2020年10月22日

やっぱ統計学だぜ・・・・ ほんまでっか

中学の数学がわかればOK!   に釣られてしまったのワタアシィーーー(笑)

まあだいたいは知っている/知っていた話である。忘れていたので思い出しには良いと思うよ、もちろんテキトーである。

ただ、この中でベイズの確率のところではワタアシィーーは引っかかった。精度が99%の検査で陽性が出てしまったおとーさんの確率は?   とかいう問題。
これは・・・・ 読み返しても・・・・うーーむむむ。。。 なので明日だ、気合を入れて明日再読だ。ちよっとばかり、ひっかかるのが普通であろう(笑) ボクは正直者なので引っかかったと正直に言うでがす。

ラクラク読めるものはな、記憶には残らんで(笑) たぶん。

posted by toinohni at 21:09| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lattice Diamond Simulatorで四苦八苦してくるしーーーー なんだとぉ

Lattice Diamond 3.10をインストして使い方のお勉強しているのだが、Quartus Prime Liteで作った簡単な 4bit Counterでテスト。。。
テストベンチファイルもコピペ。

で、だんだんと使い方は分かって来てSimulationした、動いた。Active-HDLが起動するのである。うーーむ。いいぞ。。。 たぶん。
だが、何か変だジョー!! ??      持ってきたテストベンチではClock 6ns周期を設定していてPrime Liteから起動するModelSimでは思惑通りだった。。。
ところが、Active-HDLでは 6ps Clockになっておるおるおーーるず・・・

うーーむ。これは設定のどこかで・・・・Quartus Prime Liteでは ns と指定するところがあったが、Diamondはどこでその設定をするのであろう。。。。

というところでドンドンドドーーーン詰まりなのである。

Google検索10段(自称)のワガハイが検索して解決策がヒットしないのである。これはな、何かおかしいで。どっか、基本的なところで何かミスしているで。。。

さー、それは何でしょう?     知るかよ、バカタレ。。。。。 なむうぅ・・ぅ・・・

あらら、今度はコンパイルできなくなりましたわ。Map Designでエラーですわ。
design is empty って出たですわ。。。。

もう今日は放置・・・ なむうぅ・ぅ・・・・

posted by toinohni at 17:59| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わけわからん 考えるとわけわからん ワケワカメ リケンはワカメ

電磁気学で点電荷が作る電場のエネルギーは発散する。知りたい人は計算していみろ。計算したくなければ「ファインマン物理学・電磁気学」を読め。図書館にあろう。

発散はニュートン力学でもある。太陽と地球との重力を計算する際に太陽の重心に太陽の質量がある、地球の重心に地球の質量がある、として計算する。しかし、重心での質量密度は発散だ。だが、そういうのは考えないで良い。質点は計算の便宜上だ。

同様に電子を考えるとどうなるか。点粒子である電子だ。点では電荷密度が発散し、質量密度が発散する。古典電磁気学ではそういうのは考えないようにしようぜ、と決めとけば問題はない。

古典物理では点での発散は・・・ そういうの考えないようにしようぜ、ってことでOKだ(笑)

だが、素粒子の場合には問題がある。点電荷の電子は素粒子であり内部構造はないとされる。なので素粒子としての電子を考えると点は考えないようにしようぜ・・・って言うのダーーメだってよ (笑)

ただ、ボクはよく分かっていないのだが、まあ全く分かっていないのだろうが、電子を点粒子として捉えると同時に波としての電子も考える・・ってのが量子力学だ。つまり、点粒子は電子の性質の半分だ・・・だったら、点とは限らないじゃ~~ん!!   てへ。
そう、電子は点とは限らないので発散はない・・・・とワイは想像している次第である。点だから発散する。点ではない、波でもある。よって古典電磁気での発散は生じない・・・・って妄想しているわけだ。
なんで点粒子としての側面ばかりが素粒子論で出てくるのだ?   そこだな。

点でも波でもあるのだから発散はしないのではないか。どーよ。ワイは妄想がさらに続くぜ。

だが、酒が切れたので明日だ(笑)

posted by toinohni at 13:54| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近のプロ野球選手は潔い引退がないなあ   なんだとぉ

https://hochi.news/articles/20201022-OHT1T50073.html

阪神・能見篤史投手(41)が来季の構想から外れていることが22日、分かった。球団からはすでに通達を受けているが、本人は現役続行に意欲を見せているとみられ、他球団でのプレーなど今後の進路を模索する模様だ。

-------------------------------------------------------------
   一軍の力量がなくなっているのに現役にこだわるというのは見苦しいので引退した方がいいとワイは思うがなあ。グダグダとするより とっとと 引退する方がよい。昔の江川のようにな。

が、すきなようにしたまへ・・・だ。

阪神は福留が戦力外らしいし、続いて能美が戦力外・・・ってか、妥当だろ。すでに一軍の力量はないのだからさ。とっとと引退してくれよ、代わりの若いのにチャンスが出るからサー。

とはいうものの昔の野村のGさんのように現役にこだわってプレーできる球団があれば行くというのも生き方としては尊敬する。もはやカネのためではないのは明らかだしね。
そこだよな。

巨人も岩隈が今季で終わりらしいが他にもロートルは何人もクビになるだろう。当然だ。ヨシノブが監督の頃に「チームの若返りが課題だ」と言うとった。にも関わらず球団のバカでアホの幹部らは上原を獲得したり岩隈を獲得したりで、バーーカ、バーーカ、アーーホとオレに笑われたのである。どーよ。
西武は投手力の整備が急務であると言われて久しいが昨年はポンコツ・松坂を獲得した。西武の幹部はバカとアホと無能揃いだ(笑) 今年も何か面白いショーを見せてくれよ(笑)

てなわけで、巨人も阪神もベテランのロートルで一軍の力量はない選手らが引退かクビか、になろう。いいのだそれで。
だいたい、岩隈なんて腐るほどカネがあるだろによ。福留にしても能美にしても腐るほどカネがあるだろよ。

問題は若い選手らが戦力外になって、その後だろうなあ。犯罪に走らないでくれよ、おまいら(笑)

で、阪神の監督は続行なの、ホンマでっか。あんなのが来季も監督するって阪神ファンは納得しているわけかい。知るかよ、バカタレ。

で、最下位争いのヤクルト、広島あたり。オリックス、日ハム当たり。監督クビが当然のレベルだぜ。オリックスはもう代行だし。日ハムは栗山が続行なのかい。そうなのかい。日ハムのハムは食わんもんね、わい。 そもそも加工食品のハムは買わん。甘すぎて食う気にならん。味なしの生のハムでも売ってくれ、安くで。

つーわけだが、阪神、巨人だけでなくロートルのベテランはクビにするだろなあ・・・という気がする。成績が出ていない一軍のロートルという限定ね。

だって、そろそろドラフトだしよ。若いの、威勢のいい選手らを獲得するだぜ。。。。 押し出されるように押し出されるのが常である。なむうぅ。。。。

posted by toinohni at 13:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下の本 放棄 読めん

内容が・・・という以前の問題で朕はこの本は読まないことにした。図書館から借りたものである。

理由。。。 本のページをめくる際のチカラの入れ方でカバーのつるつるした紙と内側の紙がこすれるのか、その下の扉のページと内側のページがこすれるのか、イヤーーな音が出る。

ガラスをこすった時のキィーキィー音が不快なのと同様に、ワイはこの音が大嫌いなのである。自分の本であればカバーを捨てて、さらに音がでる部分も破り捨ててしまうのだが図書館の本なのでそうはいかん。

ここら本づくりの際には出版社は気を利かして欲しいものである。本の作り方というか、綴じ方というかさ、そういうところにも配慮したら心の琴線に触れる本造りにつながると思うよ。

てなわけだがベイズ統計に関しては別の入門書を探すとしよう。。。。なむぅ・・

posted by toinohni at 12:03| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FireFox 広告ブロックの弊害もあるのであった まーしゃーないか

https://ejje.weblio.jp/

ワイが英単語調べたり語彙力診断したりするWeblioサイトである。
この中の 英単語帳 というページはFirefox Add-0nsによっては正しい表示にならない。左サイドが出てこないのである。
今、Firefoxに2つの広告ブロッカーを設定している。あららら、おかしいなと思って広告プロック止めてみたら正常になったので広告ブロッカーのせいである。

EdgeでTVerを再生しようとすると、ブラウザの広告ブロッカーを止めやがれ・なさいまし と出たことがある。誰が止めるかバカタレ。Brave, Chromeで見ればいいがに。

というわけで、何かやると何か副作用があるものだなあと感じた次第である。

ワイのメインブラウザ Firefox ---- 左サイドにブックマークを常時表示する。これがいいのだ。PC画面は横長なのでなんの問題もない。
サブ Chrome   ---- たまにChromeで動作確認したとかいうソフト系のサイトがあると仕方がないのでChromeを起動する。Chromeはベンゾーという拡張機能でブックマークを左側に非用事する事はできるのだが、使いづらいので使わない(笑)
サブのサブ Edge   これは某新聞サイトをアクセスするとEdgeをメインにしやがれ・なさいましと上段に出るのが ムカッパラ。だれがメインにするか、バカタレ。でも、Edgeでないと動かないとかのサイトの機能があると使う場合がある。何よ、それ。
蛇足 Brave    広告でないが売りらしい。確かに出ないのでたまに使う次第である。

ブラウザに限らずだがソフト、ツールは一社のものだけ使うのは良くない。複数使うのがよい。新聞サイトも複数見るのが良い。ものごとはな、複数の視点から見るように心がける事。
って エライ人が言うてました気がする今日このごろは寒い なむう・・・・

posted by toinohni at 07:47| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語できませんが なんでございましょ   なんだとぉゃ・・・・

英語できん、できんと自慢してもしゃーない。浅学菲才!!  不勉強が身に染みる秋 !! てへ

スマホアプリで学習用のがたくさんある。PCでもある。スマホの場合には広告出るのがヤーなのだがタダだからなあ。広告みるからタダなんだよなあ、ななな、なー。

こういう文章があった・・・・ 文の中の一部だけ書く

......... a series of dots which were ......

  間違い指摘する問題なので、ワガハイは a series of ----  単数扱いするんだよなと記憶があって、ここの were は間違いだろと思って、were が間違いだとしたら間違った。わー。ワー。were だけに ワー 笑えよな。
別のところにも間違いがあって問題アプリは正解はそこだ・・というでした。

しかし、a series of dots は ドットが複数あってもそれらをひとまとめにして a  とつけているのだから単数扱いが正解だとワイのIQ88のちょ~・頭脳はフル回転してそうはじき出したのである。a がついているから単数なんだよ、バカタレ・・・・ (笑)

なので、ここらはGoogle検索10段(自称)のワイの実力でもって解説を探しちゃる・・・
一つめ
https://mickeyweb.info/archives/9504

“a series of” は、
その直後に複数形の名詞が続いても、
動詞は 単数扱い
となるのが原則

しかし実際には、複数扱い もまかり通っている。

日本人学習者に限らず、混乱しやすいからであろう。
--------------------------------------------
    な、単数扱いでいいんだよ(笑) でも、複数扱いもまかり通っているって。まあ言葉というものは変わるものでして・・・みんなが誤用するようになるとそれが普通になるってのもあるしよ。日本語でも。

だが、ワガハイは冷静に考えた。上の場合に were が間違いかどうか、わしゃどうでもえーーねん。スマホアプリで点数が下がるので気にしただけでんねん。
だいたい、そんなの気にするほどの英語のレベルではないねんで。

最近は「出川イングリッシュ」を見て勉強している。そーりーそーりーで通じるねん(出川の場合な) ユナイテッド ステーションとか フリードール とかでも通じるねん(出川の場合な)
  カミュのファニエスト外語学院でボビーやアデゴニーやらが変な日本語使うが、意味がわかるねん、わいは。
され ぞんぞんちがうよ、まらいすぎ、ちんぽなし した・・・・・・・ もっともわかるのは字幕が出るからだろうなあ。

で、スマホアプリはTOEFLをこなしている。語彙、間違い探しみたいなの。TOEICはね、簡単すぎて飽きた(ウソP )
   ただ、問題と正解がわかるだけであり解説がないのが困る。なんでこれが正解なのか、英語の屁理屈がわからない場合が多々ある次第である。まー有料版はマシかも知れないが、貧乏・カネ無しのワガハイはタダのであーーそぶ。最近は5秒間の広告が出るようになってら(笑)

posted by toinohni at 07:28| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする