2020年09月16日

ラーメン 発見伝・・・だっけな 忘れたけど

清流房とかのコンサルタントのハゲが活躍したラーメン漫画が昔流行った。テレビドラマで鈴木京香に変わったが面白いドラマだった、学芸会みたいで(笑) あれ、学芸会レベルだろよ。
聞いてるか、黒島結菜・・・・・

https://www.fukeiki.com/2020/09/rokkakuya.html
というわけで家系の一つが破産したという記事を知った。

>>>
官報によると、神奈川県横浜市に本拠を置く元・ラーメン店経営の「有限会社六角家」は、9月4日付で横浜地方裁判所より破産手続の開始決定を受け倒産したことが明らかになりました。

1988年に創業の同社は、豚骨醤油ラーメンで知られる横浜家系ラーメンの老舗で、横浜市神奈川区の六角橋商店街近くに店舗を構えるほか、1994年にはラーメンテーマパークの「新横浜ラーメン博物館」に出店したことで知名度を高め、関東地区のコンビニエンスストアでカップ麺が販売されるなど事業を拡大していました。

しかし、業界における競争激化や新店の台頭などから業績が悪化すると、代表の体調不良も重なり2017年10月末には本店を閉店していました。

信用調査会社の帝国データバンクによると、「六角家」の屋号を名乗る姉妹店は別経営のため、手続の影響は受けないとのことです。
>>>
 
そういえば、横浜家系町田商店ラーメンとかいうのが市内にできたようだが、一度も行ったことがない。オレは高いラーメン屋には行かない。貧乏・金無しだからだ。日高屋とか東秀とかの500円ぐらいのでいいの、わし。

ラーメンに900円とか1000円とか 出せるか、バカタレ!!  (笑)

ラーメン500円ぐらいでビールと餃子で合計で1000円ぐらいってのがいいのだよ、アホタレ。

気取ってんじゃねーぞ、ラーメン屋(笑)

そういうわけだが、Youtubeでラーメン店の修行の昔のテレビ番組を見ている。感動する。素晴らしい。テレビ番組だから 作り物である という事は分かっていても僕は根が純粋なので感動する。マ~、単純ともいう(笑)

何事かをなすためには努力は当然だ。努力することが目的でもないし努力する事が前提でワガハイは語る。ところが、世の中にはバカとかアホとかがいて、努力する連中を見て笑うというか、バカにするというか、なにやってんだろこいつらはというか、そういう見方をするのが一定数はいる。
もっとも高校受験とか大学受験とか経験した連中は学力を上げるには勉強するしかないって体験しているし、部活で柔道・剣道とかで有段者を目指すとなれば練習するしかない。
ここで、練習する、勉強する、努力するってことは前提なのに、バカの学校教員は、努力することを目的にしてしまう。僕が小中高と田舎の僻地の学力が低い地域で過ごした経験からは、こういうバカぎかりだった。努力することが目的になってしまっている。
それは前提なのだ。

ラーメン屋の修行のドラマでもバカとアホが出てきた。多くは言うまいだが、番組の終盤ではそいつらが意識を変えてラーメン屋としてやっていけるようになりそうなレベルまで持っていく。

つまり、ラーメン屋はたいへんだ。オレはそう思ってから日高屋や東秀のラーメンでいいと思っている。たいして修行しないでいいだろ。バイトが作れるだろ。それでいいのだ。技術の進歩とはそういうものだ(笑)
セントラルキッチン方式でも缶詰で供給でも食うオレとしては旨ければいい。低価格のほうがいい。ラーメンに1000円など出せるか、バカタレ(笑)

人生、至るところ道場なり、だ。つねに学ぶのだ、ワガハイのように(おいおい)

で、家系のラーメンって一回は食べてみたいが、町田家ってのは傍流だろ。本家筋のラーメンを食べてみたいな、いつか。

いまのところ、高いラーメンは クルマ屋の大辛味噌ラーメン。800円前後だっけな。年に2回だけ食べる。食べている間に汗がドドッと出てくる。辛い・・けど旨いのである。

他はインスタントラーメンですね。業務スーパーで5コ入で200円未満のってあるのでね(笑)

ラーメンに1000円も出すようなカネ持ちに私はいつか なりたい ・・・ なむうぅ・・・

posted by toinohni at 15:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語できませんが、なにか  なあにぃ・・・

Youtubeの動画で昔の「カミュ 外語学院」っての見たら ちょ~・面白かった。英語を学ぶ上で参考になることが実に多いと思われる・・・ テキトーである。

ボビー、アドゴニー、エリック、アーロン、他のへんな日本語。

さんせい それ ぞんぞん ちがうよ         (先生)    (ぜんぜん)
こどものころ おかあさんとにわで うまってました (歌って)
ちぇちぇん ちぇん えん                  (8800円のうちのどこかの発音らしい)
このねこはねぇ しご 50日 です    (生後)
みなさん はじめました あーろんともうします よもろしくおながいます
おやじバカ (親ばか)
ははこっこ (親孝行)

彼らはうろ覚えだが耳から覚えた言葉を発音している。テレビを見ているワイは字幕が出るので間違いが強調されて笑う。

日本人が英語をこういうように話したらどうなるか。。。というのを英国人ロック歌手がYoutubeで紹介していた。芸人の出川がニューヨークでそこの人たちに話しかける番組だ。

ふりーどーる ゆないてっどすてーしょん

オレはしばらく意味が分からなかったが出川が何回も言う。何人に対しても言う。そのうち分かってきた。
ふりーどーる ---  自由の女神象の事だ。
ゆないてっどすてーしょん ---  ユナイテッドステイツ の事だ。

ニューヨークの人に アメリカの自由の女神像はどこにあるか聞こうとしていたのだろう。

これだな。言葉は面白い。外国人のへんな日本語・・・・たまにコンビニでも耳にする。だが、意味はわかる。
きっとオレが英語で英米圏の連中に話したら、なにか面白い英語をしゃべるぜこいつは、と思われるだろなあ。だが、ある程度は通じると思う。

ワイは何をいいたいか。外国語って面白いじゃん・・・・ ってか、日本語だって面白いんですわ。

漫才で「しゃもじ」という二人組が沖縄方言の漫才のネタを持つ。南西諸島出身のワガハイはだいたい分かる。だが、本土の人は分からないだろう。
わなむぬぅほーいがいちゃびんたん (私は物を買いに行きました)
   ぬー (なにをこのやろう)
   ぬー (これはなに?  )
   ぬー (なんですとぉ!! )
  
   ここらが分かると「しゃもじ」漫才は大笑いする。

これだな。ワガハイの興味は言葉だ。言語だ。英語に限定することはない。日本語だって面白いぞ。
という場合に気づいた。日本語は発音が あいうえお表のようなものである・・・・というのは間違いだ。
a, i, u, e, o に対して、wa, wi, wu, we, wo のような発音もある。waは ワ ではなくてな。wo は ヲ に近いがちょっと違う。
すると、我々は日本語の発音記号を持たないって事か。
方言を発音どおりに記述する際にはどうするか。
ん?   英語は単語を書くと英語圏の文化として発音があるので発音記号は書かない。
apple --- これ発音記号で書くと。。。。辞書みてくれたまへ。
ぬー --- 発音記号でかくと?  

ようするに日本語だって a,i,u,e,oの母音ではない発音ってものもたくさんあるで。・・・・

なんだか、言葉って面白いなあと思う様になってきたぞ。

よーし、AIだも機械学習だ人工知能だ・・・っでことで、言葉をなんとかしてみよう・・・ってかね、もう自分で何を書いているのかわかっとりゃらんのですわ。

わけわかんないけどちょうしのっちゃう・・・・・・・ (´・ω・`)

posted by toinohni at 09:15| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポーツ紙はどこも書かないのでオレが書く 西武はエライ

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2020/pl2020091516.html

西武は10点取られても11点取って勝つ体質だった。去年までは。今年はなんだか打線に迫力がない。防御率が悪いのは相変わらずだが投手陣の補強をしてないのだからしゃーない。ポンコツ・松坂を獲得って西武の経営陣は何を考えてんだ、アホタリーノ。西武新宿線を高架にしたら許してやるけどな、バカタリーノ!!

  だが、昨日の試合は西武らしさが出た。3点取られたら4点取れば勝つ。そういう事だぜ、西武。

で、巨人にマジック点灯で話題は取られてしまったな。
https://hochi.news/articles/20200916-OHT1T50027.html
  巨人はヨシノブで3年間優勝がなかった。その前年も原監督で優勝がなかった。なので監督交代だったと思うが。ヨシノブ3年間優勝なしで次の年に原が監督、3回めだ。優勝して、今年も優勝だろう。マジック出たし。
ここのところ、他球団も見習うように!!  優勝できなかった4年間があったのだ。今年の巨人は去年よりも強い。去年は日本シリーズで西武に4縦食らった情けなさをワイは記憶している。
今年は西武は出てこないだろうが、日本シリーズでパ・リーグの覇者に4縦食らわしたれや!!

ワイはすでに興味は日本シリーズにむいているのである。。。。テキトーなのである。

なむぅ。・

posted by toinohni at 08:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお、相撲 やってら  なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/202009150000694.html

両横綱が初日から休場。こうなると期待は大関に・・・その大関の朝乃山が3連敗。まあ今日から勝ちだして12連勝すれば優勝も可能性がある。どうせ今場所の優勝ラインは下がる。。。ってか。

ただ、元・朝青龍のドルゴネスリンダクドワー・・・・ 書けん、興奮しているのは朝乃山の相撲が大関の相撲ではないからだろな。弱い。よわっちーーーー。
まさか怪我していて、そのうち休場するんじゃないだろな。

もうあれないのかね、あれ。ガイドライン守らずのバカ親方とかアホ力士とか。場所中に接待付き飲食店に通う力士とか(笑)
何かしでかす予感がするのだ、オレは。きっとやるぞ、あいつら(笑) そう思って写真週刊誌は見張ってんのたぜ・・・・ 想像ですけどね。

で、若いのが集団脱走した相撲部屋は普通に戻ったかい。親方の健康状態はどうなんだい。

クラスター発生で入院者が10数人も出た相撲部屋の連中はもう退院したかい。そうかい。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200915/1000053948.html
感染者 増えとるぞ(笑) いや、笑っている場合ではないぞ。とっとと感染経路とか発表しやがれ・なさいまし。誰が接待付き飲食店に行ったんだ、ごらぁ!!  
重症者はいないとデブの元・大乃国はいうが、連中が隠していたらどうすんだ、ごらあぁ!!

posted by toinohni at 08:04| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TEST

メイリオでパイ
Π

Π

MS明朝でパイ

π

Π

メイリオはダメだなって気がしてきた。

posted by toinohni at 07:40| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい理論とか考えとか発見とか そんなに簡単なものではないんやでえぇー

「素粒子の統一理論に向かって」西島・岩波 90年代
「現代の物質観とアインシュタインの夢」益川・岩波 90年代

ともに入門書であり一般向けの本である。縦書きだし(笑)
そのなかに湯川の中間子の話がある。中間子の質量を見積もるのに不確定性原理を使う。

----------    Δt・ΔE ≧ ℏ 右辺は本によってはℏ/2 だったりするので、まーさほど厳密にすることもないかも知れない。だいたい不等式だし。
で、これでΔEをこれこれとすると、という事でΔtが出る。それに光速をかけると距離が出るが、これが原子核サイズであるとしてΔEの式から中間子の質量を出す。。。。。
問題はΔEをどう設定するか、だ。粒子の質量をμとして静止エネルギーμc^2の1個分をΔEとするのか2個分をΔEとするのか半分をΔEとするのか。それによって中間子の質量は変わるで。

この不確定性原理での見積もり・・・・見積もりなので、まーヒントというかトリガーというか、そういうものであろうな、たぶん。湯川はもっとマシな手法で中間子の質量を見積もったはずだ・・・・

というわけで上の本に湯川・中間子の算出方法が出ていた。みると、しかし、なんとまあ、パラメーターのとり方で変わってくるぞ。原子核サイズをどう設定するかで中間子の質量は変わってくるのでして。サイズを1 fm「フェムトメートル」 = 10^-15m,  とするのか 1.5 fm とするのかで中間子の質量は変わってくる。ドンピシャという値(現在の)は出ない。
当時の湯川の原論文では中間子の質量は電子の約200倍だったらしい。
その後の研究によって湯川中間子であるΠオンは約270倍であり、レプトンのμオンが約200倍である事が分かっている。
初めからドンピシャで270倍だったわけではないのである。


こういう事柄を知るとワガハイは物理学って面白いなと思う次第である。教科書では湯川が35年に中間子論を発表し、中間子の質量は電子より重く陽子より軽く、電子の約270倍である・・・・などと簡潔に書くだけだろう。
その270倍がドンピシャで初めから出たのではない、という事を知る、それは物理学者が四苦八苦、悪戦苦闘する姿を想像させるのである。まーどんな分野であれ人が頑張る姿は感動的なのである。と、貧乏・金無し・暇だらけのワガハイは考える次第である。

宇宙背景放射は二人の技術者が偶然に発見した・・・・のは間違いではないが、補足説明が必要である。彼らが初めて発見した特定の周波数のノイズが宇宙背景放射であるかどうかは、それだけでは判断できない。宇宙背景放射は黒体放射として理解されているものであり、黒体放射の分布が測定されて初めて宇宙背景放射であると判断出来るのである。ここらを入門書等は書かない。そりゃ書いたら黒体放射の説明もしなくてはならないしなあ(笑)

入門書を読んだら次に教科書を・・・・はハードルが高いので別の入門書を読むとか複数の本に当たるべきである。中にはマトモな入門書がある場合がある。
ちなみに科学モノで縦書きだったら文系向け一般向けである場合が多いので注意な。数式を読むのに記号を90度右回転して縦書きにするというバカ連中とか、英単語も文字を90度回転して縦書きにするとかのアホ連中だ。初めから横書きにすれば読みやすいものを。
というわけで、ワイは科学ものを縦書きにしている本は買わないのである。腹が立つ。つーか、横書きであっても買わないのである。貧乏・金無し だからである。(笑)

posted by toinohni at 07:33| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする