2020年08月28日

CEATECがオンラインで何かやるっていうとるぞ

https://www.ceatec.com/ja/application/download/?utm_date=20200827

オンライン出店ってなんだよ・・・出展だよバカタレ、間違ったのオレだアホタレ。

どういうものになるのか楽しみである。毎年、京葉線の幕張まで行くの・・・・めんどいのである。
昔の昔は有明・ビッグサイトでやっていたのにさ。なんで遠い幕張でやるんのよさ・・・って。ビッグサイトもスケジュール混んでいてさ。かな。知らんもんね、わし。

オンラインでどのようにやるのか。係員・説明員に対して質問できるのか?  なんちてね。

チャットでもいいけどさ。

とにかく、リアルでの開催は今年はない。

今年の2月は技術展示会は開催あったけどなあ。入り口で体温チェックとか、対策してやったし。そういう工夫をしてもダメなのかね、って感じ。

人気がある企業では密が生ずるからなー、なー、ななな、なー・MNB48山田菜々・・・押し・・・もう卒業したけど。

というわけだが、まーオンラインでも何かやる、その心がけが良い。何もしないって萎縮するのが最も良くないである。まーワシは何もせずにヒキコ森であって感染しないであるよ。

そうそう。

posted by toinohni at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑草の名前を覚える・・・と決心してから数週間

覚えた。どくだみ。一時期は白い花がきれいだったが、もうない。どくだみ茶を買ってきて飲んでいる。さすがに道端のどくだみ草を取ってきて煎じて飲むってしないもんね。来年は公園から取ってくるか。あったら。

他に・・・・覚えられん。毎日、雑草図鑑を見ることにする。中古本でも探すか。PCで検索して見ると画像サイズが小さくて気に入らん。本のほうが解像度が高いわい。

で、なんでこんなにカタカナで名前がたくさんあるん?   そりゃ人名だってたくさんあるしなあ。
先ずは、あれかな。イネ科とかキク科とかの大枠を知ることから始めるか。動物だってネコ科とかで分類あるし。近所のニャンコとチーターがネコ科とはいってもエライ違いだよなあ。そういう幅が植物にもあるのかい。イネ科で小さくてかわいい雑草とイネ科ででかくて木みたいな雑草とかさ。・・・・・
まーワイは高校で生物学んでないのでね。ここらはよーわからん分野である。

人間も種類があって、バカ科とかアホ科とか無能科とかあるんだな、きっと。欧米か!!  の二人を思い出すなあ。デブとハゲの漫才コンビ。どーよ、何がよ。なむぅ だわ。

posted by toinohni at 06:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あかん パ・リーグもソフトバンク独走の傾向と予感

https://hochi.news/articles/20200828-OHT1T50002.html

ロッテが大敗した。先発陣の駒不足か。ソフトバンクがバンクだけに貯金を増やしつつある。なにぃ・・・ そのバンクではないのか!!   バンク = 銀行だぞ、日本では。ちゃがう。バンク = 土手 だ。なにを!!  

というわけで、ガンバレ、ロッテ。わが西東京市の栄誉市民の井口監督がんば・・・パ・リーグを制覇するのだ、井口監督!!  
で、投手の駒不足で思い出した。この間、育成の大嶺を支配下に登録したろ。一軍での登板はまだかい。肘手術のリハビリ終えて今季はイースタンで4勝と聞いたぞ。投げる事ができるんだなと期待している次第である。
ことしはCSないのだろ。だっけ。すると2,3位ではだめなんだよ。ってん、あるんですわ。予定されてますわ。
まーパ・リーグはソフトバンクがシリーズ制覇してCSで2位の西武がひっくり返すと続いたからなあ。今年もソフトバンクがシリーズ制覇で2位チームがCSでひっくり返すって期待感があったりして。ロッテは10年ぐらい前に下剋上を果たしているからね。
というわけで、暑い中、おつかれさまでございますが、もうすぐ暦の上でも秋です。オータムです、フォールです。どーよ。何がよ。知るかよ。

posted by toinohni at 06:46| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいおい ヤクルト 鬼の形相で向かうってどうなったよ バカタレ

https://hochi.news/articles/20200828-OHT1T50019.html

大差の試合で巨人にバカにされたプレーをされてヤクルトOBのアホ評論家が文句言って、こんなことされたら明日からヤクルトは鬼の形相で向かってきますよ、とかテキトーな事言いやがってバカタリ評論家が(笑)

ヤクルト選手らが鬼の形相で巨人に向かうような気概のある連中ではないってわかりましたか、アホのヤクルトOBの評論家くん(笑) 稲 麦 草 ww  

ここだよな。ヤクルトに足りないものは。勝負師としての素質が足りない。昔、昔、セ・リーグのお荷物球団と ガンバレタブチくんって漫画でもバカにされていたけど、体質はそこなんだろうなあ。
その後、広岡で一時期上昇したものの、維持できず。一度優勝したが広岡が去ると低迷初めて、次が野村のGさん登場だった。それで常勝・ヤクルトってぐらい勢いづいたもののGさん去るとまた低迷。根性がな、どうもないのだよ。選手の力量というか、技術がない、って話ではないのだろ。
つーか、バレンティが居たときにも優勝したなあ。強いんだよ、強い時は。維持するって難しいよね、巨人だって由伸のときはよわっちーだったし(笑)

ヤクルトは ヤクルトの飲料飲んでも強くならんじゃないか!!   なにぃ!!  読売は読売新聞読んで強くなったとでもいうのか!!  中日だって新聞読んでるぞ・・・ どーーよ、なにがよ、知るかよ。

というわけで、評論家の言うことなど話半分の半分の半分ぐらいの価値もねーず。

posted by toinohni at 06:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月27日

Firefox これがほしかった Add-ons ブロッカー

image

uBlackListって拡張機能をインストしたのである。これで検索した時に見たくないボケサイトはブロックすると次の検索からでなくなるのである。便利である。

うむうむ。終わり。

posted by toinohni at 19:03| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお、相撲 なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://hochi.news/articles/20200827-OHT1T50183.html

日本相撲協会は27日、西十両11枚目・木崎海(25)=木瀬=の引退届を受理したことを発表した。兄弟関取として活躍し、兄は同部屋で十両・美ノ海(27)。最高位は十両3枚目だった。

木崎海は沖縄・うるま市出身で、日大4年時には全日本選手権で3位入賞。18年春場所に三段目100枚目格付け出しデビューした。19年名古屋場所で新十両昇進を果たすと、同九州場所では初の2ケタ白星を挙げた。だが、以降は負け越しが続き、20年7月場所の7勝8敗で3場所連続となっていた。

-----------------------------------
  事情が分からない。十両で負け越しが続き、陥落は間違いないから引退する?  という図式ではないだろう。
怪我・故障があって、諦めたのか。テルルが元・大関から序二段まで落ちて復活した例があるのだ。
25歳で引退を決断というのは背景がわからないのでなんとも言えぬが、そのうち事情がわかるといいね。
上の記事だけではボクは納得できるものがない。十両は給料貰える関取ですね。陥落すると給料ゼロですね。だけど、ガンバレば十両復帰は可能・・・というように考えるのはド素人のワガハイですからね。
別の事情があるかも知れないのね。それはなんですかね。知るかよ、バカタレ!!  ですね。

posted by toinohni at 18:58| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒッグス粒子の見つけ方 丸善 2012年

興味深い話なので読んだのだが、腹が立つ。縦書きだ。こういう本は横書きにしろ、丸善。数字を指数表示で、英単語を読みやすく・・・となったら横書きが最適だということを丸善のボンクラ編集は理解できないのか、バカタレ。
この手の本が縦書きである限りワガハイは絶対に買わん。腹が立つ。読者が読みやすい本を作るという視点がないのか、アホタレ!!   横書きにすると一般人に売れないという恐怖心があるのかよ、バカタレ。
というわけで、ボクは図書館にあったので借りて読んで腹がたった。とにかくな、こういう内容の本は小説ではないのだ、遠慮なく横書きにしやがれ・ください(笑)

さてと、とりあえず内容に関してだが。

ちょっと気になった説明があったのでメモ。光は質量がないのだがエネルギーがある。なので慣性質量に相当するものがあるので光は重力で曲がる、として重力レンズの例みたいなの書いているが、これは意味不明だ。
一般相対論での説明では重力レンズは巨大質量がある領域(それは巨大銀河であってりダークマターであったり、それらの混合であっても良い)によって空間が曲がっており、光子としては直進しているつもりだが曲がる、というものだ。光子の質量相当のものがあるので重力によってニュートン力学的にチカラを受けて曲がるという解釈はない。あったら間違いだ。

光子のエネルギー E = hνである。E = mc^2 との関係でhν/(c*c) を光子の質量と仮定して太陽による曲がりを計算する。それによる曲がり角度と一般相対論による曲がり角度は倍違う。観測では一般相対論の値に近いのであった・・・というのが1920年前後のエディントンらの調査結果から出ている。

上の本で著者らが光の質量相当のものがあるので重力で曲がる・・・というのは正しくはない。が、それでいくらかは曲がる・・・ので完全に間違っているとも言えぬ。
だが、このようなところは気になる。

入門書は流し読みしないで精読すると、いいかげんなこと書いているよな、この人は・・・というものは多々ある。
EPR論文に関してもそういうのが多々ある。
量子力学の非局所性の話では光より速く何かが伝わって・・・という解説が出てくる。バカの典型である。量子力学の非局所性の話では、そこに速度という概念はないのだ。なんで光よりも速く・・・とかいう表現が出てくるのか。それは書いている連中が非局所性を理解できていないからだとボクは想像する。
光よりも速く・・・とかいう表現を使う連中は古典物理で物事を考えようとしているボンクラ連中であって、50年ぐらい昔に絶滅したと思っているのだが、ボンクラは伝統として伝わるのである。
この間、ハイゼンベルクの不確定性原理は測定の誤差の話であると某・大学の元教官がサイトで書いているのを見て、ワイはションベンが出なくなった。
バカとかアホとかは、いつの世にもいるのだ。バカは調べない。アホは調べない。おまけに、自分が理解できない理論は、理論が間違っていると喚きだす。バカとアホの典型である。

では、ヒッグス粒子とは何か。ヒッグス場とは何か。という本題に戻ろう。

ボクの回答は簡単である。ボクには理解出来ません、キリッ)  正直者なのでね。

ゲージ場の対称性を維持するためにはWボソンの質量はゼロでなければならない。これはゲージ場の理論を知らないのでどうしようもない。
ゼロでなければならないWボソンの質量はデカイ・・・困った。そこでもともとはゼロだったんですけどーーー、ある時にWボソンが質量を持つようになったんですねー・・・・ ヒッグス機構とかヒッグス粒子とかが出てきた。
だが、そういうものがどこにあるのか。そこだで。

うーむ。焼酎飲んで、日本酒のんで酔ってきたが気分としてはボクのちょ~・頭脳はIQ88でフルに活性化している・・・という妄想がある。酒のせいだな(笑)

で、今、正直に言うと、この分野の勉強を真面目にしようとすると大学・学部で4年、大学院で5年という期間の勉強というか研究というか、必要になろう。
ワシ、来年の大学受験しますわ・・・・ってならん。仮に入学出来ても学部を卒業する頃には死んどるわ・・・(´・ω・`)

いま、ワタクシの座右の銘は「ラーメン発見伝」という漫画をドラマ化した「ラーメンなんとか」というドラマで主人公のハゲ・・・ではなく鈴木京香演じるラーメンコンサルタントが部下に対して言った次の言葉である。

あなたはA子みたいに素質も才能もない。いわば凡庸で凡才だ。だけど、凡庸・凡才には凡庸・凡才のやり方ってものがあるはずよ」
そこだぜ。そして、別のシーンで次のように言ったのだった。
「職人に取って敗北とは、歩みを止める事よ」

それだぜ。オレは職人ではないが、歩みを止める事はない。死ぬまで生きるもんね。。。。 そういうことか?

昔、梶原一騎が言うとった。「止まるな、休むな」 本人は病気で死んじまったけどな。

それだぜ。人生訓はラーメンだぜ!!   違う気がするなあ・・・・・

とにかくな、人は自分の都合で生まれる事はないが、生まれると死ぬまで自分の責任で生きるのである。ここだな。

人生訓は ラーメン である。止まるな!!  それだけだ。バカでもアホでも無能でも、止まるな。

だいたいね、止まるために努力しないでもね、寿命が来たら死んでまうのよ、単純でしょ。

posted by toinohni at 18:23| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セイン・カミュのファニエスト外語学院ってのがあってな なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

10年ぐらい昔の さんまのからくりTV の一つだったか忘れたが、Youtubeで見ると面白い。最近は漫才も飽きて吉本新喜劇も飽きてきた。だって毎日見てるんだ、暇だから(笑)

で、ボビー、エリック、アゴらのデタラメ日本語が面白い。これが素なのか演出なのかは分からない。素だとしたらボビーはオツムがおかしいぞ、精神疾患に近いぐらいだ(笑)

だが、カミュのおかげでコミュニケーションは成り立っている。そこだな。ワイの英語もボビーが日本語喋って日本人が笑うぐらいの面白さがあっても意味が通じるといいよね。

そこだぜ。だが、待て。ワイは日本語で日本人と会話することもほとんどない。英会話って意味ねーな(笑) 終わり。

それはそれだが。バカがバカを騙す構図の典型が英語教材・情報商材にはあるのであって・・・って言ったら、オレなんか義務教育はともかく高校・大学と英語の授業があって単位とったのだけど、あれはいったい何だったんだ?  と今は真面目に考えている次第である。

インターネットに溢れている英語教材・情報商材がインチキであるというのであれば、高校、大学での英語の授業は、ちょ~・ちょ~・インチキだろによ(笑)

そこだな。

バカは何度でも騙される・・・・オレた、オレだ(笑)(´・ω・`) 哀

posted by toinohni at 17:45| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MLB 田中のマ~ がまだ1勝もしてないなんて マ~

https://hochi.news/articles/20200827-OHT1T50085.html

ヤンキースの田中将大投手(31)が26日(日本時間27日)、敵地でのブレーブスとのダブルヘッダー第2試合に先発。5回、66球を投げ3安打4奪三振、無失点と好投した。

チームが1―0とリードし、今季初勝利の権利をもってマウンドを救援陣に託したが、2番手グリーンが6回にフリーマンに逆転2ランを浴び、幻となった。

-------------------------------------------------------
  田中のマ~が今季1勝もまだって、マ~ !!   ダルが4,5勝していると思ったしマエケンも何勝かしているので マ~も3,4勝していると思っていたのであった。

というわけだが、ガンバ。今年は新コロのせいもあって変則的な試合スケジュールのようなので調整に苦労しているだろうな、MLBの選手らは。

まー、ワイはMLBに興味はさほどないけどねーーー、てへ。

posted by toinohni at 15:37| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次の流行りものは何だろな 知るかよ バカタレ

1990年代後半からFPGAが流行ったが既に飽和した。Xilinx, Altera, LatticeとあったがAlteraはIntel傘下に入って数年になる。電気系のセット屋がFPGAを使うのは普通になったようだ。実際の製品をばらして見たわけではないが。
こういう新しいデバイスは・・・20年も過ぎれば新しくもないか。

スイッチング電源は2010年頃にデジタル制御が流行った。帰還系をデジタル回路で実現するかソフトで実現するか、だ。だが、それも飽和した。新しさはない。帰還系をデジタル化・ソフト化すると果たしてメリットがどれほどあるのか、オレは知らない。
イータ電機が消えたなあ。スイッチング電源メーカーの老舗だったが。家電製品に限らず電気を使う装置はスイッチング電源は必須だとも言える。需要はある・・・と思っていたがスイッチング電源メーカーは・・・・プリント基板メーカーと同じように減少が続いているようだ。
最近はブリッジレス・PFCが新しいみたいだが製品は知らない。デスクトップPCの電源に採用されるかどうか、すでにあるのかどうか、あっても高いとオレは買わん・・・ てへ。

というわけで、コンピュータ言語もたくさんあって。選択肢が幅広い時代になったで。出来る連中には楽しい時代だわな(笑) 出来ん連中には楽しくない時代でんな。何を選択すればいいのかも悩む。

昔、昔。2000年頃に経済分野だかで、選択と集中、という言葉が流行った。松下電器はプラズマを選択して・集中して会社がコケそうになった(笑)
選択と集中という経済コンサルのテキトーな言説を鵜呑みにした経営者も経営者だがな(笑)

大手企業は適切なポートフォリオを形成するってのが経営陣の仕事だろうによ。テキトー。

最近は、選択と分散って言い出しているやつもいるで。めんどいから、ワイがいうように適切なポートフォリオを作るって言えばいいんだよ。それって昔の昔の昔の昔から言われていることだがな。
というわけで、技術分野での次の流行りってなんだろなあ・・・・ IT系のソフト屋は人件費終売ばかりだろうしよ。
まー、どうでもいいといえばどうでもいいわい。 みな すきにしたまへ なのだ。

posted by toinohni at 15:27| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする