2020年10月25日

ステレオ・ミニジャック ---- RCA変換

image

ステレオ・ミニをスマホやポータブルCD Playerに挿して、RCAのところはYAMAHAのオーディオ・アンプにつなぐ。
それがこいつを触るとノイズがグリグリでたり、音が出なくなったり、出たりするようになった。もう10年ぐらい前から気づいているがピンジャックをグリグリすると音が出るので、それで使っていた。とは言っても年に2,3回だけど。

で、今日、ほとんど使わなくなったタブレットをAudio Playerとして使おうかなと、これを使ったら音が出たり出なかったりしてドッヒー。
いつ買ったのか忘れたが金メッキではないので安物である。
そこで、金メッキのもの探したら1000円ぐらいするのな・・・・・送料込みで。

うーーむ。しゃーないか。買う。だが、分解して見よう。

というわけで分解した。GNDが銅色の金属と(銅板だろな)とRCAジャックの外周(錫か真鍮か混合か、だろな)と接触させるようになっている。銅の枝のような部分がバネの性質があるので接触の際に一定の圧力が加わるのだろう。それが経年変化でバネの性質が弱ったのか。

この部分は接触の方が安く作れる・・・と思う。はんだ付けで固定すればいいがな・・とも思ったが、待てよ、RCAのジャックの外周は部材はなんだろな。
銅とはんだ付けできるけ?  知るかよ。

よっしゃ、明日、はんだ付けしてみよう。そもそも部材についてはワガハイはあまり意識したことはない。金メッキが一番良い事は知っているが。

うーーむ。浅学菲才!!  不勉強が身に染みる(´·ω·`)

(わしは ニソールの回し者ではありませぬよってに)

posted by toinohni at 18:54| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わたし バカよねぇ・・・・・ いまさらかよぉ・・・・

Yahoo! Japanにログインしているとメールが毎日たくさん届いているのがわかる。ぜんぶいらないものだけどさ。。。。 なんでYahoo!  Japanはこんなにたくさんワイにメールくれるんねん?   と思いつつ放置していて、たまに全部消去していたのであるが、ワガハイはついに発見したのである。
ワシはYahoo! Japanという一つの団体から毎日メールが来ていると思い込んでいた次第である。そうではないと昨日、気づいた次第である。ようするに、Yahoo! Japanのいろいろな部門がメールを朕に届けてさしあげるのである。なんですとぉ。

麻呂は単一のYahoo! Japanという組織からメールが来ると勘違いしていた。よってわたし バカよねぇ・・・・と気づいた次第である。
昔、人生幸朗というジジイとババアの漫才コンビが次のように言うて笑いを取っていた。

細川たかしはえらい!!  わたし ばかよねぇ、おバカさんよねぇ。。 自分のことをよく分かっている、細川たかしはエライ!!  

んでもって、拙者もエライのである。なんたって、自分がバカであると悟ったからである。今日から朕は おバカさんだけでエライ のであるぞよ。ちみぃら、頭が高いであるぞーーーーー・・・・ なんですとぉ。

で、配信登録の解除をしたわけだが、10以上あったな。きちんと数えていないけどサー。

ThunderBirdでは一日にメールが50ぐらいは来るなあ・・・・ メルマガですけど。日経のなんとかってのからたくさん来るし。
こういうのも要らない場合には配信登録解除すればいいのだけど、面倒だからメールはゴミ箱行きにしている。

ただなあ、登録しないとサイトによっては記事が読めないものがあるので登録するのだが、そのときに配信しないというところにチェックするのも面倒なのでねぇ。。。
メール来たらゴミ箱行きというのはインターネットのトラフィックスを考えると配信停止するほうが人類に貢献できるかねぇ。そだねぇ。
ただでもできる人類への貢献、それは配信停止だあぁ・・・!!    なむぅ。。。

posted by toinohni at 18:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOAで知る今日のリビャーーーー なんですとぉ

https://www.voanews.com/africa/libya-cease-fire-critical-step-toward-peace-stability-un-chief-says

リビア内紛が収束に向かう期待感がある記事だ。ホンマでっかね。

NEW YORK - U.N. Secretary-General Antonio Guterres welcomed a permanent and immediate nationwide cease-fire in Libya signed Friday by the two main warring parties.

“There is no military solution for the conflict in Libya,” Guterres told reporters. “This cease-fire agreement is a critical step, but there is much hard work ahead.”

停戦合意は大事なステップではあるが、ことはそう簡単に良い方には進むまいよとワイは想像する次第である。だって、連中は・・・・
 
そもそも内紛は周辺諸国の加担、介入があるから解決せず長引いてグズグダになっている。周辺諸国が狙っているのはリビアの石油である。トルコ、エジプトだけでなくロシアも内紛参入しているようだ。争いはな、資源という魅力がある地域で起きるだよ・・・・多分。

外国部対傭兵は3ヶ月以内に国外へでろちょんまげと言うとるが、まずはこれが守られるか注目だ。
he agreement calls for the Tripoli-based Government of National Accord (GNA) and the forces of General Khalifa Haftar’s Libyan National Army (LNA) to pull back to their bases. The truce, which was signed under U.N. auspices in Geneva, also demands the withdrawal of all foreign fighters and mercenaries within three months.

Mercenaries and fighters from Russia and Turkey have been involved in prolonging the conflict in oil-rich Libya. Other nations, including the United Arab Emirates and Egypt have intervened, sending large amounts of weapons and air support.

ロシアが出張ってきていた(笑) こいつらは・・・・
トルコは地中海東岸での地下資源を虎視眈々と狙っていて。隣のギリシャともギクシャクしていたりして。新コロはトルコはその地域ではダントツの1位である気がしたが。
そういえば。トルコはアルメニア・アゼルバイジャンの紛争でも口出ししていた気がする。隣の国だからなあ、アルメニアは。
中東、アフリカ北部、中央アジアと紛争が耐えない地域なのであるね、昔から。それだけ、その地域の人類が活性化しているという話でもある、たぶん。
平和というのは連中にとっては死ぬほど退屈なのだよ。テキトー。

しかし、停戦合意はリビア国内のテロリストとは関係がなかろう。停戦がテロリストにとってはまたとないチャンスになるかも知れぬ。
とりあえず、注目だ。リビアはカダフィ独裁という強権支配が某国の介入によって崩れて以来、内紛状態という非常に悪化した状態になってしまった。
強権独裁体制を崩壊さす場合には相当に慎重にやらねば地域の混乱を増し、紛争の拡大を招く・・・・という経験則を我々はこの四半世紀で得た次第である。テキトー。

Libya fell into internal armed conflict after the ousting and assassination of former dictator Moammar Gaddafi in October 2011. The country has gone through cycles of violence, including having land and oil fields seized by terrorist groups, and this latest escalation, which began in April 2019, when Haftar’s LNA moved on Tripoli. Libya’s deteriorating health system has also been battling rising numbers of coronavirus cases.
内紛は停戦合意で・・・どうなるかわからないが、加えて新コロ感染拡大という問題もあるでばらん。とにかく、ちびシー状態が続く。

ところで、原油ってだぶついてん?   どうなんだろなあ。

posted by toinohni at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Quartus Prime Lite 20.1でアーーソブ 四苦八苦してたのしー

ツールの使い方を知る。どうやんの、これ・・・ってワガハイにとっては探検ゲームのようなものである。仕事でやっている連中はツールでわからないことがあれば隣のベテランに聞く、代理店のサポートに電話する、で解決するのだが、ヒキコ森のワガハイは無料のPrime Liteを使うので聞く人もいない次第である。

というわけで、Prime Lite でGate Level Simulationをしたかったのだが、それができたりできなかったりしてクマったクマった島倉千代子状態になってのであるが、この度、ワイの四苦八苦が実を結び解決した次第である(笑)

一つ デバイスがサポートされていない。Messageに次のように出た次第である。
Warning (10905): Generated the EDA functional simulation netlist because it is the only supported netlist type for this device.
   ようするに、ワシが指定したCyclone ⅤはGate Level SimulationではFunction Simulationしかできんということらしい。なんでか。Timing Modelをインテルの小会社の ある寺の坊さんが提供しないのである。タダのPrime Liteだからか。有償版では提供ありなのか知らんのですけど。

もう一つ、function simulation用のNetlistを作るという設定にチェックが入っておった・・・ この場合もGate Level SimulationクリックしてもRTL Simulationと同じ結果しか出てこないである。Settingsのところね。

どうして朕はGate Level Simulationをしたいのか。それは単純だ。実デバイスに近い動作を見たいからである。D FFはClockの立ち上がりから数ns遅れて出力が変化する。実物はそういう波形になる。
これがRTL Simulationだと同時に出る。Clockの立ち上がりと同時に出力が変化する。これでは、因果関係が壊れる。まるで光速を超えた伝達があるかのようで気持ちが悪いのである。なんちーーーてね。clockの立ち上がりと同時に出力が変化するって・・・・まるで量子力学の非局所性みたいですがな(笑) まーそれはどうでもいいのだが、デバイスとしては次のような動作をするのが普通なのであり、麻呂はそれを見たかっただけである。こういうの見ると世は落ち着く次第である。この例ではClock立ち上がりから出力変化まで6nsぐらいであった。まあ普通のdelayだな。

image

というわけで知りたいのは Timing Modelってどうなってん?    Slowが2つにFastが一つで3つから選択できた。

ここらはインテルの小会社の森の中にある ある寺 の坊さんに聞きにいくか(笑)

なんみょーほーれんそー あーめん とか言うたれ なむぅ・・・・・

posted by toinohni at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする