2020年04月20日

英語で知る諸外国 なんちて なあぁにいぃ・・・英語できんくせにぃ!!

https://www.voanews.com/covid-19-pandemic/rescued-migrants-quarantine-ferry-italy

アフリカ北端あたりのどっかからイタリアに行こうと、難民。移民。しかし、今のイタリアを知ってイタリアに亡命・密入国しようって情弱すぎるがなや。アフリカ北端諸国での現状はもっとひどいからか。

ROME - Some 180 migrants rescued at sea will be held in isolation on an Italian ferry off the coast of Sicily, the coast guard said Sunday.

Italy has refused to take in saved migrants due to the coronavirus epidemic, saying the outbreak, which has killed over 23,000 people, meant it could no longer be considered a port of safety.

今のイタリアに移民を受け入れる余裕はなかろう。国内で新コロ死者が2万人超えているのだ。
では、フェリーに閉じ込められている救助された移民・志願者はどないなるのか。
元の国へ戻せ!!   となるのか。
Men wait to disembark from the Ocean Viking ship as it reaches the port of Messina, Italy, Sept. 24, 2019.

僕はこの写真の人々がフェリーに隔離されている人々だと思った。しかし、違うのだ、
びっくらげーーー!!
 FILE - Men wait to disembark from the Ocean Viking ship as it reaches the port of Messina, Italy, Sept. 24, 2019.

てめー、2019年9月の写真じゃんか!!   バカタレの鎌足!!   何の関連があるんだ、アホタリーノ!!

     な、な、な、、、なんだか、アホタリーノってイタリア語みたいな気がしてワロタ。

バカタレの鎌足!!   アホタリーノ !!  軽く他人を嗤う語彙が増えつつありまする。

   移民・・・なのか密入国しようとした連中なのかはともかく、地中海ではNGOが活躍しているようだ。文中に二つ出てきた。
Spanish NGO
German NGO

They will be tested for the virus and redistributed among EU countries once the 14-day isolation period is up, according to Italian media reports.
  必ずしもイタリアへの移民というわけでもないようだ。

ただ、イタリア、スペイン、フランスが新コロでタイヘンな時に、なんで行こうとするねん? 
記者はそこらも書いて欲しいだわ。
アフリカのどこから来たのかってのも書いて欲しいだろ。
船内で新コロ感染者が出ない事を祈る。


https://www.voanews.com/covid-19-pandemic/world-cruise-begun-virus-pandemic-approaching-spain
ちょ~豪華客船 イタリアのthe Costa Deliziosaは只今 次の寄港地でありますスペインのなんとか港へむけて地中海を30ノットで航海中でございます。ほんまでっか。テキトーですわ。
1月に航海スタートの時は新コロは話題もなかったろか。1831人の乗客は感染者出ず。

まあしかし、無事に世界周遊の旅を終えられることを祈るだす。乗客の中には国元で友人、親戚等が亡くなった人もおられるであろう。自分らは豪華客船で夢の世界、国元では新コロの危機でエライコッチャ。単純に旅を楽しむという気持ちにはなれなかったであろう。

そういえば、この手の豪華客船は数隻あってアジアで寄港地がなくて海上をオロオロはているという記事が2月あたりにはあった気がする。
ニホーンでは横浜港に何とか号が接岸したり離岸したりしとった。
それら豪華客船は今はどうなっているのだ?   感染者が多数でたら旅は終わりだろけど。

https://toyokeizai.net/articles/-/344928
おおお、日本語だ!!  わかりやすい(笑)

乗客の心配だけでなく、乗員の心配もしようや・・・・なんですけどね。

posted by toinohni at 10:49| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なるほどね、やってみると新しい問題に出くわすね

問題がない == 何もやっていない、という事ですね。

プランクの黒体放射の数式をwxMaximaで計算してグラフ化してみた。

image

T = 6000K  これは本に載っているものと同じであり温度を変えて計算するとピークがずれていくのもわかった。
では宇宙背景放射の場合にはどうなるか。T = 3K にして計算して見た。

するとMaximaは計算できんのだった。なんで? 
これね。何かやると問題が出てくる。
問題がない = 何もやっとらん(あくまでも個人の場合であり・・・・)

    以下、どのようなエラーが出たのか、どうすればよいのかを書くがコーヒー飲んでからだ。

image

   簡単に言うとオーバーフローが生じた。wxMaximaでは何も指定しない場合にCで言うdouble型であり64bitで表現する。この場合には範囲は
2.225074 10-308 < double の絶対値 < 1.797693 10+308
https://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~yamada/programming/float.html

ではどうして、この範囲を超えるような数字が出たのか。これは黒体放射の数式を記号で出して終わり・・・とする学習では気づかぬ。数式は数字を伴ってこそ初めて意味を持つ。数字なしの理論は空想のレベルだ(あくまでも個人の感想であり・・・・)
もっとも定性的な事がわかれば満足する連中はそれでもいい。なんちて。

というわけで、黒体輻射のプランク数式のどこで範囲外になるような計算をしてしまうか? 
これだ。
コーヒー二杯め、飲んでからだ。

計算式
image
floating  point over flowが生ずるのは分母にあるexp(hν/kT) である。これがdouble型の最大値を超えるのだ。
最大値を1.79E308として、これがeの何乗になるかというと、
log(1.78E308);  -----> 709.77 (Maximaのlog()は自然対数である)

image

maximaはe^710だとOverFlowですわ。

h : 6.626E-34   ;
k : 1.381E-23   ;
T : 3         ;
ν : 可視光で600THZ = 6E14 のときに、
hν/kT = 9595 !!   これは710よりはるかに大きいので計算できん。

ただ、ここで振動数が低い領域ではエラーにならない領域はある。

しかし振動数は0から無限大とか考えたいからなあ・・・・
ここらはどのようにして避けるんだろか。

数式に値を入れてみるとoverflowしましたぜ・・・・

倍精度ではなくて倍の倍精度にするか?  ここらは数値を小さくする工夫が必要なんだろなあ。

と気づいた時点で終わり。新コロ休みの宿題とする。テキトー

おまけ
T = 3   このとき、周波数を低い方に限定 Overflowしない。だいたい160GHzあたりにピークがある。これはCOBE衛星での測定値と一致するってさ。
つまり、宇宙はT = 3K の黒体であるって話。うーむ。そうらしいぞ。
image

posted by toinohni at 07:11| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

英語出来ませんが、知るかよ なあぁにいぃ・・・開きなおっちまったな

https://www.voanews.com/covid-19-pandemic/covid-19-cases-top-1000-crisis-prone-cameroon

カメルーン。アフリカの西側。大西洋に面している・・かな。

一般的にアフリカは紛争が日常茶飯事、そして食糧危機とか衛生状態の劣悪とか話題はそういう面が多い。
ドイツの植民地であったが、その後に英仏の植民地になり、結果として英語を話す地域とフランス語を話す地域が出来て、対立するようになった。隣のナイジェリア国境近辺ではナイジェリアの武装勢力が襲ってくる。国境防衛をどうするか、内部での対立をどうするか・・・ということに加えて新コロの危機だ。
衛生状態、医療のレベル。そこらを考慮すると感染者が急増する可能性は高い。・・・と僕は思ったのだが、現実はそうでもない。

つまり、僕はカメルーンに限らないが感染者がアフリカ諸国で出た場合には感染拡大が急速になってイタリア・フランス等を直ぐに超える、と予想した。
ところがそうではない。感染者、死者数は増加しているのだが、爆発的な増加ではない。イタリア、スペイン、フランスのようなドッビューーン感がない。

それはなぜか?   感染者数、死者数をカウントする能力がない。その可能性はある。だが、感染しても死に至るケースがイタリアほどではない、というのもありそうだ。

さらにアフリカ諸国は先進諸国のような密集した都市部が少ないというのもあろう。

とは言え、感染者数は増え続けている。これは注意だ。

中国が新規感染者数が頭打ちになったと中国共産党言う。信用できるかどうかは問題だけど。

その中国はアフリカ諸国に出張っていて、いろいろ悪評があって、だいぶ嫌われているような記事もある。

新コロは我々の社会の現実を直視するには良い環境を作ってくれた。

だれが調子よいことをテキトーに言うとるのか、注目だ。

もっとも北朝鮮では新コロの感染者は一人もいないという北朝鮮ほどデタラメを言う国はなかろうよ(笑) 北チョのデブは最近出てこないが生きているのか?

で、カメルーンだがな。2月の総選挙で不正発覚したので一部は3月にやり直したはずだが、結果はどうなのよ、きちんと書けよ、バカタレの鎌足!!

posted by toinohni at 14:04| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

張本の山口がデブだという批判はもっともでござる

https://hochi.news/articles/20200419-OHT1T50041.html

朕はプロ野球選手でデブは なんだかなー と思っている。特に嫌いなのが体躯をデカくしてパワーをつけるという弁解をするバカ連中だ。巨人では清原、阿部などがデブになって停滞した。
清原は高卒入団から4,5年まではスリムで成績も良かったんだ。
巨人に移ってからデブ化した。なんでだろな。そりゃ練習不足、節制できず、だったからだろよ。
阿部もデブにならなかったら選手寿命は2,3年は伸びていたかもなあ。テキトー。
デブは怪我・故障の可能性が高くなる。

張本は山口のデブ化を心配しているが、巨人の菅野や岡本などもデブ化一直線だ(笑)

もっともデブでなければ選手寿命が長いとは限らないのでしてね。

僕はデブはダメだと思っている。昔の江夏のように腹が出ていても活躍した投手はいる。だが、江夏は例外だと思っている。
江川が引退する頃はデブで江川ブタと野次られ。ただ、それでも13勝して引退というのだから、あれは例外の例外だ。
長く活躍した投手、工藤や山本昌など体躯は変わっていない。デブ化していない、だった。

もっともデブでなければ長く投手ができる・・・という単純な話でもない。

まー、ワテが思うに、デブ化すればファンが減る、プロ野球は観客がいて成り立つ。多くが見たいという投手、打者であれば人気と共に実力も追随したりして。どかね、そだね。

多分、今の時期で練習不足は明らかだ。だって集団で練習できないのだもの・・・

で、張本だが。こいつは、いいなあ。好き勝手に喋っているだけで食っていける。おいしい仕事である。だが、誰もがそういう仕事に就くことができるわけではない。過去の栄光がある。その過去の栄光は群を抜く努力を背景としている。
そういうわけで長く働いてくれ球へよ、張本くん。

まーそのうち、そういう仕事も世代交代するだろうけどね。

そのうち、落合とか出てきたらたのしーーーーかもな。

posted by toinohni at 13:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

橋本くんよ それは違う気がするなあ

https://hochi.news/articles/20200419-OHT1T50052.html
一方で「ただ、テレ朝の富川さんのように熱を出してそのあと仕事を続けてしまった、ここは反省、謝罪は必要なのかもしれませんが」としたが「感染したこと自体で世間に謝罪することは必要ないと思います」とコメントしていた。
-----------------------------------------------------------------------

  いや、ネオン街でオネーチャンと酒飲んでて感染した場合とか、謝罪して当然だろ。慶応病院の研修医なども自粛要請無視して飲み会やってて感染したんだ、謝罪して当然だろ。医者のくせにバカをさらしているんだ。
芸タレも感染経路が不明というのは、それは夜のオネーチャンとの飲み会だろと想像するで。そういう連中は謝罪して当然だろよ、バカタレの鎌足!!

   ただ、感染経路については個人のプライバシーの問題も絡むので明確にできんわ。なので、ワシは芸タレで感染した連中は みーーんな 志村けん このような行動が原因だと思ってるだわ。
連中が夜に家でじっとしとるかい(笑) 今後も感染拡大は芸タレ経由で続くぜ、と予想している。

posted by toinohni at 13:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

趣味で物理雑学 今年はこれで行こう なあぁにいぃ・・・決めちまったな!!

物理の理論は理解するのにちょ~困難。だいたい院生が勉強するような場の量子論や素粒子論はIQ88のちょ~頭脳の朕にしても困難である。

で、もう雑学に方向転換だ。うむ。何を知りたいか。物理法則が発表されてからの経緯だね。ノーベル賞に結びつくまでの経緯だね。論敵による批判などだね。

量子力学ではシュレディンガー方程式で知られるシュレディンガーが量子力学の主流から外れていくってところも興味深い。

天才・ディラックが1928年に相対論的量子力学を発表してから反物質の存在(当時は陽電子だけだが)に気づくまでの四苦八苦も興味深い。ここでは論敵の怪物・パウリがコペンハーゲン一家の親分のパウリと共に反論していた。

ディラックの空孔理論は画期的だったが初めは空孔を陽子だとディラックは考えて、それだと質量が合わないじゃんと直ぐにオッペンハイマーあたりがツッコミいれたとか。

ディラックが陽電子の存在に自信を持ったのは31年頃か。理論の発表から直ぐに、というわけではない。32年にアンダーソンによって陽電子が発見されたのだが、ここも興味深い。

アンダーソンはディラックの理論を知らなかった。大気上空での観測装置で得られた写真乾板だかなんだかを見て電子と逆周りの飛跡を見つけた。磁場中に荷電粒子が飛び込むとローレンツ力で曲がる。グルリンコの螺旋ができる。ただ、荷電粒子が飛び込む方向が逆であればグルリンコも逆周りになる。
ここでアンダーソンは電子が逆から来たか・・・と考えたが、それを区別する工夫をした。そして、電子と同じ電荷だが正だ!!  という新しい粒子を発見したのである。

アンダーソンの論文を読んでディラックの理論を知っている物理学者が、これはディラックの言う陽電子ではないか、と勘付いた。結局、ディラックの陽電子が発見されたことになった。

アンダーソンは独自の研究をしていた。

そして、パウリと親分のボーアは「それはディラックの言う陽電子とは違うのではないか」と初めは認めようとしなかったらしい。まあ論敵だからなあ。

さらに、面白い話がある。アンダーソンと同じように大気上空での観測をしていた実験物理屋さんの写真乾板にもグルリンコの飛跡は映っていたという。彼らは、それを電子が逆から来た、と考えた。
見ていても発見にならず。これは教訓である。見ていても教訓にならない場合の例。

----------------------------------------------
宇宙背景放射の発見も面白い。偶然に発見されたのだった。ここらの解説本で僕は注意が必要だなと思った。
初め二人のアンテナ技術者が発見したものは4GHzぐらいの電波であり、それが上から、下から、右から、左から・・・やってくる。これが直ぐに宇宙背景放射だと認められたわけではない。ガモフらの理論により5K前後の輻射があるという見積もりがあるが、これは黒体放射である。

この図は黒体輻射の例である。ある温度の黒体輻射はこのような曲線を持つ。プランクの黒体輻射の数式が実験値と一致した・・・という1900年のおもひで。

よって5K前後の黒体輻射の数式をグラフ化してだね、上の二人のアンテナ技術者が発見した4GHzでのエネルギーは、5Kの黒体輻射のグラフに乗っていなければならない。そして周波数一つだけでは黒体輻射であるとは言い切れないのである。
一般的な入門書はそこらの記述がなく、二人のアンテナ技術者、ペンジアスとウィルソンが1965年に発見した、で終わりである。偶然の発見である。
これが黒体輻射であると確信されたのは彼らの発見から半年後に別の周波数での測定があったからだ。二つの周波数が5Kの曲線に乗った。5Kというのは僕のうろ覚えであり、さっき本を見たら3Kだった(笑)

まあ言いたいことは周波数一つでは黒体輻射である・・・と言い切れないのだよよおおぉぉぉーーーんという話。入門書にはそんなこと書いてないと思うだわ。
----------------------------------------------
    雑学は妄想も含む。想像でもいいが、妄想でもいいぞ。
クォーク2 南部 KBB  1999年頃
この本を読んで素粒子の種類がたくさんあることは分かったが他はわからぬ。量子色力学とか湯川の閃きとか、雑多な知識は得た。
核力の説明には相対論的量子力学を使うとか書いてある。別の入門書では場の量子論を使うと書いてある。南部の本では場の量子論という用語は出てこない・・・と思った。
力の説明に粒子を交換するという表現をするのは ---   場の量子論である。まーいいか。

で、素粒子を分類すると何十とある。クォークというアイデアは50年代に新粒子がドドドと発見された後である。バリオンやメソンが何百と発見された。それらを説明するのに、さらに基本的な粒子クォークを考えたのだった。
だが、疑問はその前だ。大量のバリオンやメソンは寿命が極めて短い。10のマイナス何秒というオーダーだ。実験装置で生成されても直ぐに別の粒子に変わる。崩壊するとか壊れるとか言う。
パイオンは直ぐにミューオンとミューニュートリノに壊れる。
ミューオンは電子(あるいは陽電子)と光子に壊れる・・・・・

などというとる。するとね、結局、最後は陽子、電子のような安定な粒子と光子が残るん? 
そこだな。
すると宇宙は陽子、電子、光子がウジャウジャしとるわけ? 

うむ。酒が切れた。不用不出の外出は自粛しろというとるが、酒買いに行くのはいいだろ(笑)

posted by toinohni at 10:42| 東京 ☀| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月18日

わいの妄想を聞け! そろそろ気づくべきだ 新コロの感染拡大の原因に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200418-00000004-jij-eurp

そりゃ、誰かが新コロウィルスを撒き散らすために世界中を動き回っていると考えるのが筋だろ。
誰かが意図的に巻きちらしているって気づけよ、いいかげん。
それは中国でも米国でもイランでもインドでも日本でも英国でもスペインでも。・・・・ない。

ネオ・ブラックゴースト団だ。

  タンポポの花。黄色い花から白い綿毛になって風で飛んでいく。そういう感じで新コロを撒き散らす。これは比喩ですけどね。

つまり、誰かが意図的に拡散を指示している。そう考えるべきだ。誰か?  それが、ネオ・ブラックゴースト団だ。
この感染によって先進諸国は国力か低下する。新コロは軍人も民間人も差別しない。平等だ。なんとありがたい!!  違う。

新コロによって誰が利益を得るか。ここだ。アメーリカは日本に原爆落として数十万人を殺した実績がある。中国は文化大革命によって約2000万人を殺した実績がある。旧ソ連はスターリンの粛清によって何百万だか殺されたのだろ。北朝鮮は。。。。。
だが、そんなことを言ったらキリスト教世界は戦争の歴史だ。宗派の争いでの死者数は膨大だ。それはイスラム教でも同じだ。宗派の違いで殺し合いは現在でも続いている。

そういう状況で新コロで死者数が世界で10万人とか20万人とか、騒ぐ問題ではない。死ねよ、1000万人ぐらいは・・・と仕掛けたネオ・ブラックゴースト団は思っているだろう。
 
   そういうわけだ。この新コロは仕掛けたヤツがいる。そして、今でも世界で撒き散らしている。人口密度が高いところで2,3人に感染させたら仕事は終わりだ。別の地域に行く。
この、今の時期に世界を駆け回っているヤツ、それこそが手先だ。

昨日から熱が少しあってワシは妄想を見るようになった。上の話は妄想である。さっき、ボーとしていたら見えた。
ワテは今回の新コロを仕掛けたヤツを今日の夢で調べる。最近は寝ていて夢を見ると、意外と現実味のある内容なのだ。明け方に夢を見て、あまりの現実感に起きてしまう。そして、すぐに忘れる。

ネオ・ゴースト団はサイボーグ009の活躍により壊滅状態になってから四半世紀。残党は生きて復活を狙っていたのだ。そして、多額のカネがかかるロボット・機械・兵器等の開発ではなく細菌兵器の開発に方向を替えた。それを試したのが20年ぐらい前のオウム事件であった。あの連中をつついてやらせてみたのだった。効果はわかった。社会にあの手の武器を封じ込む知恵はない。
そして、練って今回だ。

うーむ。妄想によるSF小説を書いて大ヒットして ウハウハ・・・・という夢を見た。

今日は台風のような雨風だったが、今は晴れてきた。

止まぬ雨はない。人生とはそういうものだ。だが、降った雨による洪水で死んじまってから雨が止んでも死んだ人には意味はない。人生とはそういうものだ。意味はない。たまにはあったりする。どっちじゃ?   知るかよ。

えー、実は今、だらだらと文章を書いているのは一つの実験をしてまして。酒のんでYoutubeで おれたちひょうきん族を見ながら書いて、その内容によって朕の各内容がどのような影響をうけるかを調べている。

書く前にテーマがあるわけではない。
ただ、書く。思いついたことを書く。それが ひょうきん族 でどのように影響をうけるか、だよよよーーーーん。
そして、今わかった。キーボードを叩く精度が悪い。間違う。それは番組内容のせいではなくて焼酎飲んでいるからだろなあ。

後日。この文章を読んで、どのような乱れ方をしているのかをAIを使って分析したい。

これは初めの10行ぐらいは夏目漱石風の文章であるが、次の5行は永井荷風もどきになって、次の20行は中上健次風になった・・・・というような分析である。
そういう分析ができるのかどうか知らないけどねーーーーー。

えーと。

つまり、新コロは原因がある。何だって原因がある。そこを追求するのがWHOの仕事だろによ、と思うがね。病気の話だし。
で、新コロの次・・・・・ これをせっせと考えている連中がいるのだろうなあ。ネオ・ブラックゴースト団だけでなく (笑)

posted by toinohni at 14:57| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おれは、こういう ふざけた連中が嫌いなのだ

https://www.dailyshincho.jp/article/2020/04171102/

筋肉脳のアホ連中。

ピンハネじゃん、それ。

ハゲの栄も関与しているじゃん。

ハゲの栄がいつのまにか復帰しているのか。パワハラで引退したと思ったのに。

これは、ハゲの栄も含めて、不正はダメ だという事を再度、キチンと理解させる必要がある。

いいかげんにしろよな、筋肉脳!! (笑)

週刊誌は、この手の不正は遠慮なく追求してくれたまへ。
政治家の選挙違反等の不正も徹底的に追求してくれたまへ。
自浄能力は政党にはない。自民党のアホの元・法相夫妻は公職選挙法違反の可能性が高いにも関わらず、居座っている。自民党の恥だから引退して欲しいわ。
立憲民主党の高井崇志はバカさらしたが、恥を感じたのか離党届けを出したが枝野は除名処分にしたとか。当然だ。
こういう不正をした場合に、アマのレスリング部門を統括する部門はどこだ? 
ピンハネした高田裕司をハゲの栄は養護しているのだぞ。ふぞけんじゃねー。
こいつら、追放しろ。
管轄は文部省か、名称はともかく。

週刊誌は徹底して取材してくれ。本来は、そいつらの団体が処分すべき問題だが筋肉脳ぎんりで無能なのだ。
そいつらの団体に自浄能力がないと分かったので外部から指摘し監視し管轄の国に指導するように言うしかない。

で、ワシの興味はな、ピンハネ・高田裕司がそのカネをどう使ったか、だ。そしてハゲの栄が養護するのはなんでだ?  ハゲの栄も何かやっとるのか、似たような事を(笑)

週刊誌は新潮、文春だけではない。他誌もガンバ!! 

posted by toinohni at 14:15| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こういう不正を暴くのは ガンバ !! 週刊誌って期待するぞ

https://news.nifty.com/article/sports/athletic/12280-634644/
本誌(「週刊新潮」)が3月19日号で報じた、レスリング協会の高田裕司副会長(66)の強化費ピンハネ問題。マットの外で、人知れず“延長戦”が続いていたのである。(以下は「週刊新潮」2020年3月26日号掲載時点の情報です)

---------------------------------------------------------------------

   この高田裕司にインタビューして、どうしてそういうことをしたのか週刊誌は徹底してやれ。

筋肉脳なのでバカなんです・・・と言っても許すな。バカは分かっている(笑)


週刊誌は徹底して、この手の不正は追求しろ。この手の団体に自浄能力はないので外部で騒ぐしかないのだ。
政党、学校、団体、そういうので自浄能力がないところは不正を外部で指摘する、監視する、そういう機能を週刊誌が持つならば期待する。
本来は週刊誌ではなく、関連する人たちが指摘すべき問題なんだろけどな。

女子レスリングでハゲの栄はパワハラがバレた。
上の高田裕司は パンハネ だ。

今後は、ピンハネ・高田裕司 として、スポーツマンシップの究極の姿として記憶だ。

スポーツマンでオリンピック候補になった力量がある奴が、パンハネだ。

ピンハネ・高田裕司・・・・・ 実に教訓的だ。

スポーツで肉体を鍛え、精神を鍛え、それでも年取ってピンハネするレベルだ。筋肉脳はバカを生む。
なんどもいう、ピンハネ・高田裕司。

そういうわけで、週刊誌は調査はさらにすべきだ。こいつはピンハネしたカネを何に使ったか。まさか、オネーチャンのいる店で・・・・ (笑) そうであったら新コロに感染して苦しめって思うワガハイである(笑)

なんどもいう。ピンハネ・高田裕司!!  (笑) 稲 草

posted by toinohni at 14:01| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暇なのでYoutubeで昔のドリフ、ひょうきん族を見たが・・・・

わいはみんな見たのであったとわかった。志村けんが亡くなって昔のコントも見たが、同時期に俺たちひょうきん族もやっていたわけで。

ともに、よーこんな馬鹿げた事できるなあという感動があったりして。

時代だ。40年ぐらい昔か。

みんな若い。

ミスター・オクレも若い。今は吉本新喜劇でヨタヨタしている(笑)

当時、ここらの番組に出ていた若い子で亡くなったのも何人かいるんだよね。

光陰矢の如しだ!!   ワテもツルッパゲだ。40年ぐらい昔は髪の毛ふさふさ筋肉質の体躯で精悍な顔立ちだったのになあ(あくまでも個人の思い出であり・・・)

posted by toinohni at 13:09| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする