2020年07月05日

最先端物理ってものを紹介して欲しいのねんねねんのねん

1980年頃にできた素粒子の標準模型では今では標準理論に昇格した。3世代6種類のクォークはすべて発見された。最後のトップクォークは1994年だったらしい。
そして、2012年にヒッグス粒子も発見された。素粒子の標準理論は完成したのである。素晴らしい・・・・と思っている物理学者はほとんどいないであろう。
知れば知るほどわからないことが増える。科学の研究とはそういうものである・・・と誰かがいうとった気がする。
もう完成した・・・というのは終わりである。何もやることが無くなる。やることは単に教育だけだ。それはつまらん・・・というわけではないが、現実は、知れば知るほど分からないことが増える・・ということだ。

重力波が検出された。理論的には1915年のアインシュタインの一般相対論が予言していたことだ。この検出に関しても1960年代からチャレンジが続いていたのである。大勢の物理学者がチャレンジしていたわけではないとしても、50年以上もの地道な研究の後に検出に成功した。
これは物理の理論の話というよりは重力波の検出技術の開発の話である。

もはや、一人の大天才が偉業を成すという時代ではなくなって久しい。アインシュタインやシュレディンガーらの大天才が一人で偉業を成す・・・と言う時代ではなく研究は組織だ、団体だ・・・という時代になって久しい。

科学技術の発達がますます性能向上した観測機器の実現を可能にした。それで新たな観測が出来て、我々の知る範囲が拡大したのである、と言えるであろう。

では、今後はどうだ?  要するに、物理学者は今は何を研究しているのか。彼らのテーマは何か?  そこだぜ。
特に税金で研究している連中は研究内容を国民に開示して欲しいものであるぞーーー。

連中は忙しくて国民に対して説明する時間もない・・・ってんであれば、そこだで。サイエンスライターの活躍時だ。新聞社も科学班の活躍時だ。
国内の研究所っていくつあるのだ・・・つーたら、国立大学ってーものがたくさんあってな。
連中は何を研究しているのだ? 

税金で研究しているのだから、とっとと説明しろよなー、ゴラァってか。

ノーベル賞の受賞対象だけが科学ファン(すくなくとも ワテは そうである)の興味ではないのであるぞ。もっと宣伝したり、広告したり、やったらいいのになあ。

というわけで、「エレガントな宇宙」 ブライアン・グリーン 2001年頃を思い出した。
副題は 超ひも理論がすべてを解決する だった。
その本の中でグリーンは、今後10年でこの分野は画期的な進展を見せる、と楽観的に書いた。
それから20年間が過ぎたであるぞ。。。。
では、グリーンがいう超ひも理論の分野での画期的な発展は何かあったのか。

じつはなかったのである。もう20年も過ぎたのである。ようするに停滞しているのである。

もし、グリーンがいうように画期的な発展があったとしたらサイエンスライターは活躍時だったろうなあ。
だが、何もなかったので書けない。
超ひも理論の分野では米国のウィッテンがアインシュタイン以来の大天才だというチョウチン記事もみたけどなあ。それも四半世紀昔だけど(笑)

ようするに、どうなのか。何がどのように発展しているのか、市井の酒飲みの僕は ワケワカメ。

しょうがないので国内の税金で食っている研究所では何の研究をしているのか、サイトでも見ようっと。

posted by toinohni at 14:48| 東京 ☔| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

早食い大会なんて いいかげん やめろよ

https://www.nikkansports.com/general/news/202007050000203.html

米独立記念日の4日、ニューヨークで恒例のホットドッグの早食い大会が開かれた。

女性の部で米国在住の須藤美貴さん(34)が規定の10分間で大会新記録となる48個半を食べて優勝、2014年の初優勝から7連覇を果たした。

------------------------------------------------------
   国内でも大食い大会ってやってますが、何か?  

いや、オレは大嫌い。早食い大会とか大食い大会とか大嫌い。さらにタトゥーも入れ墨も吐き気がするぐらい大嫌い。死んでしまえ、こいつらと思っている。早食いで胃腸を悪くして死んでしまえ、大食いで胃腸を痛めて死んでしまえ。入れ墨連中は地獄へ行け、とっとと行け・・・というぐらいにワテは大嫌い。

さらに嫌いなのが政治家の収賄。広島の河合夫妻は死んでしまえ、刑務所で死んでしまえ、こういうの自民党は管理できないのか、自民党も死んでしまえ、ボンクラ代議士を指導する能力もないので死んでしまえ。
野党は無能なので死んでしまえ。野党がまとまって、まとまるということは合流して一つの党になるというだけでなく、たがいに組むという意味でもいいのだが、無能なので死んでしまえ(笑)
与党も野党もバカばかりなので死んでしまえ。
国民は、つまりは大衆は馬鹿であるというのが定義である。昔のエライ政治家がいうとった。だから、国民も死んでしまえ。馬鹿はみんな死んでしまえ。

バカタリーノでアホタリーノはみんな死んでしまえ・・・・

というのが最近のワシの妄想であるが、みんなが死んでしまうとワシはどうすれば?  

あら、ワシ こまっちゃう(´・ω・`)

なので前言撤回だ。死んでしまえというたが、一部だけ、悪いやつだけ死んでしまえ!!  みんなが死んでしまうと ワシ こまっちゃう。

なんちーて。

posted by toinohni at 13:36| 東京 ☀| Comment(2) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SeesaaBlogってものがあってな・・・なあぁにいぃ

まあしかし、どうせ内容はないよう・・・・てへ。

で、機能だが、コメント書けないな。以前は書けたのに。コメント書けると自作自演みたいなことができて、いや、自問自答ができていいのだけどなあ。

posted by toinohni at 12:23| 東京 ☀| Comment(1) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャノンの情報理論入門、超入門 ベイズ統計

シャノンの情報理論入門、高岡・講談社BB 2012
超入門 ベイズ統計、石村・講談社BB 2016

 
   いいところ。科学啓蒙書にふさわしく横書きである。当然だが、読みやすい。数式が出ても自然だし。これが縦書きに時は数式は一文字を90度右回転して表記するという変態的手法をやっていたのだ、この出版社は。英単語も同じく。
バカタリーノでアホタリーノだな、この出版社は・・・と思っていたが最近のは横書きが多いみたい。

わるいところ。読む気がせんのです(笑)ともに入門者むけで数式がなるべく使わず説明するとかいうとるのだが、それだとかえって僕はわかりにくくて。つーか、そういう説明は読む気がしないのである。数式で数行ですむ説明なのにさ。
ここらが入門者向け、科学啓蒙書という立ち位置の難しいところかもなあ。
この出版社が縦書きに拘ったのも縦書きにすると買い手が減るという恐怖心でもあったのだろ。さらに数式が1行でると売上数が半減するとかの妄想もあるのだろ。
科学啓蒙書を手に取る読者はな、向学心があって多少の壁は超えちゃるって意思もあってな、バカタリーノのアホタリーノのジャリガキとは違うのだぜ。。、ーつか、出版社はじゃりタレでもバカタリーノでもアホタリーノでも買ってちょーーーだーーい!!  って期待しているのだろうけどね。

というわけで、初めの10ページで放棄した。これを読むだけの気力が出てこない。

とりあえず、ワイが過去に気に入った講談社BBの本の一つは「相対論的量子力学」中西 襄
著者は序文で、読者は高校物理・数学を学んだ者を対象しにていると書いてあった。
それでいいのだ。科学に興味を持つ者は高校物理・数学は学んでからだ。中学生は高校でせっせと勉強したまへ。高校生は物理・数学を履修したまへ。
こういうの当然だが、読者が楽して理解できるように丁寧に書きますって著者はインチキ者である。そんな文章力があるかよ、バカタレ(笑)

というわけでワシが期待するのはシャノンの情報理論入門であれば数式を使って説明するのは当然であり、その数式の意味を丁寧に解説すればよろしい。って事は。。。。ようするに教科書の副読本のレベルを朕は期待しているってことか。
講談社BBに教科書の副読本レベルを期待するってのは、科学をポケットにという出版社の思惑を超えてしまう。
そこだ。そこだぜ。
というわけだが、実は講談社は教科書の副読本レベルの本も出しているのである。いくつか拙者の本棚に並んでいるのであるが、そのうち紹介しよう。うむうむ。

講談社BBは中高生や若者や、科学に興味を持った大人に良い入門書である。そして、科学に興味を持って理工系の大学に進み、専門家となった人たちもたくさんいるであろう。

あれ、おかしいな、オレも高校の頃、講談社BBに興味を持って理工系の大学に進んだものの、卒業して数十年だが・・・・ わからんことが大量にあるで・・・・

浅学非才!!  不勉強が身に染みる(´・ω・`)
52114126

posted by toinohni at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする