2020年09月06日

里崎くん 監督してくれたまへ 頼むよ

https://www.nikkansports.com/baseball/column/baseballcountry/news/202009050000196.html

記録には残らないミスとして代表的なものを解説しておきます。打者走者が先の塁を狙う時は、<1>外野手が内野へ高投した時<2>二走もしくは三走のホーム生還が微妙で、援護するために意図的にはさまれる、この2パターンを確認しなければ。基本的なことですが、プロでも規律が乱れれば、判断を間違えます。

----------------------------

里崎くん、監督やってくれたまへやがれなさいまし。監督でなくてもコーチでもいいぞ。とにかく現場で選手を指導してくれたまへよ。
ロッテのコーチでもいいぞって・・・今のコーチを否定する意図はないのではけどね。

なんというか、プロ野球評論家としても味があっていいのだけどユニフォームを着て現場で活躍して欲しいと思うワガハイである。

昔は江川がコーチ、監督で巨人に現場復帰して欲しいなと思ったがダメだった。いや、まだ可能性はあるか。どうだろな。
掛布が阪神の監督になったらいいなと思ったが阪神球団はどうもそういう方向にはないようだし。
里崎とか片岡とか高木とかYoutubeで人気出ている連中はよ、そんなところでお茶濁さずにさ、現場で活躍してくれ球へよ・・・って 無い物ねだりをする次第である。

まーしかし、すきにしたまへ、だ。

ところで、ソフトバンクとロッテとの差が縮まったぞ。ワイはソフトバンクが独走すると読んでいたのだが、これだけ差が縮まると期待しちまう。
ロッテのガム・チョコ・菓子類はまったく買わないけど(笑)

posted by toinohni at 13:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島市で避難指示というが・・・どこに避難すればいいであるか

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e9%b9%bf%e5%85%90%e5%b3%b6%e5%b8%82%e3%81%8c%e5%b8%82%e5%86%85%e5%85%a8%e5%9f%9f%e3%81%ae24%e4%b8%87%e4%ba%ba%e8%b6%85%e3%81%ab%e9%81%bf%e9%9b%a3%e6%8c%87%e7%a4%ba/ar-BB18K8ym

鹿児島市は6日正午、台風10号の接近に伴い、市内全域の13万5166世帯、24万6251人に避難指示を出した。

-----------------------------------

   鹿児島市内でどこに避難すればいいとであるか、ばってん。近所の小中高の体育館に避難するのであるか。24万人が?   わけわからん。

posted by toinohni at 13:15| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風10号 沖縄本島は直撃くらわず奄美大島がどっひーーーん

10号拡大(2020年09月06日 12時現在)

奄美大島・喜界島、十島村、屋久島・・・どっひーーーん。沖縄本島は風速25m以上の暴風圏内にはいらずか。よかったちゃーよかったな。北部とどうだかな。かすったかも知れぬ。与論島、沖永良部島はギリギリで暴風雨圏内に入ったかもだね。徳之島・奄美大島はドッカーーン。もろ。
喜界島から十島村は被害がどのぐらいになるのか。
停電はどうだ。
で、九州は熊本あたりがまた大雨で大変そうである。
まーしかし、7月は台風がなくて今年はどうしたのだろと思っていたら9月になって連続で来やがりましたのでしたね。
あと10ぐらいは台風がくると心得ておくがよい、ちみいらは・・・・ オレだよ。

posted by toinohni at 13:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素粒子論 入門書ばかりだが なんですとぉ・・・・

素粒子論は場の量子論とゲージ場の理論を基礎理論とする。場の量子論の創業者はパウリ、ハイゼンベルク、ディラックらだが、こいつらは量子力学の構築にも大貢献している。
では、ゲージ場の創業者は誰か?  入門書を見る限りは誰と特定できないのである。素粒子論で量子色力学、QCDという分野がある。クォークは三世代6種類ではなく三世代18種類だ。三世代6種類のクォークはそれぞれが3つに区別できるのである。その量子色力学の創業者は誰か?  入門書を読み限りは誰という特定の物理学者がいないのである。
ゲージ場の理論、量子色力学などは創業者がたくさんいて誰だれがーーーという話にならないようだ。
ゲージ場の話の前に対称性の話が必ずある(入門書ね)。ゲージ場は対称性があるらしい。だが、ゲージ場ってなによ?   砂場とか、遊び場とかの場と同じか?  
重力場、電磁場はゲージ場である。ゲージ対称性がある。電荷の保存はゲージ対称性があるからこそ、なんですよよよよよよんん。って言う。
そして、ゲージ場の量子は・・・電磁場の場合は光子である。重力場の場合は重力子であるが、未発見である。そこらまでだとワイは何の疑問もなく、ああそういうものですのね、と思うわけである。
ところが、素粒子の話になると、なんどすとぉぉぉぉ!!   となる。
グルーオンはゲージ場の量子である・・・らしい。ワイは入門書から得た知識なのでワイが断定的に書いても読者は脳内変換して ・・・であるらしい、と補って読むべしである。
グルーオンはゲージ場の量子である。よってチカラの到達距離は無限大であり、質量はゼロである。。。 なんどすてぉ・・・・。グルーオンってハドロン内部だけにあるのだろ、チカラの到達距離が無限大ってどういうことなん?   ある原子の核内の陽子の中のグルーオンが10kmぐらい離れたところにある原子内の核内のグルーオンまでチカラが届くというのか、ちみぃは!!  何をいうとるんだ、いみちいは・・・ ワシはワケワカメである。
だって、質量がゼロの量子はチカラの到達距離は無限大って書いてあるしい(´・ω・`)

さらに疑問は続く。弱い相互作用で出てくるWボソンはゲージ場の量子であるが質量がデカイ。ゲージ場の量子のくせに質量があるでばらん!!  なんでや。質量はゼロのはずでは? 
こうなると、ワケワカメだ。
測定でWボソンは質量があるのだから初めからWボソンの質量は想定すればいいがなや・・・・と思う。ところが、そうすると繰り込みが不可能になりゲージ対称性が成り立たないというのである。 何をいうとるんだ、ちみぃは・・・ ワケワカメである。
こいつらの考えでは、まずゲージ対称性が成り立つとする。さらに繰り込みが可能である理論でなければならないと制限がつく。
だけどWボソンは質量があるのでして・・・・
というときに、都合のいい考えが出てくる。もともとはWボソンは質量ゼロであり対称性が守られていた。・・・・ ほーーー。 それが破れた。。。 なんで? 
ここらの話になると、まるでつじつま合わせの連続のように感じる。もともとは質量がゼロであり対称性が成り立っている。そこに質量を与える仕組みを考えた。ヒッグス機構である。ヒッグス粒子が出てくる。
まてまて、なんだか都合が良すぎないか・・・ で、10^-18ぐらいの範囲ではWボソンは質量がゼロである。理論通りである。それが10^-15ぐらいの距離では質量を持つ。ヒッグス機構によるのである。
うーーむ。
まあこういう話ばかり聞くとね、都合が良すぎるって感じるわけだ。

とはいうものの、それは入門書であるから専門的な解説はできないというか、しないのであろう。例えば、ゲージ対称性を考慮するとゲージ場の量子は質量がゼロになるのだが、その理由を説明するのはこの本の範囲を超える、と書いている著者もいるのである。

まあ入門書の限界はここらであろう。数式が一行出てくると読者が1万人は減るという話も聞いた気がするからなあ。

とりあえず、この手の入門書を読んで同じことがどの本でも書かれているので次のようなものが物理の法則が持つべき特徴である、と知った・・・・ことにする。
・ローレンツ共変である。ローレンツ不変性が成り立つ。特殊相対論の要請を満たす
(これらは同じ意味である)
・ゲージ不変性がある これがゲージ場の理論という耳慣れない(ボクにとっては)用語なのだ
・繰り込み可能である

ところで重力場はゲージ場であるが、一般相対論は繰り込み可能ではない。量子論と相対論が融合できない原因はここにあると「エレガントな宇宙」でグリーン先生が言うとりました。グリーン先生は「超ひも理論」の専門家である。ひも って女に寄生する例のクズ男な(笑) 違うわい、バカタレ。

とはいうものの、対称性が破れるからこそ、われわれは存在しているのであるよ。磁石の例がよく出てくるけど、磁石は対称性がなくなっているんだよ。対称性があったら磁石にならんのでね。
氷も対称性が失われているから、こそ。
そうなるとゲージ対称性って守られるべきものなのか、破れてもいいんじゃないのか、かえって破れるほうが都合がいいのではないかって ワガハイは妄想するである。
この手の入門書は読んで勉強するためのものではない。読んで想像して妄想して楽しむための本であるぞ。まあワイは学生ではないので期末テストで合格して単位とるぞ・・・という立場でもないし。ドッヒーといるような妄想をしたい!!    

なむぅ・・・・である。

posted by toinohni at 08:16| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは なんと・・・ なんとせいけん なんだとぉ

https://hochi.news/articles/20200906-OHT1T50008.html

ベンチで下を向いた藤浪は、うなだれたまま約20秒間動けなかった。4回2/3を9安打6四球、球団最悪の11失点KO。5敗目を喫し「大事な4連戦で勝たなければいけない試合。チームに迷惑を掛けてしまい、申し訳ないです」。これまで球団の1試合個人最多失点はメッセンジャーらの10失点だったが、新たに負の歴史を刻んでしまった。

---------------------------------------------------------------

藤浪は三軍に落とせ!!   巨人の沢村は三軍に落とされたぞ、ふがいない投球をしたからな。

つーか、阪神は三軍がないのでしたね。いまのところ、どうしようもない。

で、なんで3回で交代しなかったんだ、矢野監督は。ボロ負け覚悟して藤浪に投げさせたのか。思惑通り、ボロ負けしたぞ。とっとと投手交代して反撃すればいいのによ、バカタリーノ!!
つーか、投手陣って他にだれが?  中継ぎは誰が?   駒不足かに? 

それでも報知は阪神をおもんばかって次のように涙がでるような記事を書く。
>>>
チームの連勝は止まり、巨人とは再び7・5ゲーム差に広がった。勝負の4連戦はこれで1勝1敗。逆転優勝のためにはもう負けられない。
>>>
   ここここここ、笑うところかかかかかか。なゃなゃなゃなゃんて事を書くだね、報知は。誰が逆転優勝するかもって考えるかよ、アホタリーーーーノ(笑)

まあワイはCSで下剋上を期待しますわ・・・・と言いたいところだが阪神って短期決戦に強いわけでもないし、火事場の馬鹿力を出す期待もないなあ。

さて、藤浪だが怪我・故障がないとしたら なんでダメ なんだ。球速は150キロ前後は出ているのだろ。。。。 そうか。わかったぞ。

球速が150キロ前後だと今の打者にとって打ちごろなのだ。それ速いって球ではない。速いだけなら昔のクルーンも打たれたし大谷の160キロも打たれた。高卒で入った頃は通用した150キロが今は打者の目が慣れて 打ちごろ になってしまったのだ。

ダルのように多彩な変化球を操れるようにならないと藤浪は今のままではバッティング投手だ(笑) もともとコントロールのいい投手ではない。150キロが荒れ球だったデビューの頃は打者の目が慣れていなくて勝てた・・・と考える。

すると藤浪が今から精緻なコントロールができる投手に変身・・・・できるわけがない。そうとなれば変化球を増やすしかなかろう。150キロのストレートでコーナーをつくって投球ができれば別だけど。

考えても見ろ。この間、西武の内海は139キロ最速のストレートなのに勝ったのだぞ。
藤浪も遅い球を投げたらどうだ。昔の昔のオリックスの星野みたいによ。

とにかく藤浪の150キロは打者にとって打ちごろ・・・・このままではバッティング投手。170キロ投げるならば別だよよよよん。これは無理。

阪神の投手コーチって誰か知らないが、なんとかしやがれなさいまし。

人生 山あり 谷ありだ。オレは谷底で暮らすヒキコ森だが谷底は小さな河があって川魚が取れるし河原で野菜も作れる。なんとか食っていけるのだ。山の頂上だとカミナリに打たれる、水がない。転げ落ちるという恐れがあるが、谷底はそんな心配はいらない。ただ、大雨が降るとたいへんにマズイのであるね。なむぅ。・・・・

  藤浪よ、意識して谷底を目指してみろ、何か悟りを得る・・・・かも知れないぞ。
えー テキトーな 話を終わりまするm(__)m

posted by toinohni at 07:14| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする