2020年07月07日

バカ記事を発見したのである

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%9d%b1%e6%b5%b7%e5%9c%b0%e6%96%b9%e3%81%a7%e5%a4%a7%e9%9b%a8-%e5%b2%90%e9%98%9c%e3%81%ae%e4%b8%80%e9%83%a8-%e8%ad%a6%e6%88%92%e3%83%ac%e3%83%99%e3%83%ab4-%e9%ab%98%e5%b1%b1%e3%81%a7%e5%9c%9f%e7%a0%82%e5%b4%a9%e3%82%8c-%e9%a3%9b%e9%a9%92%e5%b7%9d-%e6%b0%be%e6%bf%ab%e5%8d%b1%e9%99%ba%e6%b0%b4%e4%bd%8d-%e3%81%ab/ar-BB16qf4a

image

バカ記事でアホ記事で無能記事である。

写真は岐阜の問題となっている地域の写真であればいい。だが、気象庁の写真を出して何の意味があるのか、考えろよ、バカ新聞。

まあ毎日だからな(笑)

posted by toinohni at 18:21| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

合唱である 違う 合掌である

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12173-720298/

シンガー・ソングライターの山崎ハコ(63)の夫でギタリストの安田裕美(やすだ・ひろみ)さんが、6日午後2時33分に大腸がんのため死去した。72歳だった。
妻の山崎は、所属レーベル・事務所を通じてコメントを発表。「私の夫でギタリストの安田裕美が、7月6日、午後2時33分 永眠いたしました。大腸癌、72歳でした」と明かし、「音楽業界の皆様には、50年以上もの間、スタジオミュージシャンとして、時には編曲家としてレコーディング等に呼んでいただき、沢山お仕事をさせてもらえました事、心より感謝申し上げます」と伝えた。

--------------------------------------------------------------------------
  僕は山崎ハコの旦那は知らなかったが、ここは合掌である。高齢になって夫を亡くして。。だが、63歳は高齢とは言っても今後20年ぐらいは余命があるど。。。
旦那を亡くした場合、妻は長生きする傾向がある。元気で長生きしてくれ。テキトー。

ワイは40年ぐらい前は山崎ハコをよく聞いた。ギターと歌唱。今にも死にそうに息をハーハーしながら歌うのだった。そして楽曲は、その詩歌は、詩の内容が若い頃の僕の心に刺激を与えたのであった。
決して、良いものばかりではない。聞いても良いものばかりではない。だが、山崎ハコの作品は当時のワイの心を刺激した。かき乱した。それだ。それこそが山崎ハコの聞き方なのであった(あくまでも個人の感想であり・・・)
音楽・・・楽しむという漢字がある。だが、楽しくなくても音楽だ。芸術は単純ではない。聞いて元気になる作品もあれば聞いてムカッパラが立つ作品もある。オレにとって山崎ハコの作品はそういうものであった。アイドルではない。アイドル歌手ではない。なかった。
山崎ハコの楽曲は心に響く、刺激する、かき乱す、そういうものがいくつかあった。

最近はアイドルのグループばかりで心に響く作品というか、じっくりと聞く楽曲というか、そういうものが激減している。もともと軽薄だったテレビを秋元がますます軽薄にした(笑) とっとと消えてくれ、秋元くん。(笑)

えーと。で、山崎ハコって大分出身だったっけな。うろ覚えだだが。

子供がいるのかどうか知らないし、いまも山崎ハコが活動しているのかどうかも朕は知らない。ついでにいうと、40年前ぐらい前の作品は好きだったが以降は興味がないのであった。。
なむぅ。。。

posted by toinohni at 18:11| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル大統領に学べ 学ぶのだ 真似しよう

https://www.nikkansports.com/general/news/202007070000071.html

ブラジルのボルソナロ大統領は6日、地元民放CNNブラジルに対し、自身に38度の熱など新型コロナウイルス感染症の症状があることを明らかにした。既に検査を受け、7日にも結果が判明するという。

-------------------------------------------------------------------------
  38度の熱なんて、ただの風邪だよおおぉぉぉーんん。

この大統領のタフさに学ぶのだ。学ぶものは救われる!!  たぶん。

新コロはタダの風邪だ。インフルで世界では年間に数百万人が死んでおる。新コロは子供みたいなレベルだぜ。。。だぜ、だぜ、だよよよおぉぉぉぉーーーん。

それはともかくな、ブラジルでの感染者急増は死者数も急増で、チリやアルゼンチンにも広がっているのだろ。
一つの国だけの対策でなんとかなる疾病ではないのだよ、スウェーデンを見ろ。隣のフィンランド、ノルウェーより新コロ感染者数が桁違いに多いのにもかかわらず、経済優先だ。スウェーデン人を国内に入れるな、周辺諸国は警戒しているだろう。

まあしかし、ブラジル大統領のようなタフさを どうしたら身につけることができるか。

しかし、考えてみれば大統領だからなあ。医療的なバックアップは万全なんだろな。庶民が真似できるものではないなあ。

神を信じていても感染して死んどるし。韓国でもイランでも。信じるものはバカばかりってかね。

で、国内で重症化したのは何人ぐらいで、退院はどのぐらいで。。。ってか、最近は興味もなくなったわ。

ワシはヒキコ森なのて感染の危険性はない。あるとすればスーパー・コンビニのレジだ。だが、奴らはマスクして手袋してたりして、現金の受け渡しも手を触れないようにしているし。
かわいいレジの若い子と手が触れると・・・・ちよこっとうれしーーーのだけどなあ。
オバちゃんとは手が触れてもうれしくないど!!

   もう手が触れる事はない・・・・うーーむ。新コロ・・・早く消えろ!!

posted by toinohni at 11:19| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Linuxシステムコール 基本リファレンス 山森・技評 2018年かな

副題が OSを知る突破口・・・・・ 釣られたぞ、ワイは。

で、感想。シムテムコールでプログラム書くヤツはおらんだろ?   と思う次第である。
まあC言語のライブラリはSystem Callを呼び出しているんだよおぉーーん。って知っただけである。
SystemCallを使って、cat, touch等のLinuxコマンドも書いている。ワシは写経したである。例題は出版社に用意されていないのである。まあ短いから写経でも楽勝である。最近のIDEは入力補完機能があるので楽ちん。

で、FreeBSD, Solaris対応とあるが、朕はWin 10 + WSL + Ubuntu + VScode + bash で動作を見た。1章にアセンブラ記述があるが、これは動いたのか動かなかったのか忘れた。きっと動かなかったかもね。。。。2章以降は全部試したわけではないが、いくつかは動作みた。
  VScodeのTerminalはbashですね。Powershell, cmd.exeでは動作するものとしなかったものがあった。
簡易コマンドはほとんど動作した・・・気がする。bashでね。

いやしかし、Win 10でUbuntuでVScode でbash 使える。VirtualBox + Ubuntu を機動しないですむ。ありがたやーーーーー。

というわけで、ワシが思うに、もういいや(笑) Linux SystemCall使って僕が何か作るはずもなく。やるならC言語のライブラリーを使え・・・いやいや、もはやC++だけにすべきだろうよ・・・ってことばかり。

この本は図書館にあるの知っているので必要になれば図書館に行けばよろしい。まー人気がないので予約殺到もなかろう。うむうむ。

posted by toinohni at 09:33| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DELL OPTIPLEX SF7010(だと思う)のUSBが変だジョー

ここ一週間ぐらい、ピポリンが出るようになった。USBがどーたらのエラーの音だ。これはピポリンと聞こえるので今後はピポリンとする。

検索するとたくさんヒット。ということは多々ある話なんだなあ・・・

だが、実はUSB使用中の問題ではないのであった。多くはUSB指したが使えない等の問題である。
拙者のメインマシンであるOPTIPLEX SF7010(だと思う)はそうではない。長いので今後はDELL-PCと書く。
このPCはUSB端子が10個ある。フロントに4個、リアに6個。フロントの2個はUSB3.0である。リアの2個はUSB3.0である。たぶん。
で、USB2.0の2個(リア)にキーボード、マウスをつないでいる。

この状態でデバイスマネージャーを見ているとUSBコントローラーのところに黄色にマークが出たりでなかったり。ピポリンと聞こえた時にみると、黄色が出たり。消えたり。

実際に繋いでいるUSB機器の問題ではないなあ。

image

ドライバーを削除した見たらどうだろとか書いてあるサイトがあったのでアンインストしてみた。上の2つの GEneric USB Hub の一つにキーボード、マウスがつながっているのでそれは避けた。Generic USB Hubをアンインストして症状は出たのでちがうぞ。
そこで、次のIntel(R ) 7 Series….略 をアンインストした。すると、キーボード、マウスが使えなくなった(笑) どないせーちゅんじゃ!!  
しゃーないので電源ボタン押してシャットダウンして再度電源入れて。

そして、図には出ていないが、USB 3.0の項目をアンインストしたら今の所は症状は出ない。
まー、USB3.0のデバイスって、ワガハイはUSBメモリを持っているのであるが、そのうち試そうっと。USB2.0で動作すればいいわん。
てかね、これ故障?  USB3.0が動作するかどうか試すべきだなあ。そのうち。

というわけで、ピポリン対策はいらんドライバーをアンインストするって事でした。。。

いいのか、それで?    知るかよ。

蛇足 それでよくないわあ。
そこでUSB3.0のメモリをUSB3の口に挿した。当然だが、動かない。デバイスマネージャーでスキャンしたらUSB3が出てきて使えるようになった。
その後にUSB3メモリを抜き取る・・・際にタスクトレイのUSBアイコン(というのかどうか)をクリックして、このデバイスは安全に取り出せます、ってのを経てから取り出した。
すると、その後はピポリンが出ないのである。やったぜ、解決!!
         
   USB機器を取り外しする場合には、それ使うほうが安全だなあって想いました次第であります。

posted by toinohni at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする