2020年10月15日

離合集散 M&Aが日常茶飯事であり、それが普通なのだ・・・ なんですとぉ・・

https://eetimes.jp/ee/articles/2010/12/news057.html

自然の本質は変化である。静止は自然界にはない。絶対零度でさえ物質は振動する。零点振動というが量子力学が明らかにした。
教訓的である。変化こそが普通である。昨日と同じ事をして今日も食える、明日も食える・・・という事は単なる願望・妄想である。
日本では、行く川の流れは・・・どーたらこーたらという昔の達人の悟りがある。変化こそが変質なのである。決して逆らうな。変化を受け止めよ。というか、だいたい変化に飲み込まれて人々は生きている。どーよ。これがワシの哲学である・・・・なんですとぉ・・・・

いや、言いたいことはな、XilinxがAMDに買収って・・・ おいおい。それ・・・Xilinxの経営陣でトップクラスの連中は多額のマネーを手にしてウハウハ・・・笑いが止まらんではないか。
数年前にワイが好きなLinear TechnologyがAnalog Devicesに買収された。
数年前にワイがちょっと好きだったFPGA ALteraがIntelに買収された。
今度はFPGA Xilinx がAMDに買収だとぉ!!   なんですとぉ・・・・ 好きにしたまへ!!

  半導体メーカーのこういうM&A、離合集散とか別に珍しい話ではないしよおぉぉぉぉ。

市場社会は変化する。

そう、その変化だ。実はAltera, Xilinxが牽引してきたFPGAビジネスが曲がり角に来ているという視点で見直したい。そこだぜ。ってか、誰か技術に詳しい経済評論家が何かエラソーに書くかもしれないなあ(笑) まあ評論家の言うことは笑って読んでいればいい。テキトーだし(笑)

FPGAの二大巨頭が規模のデカイFPGAで競争してきた20年ぐらいで、Latticeは落ちこぼれて第三位だが、1,2位との差は大きい・・・・数年前は中国企業への身売り話も出ていた。
だが、Latticeは生き延びている。CEATECという技術展示会で2017年あたりでも出典していた。Xilinx, Alteraは出典ナシだった。
その展示会でLatticeの説明員と話をしたら、僕はひょっとしてLatticeの方向性で成功するのではないか、と思ったのだった。
Xilinx, AlteraのデカイFPGAは規模がでかくてCPUを実装し、他にもいろいろと回路・機能を実装できる。だが、デカイ。デカイので小型機器には適さない。
そう、小型機器でFPGAを使うには・・・ Latticeの路線は当たりなのだよ・・と今は確信している。

我々はXilinx, Alteraと規模の大きなFPGAで競争しても勝てないし、競争する気もない・・・と説明員は話した。そこだぜ。

そこだぜ。 実に教訓的である。

うちらが勝てそうな分野はどこか・・・。たとえニッチであっても注目すべきはそこだ。大相撲で例えるとな、デカイ小錦と押し合いで戦おうとしても無理よ。デカイ曙とチカラ勝負しようとしても無駄よ。
勝機はどこにあるか、そこだぜ。

ただ、そこに感づくのは企業の経営陣であって経営コンサルではない。そこだぜ。いままで経営コンサルに手玉に取られて会社を傾けた経営トップがどれだけいるか。バカが経営者になるものではないのだよ、ばーーーか(笑)

てなわけで、AMDの戦略に注目している。IntelはAlteraを買収し、AMDがXilinxを買収するとなると、対称性が成り立つ。経済社会でも対象性が成り立つのであろうか。。。うむうむ。

IntelとAMDを入れ替えても法則は変わらない、これが対称性である。うむうむ。なんちて。

というわけだが、自分でも何を言ってるのかわからんので終わりだ。

缶チュー 飲みすぎた(笑) 稲 麦 ヘクソカズラ

posted by toinohni at 16:35| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VOAで知る今日のアフリカ なんですとぉ・・・

https://www.voanews.com/africa/mount-kilimanjaro-fire-started-accidentally-investigators-say

People are seen in an area as the fire spreads between Horombo camp and Mandara on Mount Kilimanjaro, Tanzania October 12, 2020…

People are seen in an area as the fire spreads between Horombo camp and Mandara on Mount Kilimanjaro, Tanzania, Oct. 12, 2020 in this picture obtained from social media. (Sydney Lawrence/College of African Wildlife Management, Mweka/via Reuters)

Hundreds of Tanzanian firefighters and citizens are trying to contain a fire on Mount Kilimanjaro, Africa's highest mountain at 5,895 meters.  

The Citizen newspaper reports that National Park spokesman Pascal Shelutete said the initial investigation found the fire started Sunday by porters servicing climbers at the Whona rest area.

Shelutete told reporters Tuesday the fire, used to warm up food, ignited dry grass and shrubs.

The fire is confined to the Mandara and Horombo trails, Shelutete said, which are no higher than 2,700 meters above sea level.

山火事である。原因はそこに書いてあるのだが、ホンマでっかね。。。と思う。まーどーかな。

とりあえず、とっとと消化されることを期待しますです・ます。 なむうぅぅぅ・

posted by toinohni at 14:47| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素粒子論・量子論等の入門書・・・・・頑張って書いてくだされよ

素粒子論の入門書をいくつか読んだが、
素粒子論は相対論的場の量子論を基礎とする、
素粒子論は場の量子論とゲージ場の理論を基礎とする、
素粒子論は場の量子論が基礎理論である。
などという記述がある。

ところが、場の量子論やゲージ場の理論の入門書は極めて少ない。
「場の量子論とは何か」 和田純生・講談社BB 昔・・・・ が本棚にある。これも数式を使わずに説明するのは絵画を見せずに絵画を説明するようなもので大変なのである。と書いてあった気がする。
講談社で場の量子論について入門書が他にあるのかは知らない。他の出版社であるのかも知らない。一応は探したことはあるけどね。
ゲージ場の理論となると入門書はない、のではないか。講談社にはない。。。。専門書はあるかどうかは知らない。
ここらは・・・・・ まー単純に言うと読者数が期待できないから出版社は本を出す意欲もないってことだろなあ。だいたい、講談社BBは縦書きでり、科学ものを縦書きにするな、バカタレとオレに文句言われるだけだ(笑)
最近は講談社BBも横書きが少しはあるようだけどね。今後は横書きにしてくれよ、そういう決断ができない出版社も情けないけどさ。
縦書きにすると本が売れないという信仰があるんだろな、だが、考えてもみろ。パソコン、スマホなど横書きなんだぞ。何をいまさら縦書きにこだわるんだろな、コイツラは。単に決断できない臆病ものだろ(笑) 他社は横書きで出している。ちくま文庫見ろ(笑)

で、言いたいことはな。ゲージ場の理論を入門書として出すだけのライターがいないということなのか、買う読者が10人ぐらいだから赤字確実なので放棄なのか。

結局は科学ファンが減少しているってことか。ワイは講談社BBが本棚に300冊ぐらいある。40年間での話だ。工学社、ちくま文庫、その他・・・と入門書は買ったし読んだし。
30年ぐらい前に読んだ本はスッからリンコンと内容は忘れたが、最近、読み直すと思い出すのである。たのしーーーー。

で、次の本を図書館から借りた。

  1993年の初版である。著者はヤン・ミルズ場のヤンから学び、他に、リーなどと共同研究し、あるいは学ぶ、内山龍雄、南部陽一郎、西島和彦らから学びという、素粒子の発展の真っ只中で学んだ世代の研究者である。らしい。
素粒子の標準模型は1980年頃に一応の完成を見たらしいが、著者はそこへの過程の真っ只中にいたのだろう。
50-60年代に加速器の向上でもって大量の新粒子(ハドロン)が発見されて物理学者は喜々として研究に取り込んでいたろうが、クォーク理論に達するまでに試行錯誤、四苦八苦、悪戦苦闘があり、ツヴァイクやゲルマンのクォーク仮設が登場してもすぐに受け入れられたわけではない。
ここらを経験した物理学者もすでに高齢であり、多くが故人になり、だ。

そういうわけで、僕はゲジゲジ場の理論を、どうにか、わかりやすく解説する入門書を探している。数式はあってもいいのだが、高校レベルにしてくれ。ちょっと贅沢しても大学初学年ぐらいであれば許す。・・・
てなわけで、ここらをな、出版社は・・・ やらんだろな。売れそうにないからな、この手の本は・・・・(´・ω・`)

でも、欲しいよなあ。。。。 ないものねだりのワガハイであった。

posted by toinohni at 14:24| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

阪神が阪神らしい今日このごろ うむうむ それでいいのだ伝統だ

http://www.zakzak.co.jp/spo/news/201015/bas2010150003-n2.html

阪神の選手、スタッフの間で新型コロナウイルスが感染拡大した温床として、名古屋遠征中の9月19日夜に催された複数の会食が問題視されているが、同夜に別の飲食店で矢野耀大監督(51)と会食した1軍チームスタッフにも、25日にコロナ陽性判定が出ていたことが本紙の取材で分かった。球団は感染した選手の濃厚接触者に加え、同夜の会食で同席した陰性判定の選手にも独自の判断で10日間の隔離措置をとったが、矢野監督は“ギリギリセーフ”と判定。25日以降も継続してチームの指揮を執らせたとしている。(山戸英州)

-------------------------------------------------------
   こういうグダグダこそが阪神の伝統、阪神らしさ なのでよ、わかってくれよ ちみいら。

巨人は、巨人軍は紳士たれ、というお題目がある。まーお題目にチカラはないと思うが、バカはたくさん出たし。野球賭博に・・・(笑)
阪神は紳士たれという綺麗事の お題目 はいらない。 阪神は阪神たれ、でよい。
ちなみに僕は焼肉のたれは甘すぎて食べない。近所に焼き肉ライクがオープンしたので一度は言ったのだが、あれは食えん。甘すぎてだめだ。砂糖ぶっかけて食うようなものだ。ああいう味で良いと思う連中が行けばよい。ワイは二度といかん。あんなのくえん。
つまり、阪神は阪神タレでいいのだよ。格好つけて紳士ぶってもしゃーないし、コンプライアンスを真面目に守ってますわ・・・ってのもなくてもいい。

ただ、バレたときの弁解を工夫したほうがいいぞ。今度からバレたら、こういうのが阪神の阪神らしさなんです、キリッ)  と自信を持っていいたまへ。

今後も不祥事が出てきそうだが、それこそが阪神らしさなのだよ、ちみいぃ・・

posted by toinohni at 13:52| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする