2019年11月30日

単語力というサイトが消えとるど!!

http://www.tangoriki.com/index.php

Not Foundになってまして。つまり、みつからんということで。サイトの運用管理をしないまま放置していても繋がるのだけど消えたということはサーバーから消された・・・カネ払わなかったからかに?

 http://www.tangoriki.com/guide.php

  つながったぞ、ここは。

しかし、トップページはこれ。

image

語彙力増強で10年ぐらい使った。少しはレベルアップした気がする。しゃーないのでWeblio使うか。Weblioで2万語をめざす・・・・という高望み(笑)

まあしかし、数年前からサポートしとらんなと感じていたのでして。残念ではある。

いままでありがとさん。

posted by toinohni at 19:35| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Win 10の電卓ってものがありまして・・・ もっとマシなの作れよ!!

image

   久しぶりに起動したが使いにくい。関数電卓だが関数が不足している。三角関数の逆関数がないし、数字の逆数キーもない。対数は常用対数だけであり自然対数がない。

まー、別にいいけど。実用にならないのは使わないだけだ。四則演算はできるのでいいのではないか。

つーわけで、Win 7だか、Win Xpだかの電卓を探す。

自分が使いやすい電卓を探すってのはPCユーザーの自由でありまして。こんな出来の悪い電卓を作ったやつは・・・しらんけど。

OSの付属だからオモチャぐらいでいいんだよって考えてんのかね。

でも、メモ帳はたまに使う。WordPadはまったく使わない。

つーかね、なんつーかね、フリーの電卓を探すである。

こういうのみっけーー

image

これもあかん。ほしいのはカシオの関数電卓レベルのものだ。この電卓はInv押すとsin, cosの逆関数は使える。だが、逆数がないし自然対数もない。却下だ。

カシオの電卓使うのが正解ってか。うーーむ。解のコピペがなー。

Microsoft提供でなくてもいいので探す。機能としてはカシオの関数電卓同等のものね。

 

  結局、カシオの関数電卓を使うですわ。計算が複雑になれば電卓ではなくプログラムかExcelか、だし。

posted by toinohni at 19:06| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまにはドラマの話題でも・・・・

CHEAT、カクホの女 が佳境だ。佳境ってなんだ。知らんが、そういう言い方するじゃん。いつ? 
佳境というよりは最終に近づいたってところだな。

最近の推理ドラマの傾向として物語は単純ではなく、どんでん返しの、大ドンデン返しの、ちょ~ウルトラどんでん返しを作る側は用意するである。

なので、犯人は あなたよ、ピシっ)   と言うシーンの後で真犯人が判明とか、そしたら別にもうひとり真犯人がいたりして・・・・・ とにかくな、視聴者の単純な推理を覆すために一所懸命に無い知恵を絞って貧弱なオツムをフル回転させて知恵熱だして入院したりとかも作る側は努力しているんだぜーーーって。テキトーな想像を終わります。

で、CHEATは安斎はCHEATを作って何かをあぶり出そうとしたのだな。その何かとは、警察内部の不正でね。だろなあ。まあ来週で分かる。

カクホの女では、麻生祐未が老けた。ワタクシは若い頃、奥村チヨが好きだった。あの厚化粧のどっかの高級飲み屋(クラブとか言うかも)にいそうなけばけばしい歌手だが、その姪っ子が麻生祐未である。昔は若かったのだ。そりゃそうだ。今は、目の下のたるみが年齢を感じさせる次第であるぞな。

とっくに警察内部に犯人がいるという事になっているが、その犯人というか首謀者がどのような背景を持つかまでは分かっていない。まー、これも来週あたりには分かるだろう。

最近の推理ドラマは警察内部の腐敗に関するものが多いなあ。これは作る側の警察行政に対する何らかの批判なのかに? 

posted by toinohni at 12:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組み込み機器展が 危機か  キキだけに きき   てへ

http://www.jasa.or.jp/expo/

image

  去年はトータル 26000人ぐらいだったようだ。減ってますわ。

オラは組み込み機器展だと覚えていたのだが、違うようだ。まー名称はどうでもいいわん。

活況を呈したのは10年ぐらい前か。ここ数年は低迷の傾向みたいだが。

10年ぐらい前は・・・いや、この展示会だったのか別の展示会だったのか忘れたが活況だった。おお、こんなスゲーモノが!!  と驚くようなデモがあったし。
パソコンにグラフィクスボードを数枚さしてGPUで演算させるのだが、その電源が3KWでワテはビックラした事を記憶している次第である。10年ぐらい前だなあ。
Altera, Xilinx, LatticeなどがFPGAのボードを出して。基板の半分ぐらいは電源回路じゃんって。。。なんたってフラッグシップのFPGAを数個搭載すれば電気食いだし・・・うむうむ、昔の話でさー(笑)

というわけで今の流行りはなんだい?  FPGAは飽和した。Zigbeeのような通信機能の展示も過去の話でさー。
AIだ、機械学習だ・・・と言う割りには、たいしたもんは出てこなくて。どっかの財団法人だっけな、毎年 翻訳ツールを出していたが。。。。。この展示会ではなかったかも。

というわけで、次の流行りはなんだい?   ってのはね、目端の効く連中が虎視眈々と狙っている何かだよん。

電力計に通信機能つけるってアイデアとしては陳腐だが未だに俺んちに取り付けに来ないぞ、東京電力!!  

うーむ。久しぶりにアッキハバラに行ってガラクタ、ジャンクなどを見物してみるか。買わないもんね、わし。貧乏・カネ無しなので(´・ω・`)

posted by toinohni at 11:06| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TensorFlow サイトで学習のメモ あかん でけん

http://ishidate.my.coocan.jp/python/python.htm

Visual Studio 2017 CommunityでPythonを使って機械学習の入門。まー機械学習とかAIとか人工知能だ、どーたらだ、が数年来の流行りでありAIに乗り遅れては今後は立ち行き出来ぬ・・・かどうかは知らないが、3,4年前にソフトバンクがだしたペッパー(もはやうろ覚えだが)が消えたようだし、流行りものは流行らなかったら終わりであり、流行っても旬がすぎれば終わりである。
ペッパーのようなモノは欲しいと思う人が少なかったんだな、たぶん。需要がないとも言う。

なんのこっちゃだわ。

で、TensorFlowの解説があるので試してみた。正しくは写経して動作を見た(笑) 初学者は写経するに限る。テキストでコードが提供されているとDLしてクリック、クリックで動くと、あ、動いた、よっしゃ 終わり。
それでは学習にならんのですわん。
で、目次。
image

   ワテはVisual Studio 2017 Communityではなく、VScodeでやりまする。だって簡単だもん。Python 3.6.6

で、どんづまった。
TensorFlowでディープラーニングを行う(5) の後半。ここ動作しないもんね、前半のプログラムを修正しているのだが、それ真似てもエラーだもんね。
ワケワカメなので放棄。
   他に動作はするが結果がサイトと違うってのもあったり、実行の度に結果が変わるぞ、というものもあったりして楽C-  といいのにぃ。

で、(5)が解決しないと(6 ), (7 )も動作しないんだもんね。同じ構成なのでして。

いったん放棄して別の本でTensorFlowを学ぶ次第でありますm(_ _)m

posted by toinohni at 10:46| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Visual Studio 2019 Communityというものがあるらしいぞ、ほー

2017 Communityを使っているのだがPCのスタートボタン押して V のところ見たら Visual Studio 2019ってのがあった。いつインストしたんだ ワタクシは? 

きっと酒のんでインストしたのだな、記憶がござらぬ。しかし、起動してみると意外とスイスイなのでして。SSDの効果だなや。

VScodeが軽量なので使うのだが、Visual Studio Communityだって軽量だしよ。まーどうせたいしたプログラムは作らないのでどっちでもいいけどさ。
出版社やサイトからC/C++, Pythonの例題をDLして動作確認するのであればVScodeが楽だわんこ。CommunityはProject作成とか追加とか面倒だし。

つーわけで、知らないうちにインストされていたVisual Studio 2019 Communityであった次第であるわん。

posted by toinohni at 10:03| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電というものがあってな・・・ふーーん

卒FITという言葉が一部で流行っている。Feed In Tariffって。10年間。その10年間は買取価格が一定だ。
2009年は42円だったか。つまり、2009年から10年間は買取価格は42円だ。そして、10年が今年で終了だ。
すると買取価格はどうなるか?   10円前後になる。

今年、2019年にFIT始めた人は24円だって。2029年までは24円で買取りらしい。
https://www.solar-partners.jp/category/meritdemerit

image

ここで知りたいことは2009年に始めた人は10年間で元が取れたかどうか、だ。統計があるとは思えないが、想像は可能。
規模として10kW未満もとりあえずは10kWとして。一日8時間の稼働だとして。自宅での消費もあるからなあ。売電量を1年間で出して。
年間で売電で10万円も入れば・・・10年間で100万円だ。それだと初期費用の半分にもならぬ。

さー元が取れた連中がどれだけいるか(笑)

金持ちの道楽、趣味だとしておこう。二酸化炭素排出抑制のため貢献しているという名誉を感じているであろう。

  広告の中には昼間に太陽光発電で発電して蓄電池に貯めておけば夜に使えると書いているアホがある。その蓄電池って太陽光発電システムぐらいの価格だろに(笑)

情弱を釣るバカ、釣られるバカ

騙され続けて数十年、ワテの右に出る者はおらへん、 キリッ)

posted by toinohni at 08:16| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする