2019年10月25日

FFTというのがありまして、少しずつ理解が進んでいたのである てへ

  実はDFTを高速化するアルゴリズムであるFFTは手法がいくつかある。一つではない。だが、多くの信号処理の本では一つを紹介するにとどまる。FFTの解説がメインではなくてデジタル信号処理全般の本だとそうなる。
  だがデジタル信号処理全般ではなくFFTに特化した本では解説は詳しい。私が読んだ本では「高速フーリエ変換」E.ORAN BRIGHAM 宮川・今井 訳 1980年 がFFTのアルゴリズムの解説として分かりやすい本であった。
デジタル信号処理全般を扱う本ではDFTの数式から行列表示をして行列の分解をして、そこからFFTのアルゴリズムを紹介する。だが、行列の分解の規則性や回転子の指数の規則性が私には理解できなかった。 N = 4, N = 8とかの場合の数式と行列表示は計算すると確かにそうなるのだが根拠はなんだよ。天才エンジニアが数式を行列表示して行列を眺めていたら気づいたというのか。。。。。それは天才だからできる!!  凡庸な私は行列を見て、それを分解して・・・という話がわからないのだった。まー数学は徳井ではない。徳井は脱税疑惑だ。得意だ。数学は得意ではないのである。

だが、「高速フーリエ変換」を読んで、あ、そういうことかと。なるほどなあ、と。しかし、その本に書いてあるような事を書かずに行列表示からシグナルフローの一般化ができる・・人は天才ですね。数学的な基礎があるから本の行列の分解が可能なんでして。

というわけで、FFTの説明でよく出るシグナルフローは二種類ある。適当に分けた。
【フーリエ解析05】高速フーリエ変換(FFT)とは?内側のアルゴリズムを解説!【解説動画付き】

左が入力、右が出力だ。バタフライ演算がある。一つのバタフライ演算は入力が2つ、出力が2つだが列によって間隔が異なる。これは規則性がある。図ではも4,2,1 だ。

  これに対して次のようなものもあるのが対照的た。
image


  左が入力、右が出力だ。 交差の部分を見ると逆になっている。バタフライ演算は列によって1,2,4だ。入力と出力で順番が入れ替わっているのに気づく。共に。

この違いは数式を書いて説明すると簡単だが、概略は∑∑∑(数式) という場合に内側から計算するか外側から計算するかの違いである。
ここは数式を書かないと説明しづらいので略する次第である。てへ。

問題は図のWの肩の数字。指数の根拠。W^p のpの決め方というか規則性。そこらを解説する本は件の本ぐらいである。。。。。ってか、他にたくさん読んだわけではなく。

ただ、デジタル信号処理一般を扱う本では詳しい解説はない。そこらだな。やっぱ専門書は威力あるよ。入門書での説明不足を感じたら勇気をもって専門書を読みたまへ。ただし、一を知って十を知るという俊才連中は入門書の説明で理解するかもなあ。N = 8の例から一般化できるとしたら、それは素晴らしいと思う。

上は基数2の場合であるが、基数4,8・・とかも可能であるらしい。ただ劇的に高速化できるものでなければ使う側からすると基数2でいいかも知れない。用途によるだろう。

というわけでアルゴリズムの学習としてFFTを続ける。本の例題はCodeを読む。サイトの例題もCodeを読む。
そのうちデータを数万用意して計算時間の比較でもするでなって感じ。

posted by toinohni at 16:22| 東京 ☔| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

OneNoteというのがありましてん・・・・知っ寺ーーーー

Onenote2016ではなくWin 10に付いているOneNoteね。OneNote2016はMSが開発終了とか言うとったので乗り換えてしまったである。去年か一昨年かに。
OneNoteは検索機能があって便利だけど履歴が6つしか表示されない。縦に長い枠にして20ぐらいは欲しいであるぞな。
ctrl + f で検索窓が使えるのだが、そこでの検索は現在のページでの検索なのですね。なのですべてのノートで検索するには手動でクリック2回。まーそれはいいけど。

相変わらず勝手にフォントが変わる。腹が立つが昔からある症状であり、MSは知っていても改善しない。英語圏では害がないからだろかね。まータダなので文句ばかり言うてもしゃーないので使い方は自分で工夫するですの。
日本語入力モードから英語入力に切り替えるとフォントが遊ゴシックに変わるのは分かっている。だが文章を書いていて数字を書くときは英語モードにするのだわ。テンキーで全角を使うという習慣がオレにはないのである。そーか。全角数字いれて変換すればいいのか。あとでやってみようっと。あかん。
しかし、解決策はある。初めから遊ゴシックにすればいいのである。それならば勝手に明朝から遊ゴシックに変わるという症状はないのである。わっはっは。Fontなんて慣れだよ、慣れ。てへ

で、言いたいことはそこではない。今日、メニューの表示を眺めたら「翻訳」というものが。アイコンが。あららのらーー。いつのまに。きっと前からあるんだろな。
で、その翻訳はアプリの「翻訳」のようだ。英文をコピペして試したら全く同じ翻訳をした。

Hawks ace Kodai Senga outdueled 15-game winner Shun Yamaguchi and SoftBank cashed in against Yomiuri's bullpen in a 7-2 Game 1 win over the Giants in the Japan Series on Saturday.

The victory at Yafuoku Dome extended the two-time defending Japan champions' home winning streak in Japan Series games to 13. The Giants are making their first Japan Series appearance since 2013 and are aiming to be the first Central League club to win since 2012.

これを翻訳したら

ホークスのエース、金田千賀光大は15試合の勝者山口俊とソフトバンクを7-2ゲーム1で日本シリーズのジャイアンツに7-2で勝利し、金持ちの山口俊とソフトバンクを破った。

ヤフオクドームでの勝利により、日本シリーズ日本シリーズ2連覇を13に伸ばした。ジャイアンツは2013年以来初の日本シリーズ出場を果たしており、2012年以来初のセントラルリーグ優勝を目指しています。

   誤訳ですね。だいぶデタラメですね。金田千賀光大って誰よ?  金持ちの山口俊ってどこから出てくるんだ? 日本シリーズ日本シリーズ2連覇を13に伸ばした === そんなバカな!!

ついでだからGoogle翻訳を試してみると

ホークスエースの千賀浩大は15試合の勝者である山口俊を破り、ソフトバンクは土曜日に日本シリーズのジャイアンツを7-2で下した第1試合で読売のブルペンに勝ちました。
ヤフオクドームでの勝利により、日本シリーズの試合で2度の日本チャンピオンのホームウイニングストリークが13に延長されました。ジャイアンツは2013年以来初めて日本シリーズに登場し、2012年以来初めてのセントラルリーグクラブを目指しています。

まー意味は通るです。知っているからだけど。最後の文は共に間違っているけど。。。。。
これって・・・英語できませんが、何か?    のオレと同レベルじゃん(笑)

有料の翻訳ソフトって遥かにマシなんだろうが試す機会がないのである。GoogleもMSもAI研究に多額の投資をしているはず。人工知能だ、機械学習だ、どーたらこーたらだ・・・

Yomiuri's bullpen ---- MSは無視しとる。Googleは読売のブルペンと直訳しとる。野球だから読売の救援陣とか書いたらいいのに。まだ機械学習が足りないのな(笑)

未だに無料の翻訳は発展途上なのでして。早くオレのレベルを凌駕してくれたまへ。単に超えるのではなく凌駕してくれたまへ。頼むですm(_ _)m

英文の出展

https://english.kyodonews.net/news/2019/10/2f8f61d559ee-baseball-senga-hawks-blast-past-giants-in-japan-series-opener.html

posted by toinohni at 08:51| 東京 ☔| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月24日

芸能人の不祥事

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201910240000041.html

東京国税局に7年間で計約1億2000万円の申告漏れを指摘されたお笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)が23日、吉本興業大阪本社(大阪市中央区)で緊急会見した。

追徴課税を納付した。それで終わっている。で、何が問題なのか。知らんわい。

所得隠し・・・・ イメージダウンは避けられぬ。

posted by toinohni at 14:18| 東京 ☁| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たいていの学習の材料は無料で手に入る時代だが肝心のオツムの方はどうよ

FPGAの開発ツールは機能限定とは言え無料だ。Xilinx, Altera(今はインテル傘下)、LatticeはWeb versionを無償提供している。FPGAの販促という意味合いもあろう。だが趣味の電子工作マニア、オレみたいな暇つぶしジジイにはありがたい。
C言語、BASIC, Python, Fortran, Perl・・・・とコンピュータ言語はただで使える。しかも本を買えば出版社からソースコードはダウンロードできる。以前は本の付録としてCD,DVDとかあったが最近はダウンロードばかりだろう。
英語教材 PCアプリ、スマホアプリと膨大だ。ただし広告がつくとか。まーそういうタダで使える教材が多数ある。

では肝心のオレのオツムはどうか。FPGAの評価ボードはもうないしいじる気はしない。少し規模のデカイFPGAのボードだとCPU載っけてLinuxマシンにできる。そうなるとプログラム書くだけだ。プログラム書かないとね、動かないだよ。
数年前にBeagle Bone Blackというカードコンピュータかな、買った。1万円未満。それはDebianが動く。やることはポートを叩くだけだ。ようするにプログラム書かないと楽しいことはできませぬ。
まーそういうことだわ。

ツールや教材が豊富にある環境でレベルアップをどのぐらい果たしたか。そこだな。ボンクラ高校の生徒は予備校に行けば学力は上がると考える。行って勉強すれば学力は上がる可能性は高い。だがけ行けば上がるという考えて間の行って勉強する・努力するという肝心な事が抜けている。ボンクラ高校の生徒の発想はそういうものだ。

ようするに個人の資質というものは自分で努力するかどうか。そこだけだ。そして、そんなことしなくても別に困らないのである(笑) FPGAをマジシャンみたいに使いこなしたからどうだってんでー。Visual Studioでどしどしプログラムかけるぜ。。。って、それがどうしたんでー。
英語アプリでTOEIC点数800超えたでーーー。それがどうしたってんでー。

そういうものに感動はないのである。

で、実はいま考えている事があるが、黙っている。ヒントは中高大・社会人と新しい分野に直面した時に、理解した、わかった、そういう一瞬ってどういうものだったけなというところ。
アハ体験かよ。その一瞬って、嬉しいし、楽しいし。そこだなあ。

ツールがタダで、教材等もタダでたくさんあっても、それがどーだってんでー。という人が大勢だろうなあ。大衆はバカ、というのが大衆の定義らしいし。

おわり。

posted by toinohni at 14:09| 東京 🌁| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FFTというものがありましてん  ワケワカメ と゜っひーーー

教科書をいくつか読んだら分かってきた、どうして私が理解できないのかを。それはIQ88だからである。どっひー。
DFTの数式を行列で表して、その行列を分解していくのだが確かに本に書いてあるような分解だとそうなる・・・だが、その根拠がわからんちん。
そこだが、それはキチンと解説を書かない本が悪い。N = 4, N = 8とかの行列の場合に分解してこうなります、列の入れ替えが生じますのでシャフリングします、というのは分かるが分解の仕方がわからないし、回転子の指数の数字の根拠が分からない。
なので N = 8の場合から一般化できるって・・・・想像力が豊かでアタマがいい人向きですね。

しかしながら私は少しずつ分かってきた。本によって書き方が違うのはFFTのアルゴリズムに種類があるし、やり方もいくつかあるようなのだ。
その場合にバタフライ演算も係数が違ってくる。ここは、その方ではこういうバタフライ演算である、という認識をしてから見てね。別の本では違うから、係数が。

てなことが分かってきた。FFTのプログラム例をいくつか見ている。サイトにあった解説記事も試したが、これ間違ってるで、プログラムが・・・ってのもあったりして。

まーそういうことで一歩前進した。バタフライ演算の係数に注意だね。って数式書かないでこんなこと書いてもなんのこっちゃだけど。

posted by toinohni at 09:17| 東京 🌁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

FFTの思ひで!! なんちてーーーーって てへ

小池慎一「Cによる科学技術出版」 CQ 1987 ---- がamazonにあったので買った。送料込みで351円。本は1円で送料が350円。だが、その350円の根拠はなんだ? 日本郵便の料金はそんなにしないぞ、ようするに本を1円にして客を釣って送料350円から利益を出すって戦略だ。そこを本は250円、送料100円とかさ、正直にやるし客が釣れないのだろな。ワテは釣られてまんね。

30年ぐらい昔の本だが、その当時にこの本でC言語を学びFFTを学んだ。当時はPCはEPSONのPC-286だった。NECのPC-98より安かったのである。DOSだ。そして、C言語はTurbo-Cだ。デブのフィリップ・カーンが創業したTurbo-Cは当時は流行ったぞ。職場にあったの、黙ってもって帰って自宅のPC-286にインストールね。そして返して(笑)

で、再読したワロタ。誤記が誤記のままだ。そりゃ30年前の本で改定した本ではないからなあ。著者も気づかない・・・CQ社の編集も気づかない。読者は気づく。査読とかやってんのかね、CQ出版は。
バーーーか。

で、肝心のFFTだが。これは高速フーリエ変換と訳されているが字句通りにフーリエ変換を高速で処理するものではない。離散フーリエ変換を高速で処理するアルゴリズムである。単にフーリエ変換というと連続世界の話である。コンピューターで計算する際には離散化が入る。
離散フーリエ変換 DFT  を高速処理するアルゴリズムがFFTである。と、知っている人は分かっている。初学者はわからないのでフーリエ変換を高速で処理すると思ってしまう。間違いであるが、別に害はないようだ。どうせ、理解できないだろうから(笑)

そういうわけで再読したのだが、だめだ。誤記があるだけでなく記述の流れとして稚拙だ。
この手の本は例えて言うと初めは易しくちょろちょろと、半ばは難易度あがりパッパッと、終わりは難易度上がり・かつ駆け足でささーーー、と。という本ですね。
さらに文句言うと、指数の表現で文字が小さくで読みづらい。フォントを大きくしたまへよ、出版社は。

まー30年前の本だが、この手の本で読みやすい本を作れば売れると思うよ、CQ出版社さん。
読みやすい本とは数式が出てきて指数とか添字とかがたくさんある場合に、それを読みやすくするためにフォントを大きくすることだよ。
文章はサイズ12で書いていても数式はフォント16にするぐらいの工夫はしろよ、バカ出版社・・・・なんちーてな。

そういうわけなので、昔はフォントの変更が面倒だったかも知れないが今は簡単でしょ。。。。

つーか、紙の本である必要もない。出版社は印刷などしないで手数かけないで、その分は安く供給できるはずなのに、やらない。出版不況というが読みやすい本の工夫があるわけでもない。

つまり、30年前の本と今の本でCQの本には何の工夫もないわ(笑)って気づいた次第であるのます。

肝心のFFTのアルゴリズムに関しても著者は書いてはいるが舌足らずというかね、そこから一般化するには無理があるだろにと思った。
まー1円の本だからな。これで終わり・・・ではなくて、FFTのプログラムは写経して試すよ。最低でもそのぐらいはやりまっせ。。。。

posted by toinohni at 14:50| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アフリカの農業って農薬過多らしいぞ

https://edition.cnn.com/2019/10/18/business/smart-farming-africa-tech-intl/index.html

"Ghanaian vegetables were not making it to the EU countries because of pesticide residues on the fruit and vegetables," says chief operations officer Kenneth A. Nelson.

訂正。アフリカの農業全般の話ではなく、ガーナの農業の話である・・・らしい。
残留農薬が過多・・・どっかで聞いた話だなあ。
中国産とか・・・・場合によっては国内の農産物も残留農薬過多の可能性はある。農薬を使う限りはそういう可能性はあり。ただ、うまいこと管理していれば別だが実際はどうなのだろな。国内の農業での農薬の使用量とか統計を探すか。

農薬、化学肥料無しでは農業は成り立たない・・・・少なくともカネを得る農業は。という気がする。自給自作で自分が食べる分だけ農作物を作るという場合は農薬、化学肥料を使うかどうかは本人次第だ。
規模が大きくなると害虫駆除、作物がかかる病気対策で農薬は使う。その量の管理、安全の確保は誰だ保証するか。
自治体が農家の農作物の検査をしているのかどうか知らない。農協は出荷物の残留農薬が規定以下であることを毎日検査しているか?  知らんわい。

というわけで東南アジア・中国・インド・アフリカ等からの輸入野菜に注意すると同時に国内産も注意する次第であるぞなも。
まずは国内の農産物はどのようにして安全が担保されているのかを知ろうではないか、なんちーーーーて。
だいたい、農薬メーカーが国内にたくさんあるのに(たぶんな)、国内でも多用しているの当然なんでね(たぶんな)、その管理とか量の規制とかがどのような仕組みで担保されているのかワタクシは知らないわけですね。
まー、毎日 業務スーパーの一番安い豆腐とか一番安い納豆とか食ってますけど(笑)

で、EUに輸出できないガーナの農業ってどんなん?  って興味だが、こういうのをスイスイと読んで分かるようになるには英語のレベルを数段は上げないといかんという現実。
だって、こういうの国内の新聞社は記事を書いてくれないもの・・・・どうでもいいような記事はたくさんあるけどなーーー てへへのへ

posted by toinohni at 14:31| 東京 ☔| Comment(0) | 英語雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

プログラムの解説はどうあるべきか・・・なんちーてーーー

入門書というものは始めは易しく、途中から難度が上がると同時に駆け足になる。出来の悪い教科書もそういう傾向がある。
始めチョロチョロ、中パッパ、終わりは爆走!!  そういうパターンがあるのが出来の悪い教科書とか出来の悪い入門書だ。聞いてるか、先生!!  わっはっは。

FFTのアルゴリズムの説明。N = 4とかN = 8とかの簡単な場合の説明をしてから、いきなり一般化のプログラムが登場だ。なんで、そこから一般化ができるのだ? 
そのプログラムもCodeがズラズラと。コメントもほとんどなく。
そういうのいったい、初学者はどう理解しろと? 

N = 4, N = 8から一般化するにはFFTのアルゴリズムを数学的に説明してだね、根拠をキチンと示さないと。
シグナルフローを見れば一般化できるって・・・そんな学生は優秀な一部の奴でよ(笑) オレのような出来の悪い学生には無理ぃ・・・・ってのが多いと思うよ。

プログラムにコメントも書かないって…・・なんだよ、先生よ!!  データはこれこれに入れる、変数はこれこれである、ここらの処理はforループの3段になっている・・・このぐらいの説明はあってもいいと思うのだがなあ。

そういう例題を写経して。BASICだったので写経して動作見たら動かんのだった。Codeを見直したら無限ループになっている。本当に動いたのかよ、これ。先生!!
多分、先生のパソコンでは動作正常だったろ。本にする際に何かあったのだろ。デバッグ途中のファイルを本に載せたのではないか、先生!!

  わざと動作しないようにして読者にデバッグさせることで教育効果を高めるという作戦だったのかい、先生!!
  出版社は編集が無能なので、こういうバグがある場合に出版社に連絡する方法も書かない。本を出したら出しっぱなし。ミスがあったら修正しろよな・・・今では出版社サイトでサポートがあるのが普通だけど。昔はそうではなくてな。

というわけで古い教科書のプログラム例を見て、ワテはむかっ腹ですわ。こんな本を買ってしまって、ちょーーーくやしーーーでして。

posted by toinohni at 13:09| 東京 ☔| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユーセンって昔からインチキで話題性があったが・・・

電柱に勝手に自社のユーセンの回線を引いて有線放送の事業をしていたと悪徳で有名な宇野のユウセンだろ・・・と思い出した。ただ、良いところもあって宇野は一時期はベンチャーの雄とチョウチン記事も出ていた記憶がある30年ぐらい昔か。
2000年代では光回線をマンション等の集合住宅に供給して、VDSLだね。低価格でそれを始めたのだった。

だまされ続けて この道 数十年 ワテの右に出る者はおらへん キリッ)

そのワテはユーセンだかU-COMだかがマンションに売り込みに来た時の説明会に出たの思い出したわ。当時はADSLだったからね、ワテは。局から遠いので2Mbpsぐらいだったわ。これが10MbpsぐらいだったらADSLを使い続けたであろう。
U-COMは4年ぐらい使ってから解約した。解約して次はキャッシュバック狙いでKDDIの回線とプロバイダーはauとかで(笑)
まーしかし、U-COMは組織としては不安定だ。離合集散というか。2000年代後半ではGyaoの失敗も原因か知らないが分裂した気がする。GyaoはYahooに売られ、回線ビジネスもどっかに売却した…・きがする。
だが、いつの間にか回線ビジネスは復活していたようだ。アルテリア・ネットワークスという会社名になっていて。旧U-COMがアルテリアになったわけではないと思うが。
そのアルテリア・ネットワークスも今は名称変わっていて。旧U-COMは今はU-NEXT光とか言うのか。
たまにチラシが入っている。うちのマンションの玄関端にU-COMの箱がある。それはVDSLだで。
だったらU-Next光とは違うのでは?  U-Next光はフレッツ光を使うのだろ? 
 
そういうわけなのでイマイチ ワテはわけがわからんのだ。四半世紀ぐらい昔にユウセンと仕事をした事がある技術者がたまたま職場に転職して来て、あれはヤクザだよと笑っていたの思い出した。まー無断で電柱に自社の回線這わす連中だからな、まともであるわけがないわ。
それから30年ぐらい過ぎて。体質は変わって良質なサービスをリーズナブルな価格で提供する有料企業になっているかも知れぬ。
ただ、価格コムのプロバイダーにはU-COM, U-Nextは出てこないがな(笑)

posted by toinohni at 12:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドローンがアフリカの農業に貢献するかどうか

Acquahmeyer's drones check leaf color and soil quality, producing reports on the crop's health.

https://edition.cnn.com/2019/10/18/business/smart-farming-africa-tech-intl/index.html

消毒液とか農薬とかをドローンが散布する?  うーーむ。畑には写真のように木々もあるぞ。操縦は慎重にね。
これが実用レベルかどうかは知らないが実用レベルだとすると国内の農業でも既に使っているかどうか。
農業の現実というか実態というかワタクシはあまり知らぬである。ワテの実家の近所ではジャガイモ作っている。ジャガイモ畑でこういうふうに消毒液を散布できれば作業する人は楽になるなあ。うむむむのむーーー。
ジャガイモ畑はウネ 畝 うね があるので人は歩く事はできる。タンクを背負ってだね。
だがサトウキビ畑は歩けない。植えた直後は歩けるけど成長すると歩けない。
うむむむ。農業の効率化とか作業の軽減とかでこういうの役立つといいなあ。

こういうのは各地の農協とか農業改善委員会とか(あるのかどうか知らないが)が研究しているであろう。調査しているであろう。
そして機材・機器のメーカーが儲かる可能性も出てくる。儲かるのはそういうメーカーであって農家には入ったカネはそこに流れたりシて・・・・てへてへ。

posted by toinohni at 08:54| 東京 ☔| Comment(0) | エレクトロニクス雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする