2019年10月10日

電気工事士というものがあるらしい・・・ ほーー

私はそういうガテン系の資格は興味がない。コンピュータとかITとかLinuxとか・・・・・・・・・知的な資格には興味がある・・・・てへ。
とはいうものの、自分ちの電気配線、100Vの電灯線とかいじるには二種電気工事士の資格が必要らしいぞ。
数年前に風呂場の換気扇のタイマーが故障したのでホームセンターで買ってきて取り替えたが、そこ100Vにさわる危険性があるのだった。ドッヒャー!!   ってか、そういうの自己責任でやりまするのです。ブレーカー落として、さらにテスターで電圧見て、ゼロだと確認してやりましたのです。
まー電気工事士ぐらいの電気の知識はあるんじゃないの、作業の実務経験はないけどさー。

二種じゃ重みがないな、一種ならどうかな・・・と思って調べたら、これは試験に合格しても実務経験がないと免状をもらえないという。さすがはガテン系の資格である。実務経験が大事だね。
じゃあ、二種は実務経験はいらないのか?  なんでじゃ?   そもそも二種に合格して実務経験があると言っても一種の業務やるわけでもないだろに。二種で仕事して期間を満たせば一種の試験合格後に免状もらえるってか。
そもそも免状ってなんだ?  知らんわい。

まあ、めんどいので何かしなければならない時は自己責任で(笑) 街の電気屋さんに頼むとカネかかるし・・・。
とは言っても何かやるって。エアコンの交換とか?  蛍光灯の交換は資格関係ないし。うーーむ。役に立ちそうにないなあ、私の場合には。

まてまて、100Vをどうとかいうが、私はスイッチング電源をいじる時があったぞな。その回路をいじるのに資格は必要ないだすね。うーーむ。寝る。

posted by toinohni at 21:01| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Skypeのクレジットは有効期限があるらしい・・・ほーー

Skypeから固定電話にかけると安いので良いですね。市のゴミ課に粗大ごみの申し込みをする時に使うだけですね。。。

で、180日で有効期限って。。。。 いやいや、一度も切れたことはない。

というのは、180日の前にどっかに電話かけたらいいんだって。

それはね、Skypeからスマホに電話するだよ。そしたら何回か鳴らしてから切る。それでいいんだってさーーーー。
まだクレジットが500円ぐらいある。数年前に購入。
たまに自分のスマホに電話かける。。。。。

じつは、ヤマダ電機のEveryPhone ACが画面オフの際に着信があってもプルプルプルと着信動作しないという症状があって、何度かかけた。不在着信として履歴が残って、あ、誰かが電話したんだな、とは分かるが画面オフで着信しないスマホって欠陥品じゃん。まーヤマダ電機だから。

てなことをやっていたので180日で有効期限切れるということもなかったんだ。有効期限切れが近づくとSkypeからメールが来るらしいけどね。それも来たことはないなあ。

つーわけで、して。電話する相手がいないからなあ。用事があればメールかLINEだし・・・・

posted by toinohni at 20:40| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安いものは理由があるとかね。。。テキトー

スマホはIIJの3GB 音声SIM  1600円が最安グループである。1580円とか1480円とかは誤差のうちとする。
データだけで480円とかのプランも他社にはあるらしい。それも低速だったりする。

IIJにはガラケープランという920円のがある。最安である。通話・SMSが可能であるがデータ通信は不可である。メールも使えない。たぶん。
だが、データはオプションで買えば使えるらしい・・・・が、1500円で500MBで、安いねと思ったものの有効期限が3ヶ月である。月に500である。
それならば、ガラケー 920 + 500 = 1420円となって1600円と差は小さいのであるぞなもし。

ようするに音声 + データでIIJの1600円は最安グループである。他社もそれより微妙に安いのはあってもメリットねーーーーすーーーーー、である。
IIJは3GBは使い切らないと繰越。なので私は月の初めは6GBあるのである。使いみちがないのであるぞな。
しかも、仮に3GB使い切って、まー繰越の6GBを使い切っても低速200kbpsとかになるのであってデータ通信は可能らしい。一度も経験したことはないのである。

他社に移る際にMNPで行くと3000円がかかるらしいし、新規契約しても事務手数料3000円ぐらいかかるし、つまり、今のままでいいのである。
まー次はスマホを使わない生活を目指すかな。電話はないと困るか。電話かけるのはSkypeでいいのだけどさ。着信はなー。
外出先では無料Wi-Fi使えばいいのである。多分。

うむ。スマホなしの生活にトライしてみっか。。。。。緊急時の連絡としては必須なのだがな。

だめか。やっぱ、必須か。うーーむむむむのむむむむ。

posted by toinohni at 20:27| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高速フーリエ変換という機能だか処理だかがあるらしい・・・

独習! 信号処理 鈴木・秀和システム で気になった事。著者はDFTの計算が現在のコンピューター等では高速なのでFFTではなくDFTを使う場合も多いと書いているが、信じられん話だ。
データ数が少ない場合にはDFTとFFTの処理時間の違いはさほど出ない。だが、データ数が数千、数万になれば差は明確だ。そういう説明をしている著者がDFTで良い場合も多いという。
ここはいまいち。データ数が32とか64とかであれば差は少ないとは言っても確立されたFFTというアルゴリズムがあるのだ。ライブラリ使えばいいじゃんって気がする。FFTのライブラリ使えばいいじゃん・・・。なんでそこにわざわざDFT処理をする? ここらは何いってんだか分からん。

で、FFTは高速フーリエ変換と訳されていて使う側は内容を知っているからいいのだが字句通りの意味ではない。高速なフーリエ変換なんだな・・・うむうむと捉えると間違いだ。
これは素粒子を素なる粒子と捉えると間違いだというのと同様に。

FFTはフーリエ変換を高速に行うのではない。DFTという、離散フーリエ変換を高速化するものなのだ。単にフーリエ変換と言うと連続量の世界なのである。

で、言いたいことはそこではない。FFTが何に使えるのか。

「高速フーリエ変換」E.ORAN BRIGHAM   宮川洋・今井秀樹 訳 の1980年頃の本がある。科学技術出版社から出ていた。
この本はフーリエ変換、DFT, FFT等の解説である。応用事例はないに等しい。訳者らは信号処理や符号理論で私が私淑する大先生である。1980年代の・・・・ てへてへ

で、コンシューマー機器では。FFTの例としてオーディオの横軸周波数のグラフがリアルタイムで動くやつ。名称忘れたけど。
PCのソフトとしては、WaveSpectraという秀作がある。PCのSound Boardを利用するものだが当然、音声帯域に制限される。
これを使ってラジオやRadikoやらの音声信号を見ると周波数の上限がわかってたのしー。昔の電話の帯域は300-3100Hzぐらいだったか。帯域制限する事で周波数多重時のメリットがあるのだが、音声はなんだか変だジョーって感じたろ。高域が減衰しているからだが。
AM, FMの受信時の音楽等での帯域を見ると違いがわかる。FMは広い。
で、Radikoはどうだ。今はAM局の放送内容がFMの周波数で聞こえる。帯域はどうだ? 
そういえばAM放送は数年後に消えるらしいが・・・・・

で、FFTの応用だが。これの逆FFT(IFFT)という機能もある。信号の時間領域を周波数領域に変換するのがFFTだ。逆に周波数領域を時間領域に変換するのが逆FFTだ。
そして、実は現在の地デジ・スマホ等の通信が絡む電子機器は符号理論とディジタル信号処理のカタマリである、と言える。その場合に活躍するのがFFTなのであるが、ここで必ずしも時間領域と周波数領域を行き来するためにFFT,IFFTを利用するわけではない。
符号理論の中の処理のアルゴリズムにIFFTが使えるのである!   これは強力だ。なんたって計算時間を劇的に減らす事ができるのである。

まあようするに、高速フーリエ変換 = FFTという図式でも問題はない。分かっている人は分かっている。そして、応用面の紹介記事が少ない。高速フーリエ変換の教科書は応用面まで詳細に書かない。書くとベージ数が1000ページを軽く超えるだろう。だったら、別の本として出せば売れるではないか?  と思うのだが出さない。
誰でも書くようなFFTの解説本はたくさんあるが、応用面を重視した本は激減。
どうでもいいような情報は膨大だ。インターネットゴミの山だ・・・とも言える。だが、そのゴミの山から宝物を見つけるのは個人の資質、能力に依存する。

何事も脊髄反射で文句いうだけの連中は宝物を見出す事はできまい。そして、自分が出来ないことで、日本は終わっている、と言い出す。無能とアホとバカの発想である。
そういう無能・アホ・バカが大衆であって、大衆はバカだからこそ、我々の経済社会は成り立つのである。これは世界共通。

つまり、FFTはFool Friend Total の略であって、バカな友達ばかりって意味だよん。てきとー

以上、妄想を終わりますm(_ _)m

posted by toinohni at 17:25| 東京 ☀| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CEATEC が10/15から18まで幕張という遠いところで・・・・

https://www.ceatec.com/ja/

なんで幕張なん?  有明のビッグサイトだったらまだ近いのに。東京の西側から千葉の幕張まで行くの遠いのよん。
昔、海浜幕張周辺に企業が集まった時代がある。バブル時代に都心の土地が高くなって安いところに流れたのだった。そしてバブル崩壊後に都心の土地価格が以前のレベルに下がると企業は再び都心回帰したのだった・・・と思っている。
海浜幕張から徒歩3分ぐらいで双子の高層ビルがある。あれが満杯だった時代があったのだ。今はどうか。知らんわい。2,3年前にCEATECからの帰り、午後の4時頃に見上げたら電気ついてないフロアが目立ったけど。
今はどうだろか。知らんもんね。

というわけでCEATECだ。ソニー、東芝、日立等の大手が出展しなくなって久しい。と、思って今年の出展社を見たらソニーも東芝も載っていた。ただし、小会社が。
10年以上も昔のように大型テレビの展示、高性能パソコンの展示等の時代ではないらしい。家電製品の展示という様相は消えているようだ。CEATECも変わったのだった。たぶん。

事前登録すると入場は無料になるのだが入場証を印刷して持っていくのである。それを入り口近くでホルダーに入れる・・・・・ この場合、貧乏・金無しのワタシはプリンターがないのでPDFファイルにしてコンビニに行って10円で印刷する次第である。めんどくさー(笑)

技術系サイト、出版社サイト等でCEATEC特集してくれたら行かないでいいのだけどね。個人のブログでもいいけどさ。・・・・・・・・・
だったら、おまいがやれよな !!   やらんわ。

image

url はhttps://であるが、この接続は安全ではない、とか言うとる。Firefoxが言うとる。

Edge, Chromeでは安全だと言うとるですね。さー、firefox どうした?  知らんわい。

posted by toinohni at 07:12| 東京 ☁| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする