2019年11月29日

芋づる式というが、見たことあるのかに?

「芋づる 写真」の画像検索結果

こんなんです。次々と、芋づる式に逮捕されて欲しいですね、あいつら(笑)

posted by toinohni at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太陽光発電って知ってる? うーん、名前だけは知ってますぅ

FITは10年間の買取りなんだって。2009年に導入した人は今年の今頃で満期終了・・・・
2009年では1kWh = 42円だったらしいが、毎年の見直しで下がり続け、2019年は24円になっとる。うっへーーーー。
そして、その買取り制度がおめでたく満期を迎えるである。電力会社は買取りを続けるらしいが、買取価格は10円ぐらいに下がるらしい。
この買取価格は電力の新規参入の新電力にしても同じであって1kWh 10円前後らしいぞ。

以前から屋根にソーラーパネルを載っけているの見ると、金持ちの道楽、だと思っていたのだだか、やっぱそうだったんだ。金持ちの道楽、趣味でしたね。
2009年に200万円ぐらいで設備導入したオッサンは今頃・・・・・いや、道楽だからいいわな。

満期後に設備を入れ替えて再度FITすればどーよ・・・と思ったら、それは不可なんだって。

というわけで2009年組のオッサンらの動向に注目する。こんなの廃棄だ、意味ねーぞ、と考えるか、安くなっても売電してローンを払い続けるか(笑) まー趣味や道楽であれば問題はない。

ところで住宅用にしろ事業所向けにしろ、太陽光発電ビジネスの倒産はよく聞く。これ、導入した連中はメンテナンスをどうするのかね。装置そのものはメーカー保証があるとは言え、メンテナンスは人が作業するのでね。そういう人をどこから探す? 
更地にソーラーパネル設置した場合には雑草、木々が生い茂るの避けるために刈り取りは必須だで。除草剤をたくさん撒き散らし・・・ってか。それ要注意な。

10年満期が来年以降は続くわけだ。買取価格のみなおしは毎年あるらしいし。いったい、何のメリットが?   
   だから、道楽や趣味だってばよ!!

住宅用は道楽や趣味の一面が強いかも知れないが事業所用だとカネの問題だからなあ。赤字覚悟で導入するわけがない。
新規参入組の新電力が何をしているのか、知らないので今後はそこらを調べよう。

ところで再生可能エネルギーは太陽光発電だけではない。昔、家庭用の風力発電装置が売り出された事があった。
当時の技術展示会では風力発電機の展示がいくつかあり、扇風機で風を送り風力発電機のプロペラを回し発電量を表示し、ってやってたよん。10年ぐらい前かな。もっと前かも。
その頃、ソーラーパネルの展示も盛んであり、説明員が言うには、補助金とか税金優遇とかがあるから成り立つと言うとった。正直な人だった(笑)

そういえば風力発電機のベンチャー企業があったなあ。たしか、オーディオメーカーを潰した元社長さんが起こしたベンチャーだったと記憶している。
で、今は小型の風力発電機ってどこへ消えた?
 
   それどころか、大手で風力発電機から撤退するという記事も見た記憶がある。
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00006/012400011/

   日立でしたわん。

発電に関しては技術展示会を何度か見た。ソーラーパネル、風力、潮力、地熱、バイオ、温度差利用、とか。
で、バイオに関しては採算とれる見込みがないので撤退という記事もあった。
https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2019/0201_1j.html
   撤退ではなく検討を取りやめって、始めてもいない(笑)


地熱発電に関しては温泉地や国立公園等があり地元が大反対するので数は増えず。
水力発電所の増設はダムが河川環境を壊すと反対するものが出て(笑)
バイオマスは特定の植物の油を使うとなると、その植物の栽培で土地が食われてしまうと騒ぐ
原子力発電所は危険だと騒ぎ、
火力発電所は二酸化炭素排出が多すぎると文句を言い、
太陽光発電所を事業的にやろうとすると森林が消えると騒ぎ、
風力発電は音が公害だと騒ぎ、

世の中にな、打ち出の小槌はないんやで、ガキが駄々こねんとな(笑)

そういうわけでFIT(Feed In Tariff)ってのが今年から満期を迎え続けますよってに。

posted by toinohni at 09:22| 東京 ☀| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

サイト記事でTensorFlowのオベンキョーを続けるワタクシである

http://ishidate.my.coocan.jp/vpy_15/vpy_15.htm

プログラムは画像なのでコピペで簡単に試す事はできず、しょうがないので写経するワタクシである。書き写すのである。
で、画像処理の簡単なのを紹介している。もともとTensorFlowの活用はそこではない。・・・という気はするが、まー動かしてみればTensorFLowというツールがどういうものなのか、分かってくるのではないか。
ここらの解説とか実習とかを飛ばして便利なツールでどーたらこーたらというのはワタクシのような低レベルのIQ88の頭脳ではチビシー。
ただ、ワタクシの感じ方ではTensorFlowを使いやすくするツールとは例えばMaximaに対するwxMaximaの関係である。さらにはg++に対するVScodeの対応である。あるいはR言語に対するR Studioの対応である。ベースがあって、それを使いやすくする。ツールは便利な方がいいもんね。

というわけで、ワケワカメだが写経して動かしてみた。サイトではVisual Studio Communityを使っているがワタクシはVScodeである。Visual Studio Communityはデバッグがどうしても必要なときには使うが短いプログラムを試すにはVScodeが簡単なのである。

で、画像処理の例。画像処理で8近傍での演算等は技術的に言うとコンボリューションという事になる。信号処理の分野では畳み込みという捜査だ。
そのコンボリューションを使う例であって、必ずしもTensorFlowの特徴というわけではないが、こういう事も出来る、という例だ。
ぼかし(平均化)と先鋭化を試した。詳細は略する。
image

image

学習の過程では320×240の小さい画像である。

ただ、こういうことも出来るという例であって先鋭化、平均化等はOpenCVでも出来るし他のツールでも狩野舞子である、叶姉妹であれ、狩野英孝である、可能である。うむ。

首記のサイトの著者は元・大学教授であって理工系である。理工系の連中には著者が扱う内容に馴染み深いものが多いので学習用として最良であると考える次第であるである。
2008年ごろにはC++/CLIてのOpenCVの利用で解説記事があったである。ワタクシも10年ぐらいのサイト付き合いなのである。一向にワタクシのレベルは上がらぬ(´・ω・`)

posted by toinohni at 16:14| 東京 ☔| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インターネット普及して情報収集は簡単にできる時代になったがバカは増殖だ

  あかん。ワタクシは勘違いしていた。歴史的に考えて、昔から何らかの道具が発明されて、人々がバカではなくなる・・・という状況は一度もなかったのだ。
道具が人類をバカでなくなるようにするわけではない。道具は道具だ。

原爆炸裂・・・・・ それで結論だ。道具は人類を賢くするツールではない。

インターネット普及で情報収集は簡単になったが、バカは増殖することに変わりはない。道具が人類を賢くするわけではない。バカはバカのままだ。

バカモンなのだー、と山田花子も言うとる。てへ

しかしながら、ひょっとこして、ひゅー。人を賢くするツールというか教材というか装置というか、そういうものが登場する可能性はある。
典型的な極限では「時計じかけのオレンジ」だ。アタマが狂った奴にある種のチップを埋め込む。それで性格がかわる。強姦魔などはチンチン切落とせ・・・という拷問をするわけにはいかないが、この手のチップで性欲がなくなる・・・となると性犯罪は激減するかもだぜ。
科学技術の行く先にはそういう世界がある、可能性もある。

道具、ツールによって人類は賢くはならなかった。相変わらずバカれべるだ。今でも世界のどこかでは戦争、紛争が続き。貧富の差は相変わらず現実としてある。
トップだけがデブの国を笑う事はできんぞ。デブだらけがいて食べ物を捨てている国々がある一方では飢餓で幼い命が消える国々もある。

道具の発明は人々の暮らしを良くする・・・・はず・・・だ。だが、バカが減らないのはどうしてだ。・・・・・ より良い暮らしのためには道具を使って人からカネを巻き上げようとする・・・・これは詐欺師だけではなく、企業、国、政治団体、となりのおっさん、近所のミーちゃん、脊髄反射で文句いうだけで食っている某野党の代議士、・・・・ みんなえーかげんなれんちゅうばかりじゃ、
こんな社会では暮らしたくない、オレは妄想の社会で生きる、

よっしゃ、ひきこもるで、オレ!!

posted by toinohni at 14:17| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FFTで四苦八苦 1.5Hzの憂鬱

N = 32 とする。無意識に矩形窓関数を使っていることになる。周波数が1,2,..と整数であればFFTの係数はピシャッと出る。窓関数と周波数が整数の関係になっていれば、だけど。
で、整数の関係にない時は係数は広がる。再度、表示する。
まずは1.5Hzである。実数で与えるので虚数成分は0である。
image

FFTの結果は
image

   16を中心に対称である・・・という場合には、1-15, 16-31を見る。0はDC成分で対称に加えない。
ここで、FFTのもともとのフーリエ級数を思い出す。1.5Hzの信号は1,2,3,4,…といった成分の和として表現できる。つまり、
sin(1.5Hz) = 係数1*sin(1Hz ) +  係数2*sin(2Hz ) + 係数3*sin(3Hz )….. といった形式になる・・・・はず。
なのでグラフに出ている高次の係数の値は元の信号を表現するために必要な成分なのであり、決してノイズではない。ここの説明で誤解を招くものがいくつかの本で見受けられた。ただし、ノイズを著者がどう捉えているか、定義は知らない。
ここに現れている成分は1.5Hzを表現するためには全部が必要なのである。ノイズではない。

では、ここで高次の成分を0にしてからIFFTをするとどのような波形になるか。滑らかさが消えると想像はできる。

試しに0 – 11 だけをつかって見た。12-31は0にした。それでIFFTをする。
image
  
   高域での位相情報を消してしまったので虚数成分が出てきたが、とりあえず実数を見る。cos()の波形だ。滑らかさは劣化している。
では、もっといじって、0 - 7まで使ってみる。
image

  あら、なんか滑らかになった気が・・・・ よーし、0 - 4ではどうだ!
image

   うーーむ。正しく動いているんだろか。
0,1,2 ではどうだ

image

うーー 0, 1だと*****   そりゃcos(1Hz)ですね
image

というわけで、FFTとかDFTとかで、アーーソブを終わりますm(_ _)m

posted by toinohni at 14:02| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

奇跡だ!! まぐれだ!! 今日はいいことあるぞ!!

image

   全問正解でスコアは上がる。ここまで上がったのは初!!  東京都で8位、レベル27クラスで1位。

うむうむ。今日は勘がさえぴー。全問正解で解答時間を約めるとスコアはもっと上がるであろう。だが、無理であろう。
上位の人達は英語を職業にしているのだろかね。

いつもは100点前後であり実力はそのあたりだわな。このスコアを続けると語彙数が2万を超える・・・・らしい。
まーなんというか、語彙数は1万ぐらいでいいわん。それで英文が読めれば十分。

posted by toinohni at 09:26| 東京 ☁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素粒子ってなんだろな   知るかよ、そんなの!!

素粒子論はなぜわかりにくいのか  吉田伸夫

クォーク2 南部

クォークの不思議 外人

   こういうの読んで分かる人がいたら素敵!! スマートな頭脳ですわ。ワタクシは断片的に知る事はできるが理解することは出来なかった。考えるとドンづまる。なので考えないほうがいいぞ。

50年代に加速器の性能が上がると新しい粒子が数百も発見された。物理学者は分類し規則性を探し、だ。何百もの粒子はハドロンとレプトンに分けられ、ハドロンはバリオンとメソンに分けられ。
そうやっているうちに一つ階層を下げたらうまく説明がつくのではないか、と勘づいたのがツヴァイクとゲルマンだ。独立してクォークを考えた。初めはu,d,sの3種である。その後、クォーク理論は発展しu,d,s,c,b,tの6種類に増え、さらにそれらは3つに区別されるとして量子色力学が登場だ。
こういう流れは読めば知ることは出来るのだが、考えるとどんづまる。そもそもなんで加速器で衝突実験するとそういう粒子が出てくるのだ?  それは試料のどこかに潜んでいたのか。そうでないとすれば、どこにその粒子のタネがあったのだ?  まさか、衝突の際にエネルギーが質量に転化したなんていう話ではないだろな。

で、原子核は10のマイナス15乗ぐらいだ。その原子核の中に陽子、中性子があり。陽子、中性子の中にクォークが複数あり。。。、。 それだとクォークっていったいどんだけー小さいねん。
しかもクォークは単体で検出されないときた。単体で検出されない妄想の粒子に質量や電荷やスピンやらを与える。
さらにクォーク間を結びつけるグルーオンなるものが登場だ。これが陽子の内部での話というからなあ。クォークから見ると陽子って、だだっ広いんかいな。まてまてクォークって単体では検出されないのに、大きさってわからんではないか。

ここらでイメージとして古典的な粒子を持っている事に気づくワタクシ。電子は粒子かつ波というのが量子力学での扱いだが、それはそう扱うだけであり電子像を表示しているわけではない。
電子の二重性のうち粒子性に対しては点粒子として質量、電荷という属性を与え、波動性に関しては波動関数が担当するという扱いだ。あくまでも量子力学はそういうふうに電子を扱うという話であり、電子の実体を記述しているわけではない。

レオンレーダーマンは詩人のための量子力学で「素粒子は真空の泡立ちである」と書いておる。
場の量子論では場の励起モードを粒子と言いくるめる、と佐藤文隆は書いている。
場の励起状態が素粒子であると吉田伸夫は書いておる。
うろ覚えである。

ようするに、ここに古典的な粒子像は皆無である。

ところがクォークの分類表を眺めると古典的な粒子像を想像するワタクシ。元素の周期律表のようなものをイメージする次第である。

まあいいや。素粒子って何かなあーーって分からんでも困ることはない。m(_ _)m

posted by toinohni at 08:55| 東京 ☁| Comment(0) | 物理科学雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

写経だ、書き写しだ、書くのだ、書けえぇーーーー!!

  考えてみると小学校から大学まで先生が黒板に書きながら説明し、生徒・学生は書き写しつつ聞いていた事が多い。まーサボってノートをとらない事が多かったワタクシであるが。
その学習スタイルは意外と効果がある、あったのだなと最近考え直した。まーだいたいね、英単語は書いて覚える、漢字も書いて練習する、数式は導入過程を書いて覚える、公式も書いて覚える。そこだで。
技術系の受験対策も書いて覚える。だいたい計算問題がたくさん出るので自分で計算して正答を出すには書くしかない。頭の中で計算できるような便利なアタマではない。

ここにインターネット環境が登場し、コンピューター言語が多数登場し、しかもコンパイラ、IDE等がタダで使える。すると出版社は本のプログラム例をサイトからDL(down load)可能にする。そのぐらいしないと本が売れない。技術系サイトでもプログラム例はDL可能だ。
そこでワタクシはせっせとDLする。タダのVScodeでタダのg++, Pythonなど使い、DLした例題をクリック、クリック、あ、動いた!!   よっしゃ、学習 終わり!!   (笑)

そういうことを数年続けた結果、ワタクシのプログラミング能力はまったく向上しなかったのであります(´・ω・`)
ただ、環境構築には少しは詳しくなったである。特にPythonの場合にはPython versionとModule versionの組み合わせでは動作しない場合がたまにあり。その場合にはクリック、クリック、たのしーなー、という状況にならんのですわ。

というわけで言いたいことはプログラミング初学者は写経だ、書き写しだ、書くのだ、書けえぇーー!!   書くことでアタマに染みるものが多々ある。
とは言え、写経は短いコードだけね。誰が数千行も書き写すかよ、バカタレ!!
 
   いや、基本的なところは短いコードで十分なのだ。その短いコードは書き写せ!!  サイトからDLしてクリック、クリックして、あ、動作した!!  やったー、終わり・・・・ ではあかんのだ。

実は書き写すのも最近は楽でして。入力補完機能というものがあって。さしてプログラムって似たような記述が多々あるので、そこらはコピペして修正すると・・・・
そういうことをやっているとコピペがうまくなってEditorの使い方に慣れて・・・肝心のプログラムを書く能力は鍛えられていないという(笑)

つまり、便利なツールに頼るとね、初学者にとっては学習にならない場合もあって事だ。

と思った次第であるので、これから実験する。写経する。プログラムとしては10ぐらいで。全体の行数では1000行ぐらいにはなるが、コピペ多用します(´・ω・`)

posted by toinohni at 08:36| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

習うより慣れろ・・・・おまいが考えたってどうにかなるものではないっしょ

昔の偉い人は言いました。習うより慣れろ!!  これはソフトウェアだけでなく物理の量子力学でも共通でする。みのり先生は言いました。私も繰り返しやって慣れただけであって・・・

ちみぃの貧素なオツムと少ない情報では考えても無駄である。考えるためには材料を集めねばならぬ。素材がないのに料理がでけるかーぼけぇー!!  なのである。

地道に進めるという事は、この素材を集めるという事に相当するのである。たぶん。

いきなりフォーキングで10km歩くなや。いきなりサイクリングで50km走るなや。まずは少しずつ。それてせ様子をみつつ徐々に距離を延ばす。そこだで。

ただ、いつまでも準備運動ばかりして一向に走り出さない奴もいるが、そういうのは準備運動が人生なのだから放置な。

さー、ここまで言ったワタクシは何をしようとしているであるでしょうか。

そうです、TensorFlowにトライするのです。本とサイトは知っとる。本は図書館にあった。ただ、この場合に人工知能だ、AIだ、機械学習だという宣伝文句に貧素なオツムが毒されているとTensorFlowですぐにでも強い将棋ソフトが作れるぞ、近所の猫の顔を区別できるアプリが作れるぞ、などと高望みに飛躍してしまう。そりゃIQ88なんだものしゃーない(笑)

以上で、能書きを終わります。最近は何かを始める際に、億劫になって、いろいろとグズグズしてから、やっとこさ 始めますのですね。
年取るとね、いや、昔からそうだったわワタクシ(´・ω・`)

posted by toinohni at 10:03| 東京 🌁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

このてのWeb-Siteは大手に占められているようである

技術情報系サイトではワタクシはこれをたまに見る。
https://tech.nikkeibp.co.jp/top/it/index.html
image

扱う範囲が広い。さすが日経系である。にっけいけい(笑)

他に次のようなサイトもよく見るである。
https://www.atmarkit.co.jp/

image

   ここはIT系に絞っているようだ。そして左上の三本線をくりっくすると、ドッヒャー!

image

    こいつらを運営しているのは、
https://corp.itmedia.co.jp/
この会社である・・・・・ そして、これはソフトバンクグループ企業である。
image

 

  それぞれのサイト記事を読むためには会員登録(無料の)しなければならない場合が多々あってですね。すると毎日メルマガが届くである。だいたい一日に50ぐらいかな。
情報技術が日経系やソフトバンク系からの発信に偏っていてはいかんであると考えて、CQ出版、インプレス、秀和システム、技評などからもメルマガが届く次第である。

情報収集はなるべく偏らないようにするのが良いであるぞ、たぶん。

で、大量のメルマガは届くとゴミ箱行きになるである。中にはタイトル見て興味があるものは読む場合もあるである。

とはいうものの、ソフトバンクグループってこの手のサイトが大杉じゃ、大杉は昔のヤクルトの強打者じゃ。多すぎるんじゃ、ぼけー!!
というわけです。

毎日、この手の大量の記事をよんでいる奴がいるはずはない(あくまでも個人の感想であり)、いくら暇でも読むのは飽きる。一日で読み終える分量でもないし(笑)

ワタクシは日経系とソフトバンク系と、その他系と分けている。ただ、日経系は日経エレクトロニクスの記事などが全部読めるわけではない。そこは有料会員を集めたいわけだ。

   それにしてもソフトバンクグループのWeb–Siteは多すぎるが、トップは うちらは投資会社ではなく情報革命の会社だ・・・と主張していた気がするねーーー、が投資会社だろに、話題になっているけど。

posted by toinohni at 08:34| 東京 🌁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする