方が違う連中であって、ようは金儲けが原則である。よって、観客が喜ぶ、エンターテインメントを重視すべしである。うむうむ。そこは大賛成だが、チョーチン記事は腹が立つ。

チョーチン記事はスポーツ紙が新聞売りたくて・・・だろなあ。高校野球でもちょっと活躍するとプロですぐにでも通用するような記事を書くノータリンがいるし(笑) バカがバカを騙す構図の典型の一つだ(笑)

だいたい保険業界は売る側の保険商品について詳しくない連中が、もっとくわしくない一般消費者を騙すって構図だし(笑) これ、経済評論家の副島も怒っているぞ、騙されて(笑)

てなわけで、バカがバカを騙す構図ってのは日常に溢れている。そのうちの騙されていることもわからないバカがいたり、騙しているとわからないバカもいるのでワレワレの経済社会は成り立つのであるなのです。

つうわけで、藤川の引退は潔い。西武のポンコツ・松坂や内海らが来季も西武と契約だってのには、ブザマで見苦しさを感ずる。いい加減に引退しろよ、戦力にならないのは自分でも分かっているだろによ、と思う。もうカネは十分に稼いだのだろ。これ以上、ブザマを晒すのはなんのためだよ、って思う。
ワイは西武が投手陣の整備をとっととしろや、ハゲ!!  と思っている。意地でも投手陣の補強をしないのだよ、西武は。ここ数年な。優勝したくないのかね。そうだろなあ。優勝すると選手の年俸が上がるからなあ。今の西武に資金的な余裕はないわな、ってことか。

そろそろ 球団維持するのがしんどくなって手放す企業が出てくる可能性はある。球団が黒字出すような戦略を取るところは別だが、親会社にぶら下がっているという甘い構図のままで今後も生きていけると思うなよ、バカタレ経営陣。親会社が父さんする可能性も考えろや、アホたれ。

というわけで、巨人はバカみたいに育成を増やしたが戦略は単純だ。良い素材の若手を他球団で活躍させないという戦略である。一軍みればわかる。助っ人外人を獲得し、他所からトレード・FAで獲得し、二軍・三軍が上がる機会を減らし。つまり、巨人の育成は飼い殺し。

というわけで、その巨人がセ・リーグを圧倒したことに対して5球団は・・・恥をしれ、バカタレ。広島は3連覇して広島の時代だ・・・と思ったら沈没した。何考えてんだ、アホたれ。。。

と書いて、実は広島の経営陣は分かっているかも知れない。広島が連覇するよりも巨人が連覇する方が儲かる。巨人が連覇して人気が上がる・・・巨人戦では観客がうわーーと思うほど来る。広島も儲かる。
つまりは、巨人人気にぶら下がり健康法だ。他球団もそうだ。巨人人気にぶら下がろう大作戦だ。だって、優勝したら選手の年俸あげないといかんので儲からないんだもん。そこだな。

かくして、巨人中心のセ・リーグが維持されるのであるなのです。

で、なんの話だ・・・しるかよ。もう寝る。

posted by toinohni at 13:13| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もはやTOEIC,TOEFLはゲームであるなのです なんだとぉ

点数用の勉強だが、これはゲームとしよう。得点高いと勝ち!!

   最上級には the をつけると覚えている。ところが the をつけない場合もある。比較級には the はいらないとおぼえている。ところが比較級でも the をつける場合がある。
ここらの問題が出るとワガハイは間違う事が多いなのだす。ひっかけかよーーーと思う次第である。

Although both of them are trying to get the scholarship, she has the highest grades.

ここで間違いはどーーーれだ 当てるゲームなのです。スマホのTOEFL アプリにあった。
Google翻訳、MS翻訳、未来翻訳で試した。
​二人とも奨学金を得ようとしているが、彼女は最高の成績だ。 未来翻訳お試し
どちらも奨学金をもらおうとしていますが、成績は最高です。   Google翻訳
彼らの両方が奨学金を得ようとしていますが、彼女は最高の成績を持っています。MS翻訳

ワガハイは意味が分かると思うので別にいいんじゃ、これで。。。。 だが、点取りゲームの場合には間違いを当てないと点数上がらんのですわ(笑)

the highest が間違いで the higherが正解らしいぞ。。。。 なんでや。それゃ英語の屁理屈ではそうなる。。。。 文法ではない、英語に法と言えるほどの体系はない、島国のイギリスに集まったヨーロッパの雑種連中の言語が混交した結果だ。そこで英文法などという体系などあるかよ、あるのは屁理屈だ(笑) というような趣旨の発言をエライ人が言うてましたと明け方の夢で見た次第であるなのです。

上の文は二人の人を対象にした話なので比較級が来るんですって。しかも、the がつくんですって。ほーーーー。
こういうのはTOEFLという点取りゲームとして捉えるとたのしーですぜ。問題見て、ワガハイは間違いはない、これでいいんじゃって思うのも多い。意味は通じるだろうよ。そこだぜ。
Google翻訳等で意味がわかる文章になるものはワタクシは妥当であると考えます。だが、点取りゲームとしては得点が上がらないのですねぇ。

カミュの外語学院でボビー、アデゴニーらが変な日本語使っていると面白い。いいじゃん、あれで。彼らは点取りゲームをしているのではない、コミュニケーションをしようとしている。そこだぜ。

出川イングリッシュも、そーりーそーりー、ユナイテッドステーション、フリードール、なんて言ってたが、繰り返すと意味が通じたりして(笑)

てなわけで、TOEIC, TOEFLの間違い探しは英語の屁理屈のお勉強というよりは、点取りゲームとして捉えると楽しい暇つぶしになるなのです。

スマホアプリもゲームのような作り方のTOEIC学習アプリってものもあるしなあ。テキトー。

posted by toinohni at 11:19| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のワガハイのメインマシン DELL Optiplex 7010SFFの様子

朝、電源を入れてしばらく使っていたらハングった。マウスカーソルは動くがクリックして反応なし。キーボード叩いても応答なし。
しゃーないので電源ボタン10秒押し。。。。 ACはずして2,3分の放置。その後に電源いれましてね、それから2時間は稼働中なのです。

DELLのサイトにある診断機能を使うと正常とでたのである。一つだけテストできないのがDVDのスピンドルテストだったが・・ これはメディアを入れてないとテストしないかららしい。

昨日からの不具合は、まず、音がでなくなった。オーディオケーブルでモニターにつないでモニターのスピーカから音を出すようにしている。音がでなくなったのでジャックを入り直し・グリグリしたら音が出たので治ったと思ったら数分後に音がでなくなってグリグリしてもだめだった。
次にハングした。キーボード叩いて応答しない。

てなわけでハングった。原因は何だろなあ。RAMの抜き差し、SSDのケーブルの抜き差し、ぐらいはやってみるか。

とにかく稼働している時はDELLの診断機能で正常と出るのだ。こういうのワガハイは大嫌いなのです。
さーて、原因の特定というゲームでもしますかね・・・なむう。

posted by toinohni at 10:57| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球 来季への準備が着々と なんですとぉ

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011100000563.html

西武が野田浩輔2軍バッテリーコーチ(42)を1軍に配置転換することが10日、分かった。秋元宏作1軍バッテリーコーチ(52)と入れ替わる。

野田コーチは17年から同職に就き4年間、2軍で指導。今季1軍は正捕手森の不振もあり、途中から岡田、柘植との併用が続いた。V奪還にはバッテリー強化が不可欠。9日の最終戦後に来季続投が発表された辻発彦監督(62)のもと、新体制で臨む。

-----------------------------------------------------------
   西武は防御率の悪さがダントツだ。投手陣の整備が必須だと言われて久しい。にも関わらず昨年はポンコツ・松坂を獲得し来季も契約するという。戦力にならないのは明らかなのによ(笑) 他に内海も来季契約だとさ。なんで戦力にならない投手を抱えるのだ、ナベキューよ、やる気あるんですか(笑)
というときに1,2軍のバッテリーコーチの入れ替えするんですって。それと同時に投手陣の補強をなんとかしやがれ・なさいまし。
なんか、西武の意欲が伝わらないのだよなあm(_ _)m

おお、巨人の宮國が戦力外らしいぞ。むーーむむむ。そりゃ仕事してないからサー
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011100000686.html

巨人宮国椋丞投手(28)が、来季の戦力構想から外れていることが10日、分かった。現役続行への意思は強いとみられ、他球団でのプレーを模索することになりそうだ。

宮国は10年ドラフト2位で入団。プロ2年目に先発ローテ入りし、13年には開幕投手を務めた。今季もエース菅野ととも自主トレを行い、先発再転向を目指したが、1軍では主に中継ぎとして21試合に登板。7月には4試合連続無失点でブルペンを支え、8月1日の広島戦からは3試合4イニングで9三振を奪った。今季は0勝0敗、防御率5・33で、プロ通算205試合に登板し、21勝21敗1セーブ、防御率3・59。

----------------------------------------------------------------
    リハビリしだい。他球団で活躍する可能性はあるとワイは想像する。沖縄のなんとか高校から巨人にドラフト2位。えーと、高校名は忘れたが野球で有名な私立高校ではなかったと思う。
そうだ、投手力が貧弱な西武に行くんだ!! ナベキューさん、宮國を採用したらどうだい・テキトー・・・・
高校名、思い出した。県立糸満高校だった。県立高校だぞ。すごいだろ。ってか、徳島の池田高校も県立だわな、30年ぐらい昔は優勝したし。東京・神奈川あたりだと私立の野球高校ばかりが目立つ。地方では公立高校が強いところがある。うむうむ。いいぞ。でも鹿児島県は私立の野球高校ばかりが甲子園に行くなあ・・・
そもそも地方には私立高校って都市部より少ないわけだな、生徒数も少ないし。てかね。

で、宮國は年齢的にも・・・・リハビリ次第ですけどね。怪我・故障が完治していれば活躍するはず。。。 どこの球団が興味を示すか。


藤川の引退・・潔さが痛快である。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011100001008.html

元プロ野球選手の清原和博氏(53)が今季限りで現役を引退する藤川球児投手(40)にビデオメッセージを贈り、あの「事件」を振り返った。

試合後に行われた引退セレモニーに登場。「藤川投手との思い出といえば、東京ドームで物議を醸したあの事件です。藤川投手は何も悪くありません。サインを出したのは(捕手だった矢野)監督です」と話すと球場が笑いに包まれた。
--------------------------------------------
   阪神は昨年の鳥谷や今年の福留に爽やかな引退劇を用意できなかった。そりゃ鳥谷も福留も辞めたくないんだもんねー(笑) だが、藤川は潔く引退を決断したのだった。
いまさら、変化球投手として生き延びようって気持ちはなかったろう。そこだで。
清原が脱帽した火の玉みたいなストレート・・・・これが藤川なのである。引退は潔い。
野球選手の引退でこんなに心地よい爽やかさを感じるのは珍しい。見事な決断である。
それに比べると、某球団の某選手らは・・・・ てきーとー。

だって にんげんだもの by ニセみつほ なんですとぉ・なむうぅ。

posted by toinohni at 10:42| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする