2020年06月07日

いつまでも初歩レベル。。。。てへてへ

y’’ = (Vo – E)・y である。
量子力学でシュレディンガー方程式が出てくるが、それは2階線形微分方程式であり、微分方程式の型としては100年以上も前から階は知られている。

シュレディンガー方程式を水素原子に適用して、解く。解析に解ける。量子力学の教科書に解法が出ている。特殊関数が出てくる。

パウリの量子力学の教科書は1960年代の出版かどうか忘れたが、翻訳は大槻先生である。早稲田の。パウリはスイスのチューリッヒ工科大学で講義をしていたらしい。当時の学生がノートを元に教科書にしたとかの話である。

怪物・パウリの授業を受けた学生連中は・・・シアワセだったろうと想像する。
そのパウリの教科書は量子力学の教科書なのか数学の教科書なのか、とにかく特殊関数のオンバレードである。怪物・パウリは数学がよーできた。
パウリは高校の頃に物理の時間で学校の授業はつまらないので一般相対論の論文を読んでいたそうである。20歳で一般相対論のモノグラフを書いた。それを読んだアインシュタインは、これが若干20歳の若者が書いたとは信じられない・・・とコメントしたとか。
だが、ここでワガハイは気づく。天才には種類がある。いや、ワガハイはあえて天才を分類したい。

パウリは間違いなく天才である。そしてアインシュタインは間違いなく天才である。そして、ディラックは間違いなく天才である。そして、ハイゼンベルクは間違いなく天才である。
ワガハイから見ると こいつら みんな 天才 なんだもーーーか・・・ (´・ω・`)

とはいうものの、アインシュタイン、ディラック、ハイゼンベルク、パウリ・・・天才にも種類があると感づく。
パウリは神童がそのまま順調に成長して天才になったというタイプのような気がする。
アインシュタインは凡才がある時期に何か悪い病気にかかって天才に変身したかの印象がある。
ディラックは大学では電気工学を学び、卒業して就職先に恵まれずケンブリッジに入り直して数学を勉強し、それから物理の研究に進んだ。
ハイゼンベルクは大学院の入試ではギリギリだったそうである。

シュレディンガーは色恋狂いであり、彼のエネルギーは、マンコにあった。10代の少女をはらませて・・堕胎させ、その子は二度と妊娠出来ぬようになったという話もある。キチガイである。

そのシュレディンガー方程式を水素原子に適用し、解析的に解く。パウリのような数学が出来る物理学者にとっては、お茶の香再々だったのだろう、

特殊関数を駆使すれば解ける・・・・

だが、ワガハイは解けぬ。特殊関数って知らん。ラゲール倍多項式だか、なんだかの数学用語が出てくると、ちんちん が痒くなる。

というわけで、数値計算だ。

上の微分方程式は単純なので、ワガハイにちょうどよい。

蛇足だが、バカは天才にも種類がある、とは感づかない。バカより少しはマシだが、カシコに至らない朕は気づく。天才に種類がある。その種類は上下の区別ではなく、種の区別である。

関口宏が昔のなんとかいう番組で、湯川と朝永を扱い、湯川は天才であり、朝永は秀才の極限だと言うとったが、番組編集の連中のオツムの程度が知れる。湯川と朝永の成果を見て、そういう発想になったとすれば、バカばかりだ、その番組の編集は。まあ 無能ってのはどこにでもいる。

天才には種類がある。単純に強引に分類すると、パウリ型とディラック型だ。ディラック型にはアインシュタインが入る。パウリ型には神童と評された連中の中に該当するのが少しいる・・・かもよーーー

ただ、時代は変わった。
アインシュタイン、ディラック、パウリ等が活躍した時代とは異なり、今はシステマティックに研究が進む。個人レベルで何がしかの大発見をもたらす時代ではなくなった。

科学はビッグサイエンス・・・ようするにカネがかかりすぎる。紙と鉛筆で方程式をいじくってなんとかなる時代は100年前に終わっている。

このような認識の元でワガハイは上の単純な2階線形微分方程式の数値解をC言語で求め、グラフ化するという、入門であり初歩的である事を続けるのである。だって、その先は、ちょ~むずいんだもーーーん。

image


こういうのは多くは語らず。ポテンシャルが x^2 という場合の例。

ただ、言いたいことはC/C++でプログラム書いた・・・当然、そこらの知識が必要である・・・という事は前提としても、これを見て納得するかどうか、だ。
上の2階線形微分方程式の数値解を求めたらこうなった・・・ です。それだけだ。

いや、言いたいのは2階線形微分方程式の数値解がこうなったという話ではなくてね。それ解析解もそうだから。
問題は意味。そのグラフの意味。ポテンシャルが低い領域で波打っている・・・その意味。

そこなのですわ。数学的な階はそうなっても、物理的な意味との関連はどうなの・・・ってあたりは、物理屋が活躍する領域でして。

まー、ここらに興味を持った中高生は大学行って勉強しようや。理学部・物理学科に進んで勉強しようや。
ワガハイは50年ぐらう昔に高校の物理の時間に、先生は地元の国立大学の理学部・物理学科卒だったけれど、国立大学の理学部・物理学科出ても僻地の高校で物理の教員やるしか仕事はないのかーーー、と思ってね。もっとカネになる工学部・電子工学科に進んで上場企業でメシ食ってカネが出来たので、今は再度 物理の勉強を学び直すってところ・・・妄想が入ってるか?
 
さてと、焼酎が切れた・・・ もっと飲みたいが、貧乏なので(´・ω・`)

上のグラフは20年ぐらい前から見ていて(自作で)、何の新鮮さもないが、次に何か、目新しい事をワガハイは目論んでいるのである。乞うご期待だ。

酒、切れたので買い出し・。。。。。 行くか。それとも寝るか。

posted by toinohni at 15:06| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C++数学関数ってものがあってな なあぁにいぃ・・・見つけちまったな!

https://ja.cppreference.com/w/cpp/numeric

ここみたらC++の数学関数ってたくさんあるみたい。標準Cライブラリの他にも。
特殊関数もたくさん載っているし。c++17で。
image

数学が出来ないワシは関係ないけど(笑) GSLライブラリってのを見たら・・・数学できないワシは関係ないなと思って、先ずはC++数学関数が使えればいいやと思ってC++数学関数見たら、これもワシ使えんぞ!! 
ラゲール倍多項式とかルジャンドル倍多項式とか、なんじゃらほいほい? 

そういうわけなので僕は4次R-K法のコードを書いて(コピペして)、いつまでも入門レベルの事をやります次第であります。
もっとも、Python + Scipy の odeint()を使うと4次R-K法のコード書かないでいいんだけどね。そういうのC++でもあるといいなと思ったので調べたら見つけた!!  のだけど。
GSLライブラリ、Boost:: odeint ってものがある。c/c++で使える・・・・が、見たら、ちょ~難しいであった(笑)

初心忘るべからずって言うてな。ワテはいつまでも初心のままですわ・・・・
意味が違うと思うなあ・・・・・なむぅ。

posted by toinohni at 08:52| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語で知るアフリカ なあぃに 英語できんくせにぃ うるへーである

アフリカは紛争が日常茶飯事・・・VOAサイトを見ているとそんなのばかり。だが、たまに違う記事があるのでメモ

https://www.voanews.com/episode/electric-motorcycles-boost-revenue-rural-zimbabwe-women-4312941

ジンバブエで電動カーが活躍している。運転するのは女性だ。
Zimbabwe recently announced an indefinite lockdown due to the coronavirus pandemic, making life difficult for many Zimbabweans who already struggle to make a living.  But some women in the country’s rural communities are earning money with an electric motorcycle. VOA’s Arash Arabasadi explains

荷物運びの電動カーを地方の女性らが運転して収入を得ている。昔のオート三輪車みたいだ。

発電所が稼働して、バッテリーの充電ができるようなインフラはあるって事だ。ガソリン車ではないのはどうしてだ?   電動カーの方が整備等がラクだからか。
都市部はLockdownされているってさ。

https://www.voanews.com/africa/confusion-frustration-reign-ugandas-public-transport-resumes-operation

ウガンダで公共輸送再開とかの話。
Public transport and taxi service resumed Thursday in Uganda, nearly three months after they were halted to control the spread of COVID-19, the disease caused by the coronavirus. New restrictions and regulations, mainly on taxis, however, have left many Kampala residents without a ride.
もっとも電車、バス、タクシーとかがどうなっているのかワシャ知らん。
が、アフリカ諸国でもLockdown緩和の方向である。

東アフリカのバッタの大群はもう収まったのか?  それ、インドまで拡大しているというけど。

posted by toinohni at 08:23| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいおい、おまいら なにやってんだ   知るかよ

https://www.voanews.com/africa/rights-groups-condemn-attack-aid-workers-cameroon

アフリカは紛争が日常茶飯事。まあ考えてみれば人類が活動している証ではあるなあ。有史以来、人類は戦争の歴史を築いてきたのであり、それこそが人類が強くなった背景でもある。相手に活には強くなるしかない、それが人類の向上心の源である。ていう見方もできる。
だが、少しばかり賢くなると自分は紛争・戦争に参加せずに手下にやらせる。なんちゃって。

Map of Cameroon showing the towns of Bamenda, Kumbo, Ndop, Nkambe, Limbe, Buea, Kumba, Mamfe, Mutengene and Tiko

カメルーンは英語を話す連中と仏語を話す連中が別れているらしい。さらに近隣の国からも暴徒がやってくる。政府軍と反政府武装勢力が戦い、さらに近隣からも武装勢力がやってきて、難民もやってくる・・・・らしい。
紛争の背景がワガハイは全くわからんが、ここらで支援活動をする人たちも襲われるという。
近隣に逃げ出す人たちもいるという。どないなってんだー?  だが、知るかよ、である。

The unrest has killed more than 3,000 people and displaced over 500,000 according to the United Nations.  Fifty thousand others are seeking asylum in neighboring Nigeria.

   3000人以上が殺され、50万人以上が住むところがなくなり・・・・ これは新コロの比ではないがなや。
新コロ感染は都市部の密集地で拡大する可能性はある・・・・というのは甘い。難民キャンプも密集地だ。しかも、衛生状態は良くない。
悪いときには悪いことが重なる。なむぅ・・・・・

で、紛争の背景はなんなの?  カメルーンって英国の植民地だったり仏国の植民地だったりしたのだろ。すると、昔の英・仏の対立が民族の中に生き残ってしまったの?   これは英・仏が悪いな。責任、とりやがれ・くださいm(__)m

いや、それでもよくわからん。カメルーンの民族って何種族いるのだ? 
しかし、西端では上のように紛争があり、東北端でもBoko Haramとかの武装勢力が活動しているというし、カメルーンはいったいどういう国なんだべ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%B3


   これが紛争の元か?   英国領って狭かったんだな、赤いところ。

さてと、Googleストリートビューでカメルーンの写真でも眺めるか。少しはあるだろと期待。

posted by toinohni at 08:07| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする