2020年03月27日

プロ野球 MLBもNPBも高校野球も春季大会は不透明

https://hochi.news/articles/20200327-OHT1T50080.html

まあどうなることか。特に数十億円とかのカネが絡んでくるMLBへ移籍する日本人選手らは出鼻をくじかれたって感じ。
で、出鼻をくじくって、どういう意味?

物事を始めようとする意気込みや、勢いに乗って調子づこうとするのを機先を制して妨げる。

うむ、合ってるぞ。と、言いたいところだが、でばな === 出鼻、だけではなく出端を挫く(でばなをくじく

というわけです。「出鼻をくじく」と「出端をくじく」はどちらを使っても問題ないと思うが、いずれも、何か始めようとして直ぐに足元すくわれるって感じかな。

で、言いたいことはそこではない。

実は欧州も北米もヒキコ森戦略を採用しているわけだが、問題は経済。

外出自粛するということは客商売にとっては倒産に直近する方策だ。それは数日前に橋の下くんが言うとったが、疾病の拡大を防ぐために強権発動するとしても、中国共産党のような独裁大成ではないのだから、自粛要請の背後では何らかの補償が同時進行すべきである。

ここだ。

感染拡大を防ぐには人が外出しない・・・・それはわかる。だが、客商売をしている連中は食えぬ。倒産の危機だ。
この手の場合を想定した損害保険が商品としてあるかどうか知らない。だが、この手の場合に保険が効く・・・・という気の利いた環境がてればいいが、ないとしたら休業補償は社会がすべきであろう。
感染拡大を防ぐために市民に外出を自粛するならば、客商売のビジネスに対しては社会が補償すべきだ。よく、休んでくれた、閉店してありがとう!!
  これに対しては社会が補償すべきだ。社会が補償すべき = 行政がカネを出せ、ということになる。国がなんとかしろ、自治体がなんとかしろ、=== 社会がなんとかしろ、という事だからさ。

国が自粛を求める・・・まだ強制力ではない。だが、国が数日は閉店しろという強権発動する場合には、当然だが補償がある。
ただ、そういうことを今、考えていてもダメだ。まずは閉店しろ、自粛しろを言うのが先だ。補償はものごとが収束してから再考すれば良い。
補償等の政策を数日考えてまして、それで実施が遅れましたので、被害が拡大しましたというバカな結果になってはいかん。

脊髄反射で政府に文句を言うだけの野党のバカ議員は阿部が小中高に休校を要請した2月に、唐突すぎると批判した。きちんと説明しろ、根回ししろ、という主張だった。脊髄反射で文句言うだけの連中は何の責任もないから、いいたい放題だ。
目端が効く連中は、政府を唐突だと批判せず、遅すぎると批判した。アホの野党は文句いうだけだった。なー、だれとはいわんが、野党の喚くだけが得意の連中(笑)

そういうわけで、朕は新コロは焼酎を飲むと良い、というデタラメなデマが出てくるのではないかと危惧するのである。
焼酎を飲むと血液がサラサラになる、というデタラメ話をありがたがるバカ・アホ・無能なのが日本国民には一定数おるのである。
玉ねぎの生スライスを食うと痛風に効くというデタラメ・デマをありがたがるバカが多数いるのである。

麻呂は考えた。日本人はもっと賢くならねば。それは学校教育の改革から始まる。教科書をなぞるだけの授業に加えて、考える授業を推進すべきである。
なぞるのは大事だ。基本はそこだ。なぞることによって知識を得る。そして、得た知識を元に考えるという事につなげるべきなのだ。
なぞるのが大得意の連中が東大に集中して、官僚に集中する。日本の長所と短所を同時に発揮しているのである。

新コロが何らかの社会構造の改革を考える契機になる事を期待する。アメーリカのようにハイレベルの大学が分散する環境を目指すべきだ。一極集中ではなく、ハイレベルで分散する環境だ。

ただ、日本は徳川の江戸時代の延長上に今もあり、革命は困難である。革命は資本主義とか社会主義とかのイデオロギーをベースにするものではない。そういうものは、とっくに葬り去られている。共産主義が世界史で見て、そして現実に失敗だったのは明らかだ。

ただ、富の分配を工夫すべきである事に麻呂は賛同する。しかしながら、画一化、一様化は目指すべきではない。格差はあって当然だ。その程度が問題である。

で、藤浪だが。大阪桐蔭で春夏連覇してドラフト1位で阪神に。高卒1年めから活躍して3,4年はよかったが、昨今はあかん。なんでや。
球速は劣化していない。150キロ台の球速は健在だ。では、何が問題か。そこだぜ。阪神に投手コーチというものがおろう。なんとかせい。
投手の命は制球力!!   巨人の杉内のようなヒョロヒョロストレートでも三振をバッタバッタ。6年ぐらい昔の話。そこだ。
打者との駆け引き・・・・抜群の制球力。そこだ。
単に球速が優れているだけでは、ピッチングマシーンに過ぎない。藤浪のように四球だしてはピッチングマシーンにも劣る(笑)

その藤原が新コロの検査で陽性だとさ。これは契機になる。
藤浪は重症化しているわけではないし、回復は早いだろう。そして、藤原は投手として覚醒する。剛速球を持ち、同時に変化球も駆使し、さらに打者の心理を読む。
われわれは今季のセ・リーグ開幕ごの数ヶ月で藤原が投手の神様に魅入られたかのような活躍をするのを目にするであろう。

さてと、焼酎が切れたので チカラがでないよーーー、終わる。

posted by toinohni at 18:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイジョーブだーーーー かな志村けん  なあぁにいぃ・・・気づいちまったな!!

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/03/26/kiji/20200326s00041000009000c.html

志村けんが夜遊びしていて・・・・感染者は多数だろよ(笑) 笑うところではないか。

感染しても問題ない場合が多い。問題は重症化だ。致死率 4% ぐらいだ。イタリアが異常で致死率9%前後とか。

インフルでの死者数は年間で何千人かいる・・・とどっかのサイトで見た。アメーリカはインフルでの死者は年間 万人だ。

だが、インフルは季節性だ。もう終わった。

期待するのは新コロが季節性であるってことだ。武漢で発覚したのが昨年末として12,1,2,3月と過ぎた。季節性であれば、そろそろ収束してくれくれくれったーーーーまへーーー。

WHOのおっさんは1月初めは楽観視していた。発言を思い出すとそうだ。だが、最近は態度をあらためて、ものごとの重要性を理解したようだ。

というわけで、問題は実は僕はわからん。

拙者はちょ~世界的な視野で考える。昔、50年ぐらい前にエイズが出てきたときにワガハイは考えた。人間のようなデカイ動物が地上に60億頭もいるってのがマズイと地球は判断した。
ようするに、ある種が増え過ぎたら減らすように地球の自律システムが機能する。人間は増えすぎた。減らす方向に地球は調整を始めた。
鳥インフルにしても、豚コレラにしても、増えすぎた種を減らすための地球の自立システムが機能している、という見方をしてみる。
人類が病気にならず、食料も満足であれば人口が増えてパンクするのは時間の問題になる。

これは某離島で野生のヤギが繁殖し、草木を食い荒らし、食料が亡くなって結局はヤギも激減、というシナリオを思い出す。

鳥も増えすぎる・・・・鳥インフルで減らす。
豚が増えすぎた・・・・豚コレラで減らす。
人間が増えすぎた・・・エイズ、新コロ、ノロウィルス、インフル等の疾病で減らす。

地球の自立システムが機能する場合には人間の知恵など太刀打ちできるものではないよ。

で、志村けんの話は?   おお、忘れていた(笑)

年齢、持病持ち等を考えるとチビシーのが現実だわな。

posted by toinohni at 13:06| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語出来ませんが、こういうのは読んでわかるでしし

https://www.voanews.com/africa/zimbabwe-doctors-nurses-down-tools-over-covid-19-ppes

アフリカは紛争が日常茶飯事、東の方でバッタが大増殖すれば、西のCameroonでは紛争があり、中国との貿易が盛んなサハラ以南の国々では新コロが入りつつある可能性があり。
ジンバブエでは医者・看護師らがストライキに入ったそうな。
給料は安い、労働環境は悪い、せめてマスクとか安全面をなんとかしやがれ・ください。

ジンバブエは南アフリカの上に位置してます。まー、知らなかった。ソマリア、ウガンダ、ケニアで大量発生したバッタは今はどうなったのだ。最近は記事を見ない。ということは収束したのか。バッタも農作物を食い荒らして、もう食うものがなくなってバッタバッタと死んでいった・・・ バッタがバッタ・バッタと死んでいった・・・・てへ

image

そうだ、英語の話。
“We need personal protective equipment for our doctors and nurses, and for everyone who is going to be working in the health sector, or anyone who is going to be in contact with anyone who is going to be affected by this coronavirus," said Tapiwa Mungofa, treasurer of Zimbabwe Hospital Doctors

  ここで、everyone, anyoneの区別があり、そして、willではなく be going to を使っている。うむ。まー。いいか。

Speaking via WhatsApp, he said his organization was not surprised about the actions of the health personnel, given their low salaries and poor working conditions.
WhatsApp ==  なによ、これ?  メッセージアプリの名称らしい。Line, Skypeみたいなものか?

   流行っているのであれば、そのうちワガハイも知ることになろう。今の所、英国等では流行っているかもだぜ。。。。。 ほんまかね。

posted by toinohni at 10:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語できませんが、なんでございましょ? なあぁにいぃ・・・ひらきなおちまったか!!

   だいたい日本語で他人と会話する事もない朕が英会話など何の意味があろうか、まったく意味はない。うむうむ。
しかし、英字サイトから情報を得るという事はしたい/している。
そこで、TOEICアプリをスマホにインストして 日々 お勉強ですね。素晴らしい。

で、3年ぐらい前にインストしたアプリは写真問題、Incomplete Sentence ともに更新がないので回答を覚えてしまった。なので お勉強にならんのですわ。
かと言って新しい問題を得ようとするとカネ払えといいやがるのですね、ま~誰が労力かけて作ってタダで提供するかよ、バカタレ!!  と趣旨はわかる。
良い問題を提供してカネを得る、正しい、実に正しい姿じゃ。もう ちみぃらに教える事はなにもない、今すぐに新しい旅を始めるのじゃ、直ぐに香港に立て、香港で新コロに感染した陽というお所に合うんじゃ・・・・ なんだこれ? 

言いたいことはですね、別のアプリをインストしてIncomplete Sentenceをやると40問中で正解は80%台。32から35。たまに36,37。正答率が80%台であり、しかも間違える問題は何度も間違う。これをなんとかしない限りは点数は上がらぬ・・・・
と書いて考え直した。80%台でいいじゃん。どうせ英文を書くことはない。読むだけだったら、Incomplete Sentenceで80%ぐらいで良い。だいたい、名詞 + 前置詞、 前置詞 + 名詞とかのばあいに前置詞を間違えたところで なんだってーーーのよ。そりは書く場合に問題になるのであって読む場合には問題なしだわん。

だいたい英字サイトはPDIC + 英辞郎をFirefoxで使うので単語わからないものは直ぐに調べられる。
こうなると文章を読む上での文法的な知識の補充が優先されるべきである。うむうむ。
Incomplete Sentenceでも接続詞の問題、仮定法の問題等は文章を読む上での知識としては必須ですけどね。

まあしかし、同じ問題をくり替えしても学習にはならない、というドンづまり状態を打破するには新しい問題にトライする事である。。。。。カネ払うか(笑) 試しに。

posted by toinohni at 09:49| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする