2020年08月30日

広島は一気に沈没したなあ

http://www.zakzak.co.jp/spo/news/200829/bas2008290002-n1.html

監督人事のせいなのかに?   この間まで3連覇したのになあ。最下位争いのヤクルトも新人監督だが、広島も新人監督である。
まーしかし、投手でも打者でもタイトル取る力量の選手が何人か出てくれば注目されるよん。ワイは広島の選手はあまり知らないのである。
黒田とかマエケンとか知ってたけど。
そういえば甲子園で活躍してドラフト一位で広島に入った捕手の選手、名前も忘れたけど3,4年になるのでそろそろ出てくるか・・・ 出てきて成績残せば名前は自然と覚えるで。

最下位はヤクルトだった。。。 ワイの予想は中日が最下位だったんだが。まあド素人の予想は外れる・・・つーか、プロ評論家だって順位予想はあたるかよって(笑)

で、順位表みると野球は防御率だなあ。。。。 守りがダメだとどうしようもない。広島の打率・得点は悪いわけではない。失点が多いのだ。守れないのだ。そこだ。
パ・リーグ見ると楽天の得点力はダントツで一位なんだが防御率がソフトバンクより悪い。そこらだなあ。守り中心にして得点力も高いバランスの良いチームづくり、・・・それができたら優勝だろよさ。

https://hochi.news/npb/standings/?bw_pageId=info0201

posted by toinohni at 11:36| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オスカーとか芸能事務所は異変が・・・なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202008290000683.html

剛力彩芽(28)が、所属事務所「オスカープロモーション」を退社する意向を固めたことが29日、分かった。3月末に看板女優の米倉涼子が退社したのを皮切りに、岡田結実、ヨンア、長谷川潤、小田茜と、所属タレントが相次いで退社する状況に、不安を募らせていたという。既に個人事務所を立ち上げており、当面はフリーで活動するとみられる。近日中に発表されるもようだ。

---------------------
   オスカーに何が起きているのか? 

https://biz-journal.jp/2020/05/post_154944.html

カリスマ創業者の次って ダメ なんだな。ジャニーズもそういう感じだし。

二代目が会社潰すってかね。ホンマかね。

まあべつにワイはどうでもいいのだが、テレビ見ないし(笑) 電気代高いしテレビ持つといいことはないのだよ、バカになるし(笑)

つーか、世の中 バカだらけの原因の半分はテレビのせいだろ (笑)

われわれの商業・経済社会の土台は半分はテレビだな。たぶん。そこからとっとと距離を置こうぜ、賢い連中は、な。 なむぅ。

posted by toinohni at 11:17| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あら 張本 真面目なこと言うとる

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12278-776262/

30日現在、首位のソフトバンクを2ゲーム差でロッテ、同4・5ゲーム差で楽天が追っている。

張本氏は「3位の楽天までじゃないでしょうかねえ。他のチームに悪いけどね、首位まで4・5。これくらいだね、もう60試合だからね、今年は半分きている。楽天くらいまでじゃないかな」と話した。

------------------------

流石である。ワイのようなド素人はソフトバンクで決まりと思っている。CSで下剋上に期待しているのである。

ペナントをソフトバンクが制し、CSでロッテが下剋上ってのがいい。。。って思う次第でありまするのです。

posted by toinohni at 10:33| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

物理のこんな入門書なんですが・・・なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

この手の入門書には似たようなことばかり書いてある。そりゃ違ったこと書いたら大変だ。デタラメって書いてはいけないのでね、たぶん。
というわけだが、物理学は対称性を研究する学問であるって誰かエライ人が言う取った気がするなあ。

だが、いくつかの入門書を読むと 対称性を研究するというよりは、対称性の破れを研究するってのが事実だろ。

磁石の話。対称性が破れているから磁石なんだろに。氷・・・対称性が破れているから氷なんだろに。

と思っていると素粒子論ではゲージ対称性ってのを破りたくないってさ。ゲージ対称性があるのでゲージボソンは質量がゼロなんですって・・・ 光子とかグルーオンは質量がゼロですね。
ところが、ゲージ粒子であるW粒子は質量がゼロではないのだ。

ゲージ対称性を守りつつ、Wボソンに質量を与える仕組みが必要だ。それがヒッグス機構でヒッグス粒子で1960年代なかばに生まれたアイデアというか理論だが2012年にヒッグス粒子が発見されたのだ。。。 パチパチパチ。素粒子の標準理論だ、ぱちぱちぱち 以下10万回繰り返し。

ほーそーなんですか。 で、なんでゲージ対称性がまもられないといけないの?  だって、いろいろと対称性があるって話をしながら、対称性が破れていろいろな特徴ある物理現象が現実化しているわけでしょが。
磁石も氷も対称性が破れているからこそ、なんでしょが。
ところがゲージ対称性は死守するのだ!!  って感じだなあ。
そもそもゲージ対称性があるのでゲージ粒子は質量がゼロである・・・なんて理論がワイは理解できませんけどね。

とりあえず、こいつらが言いたいことは対称性があるってのが宇宙の始まりにあって、その後にそれが破れてきていろいろな物理現象が生じていると言いたいようだ・・・とも読める。

それ逆じゃないのか。破れているのが普通であって破れていないのが異常なのではないか、ってボクは思ってしまいましたね。

まー、この手の本に限らずだが、感想とか想像は読み手の勝手である。ただ、ボクは全力で曲解しようとするバカタレどもとは違うのである(笑)

素粒子論は場の量子論とゲージ場の理論が基礎だ。と誰かが書いていた。場の量子論は量子力学と特殊相対論をベースにして・・・どーたらこーたらで、なんとかワイの想像の範囲内にある。28年のディラックによる「相対論的量子力学」、29年のパウリ・ハイゼンベルクによる「波動場の量子力学」あたりが発祥だ。

ところがゲージ場の理論はボクの想像外であり、わけわからん。マクスウェル電磁気学が発祥であると書く人もいる。電磁ポテンシャルがゲージ場である。電磁ポテンシャルを微分すれば電場や磁場を記述できる。ところが、電場や磁場が与えられても電磁ポテンシャルは決まらない。そりゃ電磁ポテンシャルに定数があっても微分すればゼロになるし、電場や磁場からその定数を決める事はできないわな。で、電磁ポテンシャルがゲージ場であるってどういうことなの? 
そういうわけなので、ゲージ場の理論入門の本を探すとする。
(実は上の本でそこらの説明があるページを見つけた。よっしゃ、明日 気合い入れて読むぜ)

他にも、この手の本でワケワカメな話はあるど。なになには繰り込み可能であるとかないとか。くりこみ理論ってものは例の朝永振一郎のカンニング理論だろ。朝永振一郎著作集の中で本人がそういうとった気がするし。
というわけで、言葉の意味として 繰り込み可能である、という意味がワケワカメ。

整理すると、ゲージ場の理論、 くりこみ可能な理論、ってまるで分かっていないワタクシである。
物理の理論は ローレンツ共変でなくてはならないし、ゲージ不変性でなくてはならないし、繰り込み可能でなくてはならないのである。どーよ、こういうのすらすらと言えると格好いいだろう、ド素人相手にハッタリかますのに役立ちそう (笑)

posted by toinohni at 07:47| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月29日

NPB投手の球速 なあぁにいぃ・・・気づいちまったな!!

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/29/kiji/20200829s00001173322000c.html

日本ハム・吉田輝 2軍戦で6回2失点、黒星も最速146キロ「早く1軍で投げたい」

------------------------

   なんで高校の時より遅くなってんだよ、バカタレ。これでプロで通用するかよ、アホタレ。もっとも球速で勝負するのではなく打者との駆け引きで勝負する投手なのだ・・・というのであれば、それらしい投球をしろよって感じ。

まあしかし、140キロ半ばか・・・・ 斎藤佑樹よりマシか?   そなの?  
先日は西武の内海が最速139キロとか言う記事みたけどな。通用するかよ、そんなので。

とワイは思っている。ただ、昔のオリックス・星野のような ちょ~・スローボールで勝負できる投手もいたので球速が140キロ台であれば工夫次第でなんとか勝てるかもしれないって期待感はある。だが、高校生より遅いってんで・・・・プロの打者は何のためらいもなく打つであろうよ。

というわけだが、甲子園で活躍してプロ入りして鳴かず飛ばずって普通にある事ではある。吉田くんは数年後にレギュラーであれば上出来である。しばらく地道に二軍で鍛え球へ。テキトー。

で、日ハムの斎藤佑樹は何しているざますか。

知らんわい。 ソフトバンク、ロッテ、楽天の争いもソフトバンクが独走気味になってきたで。

パ・リーグはCSが面白い。・・・と期待する。 なむぅ。

posted by toinohni at 19:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素粒子論はワケワカメ・・・ いいのだわ、それで

入門書をいくつか読んで、どうも説明がよくないなあって気持ちもある。何をいいたいのだ、コイツラは・・・って感じ。
物理と対称性という話がある。対称性があると保存則が存在するという話は必ず出てくるぞ、入門書でも。ネーターという女性の数学者の名前も出てくる。
では、物理は対称性を研究する学問である・・・かどうかは知らないが半分ぐらいはそうだろうなと想像する。
ところが、対称性が破れているという話が出てくる。対称性があるおかげで保存則が成り立つ。エネルギー保存則やら何とか保存則やらは対称性があるからこそ。
ところが対称性が破れるって話が出てくる。弱い相互作用では対称性が破れている・・・ってさ。では、弱い相互作用で対称性が成り立つ場合は存在可能な保存則ってのは何か?   その保存則は存在しない。。。 では物理学者はどのような弱い相互作用が対称性か成り立つ場合にはどのような保存則が成り立っていると信じていたのか、
ここらの説明が下手くそすぎてムカッパラが立つ。
グダグダ、なにか説明しようと書いてはいるがオレには伝わらぬ。こいつらが言うとる事は5行ぐらいの箇条書きにして説明してくれたまへってものだ。

対称性がある・・・・それによって保存則がある。うむ。
だが対称性が破れているという現象がある。だったら、そこにあるべき保存則が成り立たないって事をキチンと説明しやがれ・ください(笑)

どうも初学者に分かりやすい解説がないなあ。弱い相互作用で対称性が破れている・・・という場合には、対称性がある場合には成り立つはずの保存則が成り立っていないのだ・・というセットで語るべきではないのか。

つまり、対称性が破れているために成り立たない保存則の実例をたくさん挙げてちょうだいよって話だよ。
水が氷る・・・対称性が破れたのだ。そこで成り立たなくなった保存則ってのは何よ?  ってあたりからだなあ。そういう例示がいくつかあるとワガハイも理解が進むトリガーになるかも知れないぞ。

いまのところ、入門書にはこのような事が書かれている・・って事は雑学として入ってくるのだけど自分自身が理解したという感触はんいのだ。考えると一気にワケワカメになる。
ちなみに専門書を読んでもワケワカメ。量子電磁気学など突然、生成演算子とか消滅演算子とか出てきて数式が並ぶ。
ワイが期待するものは、これこれはなになにである、という程度の解説でマトモなものだ。

こういう説明が出来てこそ、数式で具体的な話に進めると思うのだけどなあ。数式が先にあるってのが、物理学者とワイとの格差ですね。ワイは数式は後に出てきてって思う。

入門書でもマトモな本はあるだろ。探す。ワイは探す。日本語、英語で探す。なんちて。

posted by toinohni at 17:09| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大谷の活躍でエンゼルスが最下位を脱出できますように。。。なあぁにい・・・

https://hochi.news/articles/20200829-OHT1T50086.html

エンゼルス・大谷翔平投手(26)が28日(日本時間29日)、本拠地・マリナーズ戦に「2番・指名打者」でフル出場した。2番での先発は、3試合ぶりで、今季2度目。3日ぶりの試合だったが、先発左腕から右翼線へ二塁打を放つなど3打数1安打、1盗塁で打率は1割8分8厘になった。チームも大谷の四球をきっかけに6回に逆転し、3―2で逃げ切って今季2度目の2連勝とした。

^^^^^^^^^^^^^^^^
   打率が2割未満では打者としてどーよ。なにがよ。知るかよ。つまり、いまのレベルはそこなんたよ。二刀流で話題にはなったが今は投打ともに低レベルなんだよ。そこんとこ考えて今後の活躍に期待するワガハイである。
二刀流で話題になる・・・のは成績が伴ってこそなんだよ。そこにトライする、チャレンジする、その姿勢は素晴らしいし応援もするけれども、今は打者として、今季は残りを打者として活躍してくれ球へ、だよ。
エンゼルスってダントツで最下位じゃないかよ バカタレ。なにを!!  アホタレ!!  にむぅ。

posted by toinohni at 16:48| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑草のお勉強を続けるワタクシである。なあぁにいぃ・・・

先ずは形の分類からテキトーに始める。葉っぱの形が細長いか丸っこいか。
(1)イネ科のように葉っぱが・・・葉っぱというのか、あれ、葉脈が平行と書いてある。

ネコジャラシ、スズメノカタビラ、オヒシバ、メヒシバ 近所の道端、駐車場の隅などにあるわな、こいつら
オヒシバ写真

(2)広葉雑草 クローバー、たんぽぽなど・・・・
タンポポのなかま写真

https://www.sc-engei.co.jp/weed/category.html

除草剤メーカーのサイトでありまして(笑)

そうだ、雑草について知ると同時に除草剤についても知ろう。だって、うちの実家の近所は農家で除草剤はよく使っているのだし。種類と特徴は知るべきだな。。。。 ワイもそのうち農作業のバイトでもするかもなあ。肉体労働は苦手なんだがなあ。腰が痛いし。

で、菜の花が咲く。道端に。あれ、黄色い花を集めて食う・・・とか、油を摂るとかできるん?  知らん。

posted by toinohni at 10:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑草の種類って多すぎてコマッチング・・・なにぃ・・・

雑草図鑑を見ているのだが、多すぎて困るのである。イネ科だけで何十と出てくる。キク科だけで何十と出てくる。欧米か!! ではハゲとデブだけが出てくる(笑)

で、例えばキク科にしても、その特徴はなんだろうか。というよりも、この分類はどのようにして決められているのであろうか。ワイは高校の頃は優秀だったので生物は履修していない。優秀な生徒は物理と化学と数学を学ぶのだ。出来が悪い連中は生物をとるのである。テキトーである。

それ言ったら動物もネコ科ってどういう基準があって分類されているのか。例えば、分類を規定する法律があって、この法律でネコ科とはこれこれの要素を持つ動物を言う、という定義があるのかどうか。
同じように植物の分類でも、この法律ではイネ科はこれこれの要素を持つ植物を言う、という定義があるのかどうか。

どないだ?   知るかよ。 わーーーーん。

昔、1950年代に加速器が稼働始めて大量の新粒子が発見された時に、高名な物理学者が次のようにいった。
素粒子の数がこんなにたくさんあると知っていたら私は植物学者になったろうよ。

うーーむ。意味不明だが。ようするに植物ってものは種類が多すぎるのだよな。ということは高校で生物とった連中はひょっとして記憶力抜群だったのか?  どっひー、あいつらアタマよかったんかーーーー(笑)

というわけだが、とりあえずイネ科で5つ、キク科で5つぐらいを覚えようと思う次第である。

覚えるのは今のうちだで。冬になったら枯れるからサー。

いまのところ自信を持って言える雑草は、どくだみ、たんぽぽ。ほかはすべてWeedです。

posted by toinohni at 10:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おお、西武 まーすきにしたまへ

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008280000628.html

CSで2年連続ひっくり返した西武だが今年は3位無理な感じなのでCS出れないなあ。
ソフトバンクが優勝、CSでロッテか楽天がひっくり返すと面白いなあ。どうだろねえ。

で、西武の内海だが。西武から巨人にFAで移った炭谷の人的補償として内海が西武に移ったのだった・・・気がする。まー、いまさらだが、すきにしたまへ、だ。
数年前から西武は投手力の整備が必須だと言われていてなんでロートル獲得するかよ、バカタレと言ってもしゃーない。なんせ、今年はポンコツ・松坂を獲得した西武だ。球団経営陣の脳ミソはきっとあれなんだろう(笑)
かつてのエースは岸、涌井、菊池と西武を去り。代わりが台頭しませんなあ。甲子園優勝投手の今井あたりが10勝して欲しいものであるよ。
ところで内海だが先日の先発では最速が139キロだったとか。ふざけてんじゃなねーぞ。高校生より遅いだな。そんなんがプロで通用すると思ってっかのかのかの。
日ハムの斎藤佑樹も最速が140キロぐらいだろ。もうこんな球速だったら諦めろってのよ。打者との駆け引きこそが投手の醍醐味だ・・・ってか。それでも少しは速い球があってこそ遅い球が活きるのだよ、野球漫画にそう書いてあったぞ(笑)
というわけで、こういう最速140キロぐらいの投手が果たしてプロで通用するのか、通用するとしたら昔のオリックスの星野みたいなちょ~・スローボールを投げるぐらいの度胸が欲しいなあと思う次第であります(笑)
で、今年のオフは西武はどのような補強をするか注目するぞ。防御率が悪いと言われて久しいのだ。もう優勝は無理だからAクラスのチームに抵抗したれや。
今年のドラフトは高校生をどう評価するのだろな・・・・甲子園なかったし。練習試合をスカウトが見て判断か。まーどっかのスカウトが言うとったぞ。スカウトって目が節穴なんですわっと。

posted by toinohni at 05:54| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする