2019年11月29日

情弱は騙され続けてこそ、価値があるのだひでき なんちて

騙され続けて この道 数十年 ワテの右に出る者はおまへん、キリッ)   
              このフレーズ すきやねん

さてと、卒FITという言葉がたまに目につく。太陽光発電のFIT -- Feed In Tariffという制度は10年満期だ。2009年にFIT加入したおっさんは今頃は満期である。つまり、買取価格はちょー下がる。2009年は1kWh = 42円での買取価格が毎年下がり2019年は24円だっけな。そして、FITの10年満了で次は10円前後になるってさー。

でも太陽光発電を2009年に始めたおっさんは次はどうしたらいいのか。そのまま10円前後で売電するのが最良なのか。持っていても無駄な金食い虫じゃーと捨て去るのが正解か。
そこに情弱を騙すビジネスが台東しそうな感じだがね。

とりあえず関連メーカーは「卒FIT」をどのようにビジネスに結びつけようとしているのか、探す。

https://www.nichicon.co.jp/products/g3/lp/?gclid=CjwKCAiA_f3uBRAmEiwAzPuaM2HEa7PiM17JvtlLcvfBVSb5cHtOFppHvpxumyquEEG5PLJuo-BoMBoCytAQAvD_BwE

ニチコン。大手のコンデンサのメーカーである。コンデンサって何? って人にはわからないが電子機器には必須の部品である。


家庭用蓄電システムのトップメーカー「ニチコン」の超小型・軽量モデル4.1kWh 単機能蓄電システムESS–U3S1(屋外設置タイプ) 本体希望小売価格998,000円(税別) 標準工事費154,000円(税別) 標準付属品107,000円(税別)※工事費に関しては、現地調査後にオプション工事費用が発生する場合があります。※最終見積りは、現地調査後に確定します。

これ、単純に言うと、昼間の太陽光で満充電したとすれば夜間の8時間は500Wの電子機器が使える。
昼間は家にいない。その間に太陽光発電でこれに蓄電する、そして夜間はその蓄電された電力を使う。よって電力会社からの電力供給は非常に少なくなる。
つまり、電力会社に支払う電気料金は基本料金だけになる…可能性もある。

で、問題は約100万円だ。500Wの電子機器を夜間に8時間使うというのがメリットあるのか。そもそも夜間は電気料金は安くなる・・・だったかな。
そういう話だけではない。
年間の電気料金が10万円の人は100万円というと10年分だぞ。

こんなの導入するより電気代を支払うほうが支出としては減るわいよ、バカ竹(笑)

で、ニチコンはこれをどうしたいのよ。そりゃ売りたいのよ。すでに太陽光発電を導入している家庭にね。
だって、そもそも金持ちの道楽であり趣味のレベルだもの、家庭用の太陽光発電ってさ。元がとれるわけないじゃん、バカ垂れ。

金持ちの道楽、趣味としての太陽光発電なので、つぎはこういうの売りつけたれって魂胆なんだろな、

バカがバカをだます構図のような気がする。

災害等の非常時にはね、小型のガソリンエンジンの発電機が実力を発揮するのよん。

posted by toinohni at 16:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ここ数年、近所で戸建住宅の建築が盛んであるである

ここ数年目立つ。畑が宅地化されると家が10軒とか建つ。ずっと前は古い民家が壊され更地になると狭小な家が2軒建った。そういうのは今は少ない。
一気に10軒とか20軒とか出来て住宅街になる。

これはいったい どうした ことだ?   何が原因か。農業の後継者がいない、圃場の管理ができない、そういう問題はあるにしても多すぎる。

そこで2020年問題と関係しているのか? と連想した。
https://sumaity.com/land_usage/press/389/

これは92年に施行された制度で、生産緑地にすると税制優遇が受けられるが農地管理を続ける必要がある。30年間らしい。それが2022年で満期になる。

すると2022年以降は農地を宅地に転用する連中が増えて地価が下がり不動産屋が泣く・・・という噂は2016年頃にはあったらしい。
だが、2017,2018に法改正だかがあって・・・という話だ。

というわけで俺んち近隣で圃場等が大規模宅地に変身を続けているのは2022年問題とは別だな、と思った次第である。
ただ、もうあらかた作り終えて収束しつつある気がするなあ、戸建ての建築は・・・・
と思っていたら俺んちの近くの圃場、植木屋の所有なのか小さな木々がたくさんあって雀の遊び場になっているところだが看板があって。来年の春から宅地化の工事するって。30棟が予定されている。住宅街になるぞ、そこ。

そういう中で老朽化した家屋が放置されているのもある。瓦の落下に注意と張り紙があったりして。
あるいは小さな土地が更地のまま雑草が生えていたりする。不動産屋にとってメリットはないのだろな、狭くて。
近所の畑が今年は農作物がないなあ、放置されているぞと思っていたら今は物置きの敷地になっ ている。四角い箱がたくさん。

で、なんでここ数年、この宅地化が盛んなのかに?  農業の跡継ぎがいない、圃場の管理が大変だ、相続税がーーー・・・とかが影響しているであるかに? 
まー貧乏カネ無しのワタクシには何の関係もござらぬ話ではある。

posted by toinohni at 11:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電ってどーーなのよーーー

https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p191003.pdf

2019 年度上半期(4-9 月)の太陽光関連業者の倒産件数は 36 件と、前期(2018 年度下半期)の47 件から 23.4%の減少となった。2014 年度以来、5 年連続で太陽光関連業者の倒産は増加してきたが、2019 年度は通年でも 6 年ぶりの減少に転じる可能性が高い。

あらかた倒産したので現在 生き残っている企業はマシなのかに? 

ここで太陽光関連業者とは次のようなものであると書いてあるである。

※太陽光関連業者とは、①太陽光発電システム販売や設置工事、太陽光パネル製造やコンサルティングなど関連事業を主業として手がけるもの、②本業は別にあり、従業として太陽光関連事業を手がけるもの、両方を含む

これって、実はわかりにくい。太陽光パネル製造も関連業者だが、そういうメーカーは太陽光パネルだけを製造しているわけでもなかろうに。コンサルティングも関連事業かに?  いや、コンサルタント会社がそれだけを事業にしているわけではない場合もあろうに。
本業は別にあり、って・・・・そういうのが倒産した場合も太陽光関連業者の倒産に数えられるってのか?  

まあしかし、ここらを厳密に区別したってしゃーないかも知れないねぇ という気はする。

で、倒産が減少に転ずるかどうか・・・・下半期にも注目しなくてはね。

電気は生活に必須、頑張れ、発電屋 !!   ん?  発電屋ではないな。

posted by toinohni at 10:52| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

芋づる式というが、見たことあるのかに?

「芋づる 写真」の画像検索結果

こんなんです。次々と、芋づる式に逮捕されて欲しいですね、あいつら(笑)

posted by toinohni at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電って知ってる? うーん、名前だけは知ってますぅ

FITは10年間の買取りなんだって。2009年に導入した人は今年の今頃で満期終了・・・・
2009年では1kWh = 42円だったらしいが、毎年の見直しで下がり続け、2019年は24円になっとる。うっへーーーー。
そして、その買取り制度がおめでたく満期を迎えるである。電力会社は買取りを続けるらしいが、買取価格は10円ぐらいに下がるらしい。
この買取価格は電力の新規参入の新電力にしても同じであって1kWh 10円前後らしいぞ。

以前から屋根にソーラーパネルを載っけているの見ると、金持ちの道楽、だと思っていたのだだか、やっぱそうだったんだ。金持ちの道楽、趣味でしたね。
2009年に200万円ぐらいで設備導入したオッサンは今頃・・・・・いや、道楽だからいいわな。

満期後に設備を入れ替えて再度FITすればどーよ・・・と思ったら、それは不可なんだって。

というわけで2009年組のオッサンらの動向に注目する。こんなの廃棄だ、意味ねーぞ、と考えるか、安くなっても売電してローンを払い続けるか(笑) まー趣味や道楽であれば問題はない。

ところで住宅用にしろ事業所向けにしろ、太陽光発電ビジネスの倒産はよく聞く。これ、導入した連中はメンテナンスをどうするのかね。装置そのものはメーカー保証があるとは言え、メンテナンスは人が作業するのでね。そういう人をどこから探す? 
更地にソーラーパネル設置した場合には雑草、木々が生い茂るの避けるために刈り取りは必須だで。除草剤をたくさん撒き散らし・・・ってか。それ要注意な。

10年満期が来年以降は続くわけだ。買取価格のみなおしは毎年あるらしいし。いったい、何のメリットが?   
   だから、道楽や趣味だってばよ!!

住宅用は道楽や趣味の一面が強いかも知れないが事業所用だとカネの問題だからなあ。赤字覚悟で導入するわけがない。
新規参入組の新電力が何をしているのか、知らないので今後はそこらを調べよう。

ところで再生可能エネルギーは太陽光発電だけではない。昔、家庭用の風力発電装置が売り出された事があった。
当時の技術展示会では風力発電機の展示がいくつかあり、扇風機で風を送り風力発電機のプロペラを回し発電量を表示し、ってやってたよん。10年ぐらい前かな。もっと前かも。
その頃、ソーラーパネルの展示も盛んであり、説明員が言うには、補助金とか税金優遇とかがあるから成り立つと言うとった。正直な人だった(笑)

そういえば風力発電機のベンチャー企業があったなあ。たしか、オーディオメーカーを潰した元社長さんが起こしたベンチャーだったと記憶している。
で、今は小型の風力発電機ってどこへ消えた?
 
   それどころか、大手で風力発電機から撤退するという記事も見た記憶がある。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00006/012400011/

   日立でしたわん。

発電に関しては技術展示会を何度か見た。ソーラーパネル、風力、潮力、地熱、バイオ、温度差利用、とか。
で、バイオに関しては採算とれる見込みがないので撤退という記事もあった。
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0201_1j.html
   撤退ではなく検討を取りやめって、始めてもいない(笑)


地熱発電に関しては温泉地や国立公園等があり地元が大反対するので数は増えず。
水力発電所の増設はダムが河川環境を壊すと反対するものが出て(笑)
バイオマスは特定の植物の油を使うとなると、その植物の栽培で土地が食われてしまうと騒ぐ
原子力発電所は危険だと騒ぎ、
火力発電所は二酸化炭素排出が多すぎると文句を言い、
太陽光発電所を事業的にやろうとすると森林が消えると騒ぎ、
風力発電は音が公害だと騒ぎ、

世の中にな、打ち出の小槌はないんやで、ガキが駄々こねんとな(笑)

そういうわけでFIT(Feed In Tariff)ってのが今年から満期を迎え続けますよってに。

posted by toinohni at 09:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする