2020年10月25日

VOAで知る今日のリビャーーーー なんですとぉ

https://www.voanews.com/africa/libya-cease-fire-critical-step-toward-peace-stability-un-chief-says

リビア内紛が収束に向かう期待感がある記事だ。ホンマでっかね。

NEW YORK - U.N. Secretary-General Antonio Guterres welcomed a permanent and immediate nationwide cease-fire in Libya signed Friday by the two main warring parties.

“There is no military solution for the conflict in Libya,” Guterres told reporters. “This cease-fire agreement is a critical step, but there is much hard work ahead.”

停戦合意は大事なステップではあるが、ことはそう簡単に良い方には進むまいよとワイは想像する次第である。だって、連中は・・・・
 
そもそも内紛は周辺諸国の加担、介入があるから解決せず長引いてグズグダになっている。周辺諸国が狙っているのはリビアの石油である。トルコ、エジプトだけでなくロシアも内紛参入しているようだ。争いはな、資源という魅力がある地域で起きるだよ・・・・多分。

外国部対傭兵は3ヶ月以内に国外へでろちょんまげと言うとるが、まずはこれが守られるか注目だ。
he agreement calls for the Tripoli-based Government of National Accord (GNA) and the forces of General Khalifa Haftar’s Libyan National Army (LNA) to pull back to their bases. The truce, which was signed under U.N. auspices in Geneva, also demands the withdrawal of all foreign fighters and mercenaries within three months.

Mercenaries and fighters from Russia and Turkey have been involved in prolonging the conflict in oil-rich Libya. Other nations, including the United Arab Emirates and Egypt have intervened, sending large amounts of weapons and air support.

ロシアが出張ってきていた(笑) こいつらは・・・・
トルコは地中海東岸での地下資源を虎視眈々と狙っていて。隣のギリシャともギクシャクしていたりして。新コロはトルコはその地域ではダントツの1位である気がしたが。
そういえば。トルコはアルメニア・アゼルバイジャンの紛争でも口出ししていた気がする。隣の国だからなあ、アルメニアは。
中東、アフリカ北部、中央アジアと紛争が耐えない地域なのであるね、昔から。それだけ、その地域の人類が活性化しているという話でもある、たぶん。
平和というのは連中にとっては死ぬほど退屈なのだよ。テキトー。

しかし、停戦合意はリビア国内のテロリストとは関係がなかろう。停戦がテロリストにとってはまたとないチャンスになるかも知れぬ。
とりあえず、注目だ。リビアはカダフィ独裁という強権支配が某国の介入によって崩れて以来、内紛状態という非常に悪化した状態になってしまった。
強権独裁体制を崩壊さす場合には相当に慎重にやらねば地域の混乱を増し、紛争の拡大を招く・・・・という経験則を我々はこの四半世紀で得た次第である。テキトー。

Libya fell into internal armed conflict after the ousting and assassination of former dictator Moammar Gaddafi in October 2011. The country has gone through cycles of violence, including having land and oil fields seized by terrorist groups, and this latest escalation, which began in April 2019, when Haftar’s LNA moved on Tripoli. Libya’s deteriorating health system has also been battling rising numbers of coronavirus cases.
内紛は停戦合意で・・・どうなるかわからないが、加えて新コロ感染拡大という問題もあるでばらん。とにかく、ちびシー状態が続く。

ところで、原油ってだぶついてん?   どうなんだろなあ。

posted by toinohni at 10:15| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Quartus Prime Lite 20.1でアーーソブ 四苦八苦してたのしー

ツールの使い方を知る。どうやんの、これ・・・ってワガハイにとっては探検ゲームのようなものである。仕事でやっている連中はツールでわからないことがあれば隣のベテランに聞く、代理店のサポートに電話する、で解決するのだが、ヒキコ森のワガハイは無料のPrime Liteを使うので聞く人もいない次第である。

というわけで、Prime Lite でGate Level Simulationをしたかったのだが、それができたりできなかったりしてクマったクマった島倉千代子状態になってのであるが、この度、ワイの四苦八苦が実を結び解決した次第である(笑)

一つ デバイスがサポートされていない。Messageに次のように出た次第である。
Warning (10905): Generated the EDA functional simulation netlist because it is the only supported netlist type for this device.
   ようするに、ワシが指定したCyclone ⅤはGate Level SimulationではFunction Simulationしかできんということらしい。なんでか。Timing Modelをインテルの小会社の ある寺の坊さんが提供しないのである。タダのPrime Liteだからか。有償版では提供ありなのか知らんのですけど。

もう一つ、function simulation用のNetlistを作るという設定にチェックが入っておった・・・ この場合もGate Level SimulationクリックしてもRTL Simulationと同じ結果しか出てこないである。Settingsのところね。

どうして朕はGate Level Simulationをしたいのか。それは単純だ。実デバイスに近い動作を見たいからである。D FFはClockの立ち上がりから数ns遅れて出力が変化する。実物はそういう波形になる。
これがRTL Simulationだと同時に出る。Clockの立ち上がりと同時に出力が変化する。これでは、因果関係が壊れる。まるで光速を超えた伝達があるかのようで気持ちが悪いのである。なんちーーーてね。clockの立ち上がりと同時に出力が変化するって・・・・まるで量子力学の非局所性みたいですがな(笑) まーそれはどうでもいいのだが、デバイスとしては次のような動作をするのが普通なのであり、麻呂はそれを見たかっただけである。こういうの見ると世は落ち着く次第である。この例ではClock立ち上がりから出力変化まで6nsぐらいであった。まあ普通のdelayだな。

image

というわけで知りたいのは Timing Modelってどうなってん?    Slowが2つにFastが一つで3つから選択できた。

ここらはインテルの小会社の森の中にある ある寺 の坊さんに聞きにいくか(笑)

なんみょーほーれんそー あーめん とか言うたれ なむぅ・・・・・

posted by toinohni at 09:41| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

あららら 巨人が失速するですか

もっとも巨人が10連敗しても優勝は確実だし。
https://hochi.news/articles/20201024-OHT1T50185.html

菅野も息切れかな。打線も秋雨前線にやられて湿っとる・・・ワー、文学的だっちゃ。

巨人は終盤で緊張の糸が切れ。。。。。

日本シリーズではパ・リーグ覇者に今年も4縦食らう可能性が高い。緊張の糸が切れたら、もうだめだ。パ・リーグはCSがあるので緊張は続く。
過去に下剋上を果たした事があるロッテ、西武が2,3位にいたら、これはモーモー牛が鳴くぅ。

ここだな。セ・リーグはCSがない。緊張の糸が切れた巨人の選手らは優勝が決まったあとの消化試合を経てから日数をおいて日本シリーズだが、東京ドームは使えないらしいし。

なんでセ・リーグはCSを止めたのか知らない。巨人が優勝を決めると残り試合は消化試合だぜ。だれが見たいか、そんなもの(笑)

てなわけだが、問題は来年だな。

新コロは欧州で感染拡大が再開している。バカどもが警戒心をなくしたり根拠なく自分は感染しないと思い込んだりして、だな。マスクとか手洗いとかの基本的な事さえしないバカどもがたくさんいるのだろう。
外出から帰ったら石鹸で手を洗うって新コロだけではなくインフル対策でもあるのだぜ。警戒心が薄くなった。。。のはどうしてか。一つは感染者が増加しても死者数が意外と急増しないから、ではないか。

いや、死者数も増加しているってばさ(笑) 笑っている場合ではない

というわけで新コロで話題になったロッテは沈没、阪神は食事会開催の監督は許されて選手の福留らは二軍落ち(笑) わー どないすんの。知るかよ。

巨人・岡本と阪神・大山の本塁打王争いだが20本台での争いはレベルが低いので、どうでもいいわ。ってか、今年は試合数が少ないからかに。
バレンティンみたいに60本を超えるように成長しなさいよ、岡本くん、大山くん。テキトー。

で、くじ引き大会が近い。ドラフトという。選手についての知識がワイはほとんどないので誰が有望かまったくわからん。今年は春も夏も甲子園大会はなかったからね。

だが、いいこともある。例年のようにスポーツ紙がチョウチン記事を書かない。書くことができない。甲子園で活躍して目立った選手がいるとアホのスポーツ紙は「すぐにでもプロで通用する」とかのチョーチン記事を書く。バカタレのかまたりじゃ(笑)
そういうチョーチン記事を今年は見ないだけでも気分がいい(笑)

巨人の菅野も甲子園で活躍したわけではないしよ。そこだぜ。

甲子園で大活躍した甲子園春夏連覇の某県の某投手は芽が出ずで終わったなあ(笑) 誰だよ。

そして、戦力外通告の季節だ。どの球団も実績無しのロートルは追い出される。ドラフトで若いのが数人入る。ロートルは数人が押し出される。枠が決まっているからねぇ。そだねぇ。

ただ、ロートルでもちょ~・ベテランの場合の戦力外はチームのイメージダウンに関わるからなあ。選手もファンも球団も納得しての引退であればいいけどさ。まだ続けたいのに辞めてくれっていわれてもなあ・・・と駄々こねるベテランも最近はよーけおるおるおーーるず。

野球が好きなんだね、としておく。

そして、監督人事が注目だ。DeNAのラミレスは退任らしい。そうなったらラミレスを監督として迎えたレや、低迷している球団は(笑) ヤクルトなんか最適ではないか。ラミレスは元はヤクルトだったんだし。
最下位のヤクルトの監督はクビにしてラミレスを監督にしたまへ・・・・テキトーな。

というわけで、緊張の糸がプッツリと切れた巨人。ロッテもそういう感じで既に やる気なし モードである。CSでどうなるか、だが。

そういえば、最近は野菜の値段が普通になってきたなあ。キャベツも安くなってきた。

というところで、興味は中国の農産物の出荷だ。洪水等で農業が打撃を受けた。農産物の出荷は激減したかどうか。ん?   野球の話はどうした?   うむ。記憶が一瞬飛んだで。。。

なむうぅ・・・・

posted by toinohni at 18:47| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DeNA ラミレス監督退任 うーーむ。他の球団で監督して欲しいものである。

https://hochi.news/articles/20201023-OHT1T50308.html

DeNAのアレックス・ラミレス監督(46)が今季限りで退任することが23日、わかった。広島戦(横浜)に勝利し連敗を3で止めたが巨人が勝ったためリーグ優勝が完全消滅した。1年契約のラミレス監督は今季が就任5年目。22年ぶりVが絶対命題だった。後任は三浦大輔2軍監督(46)の内部昇格が有力視されている。

-----------------------------------------------------------
  よっしゃ、最下位球団はラミレスを新監督として迎えてくれたまへよ。日本人の監督にはできない事をやるかも知れないどすぜ。

阪神の監督とかさ、パ・リーグはどうかなあ。。。。テキトー。

日本国籍取得したと書いてあるから今後も日本で野球に貢献してくれるものと期待する次第であるが、まー基本は すきにしたまへ だよよよぉぉん。

さー、監督人事が話題になる季節になりましたね。サー。

posted by toinohni at 13:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

趣味のFPGA なんつーたりして

どうせ機能制限の無償版を使うだけなのでして。貧乏・金無しなのでFPGA評価ボードも買えないのですわっととん。
そこでとりあえずの目標はQuartus Prime Lite, Lattice Diamondの使い方を知って楽しむ事にする。
Lattice Diamondは無償版と有償版の違いは対応するデバイスの違いだけだという。Intelの小会社のAlteraとFPGAの巨人Xilinxは古いデバイスを最新のツールで扱えない。なので古いデバイスを使うならばバージョンが古いツールを持っていないといかんのです。
cycloneⅢを使いたいときはQuartus Primeではだめなんでっせー らしいよ。

簡単な4bit counter書いてRTL simulationするところまではできた。Prime Lite, Diamondともに。ところがGate Level Simulationがうまくいかん。いや、できる場合もある。なんでかね。

とにかく、ツールの機能が豊富すぎて調べるの大変である。これが仕事でやっているのであれば使い方わからないときは代理店に聞けばよいはずだがなあ、周りの誰かに聞いてもいいし。

すでに、使い方を探す、調べる事がワイの一種のゲームみたいなものですわ。探検ゲームですね。マニュアル等は探せばあるのだが、そこに書いてあるとおりにやっても駄目な場合が多々ある次第である。
エラー出たら検索すると英語サイトも引っかかるので、あーワシと同じところでドンづまっている外人さんがおるおるおーーるず、と笑う。

というわけで、あらら、うまくいかないぞ・・・・というときの解決策を探す探検ゲームとしても楽しいFPGAなのである。。。テキトーである。

ちなみにワイはXilinxには近寄らん。昔、トラ技の付録でSpartan実装基板があった。15年ぐらい昔かね。ISEというツールがあった。今は更新は止まっているらしい。最新ツールはVivadoとかいうらしい。VivadoではSpartanⅢのような昔のデバイスは扱えないのであるぞ(笑)
それとツールインストールするとSSD食われるのでして。

とりあえずはPrime Lite, Diamondでアーーソブってことにしよう。

posted by toinohni at 07:23| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球も終盤である なんだすとぉ・・・・

https://hochi.news/articles/20201024-OHT1T50016.html

拙守のオンパレードで敗れ、矢野監督の口調に怒気が混じった。「それにしても(投手の)足を引っ張りすぎ。本塁打以外、全部(失点が失策絡み)でしょ? それじゃ勝てるわけない」。1試合5失策は09年7月7日の広島戦(新潟)以来11年ぶり。最大4あった貯金をはき出し、24日にも、15年連続のV逸が確定する。

---------------------------------------------------------
いかにも阪神らしさが出た試合である。これこそが阪神の伝統なのである。伝統とか慣習とかは体質だから、もうこれは治らん。だいたい球団自体がこういうものだ。
とっとと逃げ出した球団社長に責任取らぬ監督 (笑)
阪神タイガースは阪神電鉄が親会社だと思うが阪神電鉄は阪急ホールディング傘下にある。こうなったら阪神電鉄に期待しないで阪急ホールディングスに期待しよう、うむうむ。もっとマシな球団経営陣にしてくれ球へよ。
まあ、ワイは昔の昔に阪神が江夏を放出し、田淵を放出した時点で嫌いになったけどな。

阪神がワイの信頼を取り戻すには3連覇ぐらいしないとならん、うむうむ。その前にAクラスは確実にせーやっとと。
で、藤川引退、福留は戦力外か。他にもロートルをクビにして若手を増やして戦力増強だあぁぁぁぁ・・・・ ロートルに頼るのはいかん。若手よ、出てこいやあぁ・・・・
選手らが頑張って球団幹部らを動かすぐらいの心意気で野球やってくれ球 球 球 へよ。

たまたま、たまたま、たまよ でーーす・・・・・ なんだとぉ・

パ・リーグはロッテが沈没中だぞ。あまりの失速にワガハイはちょ~・びつくらー。これではCSでも駄目ではないか。四季がない。いや、士気がない。新コロでコケた感じだがワタクシが想像するに札幌遠征で日ハムとの試合をした頃な、接待付き飲食店に行った奴らがいたんだろな。それを球団は隠しているがチーム内ではバレていて白い目で見られているのではないか、そいつらが。
ようするにチームとしてのまとまりがなくなったんだよ。接待付き飲食店に行った連中のせいでな(笑) そうでも考えないと昨今の失速の理由がわからんのである。

CSはここに来て勢いが出る/出たチームに期待するしかない。だが、今年のソフトバンクは盤石だ。王者だ。さすがは昨年の日本シリーズで巨人に4縦食らわしただけの事はある。
今年も4縦 食らわしてくだされ・やがれ・なさいまし なむぅ。。。。。

で、本塁打だがな、巨人の岡本と阪神の大山の争いのようだが、ここに来て巨人の丸いのが急追してきたぞ。巨人の 丸いのな、意外と打つねぇ。。。。

とりあえずタイトル争いに注目だで。テキトー

posted by toinohni at 07:01| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

verilog HDLというものがあってな   なんですとぉ

昔の復習を兼ねて基本的なCounterでアーーソブなんだが、ワイがやるのはどっかのサイトのソースをコピーしてProject作ってコンパイルしてゴーで、シミュレーションできたら復習としては進んでいる。
ところがこういう記述でエラーが出た。
インテルの小会社のAlteraのQuartus Prime Lite 21.0 である。多分。

   always@(posedge CLK or negedge XLOAD or D)begin 略

この記述はサポートされていないというのだ。エラーメッセージはそういうとる。この記述があるソースは2000年代前半あたりのものでしてね。
mixed single- and double-edge expressions is not supported. だってサー。

だが、なんで。昔はサポートされていたのが、その後はサポートされなくなったというのか、ちみぃは。昔もサポートされていなかったと思うよ。。。。

Prime Liteでは、Verilog-1995, Verilog-2001, SystemVerilogの選択肢がある。Verilog-2001を選択している。それではだめなのかい?   そういう問題ではないのかい。
そもそも、そのソースのあるサイトではなんの説明もないのでね。このソースのあるサイトはFPGAで食っている会社なので、きっと連中が持っているツールでは問題なかったのだろなあ。。。。。うむうむ。

というわけで、posedgeだけに修正して書き直して・・・・やらん。放棄する。こんなのやだもん、わし。 なむぅ。

posted by toinohni at 16:10| 東京 🌁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下の画像の本は素晴らしい内容である ほんまです

   横書きである。すばらしい。KBBのような入門書よりレベルは高い。検出器等も詳しく書いてある。

そして、この手の入門書をたくさん読んだつもりのワガハイの疑問はいくつか解消したのである。

標準模型ではクォーク、レプトン、ヒッグスボソンの質量も予言できない。それらの質量は理論の単なるパラメーターである。・・・・・ と書いてある。
うむうむ。そうなのだ。多分。ヒッグス機構で質量を得るような話は定性的な話なのである。
さらにむ以前から疑問だった陽子の質量。クォーク3個の質量を足しても陽子の質量には程遠い。陽子の質量はクォークの質量は2%であり98%は量子色力学から出てくると別の本に書いてあったの思い出した。
すると陽子の質量はクォークの運動エネルギーやカラー場のポテンシャルエネルギーが質量として観測されているってことになる。クォークの質量に加えて、ですね。
「クォーク2」南部陽一郎 クォークはヒッグスで少し質量を得るが量子色力学で水増しされると書いてあった・・・・気がする。クォーク自体がヒッグスによる質量だけではないという話だ。

てな感じですわな。素粒子の質量は相変わらずビシッと理論でわかる状態ではない、としておく。まあ観測できるものは観測に期待するわん。
で、そんなこと行ったら量子電磁気学でも電子の質量や電荷で変だジョーだったの思い出す。
電子の電荷は裸の電荷と補正項との和であるが、補正項を計算すると発散するのでクマった・クマった しまくらちよこ だった。だが測定値はある。わかっている。・・・・ つのり裸の電荷はわかっていないのである。なんだよ、それ。。。。
じゃあ、電子の裸の電荷を知る術はないのか。裸の質量を知る術はないのか。電子の質量だって、そりゃヒッグスによるものだろう。。。それっていくらになるのだよ? 
レプトンがヒッグス粒子とぶつかりながら進むので動きにくくなって、それか慣性質量になるという説明があった気がするが、では、そこから質量はいくらになるんですか?   そこだな。

というわけで、ワガハイは相変わらずワケワカメな状態にある。ワケワカメな状態と かんぽきに理解した状態の重ね合わせはない。ワガハイは重ね合わせがない。正直者なので(笑)

レプトンである電子の質量は標準理論ではいくらになるであるか、という問は答えが出た。答えは観測値を見れ、である。理論からは出てこない。多分。

てな感じで今後も入門書ばかり読むであろうが質量に注意して読もうと思うである。だいたい、クォークの質量やレプトンの質量に規則性がないとかいうのが気に入らん。あるはずだ、いまだ発見されていない何らかの法則があるはずだ、頼む、あってクレィ、モハメドアリの昔の名前はカシアス・クレイ、 昔のスーパーコンピュータはクレイって人が作ったクレイ スパコン。なんですとぉ・・・・・・

posted by toinohni at 08:58| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FPGAってものがありまして そーなの

FPGAとは Fool People Gathering Association のことであり、簡単に言うとバカの集まりの事である(笑) それ、オレみたらわかるっしょ・・・ って思った人たち、正直者ですな(笑)

Field-Programmable Gate Array ---- 野原で計画できる門の隊列 なんのこっちゃ!!

  1990年代後半には台頭して2000年代にはXilinx, Altera, Latticeに絞られて。Xilinx, Alteraが両巨塔でありLatticeはだいぶ離されて3位である。
そのAlteraは今はIntel傘下であり、Xilinxも先日AMDに買収されるという記事が出た。Latticeは数年前に身売り話が出たが立ち消えて現在も頑張っておるおる。
LatticeはXilinx, Alteraとは違う路線、小型FPGAに特化して食える分は稼いでいるのだろう。

昔、10年以上も昔。2000年代はFPGAの雑誌があった。CQ出版から出ていた。そういうのが今はない。FPGAマガジンという不定期か季刊誌があった気がするが最近は知らない。
そう、最近はワガハイは興味なくした。昔、雑誌の付録にFPGA実装した基板がついていた頃が懐かしいである。トラ技の付録やCQ出版の本の付録にあった。本の方は今でもあるかも知れない。

で、何を言いたいかと言うと Lattice Diamondをインストールしたのだが使い方で四苦八苦しているのである。だってぇーーーー本がないんだもおぉーーーーんんんんん。
Xilinx ISE, Altera QuartusⅡなどは以前は本があった・・気がする。今はなくてもよい。どっかサイト探せば使い方の解説はたくさんある。
だが、Latticeは本がないし、解説サイトも少ない。あるにはあるのだが、代理店のマクニカとかに。それ探して見たらバージョンが古いので操作できんところがあってですね。
つまりは最新のLattice Diamondの使い方を優しくFool Peopleのワガハイにもわかるように解説して欲しいだす・・・と無償版を使うワガハイが言うてみました。

もっともLattice Site探すとManualはある。それ見て理解できる連中はシアワセである。そういうレベルに達していないFool Peopleのワタクシはクマったクマった しまくらちよこ。なんですとぉ・・・・

Lattice FPGA実装の安い評価ボード買ってLEDチカチカしてみる?  昔の付録基板でやったのをLatticeでもやってみるかに?   どうせ暇だし(笑)

というわけで、最近は大型書店に行ってないのでここらの本がどういうものがあるのか知らない次第である。大型書店に行くには電車に乗って新宿とかアッキハバラとか行かないと。。。電車に乗るとね、新コロに感染するかも知れないのでヤダーー。ワイはヒキコ森作戦で新コロと戦う次第である。政府の言うように出かける連中は感染してしまうぜよ、バーーーカ。
イギリス、スペイン、フランス、ドイツでは感染が再拡大して規制強化も再開しましたぜ。
他山の石、ですね。

でな、Lattice DiamondのSimulatorはActive-HDLとか言うの使う。それ動いたけどModelSimも使えるようにする事はできるらしいが、まあ別に一つ使えたらいいがなや。
よっしゃ、基本は4bit Counterだ・・・Simulationしてアーーソブ。

で、周期 6ns のclockが周期 6ps になっていて。RTL Simでは周期 6psで動作するのは良いとしてもGate Levelで 6ps周期で動くはずがない。だが、動いたのだ・・・正しくはなかったが。出力がそれらしいものが出た。ゴミも出たけど。そこら Modelがどういうものかも含めて調べねば。ソースはQuartus Prime Liteで作ったもの。

手な感じで四苦八苦しておるおるという話を終わりますm(_ _)m

posted by toinohni at 08:16| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球 セ・パ 似たような感じになってきた

image

https://hochi.news/npb/standings/?bw_pageId=info0201

巨人、ソフトバンクが揃ってM6だ。なんで揃う?  しかも最下位もヤクルト、オリックスが勝率5割切っている。なんで揃う(笑)
ロッテは新コロ感染後に墜落しましたわ・・・・・ これだと選手らの緊張の糸は切れたって感じだ。CSで気合が入るかどうかもわからない。
そこに西武が3位に浮上した。防御率はパ・リーグで一番悪い。とは言ってもやっとこさ貯金1なので大した成績ではないがな、3位も。ただ、この勢いがあるとCSではどうなるか、ちょっと期待して。CSで西武、ロッテのいずれかが下剋上を果たすの期待しているワタクシである。
前半のパ・リーグを引っ張った楽天が息切れしてきた。長丁場では何が必要か。防御率の悪さが気になるがGMの石井くんは投手出身だったので来季はなんとかしてくれるであろう、な。な。

で、セ・リーグだが終盤に来て中日が急浮上しやがりましたで(笑) 得点、本塁打がセ・リーグ最少だが2位だ。これは試合の采配が素晴らしいってことなのか。
ワイは中日は最下位だと予想した。ワイの予想は当たった試しがないでござる(笑)

巨人・岡本と阪神・大山の本塁打争いが最近の興味である。どちらも若い。若手が活躍すると嬉しいワタクシである。
巨人も阪神もオフにはロートルがだいぶクビになるとの噂が出ている。阪神は藤川の引退は決まっている。藤川の場合にはある意味きれいな引退だ。だが、福留の戦力外とか阪神らしいところが出ている。こういうブザマさというかみっともなさが阪神の特徴であり、それでよい。昨年は鳥谷を戦力外にして実に阪神らしさをアピールしたではないか。それでいいのだ。それでこそ阪神たいがーーーーーすーーーーー。

巨人は岩隈の引退は決まったようだ。他にもロートルで成績出ていない選手らは数人はクビになるだろう。

ドラフトが近づくと戦力外通告の季節も近づくのである。どっひーーー。いや、岩隈とか福留とかの実績があったちょ~ベテランは大金稼いだろうから辞めてもさほど問題はなかろうなあ。20代の若い連中は戦力外はちびシーであろう。筋肉脳だから契約金はとっくに散財したろうしよ(笑)
ただ、BCリーグで野球ができる道へ進むのもありらしいので頑張球へよ。

で、最下位のチームの監督はどうなるんだろな・・・・オリックスはとっくに代行が出ているけどサー。サー。

posted by toinohni at 07:49| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする