2020年10月07日

OpenLiveWriter Google Bloggerに投稿できんの なんですとぉ

3台のPCにOPWをインストしてある。今年の何月からか、メインPCではOLWで投稿できるが他の2台からは投稿できなくなった。なでだろー なんでたろー
  Googleアカウントがあぁーーか。ここらの仕組みは理解しておりませぬ。
以前はできたのにさ。Googleのなにかが変わったのだろよ。そのうち調べる。検索する。そんだけだ。
Blogger投稿画面のエディターよりOLWのほうが使いやすいしよ。

つーか、メインPCで書けばいいだろが・・・・ うむうむ。そだねぇ。

posted by toinohni at 21:31| 東京 ☔| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うむうむ 黒い穴があるのだよよよよよーーーん なんですとぉ

https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/news/18/08905/

スウェーデン王立科学アカデミーは2020年10月6日、同年のノーベル物理学賞に英オックスフォード大学の名誉教授であるRoger Penrose氏、独マックス・プランク研究所のReinhard Genzel氏、米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のAndrea Ghez氏の3人を選出したと発表した。受賞理由は、ブラックホールの形成過程を1965年に数学的に示したこと(Penrose氏の論文)と、1997~1998年に我々の銀河(天の川)中心部に太陽質量の約260万個分の巨大な重力源があることを観測で発見したこと(Ghez氏の論文、Genzel氏の論文が引用されている)についてである。

--------------------------------------------------------------------------
    わけわからんが まったくわからん(笑) すでに科学はワイの理解範囲を遥かに超えている。もはや catch up は無理だわわわわーーーーん。

てなわけだが、一般相対論の解はブラックホールの存在を示唆する。おーーー。そして宇宙にはブラックホールがたくさんある。おーー。銀河系の中心部に巨大ブラックホールがある・・・ わーーーー。

では、銀河系中心部の巨大ブラックホールは今後はどうなるのだ?  天の川銀河の天体をすべて飲みこんで消えるのか。いやいや、それだったら宇宙は見えないブラックホールがたくさんあってだな・・・それがダークマターだ。。。おーー、新解釈だ。
しかし、ワタクシは新しい理論を思いついた。それはゲップ理論だ。だいたいピール飲みすぎるとゲップするだろ。それと同じようにブラックホールは多くを飲み込むとゲップする。その際に吐き出される巨大なエネルギーが銀河の近くに新しい銀河を作る。衛生銀河は巨大銀河のゲップによって生まれたのだ。どーよ。なにがよ。 しるかよ。

まあしかし、わけわからんことがあると嬉々として調べるってーのが科学者の性格なのだろうなあ。わけわからんことがあるとたのしーーーー。そこだな。やっぱ、人種が違うんだよよーーーん。ワシとは。

インフレーション理論はグースと佐藤勝彦が80年に独立に提唱したものである。これがノーベル賞の対象になる日が来るかどうか。
ペンローズの受賞対象の仕事は65年から70年にかけてのものであった。50年ぐらい昔である。うーーむ。長生きしないとノーベル賞はもらえないぞ。
南部陽一郎は長生きしたのでノーベル賞をもらえた。ノーベル賞に匹敵する業績はたくさんあっても長生き肝心ですね。
でも、上の米カリフォルニア大学ロサンゼルス校のAndrea Ghez氏は55歳だよね、女性だよね。素晴らしいね。やっぱ、人は運ってものもあるよね、うんうん。

な、人は運というものも大事だよね、うんうん。 な、うんうん。、笑えよな。

で、ワシは妄想する。ブラックホールは実はたくさんあるのではないか。だから、ダークマターの正体はそういうブラックホールだっちゅーの。決して素粒子ではない。
ダークマターの正体はブラックホールである。見えないからわからないが宇宙に無数にある。それらは昔の昔に銀河を飲み込んで消えたのだ。消えたというのは見えなくなっただけであり、無数にあるのだひでき。
クエーサーもちょ~・巨大ブラックホールと考えられているらしい。
ワイの妄想ではブラックホール系図というものがあってな。ちょ~・巨大ブラックホールから末端のちょ~子分・平民ブラックホールまで家系図があって系統があってだな。
バリオンという見える物質は4%ぐらいだと言うとるがな、見えないダークマターってのはブラックホール一家なのだよ。
妄想はたのしーーーーーー (笑)

posted by toinohni at 13:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお、ペンローズがノーベル賞だと うーーむ

https://www.voanews.com/science-health/3-share-nobel-prize-physics-black-hole-research

STOCKHOLM - Three scientists have won this year’s Nobel Prize in physics for their discoveries related to black holes.

The Royal Swedish Academy of Sciences said Tuesday it gave half the $1.1 million prize to Roger Penrose of Britain for using math to prove that black holes are a “direct consequence of Albert Einstein’s general theory of relativity.”

-----------------------------------------------------------
  ブラックホールかあ。。。 ホーキングも生きていればノーベル賞の可能性はあったなあ。うむうむ。
というわけで、国内ではどう報じられているかというと。
https://mainichi.jp/articles/20201007/k00/00m/040/049000c
親交のある佐藤文隆も喜んでおるおる。

  ワイは早速 本棚で長い冬眠生活をしていた「皇帝の新しい心」ペンローズ、みすず 90年代後半出版 を取り出して読み始めるのであった。分厚い本であり読むのしんどそうである。

三人が受賞とは言っても賞金は3等分ではないのだな。ペンローズが半分、残りの半分を他の二人で分けるようだ。
だが、ブラックホールの研究がノーベル賞に結びつくとはアインシュタインは想像もしなかったであろう。
一般相対論が1915年に世に出て、その後は低迷したものの60年代以降の宇宙論の人気で復活どころか更に発展した感じだなあ。一般相対論から約100年の2016年に重力波が検出されて、この実験グループのトップもノーベル賞受賞したのだった。

そこだ。もう理論から100年だ。量子力学もそうだが、そろそろ次の段階への発展があってもいいころであろう。

1975年のオーストラリアでの講演で天才・ディラックは言うた。量子電磁気学はもっとスッキリした理論に置き換えられるべきであり、そこには古典物理から量子論へと変わった時以上のショックがあるだろう。うむうむ。こんな趣旨だったと思うですわ。
まーそこらは世の中の天才・俊英連中が すきなようにしたまへ と思うワタクシである。だいたい、連中の理論はワイには理解できんのだ(笑)

そこだで。その手の理論の解説本をだな、サイエンスライター諸氏は書くと売れるで。少なくともワイは買うで・・・ 価格次第では。教科書の副読本って流行っているだろ。たぶん。
副読本がてくさん出てだな、ボクのようなIQ88のちょ~・頭脳のボンクラでもなんとか読める副読本をだな、誰か書いてくれたまへよ。たのむよ、サイエンスライターのみなさま方!! 

posted by toinohni at 12:08| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

wxMaximaってものがありまして

plot2d([parametric,cos(t),sin(2*t)],[t,0,2*%pi],[nticks,100]);

数年前のwxMaximaでは動作していた。昔のファイルを今使っているwxMaxima 18.10.1で試したら動作しないエラーだ。今のはMaxima 5.42.1だ。
plot2d: parametric plots must include two expressions and an interval -- an error. To debug this try: debugmode(true);

って出た。なんで? 

まあなんというか、検索して解決したのだが。カッコの位置が違うのであった。

ただ、このコードは昔は動いたのだ・・・と思っている。だって解説サイトのコピペなんだもの。昔とはいつかよ、だがな。

そこでMaximaについて検索してみとる確かに上のようなコードがある。それで動作してグラフを表示しているのだ、そのサイトでは。
そして、ワイのいつものムカッパラですね。Maxima version書けよ、アホたれ。

この手の解説で記事の日付を書かない、OS Version書かない、ソフト・ツール・アプリのversion書かない、そういうサイトはバカタリーノと認定して読まない。Googleでも検索で出ないようにFirefox add-onsでブロックしちゃる。腹が立つ。巨人が圧倒的な首位独走で はらたつなりぃーーー。

わしのWin 10
wxMaxima 18.10.1
plot2d([parametric,cos(t),sin(2*t)],[t,0,2*%pi],[nticks,100]);  あかん。

こうすると
plot2d([parametric,cos(t),sin(2*t),[t,0,2*%pi]],[nticks,100]);  OK

   [ ]  に注意な、仕様が変わったんだってサー なむぅ。

posted by toinohni at 09:14| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いらんものは捨てるが良い なんですとぉ

文庫本が入る本棚、高さ90cmぐらいで6段ぐらいのモノ。もう本は買わないし古い本は捨てたし、この本棚もいらんわと思って捨てようとして、あららら 捨てるのにカネがかかると知った。
粗大ごみで500円だって。なんですとぉ!!
 
   じゃあ、ばらして買った時のようにすれば燃えるゴミか不燃ゴミかで出していいのでは・・・と市の担当に聞いたら袋からはみ出たらダメだってさ。 なんだとぉ!!

いや、不燃ごみはな、不燃ごみの袋に入りきれなくても回収するで。不燃ごみ袋に入りきれなくても回収するで。前に聞いたらそれで出せと言われたしぃ。

どうもここらが年によって変わるのか いまいちだわな。 まーしかし、バラスのしんどいから500円で出すけど。
いや、ばらしても90cmは袋からだいぶはみ出すのでダメですって言われたのだが。

ワイはパソコン捨てるときは分解して不燃ごみ、金属ゴミ、小型家電で出す。
HDDは金属ゴミ、ケーブル類は金属ゴミ・・・・だったが今年の市の説明書では小型家電になっていた。ACアダプターも数年前は金属ゴミだった気がするが今は小型家電だわ。

分解するというか、壊すっていうか、そういうの楽Cー。

posted by toinohni at 07:39| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

質量はどのように生まれるのか 橋本・KBB 2010

  結局、わかりませんでした。この手の本では似たようなことをグダグダと書いているが、肝心の質量に関する説明はあまりない。いや、あってもワイにはわからんだけかも知れぬ。ワシのIQ88のちょう・頭脳ではわからんちんちん。

ヒッグスでは質量の2%を説明するだけだ。98%すは量子色力学から出てくると書いてあった。だったら、ボクはその98%の方を先に知りたい。そう思って読み返したが、カイラル対称性の破れによって質量を持つという趣旨の事だけだ。
なんで対称性が破れたら質量を持つのさ?  
そもそもゲージ場の量子は質量ゼロでなければならない、というのだが どうしてさ。確かに電磁場はゲージ場であり電磁場の量子である光子は質量がゼロだが。
では、グルーオン場の量子であるグルーオンは質量ゼロなのに、同じくゲージ場の量子であるWボソンやクォークは質量があるのはどうしてさ・・・ ここらをヒッグスで説明するようだが、それは質量の2%なんでね。

オレが知りたいのは98%のほうだ。メインを知りたい。バカタレ、そこを説明しやがれ・なさしまし。
陽子の質量は・・・・ 理論的に出るような話があるが、それシミュレーションで出しているのだぞ。そんなのありか。

ボクが知りたいのは質量の2%のほうではなくて98%の方だ。カイラル対称性が破れると陽子はどうして観測値のような質量を持つのか?  理論的にはこうなりますという数値と実測値を比較するような話を知りたいのだ。

なんで2%のほうより98%の方を優先しないのか、アホたれ(笑)

あまりにわけが分からんのでもう放棄する キリッ)

この手の入門書は定性的な説明ばかりなのでしばらく放棄する。まー縦書きの本だしな。科学ものを横書きに出来ない出版社もあれだよな、わしは縦書きの科学ものの本は絶対に買わんもんね。
上の本は図書館にありましてん(笑)

posted by toinohni at 07:27| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッテ のーして ろって なの ろって だって ろって

https://hochi.news/articles/20201006-OHT1T50253.html

計22人を入れ替えてオリックス戦(ZOZO)に臨み、2安打完封負けを喫した。

-----------------------------------------------------------

  最下位のオリックスに2安打 完封負け。しゃーないかもなあ。いくらオリックスが弱いからと行って主力を欠いたロッテが勝てるわけがな。オリックスの投手は山本だし、打てるわけがない。

とはいうものの、今日は二試合めだからロッテの選手らも慣れてだな。いきなり一軍に登録された選手らも二試合目になると慣れてだな、今日は勝つかも知れないぜ。テキトー。

こうなったらあれだな、それだよ、うんうん。高卒新人の佐々木くんを出して観客サービスでもしやがれ・なさいまし。
マウンド上げずどもブルペンで投げさせてファンを喜ばしやがれくたされまし。

このままソフトバンクが優勝し、CSで2位のロッテが下剋上を果たし、日本シリーズでロッテが巨人に4連勝し、最後のマウンドは沢村が仁王立ちするというストーリーがボクの妄想なのである。
セ・リーグを圧倒的に制覇した巨人が日本シリーズではパ・リーグ優勝逃したロッテに完敗するというのがワガハイの想像である。
今年は交流戦がなかったのでセ・パの実力差を日本シリーズでみせつけてやりたまへよというのが朕の願望なのである。

CSの頃には新コロ感染連中は復帰して大活躍するさ・・・というのがワタクシの見込みなのである。どーよ。 なにがよ。 知るかよ。

なむう。

posted by toinohni at 06:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堀内 すっがーーーの  いや、すごーい なんだとぉ

https://hochi.news/articles/20201006-OHT1T50270.html

巨人・菅野が史上138人目で平成生まれ一番乗りの通算100勝を達成した。7回3失点でDeNAに快勝し、1966年の堀内恒夫に並ぶ球団記録の開幕13連勝。開幕投手としては日本新記録となった。優勝マジックは1つ減って「16」となった。

----------
菅野 100勝目、開幕から13連勝。連勝となれば田中のマ~を思い出すが、開幕投手ではなかったようだ。20何連勝というすっごーーーい記録なんだが。

で、巨人だからな、堀内という大先輩がおるでよ。新人で13連勝したというアホみたいな話だが、ホンマだったんだ。200勝投手だ。菅野も200勝行けるで、怪我・故障しなければ。

巨人は槇原・斎藤・桑田の3本柱の後の投手の印象があまりない。その前は江川・西本・定岡がいたし、定岡はおまけな。金田、堀内、新浦、・・・とか大昔の選手の名前も覚えているが。
今年の巨人は不思議なことに若手の投手が出てきた。うむうむ。いいぞ。

4年ぐらい前に、ヨシノブ監督は言うた。チームの若返りが課題だ。ところが球団は上原とるわ、岩隈とるわ、・・・・ 若返りが課題だと監督が言うとるのに真逆の事をやりやがった。やっとこさ、ロートルの阿部を引退させたので今後は若返りが進むぞ。
ロートルが上で居座っていると若手のチャンスが減るだよ。若手は一軍で経験積むってのが大事なんだで。
今年は他球団が自滅状態なので巨人の優勝だろうが、来年はどうするかなーって。来年の心配しているばあいではないがな(笑)

posted by toinohni at 06:38| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする