2020年01月12日

イランはいらんって、そんな話もいらんって、とにかく いらんて・・・

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200112-00000013-jij_afp-int

ウクライナ大統領府によると、ロウハニ師はゼレンスキー氏に、「この空の惨事に関わった者全員を裁きにかける」と伝え、「わが国の兵士の過ちが招いたこの悲劇を十分に認識している」と述べ、謝罪の意を表明したという。

---------------------------------------------------

   ミスったら、素直に謝る。それでいいの。で、これがイランと米国との関係修復につながるかは別問題ですね。

もっとも、ちみぃらが何をしようが地球1億年後には人類はいないからさ(笑)

この近未来での話だけが問題だ。

posted by toinohni at 16:24| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

停滞期のようだね、物理学

超ヒモ理論がすべてを解決する・・・というブライアン・グリーンが2000年に書いた本。
名前、うろ覚え。「エレガントな宇宙」という本。
その本で、著者は、この分野は(超紐ね) 今後10年で画期的な進展を見せると楽観的な予想をした。それから20年だ。画期的な進展はなかった。
重力波の発見は画期的だったが、それは超紐理論とは関係ない。

ようするに、物理は低迷期にある、と考える。
もっとも最新の成果をワテが知るにはサイエンスライターに期待するわけである。

サイエンスライター諸氏は物理の博士号を持つ人が多くてね。一般人よりは最新情報に詳しいだろうに。そして、出版社とねんごろになって本を出せ・・・って期待。

そういう本が出ない。

重力波の発見は画期的ではあるが超紐理論の画期的な発展ではない。

吾輩としては物理学は今は低迷していると思っている。しかし、低迷は悪いことばかりではない。
今はブレイクするーを生み出すための我慢の期間なのである。

低迷は次の飛躍への準備だと考えれば不満無し!!    BY といのに

posted by toinohni at 14:43| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロ野球 高卒新人だが なああぁにいぃぃぃ 見つけちまったなあ!!

https://www.nikkansports.com/baseball/column/analyst/news/202001110000916.html

  吾輩は球速に興味はあるが、さほどの興味はない。130km/h よりは150km/hの方が見る側としては楽しいね、って感じ。
大谷の160km/hはバットに当てられている。ヒットも打たれた。そこだ。
昔の昔の江川のストレートはバットに当たらない。落合も三振したことがある。ストレートと分かっていての三振である。
最近では10年ぐらい前の藤川のストレートだ。相手チームの4番のバットはボールの下を通過した。ようするに打者が予想したコースよりも上を藤川のボールは通過した。
ここだ。
大谷のストレートはピッチング・マシーン並である。これは打者が慣れると打たれる。

佐々木くんのストレートは見たことはないのだが速いだけであろう。試合数が少ないのでなんとも言えぬ。ただ、素質はある・・・という事に異論はない。
昔の昔で言えば池田の水野とかPLの桑田とかは高校野球で鍛えられた印象がある。だが、佐々木くんはそういう鍛錬の場が少なかったと思う。甲子園で投げたこともない。

なので問題はロッテの指導陣の技量になる。素質はある。それをどう伸ばすか。磨けば光る玉を預かって、磨いて輝かすことができるか、そこだ。
佐々木くんはほっといても勝手に成長するというタイプではなかろう。柔軟で慎重な指導が期待される。ロッテにそれがあるかどうか、だ。井口くん、監督として投手コーチ等の割り振りをしっかりしたまへよ。
ちょー人気選手が登場する・・・ロッテの観客動員数が激増する・・・儲かってウハウハ・・・を目指せ。おまけが優勝だ。パ・リーグ制覇などは、おまけでいいのだ。そのぐらいの覚悟で今季は頑張ってくれ球へよ、ロッテの選手・関係者の皆様。

ちなみにワテはロッテのファンではなく、ロッテには不安をもっている。。てへてへ。

posted by toinohni at 14:32| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電というものがあってな・・・ なにィ見つけちまったな!!

image

   山梨県内  山梨県北杜市のどっか。これも50kWクラスなのかね。民家の屋根が10kW未満だから、これはデカイので50kW規模かも。複数。

まあしかし、最近はすでに飽和しているのではなかろうかと。
申し込み者の電力量は電力会社の受け入れ可能電力量をはるかに超えているらしいし。
中古市場もこういう50kWクラスの発電設備が出回っているのだろなあ。テキトー

Google Mapで航空写真に切り替えると見えるので楽しいなーと。

posted by toinohni at 08:33| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英語出来ませんのでGoogle翻訳を使います なあぁにいぃ!! 見つけちまったな

Google翻訳は単語にミスがあっても翻訳するので好き!!
I am indiffrent to his words. 私は彼の言葉に無関心です。

OpenLiveWriterでは赤い波線がつく。indiffrentは間違っている。正しくは、indifferentだ。

MS翻訳では次のように出た。
I am indiffrent to his words. 私は彼の言葉に不本氏だ。
不本氏 ってなんだ? 

Weblio翻訳では、
I am indiffrent to his words. 私は、彼の言葉にindiffrentです。
   翻訳できなかったので正直だね。

で、実はGoogle翻訳は次のようにミススペルを修正してから翻訳しているのである。
image

やっぱ、Googleが一歩リードしていると思う次第である。素晴らしいぞ、Google、頑張れ、Google !! 

こういうのがタダで使えるって、貧乏・金無しでも困らない(笑)

posted by toinohni at 07:57| 東京 ☀| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽発電の自作の本 どっひーー

https://www.amazon.co.jp/%E8%AA%B0%E3%81%A7%E3%82%82%E4%BD%9C%E3%82%8C%E3%82%8B-%E5%8D%98%E7%AE%A1%E3%83%91%E3%82%A4%E3%83%97%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80-%E5%A4%A7%E5%8F%8B-%E5%93%B2/dp/4416913419

なんと自作しとるではないか。2014年の本なので作業等は2013年だろう。その時の買取価格で7年間続いたわけだ。元は取れたかや?
  単管パイプと業者の金属枠組みで強度差がどのぐらいか知らないが安く出来るらしい。
単管パイプでの組み立ては近所の人たち数人で。だが電気設備なので電気工事士が必須ではある。そこは頼むしかないだろう。電力会社に出す書類も自分で書く。うむうむ。安上がりのためには努力せねば。

で、それはそれとして。
興味は7年後の今の状況だ。
ここね。経過報告の本を出して欲しいものだな。本でなくてもWebで情報発信してくれたら。

場所は山梨。本の著者は歯科医みたい。太陽光発電に興味が出て電気工事士・電験三種を取得しているから本格的だ。本業が太陽光発電所の運営であり歯科医が副業になったりして。。。

このような本格的な人はきっと儲かっているのであろうと想像する次第である。なんたって工事も自分でできるし。

で、13の事例が載っているのだが、今はどうなっているのか知りたいわけですね。モノによっては数千万円のカネがかかっているのだからなあ。ローン返済は道半ば!! 
儲かっているならばブログで自慢話をしてもいいぞ(笑)
土地代、固定資産税、毎月の返済、メンテの費用・・・・台風・雪害での被害、その他いろいろと当初は予期しなかったことがあるだろうに。
単管パイプ方式の強度はどないだ? 
発電量は期待どおりか。

というわけで自慢話を探そう(笑) だいたい宝くじでも当たるとつい誰かに話したくなるって聴いたことがる。儲かったならば自慢したくてたまらんだろに。
もっとも2013年から10年は固定買取りなので満期の2013年で結果はどうかって事だけど。
20年組はもっと長いわけだが。20年組はパネルやパワコンがどれだけ劣化するかも興味があるなあ。

とにかく経過報告が欲しいわけでね。しゃあないから、ドローン空撮で見るだけは見ようか。放置されて草茫々はないとは思うが。

で、すでに今の買取価格ではメリットはなかろう。業者は儲かる・儲かると煽って情弱を騙し(笑)、買取り価格が低下したら今度は自家消費だと言い始め、家庭用蓄電池を売ろうと画策しやがってらー(笑)
まーカネがある連中は すきにしたまへ

ワシは月の電力量が130kWhなので、なるべく電気を使わない生活、これによって二酸化炭素排出抑制に協力するのである。ガスも使用量を減らすべし。
貧乏人だからこそ、いや貧乏人であっても、二酸化炭素排出抑制に協力出来ることはあるのである。ペッカーーーーー!!

posted by toinohni at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする