2019年11月25日

FPGAというものがあってな・・・・今更かよーーーー

1990年代後半にFPGAは今後、大成長するぞ、と感じた。職場でも講習会等が開かれFPGAを使える技術者の養成が急務だった。

そして、20年が過ぎた。飽和した。成熟した。もはや目新しいものはない。枯れた技術になった。20年という歳月は人を老けさせる・・・・・ そりゃそうだ(笑)

では、次の技術は何か? 半導体はメーカーがロードマップを出す。数年後に10ナノルールになってぇーーーとか。
だが、それは製造上の問題も含むものである。
そうではなくて、オツムの進化はどうなのだ?  つまりはツールの進展はどうなのだ?

CPUで言えばハードの進歩にソフトが追いつかない状況があった。今はソフトエンジニアの数はハードエンジニアの数の数十倍はおるおるおーるず。
ここで注意。ソフトエンジニアという場合には文系卒の掛け算九九も怪しげなレベルも含まれるのである。
ようするに土方作業としてはOKって事だわ(笑)

では、FPGAだはどうか。。。。。これも土方作業としてはOKという分野があるらしい。詳細は知らんけどね。

ALteraがインテルに買収され、様相は変わって久しい。XiLinx, Latticeは健在。すでに、ありふれたデバイスになっているFPGAなので、儲けるには数を売るしかないのだよん

80年代のGAL, PAL、90年代以降のFPGA。エレクトロニクスの一つの分野の話ではあるが、では、FPGAの次は何か?  そこだで。

目端の効く奴らは次世代を狙う。ボンクラのオレのようなのは常に時代を後追いする。

いいのだ、それで。棲み分けというものだ。兵隊がたくさんいないと成り立たないのだ。オレは兵隊だ。それでいいのだ。指揮官はシンドイのだ(笑)

posted by toinohni at 17:46| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Program codeがテキストではなく画像で表示されている場合

http://ishidate.my.coocan.jp/vpy_9/vpy_9.htm

写経と文字認識とを根気よく使ってですね(笑)

 

   さあ、これをTextに変換するだぞ。png Fileである。これをGoogle Driveにup loadするのである。そして、Googleドキュメントで開くである。するとテキストに変換するである。

#いろいろな回帰分析手法を設定し、学習させ、予測させる regrl = linear_nodel.LinearRegression() regri.fit (X_train, y_train) y_predl = regr1.predict (X_train) regr2 = linear_model. Lasso (alpha = 0.2) regr2.fit (X_train, y_train) y_pred2 = regr2.predict (X_train) regr3 = linear_model.Ridge (alpha = 0.2) regr3.fit (X_train, y_train) y_pred3 = regr3.predict (X_train) regr 4 = linear_model.RANSACRegressor() regr4.fit (X_train, y_train) y_pred4 = regr4.predict (X_train)

1. # 結果を表示させるメソッド def show_data(y_pred):

plt.xlim (54.75, 57) pit.ylim(110, 150) plt.grid(True) pit.scatter (X_train, y_train, s = 20, color = 'r') plt.plot (X_train, y_pred, color='b', linewidth=2)

# 結果を表示する pit.figure (figsize = (7.2, 7.2)) pit.suptitle('1131137.0

3- - -#n +39 : (kg) : H VA E (mmHg) ', font properties = fp) plt.subplot (221) pit.title('Linear Regression') show_data(y_predl) pit.subplot (222) pit.title('Lasso') show_dat aly_pred2) pit.subplot (223) plt.title('Ridge') show_data(y_pred3) pit.subplot (224) pit.title('RANSACRegressor') show_data(y_pred 4)

plt.show()

    これをEditorで修正するである。VScode使っておるおる。というのは以前も書いた。今回はGoogleドキュメントの文字認識能力についてだ。

改行は自分でEnter叩くのでさほど問題はない。
日本語に変換するところでミスっている箇所があくつかある。
小文字の「l」と数字の[1]を誤変換する。小文字のエルと数字のイチは間違いやすいですわ。昔から。
たまに[m]と[n]を間違う。
plt を pitと誤変換する。これはReplaceで一気に修正すればいい。

VScode Editorでは文法的なミスには波線がつくので変数の間違い等はすぐに気づく。
したがって、この作戦は意外と良い。使える。Googleドキュメントで処理するって実用に近づいた・・・・あくまでもワタクシの怠け用のツールとして(笑)

これでプログラムのソースコードがテキストではなく画像になっていても簡単にテキストに変換して試すことができる・・・ような気がする。
まー写経とどっちが楽か?   長さ、量に依るですね。うむうむ。終わり

posted by toinohni at 08:51| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VScode 画像表示 回復しとったのです

image

今日、VScode起動したら画像表示したである。良かったよかったよかったーーーー!! 

普通のは表示していたけど。なんでInsiders使うのか?  何か理由があったが忘れたである。Javaの何かがうまくいかなかった気がするけど。もうJava使わんのだけど。

VScodeに限らすVisual Studio 2017 Communityも自分でプログラムを書くことはなく出版社サイト、記事サイトからDLしてクリック、クリック楽しC--ってレベルだけどね。
それでも以前は画像表示していたのに、ある日から表示しなくなると、ムカッパラたったり悲しーになったり。対策探すの楽C-・・・・といいのに。
だが、だいたい待っているのが最良ですわ(笑)

posted by toinohni at 07:49| 東京 🌁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EveryPhone AC の時刻表示が 変だジョー

おいらのEveryPhone ACは2017/11購入である。2019/09に起動しなくなってヤマダ電機に持っていったら担当者が、修理すると2,3週間かかるので在庫があるので交換でよろしいか?  色違いになるけど、と提案して来たのであった。黒から金色に変わった。新品だーーぃ!!

  この金色ACは前の黒ACよりマシ。黒ACは画面オフだと着信しない。電話機として失格だ。修理に出したが治らんかった。
それが今回の金ACは画面オフでも着信するで。それが当たり前だがウレピー。もう保証はないのだが2,3年は頑張って欲しいものである。6インチスマホはいいぞ。年寄りには(笑)

で、右上の時刻表示を信用していたら、あら、何か変だジョー!!   ずれとるし。なんじゃこりゃーぁ!!   
というわけで、ヤマダ電機のスマホはね、某5ch見たらそういうの多いんだって。ACだけでなく。その場合には電源切って再投入。
それで治った。よかった。

スマホも1週間に1回は電源切る方がよいのだな。PCは使わない時は電源切る。サーバーにしているノートPCも夜の8時に電源切れて、朝の6時に電源入る設定だ。Linuxマシーンである。電源切りはLinuxの機能で。電源入れるのはBIOS設定で。どうよ、この便利さ(笑)

PCの場合はSSDにしてから起動時間がちょ~短くなっていいす。スマホの場合は起動に時間がかかる(あくまでもヤマダ電機のACでの話でして、他のは知らんもんね)

オムロンの体重計もたまには電池の外し・入りをした方がいいのかもね。電子機器は電源を切ったり入れたりして気合を入れないと長持ちしない気がしている。根拠は勘ですけど。

posted by toinohni at 07:42| 東京 🌁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする