2019年10月24日

芸能人の不祥事

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201910240000041.html

東京国税局に7年間で計約1億2000万円の申告漏れを指摘されたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が23日、吉本興業大阪本社(大阪市中央区)で緊急会見した。

追徴課税を納付した。それで終わっている。で、何が問題なのか。知らんわい。

所得隠し・・・・ イメージダウンは避けられぬ。

posted by toinohni at 14:18| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たいていの学習の材料は無料で手に入る時代だが肝心のオツムの方はどうよ

FPGAの開発ツールは機能限定とは言え無料だ。Xilinx, Altera(今はインテル傘下)、LatticeはWeb versionを無償提供している。FPGAの販促という意味合いもあろう。だが趣味の電子工作マニア、オレみたいな暇つぶしジジイにはありがたい。
C言語、BASIC, Python, Fortran, Perl・・・・とコンピュータ言語はただで使える。しかも本を買えば出版社からソースコードはダウンロードできる。以前は本の付録としてCD,DVDとかあったが最近はダウンロードばかりだろう。
英語教材 PCアプリ、スマホアプリと膨大だ。ただし広告がつくとか。まーそういうタダで使える教材が多数ある。

では肝心のオレのオツムはどうか。FPGAの評価ボードはもうないしいじる気はしない。少し規模のデカイFPGAのボードだとCPU載っけてLinuxマシンにできる。そうなるとプログラム書くだけだ。プログラム書かないとね、動かないだよ。
数年前にBeagle Bone Blackというカードコンピュータかな、買った。1万円未満。それはDebianが動く。やることはポートを叩くだけだ。ようするにプログラム書かないと楽しいことはできませぬ。
まーそういうことだわ。

ツールや教材が豊富にある環境でレベルアップをどのぐらい果たしたか。そこだな。ボンクラ高校の生徒は予備校に行けば学力は上がると考える。行って勉強すれば学力は上がる可能性は高い。だがけ行けば上がるという考えて間の行って勉強する・努力するという肝心な事が抜けている。ボンクラ高校の生徒の発想はそういうものだ。

ようするに個人の資質というものは自分で努力するかどうか。そこだけだ。そして、そんなことしなくても別に困らないのである(笑) FPGAをマジシャンみたいに使いこなしたからどうだってんでー。Visual Studioでどしどしプログラムかけるぜ。。。って、それがどうしたんでー。
英語アプリでTOEIC点数800超えたでーーー。それがどうしたってんでー。

そういうものに感動はないのである。

で、実はいま考えている事があるが、黙っている。ヒントは中高大・社会人と新しい分野に直面した時に、理解した、わかった、そういう一瞬ってどういうものだったけなというところ。
アハ体験かよ。その一瞬って、嬉しいし、楽しいし。そこだなあ。

ツールがタダで、教材等もタダでたくさんあっても、それがどーだってんでー。という人が大勢だろうなあ。大衆はバカ、というのが大衆の定義らしいし。

おわり。

posted by toinohni at 14:09| 東京 🌁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FFTというものがありましてん  ワケワカメ と゜っひーーー

教科書をいくつか読んだら分かってきた、どうして私が理解できないのかを。それはIQ88だからである。どっひー。
DFTの数式を行列で表して、その行列を分解していくのだが確かに本に書いてあるような分解だとそうなる・・・だが、その根拠がわからんちん。
そこだが、それはキチンと解説を書かない本が悪い。N = 4, N = 8とかの行列の場合に分解してこうなります、列の入れ替えが生じますのでシャフリングします、というのは分かるが分解の仕方がわからないし、回転子の指数の数字の根拠が分からない。
なので N = 8の場合から一般化できるって・・・・想像力が豊かでアタマがいい人向きですね。

しかしながら私は少しずつ分かってきた。本によって書き方が違うのはFFTのアルゴリズムに種類があるし、やり方もいくつかあるようなのだ。
その場合にバタフライ演算も係数が違ってくる。ここは、その方ではこういうバタフライ演算である、という認識をしてから見てね。別の本では違うから、係数が。

てなことが分かってきた。FFTのプログラム例をいくつか見ている。サイトにあった解説記事も試したが、これ間違ってるで、プログラムが・・・ってのもあったりして。

まーそういうことで一歩前進した。バタフライ演算の係数に注意だね。って数式書かないでこんなこと書いてもなんのこっちゃだけど。

posted by toinohni at 09:17| 東京 🌁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする