2020年09月03日

うむうむ 山田哲人ですね、まー

https://hochi.news/articles/20200903-OHT1T50131.html

ヤクルト・山田哲人内野手(28)の出場選手登録日数が3日、8年に達し、国内フリーエージェント(FA)権の取得条件を満たした。

-------------------------------------------------
  国内FAで移るとして。。。現在の年俸5億円ですぜ。もっと出せる球団はどこか。打線強化が必須の阪神とか中日とかオリックスにしても日ハムにしても欲しい選手ではあろうが、カネ出せないだろなあ(笑)
まーヤクルトでもう一回優勝するまで頑張ってほしいところではある。だが、もっとカネを出すという球団が出てくれば。。。。。プロはカネが評価なんでね。
ヤクルトはカネ出したくないだろ(笑)

某球団もなあ、うちは高給取りはいらないって言うとった気がするしよ(笑)

ひょっとしてFAで来季はソフトバンクか?  って可能性も妄想しますね。いやー、巨人だろかねーーー。年俸5億円以上を獲得するカネがある球団は。。。。。。
履正社だから阪神に行くと地元だしいいんだけどなあ。。。テキトー。

というわけだが、28歳で5億円の年俸という ちょ~・ちょ~・夢のような世界だが。。。。。。。もっともプロ野球で何人もいるわけではないが。

ただ、山田哲人の場合には観客動員数アップに繋がるほどの人気があるかどうかはワシは知らん。実績は申し分ない。人気は知らんもんね、わし。

こうなると巨人の菅野。。。。。 メジャー意識しているだろうなあ。巨人で5億円がメジャー行くと数十億円だ・・・ってなると、これはもーもー牛がなく。
菊池雄星で数十億円とか言われていたからなあ。どうだろなあ。
もっとも新コロでどうなるかわからない話ではある。

で、なんでヤクルトは低迷してん?   山田哲人のような良い選手がいるのにぃ・・・

posted by toinohni at 16:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ADSLを使っていても情弱は情弱なんですわ なんどすとおぉぉぉ・・・・

https://news.nifty.com/article/technology/internet/12276-780874/

終了が予定されているADSL利用者状況

NTTとソフトバンクはADSLサービスを2023年1月~2024年3月までに終了することを発表しています。

https://koneta.nifty.com/koneta_detail/1141008007422_1.htm

総務省の「情報通信白書」(令和2年版)によると、2019年度末で140万以上のADSL利用者が存在しており、年々減少しつつもまだまだADSLの利用者は多い状態です。

では、調査結果の詳細を見ていきましょう。

4人に1人はADSLサービス終了を認識していない

--------------------------------------------------------------------------
   ADSLを使っていても情弱がたくさん(笑) バカタリーノとアホタリーノがたくさん(笑)

ADSLでインターネット接続していないのか、ひょっとして(笑)

まあしかし、未だにオレオレ詐欺が多発しているのだからバカはどこにでも、どの分野にもいるのだろうよ。
なんちてね。

で、ADSLが3,4年後に終了か。利用者が140万人ぐらいいるんだろな、今も。

まー すきにしたまへ だよよよんんんんん。

posted by toinohni at 12:31| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子バレーの話だが なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

ノーベル平和賞を共同受賞した実績を持つ国際人権NGО「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW/本部ニューヨーク)が、日本のスポーツ現場における子どもの虐待やハラスメントを調査。25歳未満のアンケート回答者381人のうち、約2割が指導者などから暴力を受けているといった実態を7月下旬に発表した。時を同じくして、2018年に岩手の県立高校で男子バレーボール部員だった新谷翼さん(当時17)が自殺したのは、顧問の不適切な指導が一因だったと第三者委員会で認定された。

-------------------------------------------------------------

   大山加奈というと巨漢のアタッカーだった・・・ 巨漢っていうなあ・・・・(笑)

てっきり柳本のしょーちゃんにいじめられて後遺症になったと勘違いしたが、そうではない。

野球に関してはバレーボールより注目度が高いので子供野球から高校野球まで投げすぎという問題は共通認識が生まれたと思う。球数制限とか具体的な対策も出始めている。いいのか悪いのかはオレは分からんがな。

というわけでバレーボールも小学生からやっていると大山加奈のように巨漢になるぞ・・・ 違うわい。
ようするにカラダが出来ていない段階で過度な練習をしてはいかんって話かな。

それはと別に、ワイが思うに優勝目指すとか一番目指すとか、やめればいいじゃん。みんな仲良しクラブで楽しく遊ぼうでいいじゃん。オリンピックなど辞めちまえ(笑)
ここだな、原点は。一番目指すという強迫観念がある。それは社会にある。期待される。自分らはビール飲みながらプロ野球を見るのに、選手は必死こいてプレーしろという。いや、それはいいんだよ。奴らはカネが入るのだから。
問題はアマチュアスポーツだよな。まー、ワガハイのように大会辞めちまへ・・・では何事もシュリンクする社会になるのでして。
みんながみんな一番を目指さない社会、それがワシの理想社会だ。偏差値高い大学を目指さない、一流企業に入って高給を手に入れるというのを目指さない。野球の大会で優勝を目指さない。学校の期末テストで一番を目指さない。
みんな、テキトーに丼勘定で暮らす社会。それがボクの理想とする社会ですね。
みんながみんな低レベルで満足する社会。とにかく食えればいいやという社会。そこだな。

ところが動物はそうはいかんのだよな。ノラにゃんこだってチカラの強いニャンコが勢力を持つ。みんなが、にゃーにゃーする社会でもないのだ。明け方にニャンコが喧嘩していてうるせーのですね。

というわけで、スポーツは寿命を縮める。プロスポーツ経験者は寿命は平均より短いだろよ。
バレーボールもそうだ。オリンピック出た連中で長生きしているのって・・・・

だから、健康のためにスポーツを使用という奴はバカ100%ですね。アホ100%ですね。無能ですね。いま、そういうヤツがいるかどうか知らないが。
おまけに監督に罵倒されて暴力ふるわれて、バカばかりですね(笑)キチガイだらけですね。

益子にしても大山にしても、マトモな方向に進もうとしている気がする。

ワイが思うのは すきにしたまへ ただ、それだけである。 ただ、バカはいたるところにいるからなあ。そういうバカタレどもを、どう捌くか?   さばく、こそが武道の真髄である。決して相手を潰す事が武道の本質ではない。 なんだとおぉ!!  

それはともかく、今、女子バレーのプロって機能してん?   どこで試合やってる?  つーか、リーグ戦ってあるん?   こいつら宣伝が少なすぎてなあ。

posted by toinohni at 12:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科学をポケットに 講談社BBは素晴らしい

「質量の起源」 広瀬・1990年代かも
「相対論的量子論」 中西・1980年代かも

    本棚にあった。当時は貧乏・金無しではなかったので本をたくさん買ったのである。だいたい、書店でパラパラと見ることもなくタイトルだけ見て買った。時間的に余裕がなかったのである。どうしてかというと、当時はワイは働き者だったからである。

本を買うと日付と書店等を書く。なのでワイの本は中古屋に売れぬ。さらにカバーも捨てる。ヘンのカバーについては日本の本屋がやっているのはバカタリーノである。もともと本のカバーがあるのに、さらにその上にカバーをするのである。ボクは昔から、こいつらアホなんかなと思っている。最近は本を買わないのでそういうことを続けているかどうかは知らない。

というわけでこの2冊は色あせている。見たら落書きがたくさんあるので読んだようだ。ただ、落書きがほとんどないページも多数あるので飛ばし読みして放置したのだろう。

最近、ビッグス粒子関連の入門書を読んだので上の本を再読してみる。中西の本ではヤン・ミルズ場という用語があったので関係するだろう。
広瀬の本は読んだ記憶がほとんどない。質量に起源があるって?   何をバカな事をいうとんのだ、おまいは・・・って思って流し読みで放置したんだろう。

素粒子の標準模型は1980年頃に完成したという話だから上の本はそこらの話があるはず。

酷暑がなくなりエアコンなしの貧乏・金無しのワガハイの室内もちょっと過ごしやすくなった秋である。読書の秋である。たぶん。まだ秋の入り口なんだけど。それが、なにか?   知るかよ。

蛇足
ワガハイは読んで何も理解していなかった・・・・という事がわかった。広瀬の本でゲージ対称性があればWボソンは質量ゼロでなければならない、という記述はあった。ゲージ場の量子は質量ゼロなのだ・・・・だが、Wボソンは質量がデカイ・・・・どうする?   ヒッグスさんが知恵をひねり出して・・・ なんだが、
実はボクはその本でヒッグス粒子という用語を知ったという記憶がないのである。そもそも素粒子の標準模型では素粒子の種類を覚えたもののヒッグスに関しては記憶がなかったである。
科学をポケットに・・・・うむうむ。素晴らしい。こういう入門書はお手軽であり・・どーたらこーたらで、どうせたいしたことは書いてない・・・とえらぶったり見えを貼ったり自分のカシコリーノを示そうとする連中が一部おるようだが、ボクはそういうアタマのいい連中とは違う!!

流し読みしても何も残っておらん(笑) そこだで。ワイは気づいた、自分のおろかさに。人生幸朗のジーサン漫才家が「細川たかしはエライ」と褒めていたのを思い出した。
わたしバカよね、おばかさんよね・・・ 自分がバカだと知っている細川たかしはエライ!!

なので、自分の愚かさに気づいたワイもエライ!!  どーよ。何がよ。

反省したら行動に移す。そこがワガハイが生きる道である。君子豹変す、である。なんちてな。

ただ、メディア記事等を見ているは自分の愚かさに気づかないバカタリーノがたくさんいるなあ(笑) 人生幸朗の漫才でもみなはれ(笑)

posted by toinohni at 07:36| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内海 って  なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://hochi.news/articles/20200902-OHT1T50306.html

練習では若手に負けないぐらい走った。球団関係者は「内海さんを見て、早く球場に来る若手も増えてきた」と効果を明かした。

「外様で来ている。チームに貢献して認めてもらえるように」。常々、口にしていた思いが実を結んだ。大逆転Vを狙う獅子軍団にとって大きなピースになるに違いない。(

-----------------------------------------------------------
   感動した!!  移籍一年目に働けなかったが腐らずによく復活した。感動だ。400勝投手の金田が言うとった。走ることだ。基本は走ることだ。そこだ。
走れ、走れ、はしれーーー!! 笑顔がとまらーーなーーい・・・・・ももクロかよ。

たいへん すばらしい 話なのでメモでし。ただ、大逆転Vを狙う獅子軍団とか・・・テキトーすぎてワロタ。せめてAクラス入りを狙うぐらいにしておけ。3位に入ればCSで引っくり返す可能性が出てくるざますよ。
たかが1勝したぐらいで喜ぶなや 内海くん。今後の登板があれば全部勝て、勝つのだ、勝たねば、勝ってぇ。
それはそれとして、最速139キロでどこまで勝てるか興味がある。左腕というメリットはあるかもしれない。日ハムの斎藤佑樹も最速はそんなものだろ。右腕だけど。
野村のジーサンが昔言うとった。投手は球速を競うものではないって・・・たぶん。ひょろひょろストレートのオリックス・星野をみろ。プロの投手は、これがプロの投手だ、というものを見せてくれい!!   もちろん剛速球は魅力だ。だが、それは限られた投手だけのものだ。
ひょろひょろストレートでも打者を打ち取れば良いのであるぞ。

よーし、最速140キロ以下の投手で勝ち星の多い投手に注目しよう。ソフトバンクの和田とかさ。。。左腕だな。やっぱ、左腕がメリットありか。
150キロ前後のストレートだと今の打者には打ちごろの球かもしれないねえ。大谷の160キロは現実に打たれていたからなあ。藤川のストレートはバットにかすりもしないし。
こうなったら、内海の次の先発が待ち遠しい。
ついでだから、ポンコツ・松坂も試合に出せよ。勝つかもしれないのだぜ。 なむぅ。

posted by toinohni at 07:23| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こいつら 情弱のオレを釣ろうってんだな 藁 草 稲

image

ワイはミニマムスタートプラン 3GB --- 1600円を使用中なんだが、これに切り替える事はできませぬかね。。。。
一度解約してから契約してどうですかね。。。。 新規加入者だけでなく既存加入者にもサービスしてちょーーーだい、IIJmio ちゃん!!   

   終わりです。

posted by toinohni at 07:05| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西武 内海が白星  相撲かよ

https://hochi.news/articles/20200902-OHT1T50282.html

初回、2回と2イニング連続で先頭に四球を与えたが、この日の最速139キロ直球と得意のチェンジアップやカットボールをコーナーに集め、後続を断った。全盛期に比べて球速は落ちたが、それでも変化球をコースに投げ分け、4回まで無安打投球。5回2死一、三塁のピンチも三邪飛で逃げ切り「何とか僕の持ち味を出せるように、と思いながら投げていた」。両太ももをつって5回でマウンドを譲ったが先発の役目を果たした。

------------------------------------------------------------

    おい、ロッテ!!  139キロが最速の投手に負けるなよ、バカタリーノ!!  

投手は球速ではない、とは言われるものの速球があってこそ変化球が活きるのだ。こんな139キロが最速の投手・・・打てなかったロッテ打線は ちょ~・恥ずかしい!!

  というわけですが、内海は今年はこれで十分だ。次の先発もあるかも知れないが1勝したのでいいや。
早いとこ、ポンコツ・松坂を出せや、西武!!  ひょっとしたら最速130キロでも勝つかもしれないだろ。
西武はAクラスはないだろうから、楽しみは昔の名選手の登場ぐらいだ。

内海が元いた巨人は2位に7.5差をつけて首位を独走しておる。今年の巨人はいったいどうしたのだ?  悪い病気にかかったのか?  ますます原監督の称賛が続くぞ、はらたつなりぃ・・・・
なむぅ・・・

posted by toinohni at 06:35| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする