2019年12月27日

太陽光発電はワケワカメ

制度が改定されるというか、なんというか。行政の動向に注目しないといかんのだなと思う次第である。
https://blog.eco-megane.jp/%e5%a4%aa%e9%99%bd%e5%85%89%e7%99%ba%e9%9b%bb%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%8a%9b%e5%88%b6%e5%be%a1%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81/

出力制御には3つルールがある。ふむふむ。それっていつから適用されるん?
平成27年(2015年)4月1日以降 とか書いてあるからそこらだなあ。
じゃあ2010年ごろに始めた連中は旧ルールだけ適用されるど。いや、かならずしもそうでもないなあ。
電力会社によって違うところがある。10kW未満と10kW~50kW未満では違いがある場合もある。
これは面倒な(笑)
だが、2010年ごろに始めた連中は出力制御対象にならんの多いではないか。
容量別・地域別のルール適用内容

で、遠隔監視システムって義務化はいつからよ。

---
出力制御が実際に行われる際には、電力会社から出力制御スケジュールを取得し、パワーコンディショナー(以下PCS)の出力を調整する機器=「出力制御対応機器」が必要となります。
2015年4月1日以降に電力会社に接続申込が受領された案件のうち、地域・設備容量によっては、今後出力制御に対応可能な機器の設置が義務づけられました。

---
   遠隔監視システムって言うとるの、ワテだけか?  費用はこれだけって・・・高いんだぉ

仮に50kWの設備ですと1.7万円×50kW=85万円となり、これが目安となるのではないでしょうか。

これって中古市場では関係ない話だな。するってーと固定買取り価格が高めの20年間コースの場合にはメリットがあるってことか。うーむ。そなの?
なんだか、中古市場が賑わう理由が増えてきた気がする次第であるぉ。

だから、あるぉって なんなのだ?   おまいはバカボンのパパか!!  ちがうぉ。

今日は、いつから適用か、という年月日に注目すべしであると思った次第であります。

他にも規模がでかい場合には保安監督のために主任技術者を選任とかいう場合の専任しないでもいい規模がどーたらとか条件がどーたらとか、法改正があったらしいので調べようっと。

posted by toinohni at 10:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電は出力制御という機能が必要らしい

太陽光発電の電力量が需要量を超える場合は出力をオフにする指令が出るらしい。そこは遠隔制御になっていて、という事か。
こういうブログがあった次第である。ブログではなく企業のサイトであった なむぅー
http://www.chikushikizai.com/blog/%E4%B9%9D%E9%9B%BB%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E5%87%BA%E5%8A%9B%E5%88%B6%E5%BE%A1%E5%88%9D%E6%97%A5%E3%80%82%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A8%E5%BD%93%E7%A4%BE%E3%81%AE%E8%87%AA%E7%A4%BE%E7%89%A9%E4%BB%B6

出力制御は大規模な太陽光発電所が対象になるかと思いきや、屋根の低圧のも対象らしい。
-------------------------------
ちなみに、ひところメーカーの営業の方たちが、「まずは50kW以上の高圧案件が全て停止してから、50kW未満の物件が停止していきます。大きい物件から順番に停止していきますので、住宅物件まで停止することはまず考えられません」などと説明していましたが、あれは(結果的に)ウソですね。
-------------------------------
ところで遠隔監視システムって必須なのかに?  そういうの導入してない場合はどうなるのかに? 太陽光発電が出回り始めた頃には遠隔制御システムはなかったのではないかに?
どうなんだぉ?
そして、出力制御に協力しない太陽光発電等はどうなるのかに?

http://www.kyuden.co.jp/power_usages/out_ctrl_history.html

九州電力の過去の出力制御実績というのを見るなり。Excelを開いてみて次のような文言があった次第である。
image

出力制御に協力しないとな、契約解除に至る可能性もあるのだぞ。。。そりゃ公平性ってものを考えると妥当であると考える次第である。

で、遠隔監視システムって必須なの?

  あかんな、太陽光発電アドバイザーの本でも買って一通りは勉強しないと。どうもワケワカラン事が次から次へと出てくるである。
もう太陽光発電のバブルはパッシーーンと弾けたらしいけどね。中古市場ってものもあるみたいだし。手放す連中の内実も知りたいところであるだぉ。

だから、だぉってなんなのだ?  

https://blog.eco-megane.jp/%E5%87%BA%E5%8A%9B%E5%88%B6%E5%BE%A1%E8%A8%AD%E5%82%99%E3%81%AB%E9%81%A0%E9%9A%94%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%81%8C%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%88%E3%81%AA%E7%90%86%E7%94%B1/

こういうの読んでですね、できることからコツコツとぉーーー・・・・ だぉ。

posted by toinohni at 09:53| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バブル崩壊の予兆か・・・ってか、バブルだったのか? 知らなかったのわしは

https://www.msn.com/ja-jp/news/money/%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e6%8a%95%e8%b3%87%e3%81%a7%e8%b5%a4%e5%ad%977000%e5%84%84%e5%86%86-%e5%ad%ab%e6%ad%a3%e7%be%a9%e3%80%8c%e5%a4%a7%e5%8b%a2%e3%81%ab%e7%95%b0%e5%b8%b8%e3%81%aa%e3%81%97%e3%80%8d%e3%81%af%e3%83%90%e3%83%96%e3%83%ab%e5%b4%a9%e5%a3%8a%e3%81%ae%e4%ba%88%e5%85%86%e3%81%8b/ar-BBYmYLw

まあね、週刊誌が書くことだから(笑) 話半分として楽しめばいいと思うよ。

しかし、ソフトバンクの成長は驚異的であった。昔の昔、孫はビールケースの上に立ちバイト2人を前に演説をして創業したという。ソフトのレンタル、PC誌の出版とか初期の頃を覚えている連中は高齢者だな。ワテは知っている(笑)

2000年代に入ってADSL普及の頃から注目度が高かった(あくまでも個人の感想であり) その後の買収戦略は次々と当たり、携帯キャリアになってApple iPhoneを扱いだしてから成長が加速したと思う。

で、いつごろから投資会社になったん?  それは知らん。ここ数年は英国のARM社の買収、米国ロボットベンチャーの買収、。。。と毎年のように面白い話題があった。今年もLINE買収とかなんとか話題はあったものの、最大の話題は7~9の決算が大赤字って事。7000億円の赤字ってさ。
うーむ。規模がでかすぎて現実感がない。かつてトヨタが赤字1兆円を出した事はある。Panasonicが2年連続して赤字7000億円ぐらい出したって事はある。しかしソフトバンクは四半期だけで7000億円の赤字である。
というわけで、興味は10~12月の決算がどうなるか。1月末頃に発表があるだろう。赤字幅が大幅に縮小するか、逆に拡大するか。それでも年間でみれば問題ないレベルなのだろな。

だいたい週刊誌等の記事は不安を煽る傾向にある。何事も褒めるような記事は書かず批判的、足を引っ張る、そういう傾向があると拙者は感じている次第である。ケチつける、イチャモンつけるのが得意である。
そういうわけでオラは話半分で聞く。まさか週刊誌の記事を鵜呑みにするバカは世の中におるまいに。オルとしても3人ぐらいではないか。テキトー

さて、記事でおやっと思ったのはバブル崩壊という言葉だ。何がバブルなのだ?  おまいはバカボンのパパかよ・・・(笑)
---
この数年、各国の金融緩和でジャブジャブの投資マネーは不動産投資信託(REIT)に流れ込んでいる。日本でも東証REIT指数は年初から25%強上げており、「みんなが買っている一方的な状況に、非常に危うい」(金融関係者)になっている。
---
   投資マネーが世界中で余りまくっているって感じだが、ほんまかいな。投資マネーは誰がもっているのだ?   そこを説明して欲しいのだ?   だから、おまいはバカボンのパパか(笑)
世界中でカネが余りまくっているとしたら、もう少しカネの分配の仕組みを変えてだな、貧乏・金無しのワタクシにもカネが入るようにして欲しいのだ!!  
  だから、おまいは バカボンのパパ なのだ!!   ちがうわい。

某出版社の日刊紙は中国経済のバブルに関して北京オリンピックの頃から、中国の不動産は崩壊すると書き続けている。崩壊する、崩壊する、崩壊するんだもんとバカのひとつ覚えで書き続けている。当たるまで書くぞ、そいつは。
大地震が来る 来る 来るといい続けていたら、そりゃ当たるだろな。
この手のバカ記事が多すぎる。
もっとマトモな記事を書いて欲しいのだ!!  

posted by toinohni at 08:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

三面記事的な反応をするです、スノボの選手って悪いやつかたくさん(笑)

https://www.nikkansports.com/general/news/201912260000652.html

奈良地検葛城支部は26日、事故を起こした上に飲酒運転の発覚を免れるため負傷者6人を残して逃走したとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害アルコール等影響発覚免脱)と道交法違反(救護義務違反など)の罪で、2014年ソチ冬季五輪スノーボード男子ハーフパイプ銅メダリストの平岡卓選手(24)を在宅起訴した。

----------------------------------------------------------------

  先日は国母と仲間が悪いやつだとして話題に。今度は別のスノボの、元・スノボの選手だけど、ばーーか。
筋肉脳だから仕方がない(´・ω・`) 大相撲も筋肉脳の力士たちなので仕方がない。

って、バカにされとるんだぞ、プロSPORTにアマの最高レベル経験者。

やっぱ、スポーツはカラダに悪いだけではなく、脳ミソにも悪い。健全な人格の形成には向かない。

スポーツは健全な人格の形成には向かない。そりゃ、競争ってものが常にあるからなあ。バカがスポーツは健康に良いとかデタラメ言う。アホだから筋肉痛で苦しいのにカラダにいいと言って走る。無能って怖いわ。

スポーツは健全な人格の形成には向かない。清原を見ろ。江夏を見ろ。嗤うだろに。人並みはずたれ実績を残して、あのザマだ。

国はスポーツ禁止令の法律を作るべし。オリンピックとか国際競技とか参加禁止にすべし。バカがバカを騙すような事はするなや(笑)
という妄想をさっき持った次第でありますね。

散歩とかジョギングとかは推奨して良いが、そこに記録狙いの要素を取り込んで競争過剰な状態は作るなって事だ。
もっとも他人がやる分にはいいけどな。オリンピックで金メダルとって40歳で死んでも名誉はのこるぜ。それでいいなら、どうぞって事だ。

スポーツを奨励する奴らは人類の敵だ!!    なんちてな。
(ただ、スポーツの結果として寿命が縮まっているのが統計上はあるので、大歓迎。人口爆発を抑制する手法としてスポーツ奨励は最適かもな、とっとと死ぬからな)

posted by toinohni at 19:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまには文学的な話も書くぞーーー しーーん

混乱の振幅を広げよ、とランボーは言った、と中上健次はエッセイで書いた、とワシは昔のブログで書いた、と拙者はさっき思い出した次第である。

ワテは国立大学工学部電子工学科国文学研究室という珍しい出身なのである。テキトーである。要するに学生の時は中上健次とか丸山健二とかの純文学が好きだった。自慢ではないがほとんどの作品を読んだ次第である。卒業してからは彼らの新刊が出れば買ったのである。就職してカネがあったからである。今は貧乏・金無しであり豆腐は業務スーパーの28円のを買うのである。うるせーである。
さてと、実はランボーって誰よ?  しらんもんね、わし。だが、バット、But.  知る必要はない。ワタクシは「混乱の振幅を広げよ」という言葉に打たれたのである。それでいいのである。ランボーがどのような趣旨で言うたのか、知ったこっちゃないのである。当然である。言葉は解説があって意味がわかるようなものは、心に衝撃は及ばないのである。
混乱の振幅を広げよ・・・・テキトーに拙者流に解釈すれば良い。他の人達も自分流に解釈すれば良い。そこにこそ言葉の力が宿るのである。解説があって初めて、あーそういうことか、という話では全く意味はない。言葉の力を感じ取る事、それがあれば良い。ない人たちに解説しても意味はない。バカには何を言ってもわからない。感受性とか感性とかは説明して分かるモノデハニャンコ。

ただ、バカにも分かりやすいように言うと、混乱の振幅を広げよ、という言葉は極端にざっくりと言うと、萎縮するな、という事である。ワタクシの解釈の一つはそこにある。
萎縮刷るなという事は、世の中、丸く丸く、長いものには巻かれて強いものに抗うことなく、丸く丸く生きよ!!  という意味ではない。
何を意味するか、・・・詳細は知らんもんね、オラ。さっき、テキトーに書きかけただけなんでしして(笑)

筆者は気づいた。混乱の振幅を常と思えば不服無し!!   どーよ。徳川家康依頼400年か500年か知らないが、教訓であろう。

常に社会は混乱の振幅がある。それが普通なんだもんねー、って事だ。
別の意味で言う。自然は静止がない。ありえない。絶対零度では物質は静止だ・・・ありえない。量子力学では絶対零度でも粒子は振動する。
さらに別の視点で言えば絶対零度の冷蔵庫が地球にあった場合に、それは静止していない。地球が太陽を回る軌道にあるのだから静止はありえない。

文学者も物理学者も究極は同じ事を言う。絶対静止はありえない。

混乱の振幅を常と思えば不満なし!!  これだ。

えーと、小学生に分かるように言うとね、おっちゃんはね、生きているって事はいろいろな問題に直面する事だって思うの。学校帰りに変なオジサンが声かけて来て、写真を撮らせて、とか言うたら、バーーカ、このスケベオヤジといってキンキンを蹴り上げて走り去るといいよ。
学級でいじめられているって感じたら、とっとと担任に言うとか校長に言うとか、誰かに言うって勇気が大事なんだよ。勇気なんだ。勇気があれば世の中はなんとかなる。

ワテは、その勇気がないので、引きこもり、になっているわけだが(笑) なんだよ、さっきの話はよ。
知るかよ、

えへと、一応、この書き込みの趣旨を書く。最近のSeesaa Blogのアクセス解析を見ているとPVが増える時もあれば激減する時もある。そりゃ、ワッシが書かないと激減(笑)
つまり、アクセス数の殆どは、ワテのアクセスなんやでーーー。
というわけで、仮にだが、クローラーによるアクセスではなくて人がアクセスした場合に、ひょっとして文章を読むという奇特な人物がいるかも知れぬ・・いねーーてば。
そういう場合に、ここだ。
ここまで読んで、感想があるといいなあ。
拍子抜けした、ムカッパラがたった。二度とアクセスするかバカタレ、とかさ。

とはいうものの、混乱の振幅を広げよ・・・・これはワタクシとしてはニーチェを連想する言葉なのである。
ニーチェは梅毒で死んだらしいけど(笑)

posted by toinohni at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堀内くんよ、憤るのはわかるが、どうでもいいのだよ わしは

https://www.msn.com/ja-jp/sports/mlb/%e5%a0%80%e5%86%85%e6%81%92%e5%a4%ab%e6%b0%8f%e3%80%81%e3%83%ad%e3%83%9c%e3%83%83%e3%83%88%e5%af%a9%e5%88%a4%e5%b0%8e%e5%85%a5%e3%81%aa%e3%82%89%e3%80%8c%e3%82%82%e3%81%af%e3%82%84%e9%87%8e%e7%90%83%e3%81%98%e3%82%83%e3%81%aa%e3%81%84%e3%80%8d/ar-BBYlBzR
堀内氏は「ストライク、ボール この判定を機械に任せるようじゃ もはや野球じゃない コンピュータゲームだと思うよ」と危機感を募らせていた。

-----------------------------------------------------------------------------------
  だって審判は人件費かかるし誤審もあるんだもん。。。ロボットというか審判システムは一度開発すれば後はたいしてカネがかからんのだもん。
悔しかったらな、メジャーの年俸が数十億円というキチガイじみた金額の1%は審判等の人件費に寄付するとかの仕組みを作りやがれ(笑)
人件費圧縮が世界のあらゆる企業の課題になっているわけでしてね、堀内くん。
球団が儲けたカネの分配をだね、審判等へもちょびっと振り向けるという工夫をすればいいんでないかいって思うが、しないだろなあ(笑)

誤審って・・・・人だからある・・・・ロボット、コンピュータであればない、って単純さにワロタなんだけど。誰だよ、AIで誤審はないとかいうボンクラはよ。
ロボットだろうが人だろうが誤審はあるわいよ。だが、ロボットにすれば人件費は安上がりになる可能性がある。。。そこだな。

そうだ、こうなったら選手もロボットにしてだな、ピッチャー代わりまして投球ロボットのニャンコラくーーーん。
すると相手チームは代打で。代打、代打ロボットの落合もどき君!!  とかで、ロボットとロボットで試合をしてだね。
人間の選手はロボットに指示を送る。おい、ニャンコラ、次はカーブだ、低めに投げろ。。。。
相手チームは、こら落合もどき君、相手がカーブ投げてきたら打つな、見逃せ!!
こうなるとコンピュータ・ゲームですな(笑)

それはとにかく、堀内くんは参院議員は任期全うしたの? 現役の参院議員なの?
現役時代は江夏に匹敵する投手だったという印象だ。

江夏や堀内の現役時代を知っている連中は高齢者な(笑) うるせー!!

posted by toinohni at 18:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らなかったが。。。ユーセンの宇野って人は偉い!!

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53604420Q9A221C1000000/

実は30年ぐらい昔、職場でユーセンの仕事をした人が言うとった。あれはヤクザ会社だ(笑)
まーな、電柱に違法な電線張り巡らしたりとか(笑)

まーしかし、拙者はユーセンとは2000年代中頃に付き合い出した。マンションに光回線を持ってきたのである。当時、2980円。。。。今でも安いですね。VDSLというものです。マンション入り口までは光ファイバーでデータ伝送、そこからは装置が電話回線にデータ載せ替えるというもの、つまりは既存の電話線を使う技術だが50Mbps前後と出ていた。
それまではADSLで2Mbpsぐらいだったワテは大満足。

そして、他社のサービスも始まり・・・ワテは4年ぐらいでさいならしたのであった。
で、その後は様子見ていどにユーセンってどうなっているのかなあとみていたのであるが、離合集散の歴史ですかね。

で、今は? 知らん。

U-Nextなんとかいうチラシが郵便受けにあって。2980円とか書いてあったと思うが、まあしかし。それを提供している会社が宇野の会社かどうかも拙者は知らん。興味ない。

ただインターネットを低価格で・・・となると価格コムだが、ユーセンは価格コムに出てこない。つまり、それだけの信用がないという話だろ。

だって悪評はワイわいあるんだもの(笑)

posted by toinohni at 17:21| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補強の手を緩めぬソフトバンク、これは異常だわ

https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12133-641700/

ソフトバンクは26日、来季の新外国人としてタイガースからFAとなっていたマット・ムーア投手の獲得を発表した。

ムーアは2007年ドラフト8巡目でレイズに入団。マイナーで圧倒的な成績を残し、2011年にはMLB公式の有望株ランキングでトラウト、ハーパーに続く全体3位、投手としては全体1位の評価を受けた。2012年には期待通りに11勝を挙げると、2013年には球宴に選出され17勝をマークした。

------------------------------------------------------------------------
  なんというか、なりふりかなわぬ補強は一時期の巨人を彷彿させる。っーか、ソフトバンク会長は王貞治であった!!   なむ。
補強を緩めぬソフトバンクは三軍まで持つ。下にスタンバっている若手が大量におる。それでも助っ人を持ってくる。
まるで巨人みたいだな(笑) つーか、ソフトバンクの会長は王貞治である。
ただ、巨人と違って地方であり親会社がハゲの正義のところであり、好感があるかというとどうだろなあ。
パ・リーグの戦力はソフトバンクがダントツ、アタマ2つぐらい抜きん出ている。
ロッテや楽天が選手の入れ替えみたいな補強をしているが話にならん。
西武は松坂を獲得した時点でやる気なしだ。優勝を目指さないで松坂でグッズ売って儲けようって魂胆だ。
日ハムやオリックスは話題性もない。

こうなったらパ・リーグは打倒・ソフトバンクだ。それで頑張れば全体のレベルアップもあり得る。
球団としての黒字はどこか。そこだな。球団経営をする以上は黒字を目指すはずだ。昔の経営体質で親会社の宣伝のために存在するので赤字は仕方がないがなー・・・・なんて球団はどこだろな。とっとと撤退すればいいのによ。中日なんて球団持つ意味はないだろに。かと言ってドラゴンズを買う企業が愛知県にはないんだろなあ(笑)
口では優勝を目指すといいながら補強も大してしない球団って、口では政権交代目指すといいながら外野で文句いうだけで食える楽な商売に安住している野党と似たようなものだわ(笑)

ソフトバンクは来季はパ・リーグを圧倒的に制覇し、日本シリーズも再びセ・リーグ覇者に対して4縦を実現するであろう。なんちて。
そんなことよりな、ソフトバンクはのスマホはもっと安くならんのかい!! なー、ソンくんよ。なんちて。

蛇足だが、巨人のスカウト陣は目が節穴である・・・山口俊、陽岱鋼、森福といったFA選手を獲得した時点でワタクシは高らかに巨人のスカウトは目が節穴であると宣言したのであった(誰が知るかい )  。 その通りじゃーぼけえぇーー。山口俊は1年めは人間としてなんなの、こいつは・・・というレベルだったし(笑)。 まあしかし、真摯に反省し2年めは活躍し3年目の今年は大活躍して巨人のエースであった。そしてメジャー行きだ。
だが森福はクビだ。陽岱鋼もパッとしないままだ。巨人のスカウトは目が節穴だという指摘はあたっている。そんなこというと、どこの球団もスカウトは目が節穴だ・・・と言われるぞ。
くそ、こうなったら拙者の鼻はピノキオみたいだぞ・・・。と、わけのわからない事を言いだしたりして。

ソフトバンクのスカウトも巨人のスカウトと似たようなレベルであってな。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201912260000285.html

田中正義が芽が出ない。ドラフト当時から肩に問題があるという一部の指摘があったのだがソフトバンクはドラフト1位で獲得した。肩に怪我故障の不安がある投手をドラフト一位?  と当時はワタクシは疑問視していたのである。そのとおりじゃ、ぼけえぇー。

もっともソフトバンクは金満であり数で勝負だ。数打てば当たる確率が上がる。二軍だけでなく三軍も持つのは数打てば当たる・・・という目論見なのである。
そういうのって巨人が三軍持っているのも同じで、数打てば当たる率が上がるってだけの話だ。ソフトバンクの手法は巨人を彷彿させるものである。
だってソフトバンクの会長は王貞治なんですもの(笑)

つまり、昔の巨人の手法をソフトバンクでやっとるわけさー。本家の方はFAで獲りたい選手が他所に獲られて今年はFAでの補強はないって。人気が下がったからだねえぇ。FAでロッテに行ったり楽天に行ったりする時代になったねえぇ(笑)

posted by toinohni at 16:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中日新聞が申告漏れって・・・・吉本の徳井レベルの無能かよ(笑)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000036-kyodonews-soci

ワロタ。中日新聞って公器を主張する権利を失った。バカの新聞社だ(笑)

今後、中日新聞が書くことは信用しないで嗤うようにね。バーーーか。

こうなると中日ドラゴンズも影響うけて、バカ新聞社が持っている球団だし、バカとアホと無能が球団幹部なのだろって。誰を監督にしてもダーーミだろなあ(笑)

徳井のようにズボラな性格だったん?  なー。

関係ないけどスポーツ紙の社会面ってバカがバカを騙す構図の典型だな。芸タレのコメントに何の意味があるかい。それで読者を増やそうって魂胆だろうが、そんなスポーツ紙、ダレが買うかよ(笑)
もう少しマシな記事を書いてくれ球へよ、ちみぃ!!

posted by toinohni at 16:01| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機械学習とかAIとか人工知能とか 将棋とか囲碁の人間との対戦は最近はどう?

プロ棋士とIA将棋はポナンザとの対戦依頼、ないのかね。どうなのかね。対戦してこそ切磋琢磨だと追うものだけどね。

プロ野球のホームランバッター・・王とか門田とか落合とかのバッティングシーンを大量に機械学習して特徴を見出して、若手の指導に役立てるとかさ。
バッティング・フォームだけでなくバッターの体躯との関係も含めて機械学習だ。
その結果、ちみぃは体躯がこのぐらいなので最適なフォームはこれである、と指導するのだ。

おまいの場合は体躯は十分だが関節の可動域が少し狭いので落合のバッテイング・フォームを目指すのが最適である・・・とかさ。
おまいの場合は体躯も柔軟さもあるのだが、打てないのはフォームの問題ではない、ここは素質というものが効く。動体視力、反応力、そういうものがプロで通用するレベルではない。フォームのもんだいではない、とかさ。

機械学習をスポーツに活用しよう。拙者がその手のソフト開発を得意としてるのでご要望があればぜひとも・・・・という連中が出てくるかもなあ。

すでに大学の体育系の研究室では研究レベルでは進んでいると想像はする。歴代のホームランバッターのフォームを大量に集めて分析して・・・・というのを今までは人がやっていたのだろうが、機械学習を活用しようとかさ。

もっとも何の役に立つかは知らん。そんなことやるより、プロの打撃コーチがキチンと指導すればいいがな・・・って程度。

posted by toinohni at 14:12| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする