2019年12月06日

機械学習とかAIとか・・・昔からある技術のどこが大進展したのであろうか

2000年頃に「CAIディジタル信号処理」コロナ社 という本を買い。当時はカネがあったので本は買う。図書館は利用したことはないワタクシであった。だって図書館に行く時間がなかったのだもん(笑)
その本の中でニューロンとかニューラル・ネットワークとかの初歩的な章があり例題もあったので試した。言語はBASICだったかも知れないがC言語で書き換え。
数字の0,1,2…9 を認識するという簡単な例だった。それを試して思ったのは、ああ、これで郵便番号のコンピュータ処理かい。
その応用を広げればA,B,…などのアルファベットも認識できるわなあ、原理的には。

で、2000年頃はワテの興味はそこで止まった。まさか、その延長上でAI将棋がプロ棋士に買ったり、囲碁ソフトが囲碁の世界チャンピオンに勝ったりするとは妄想もしなかったわん。

まー普通はオラのように凡庸なる善良な市民は目端が効かぬ。その本のニューラルネットワーク・・・・パーセプトロンとか言うとった気もするが、脳を模倣するにしてはチャチすぎて役立たん・・・・と思っていた。

事情が変わった。漫才でルイ16世とかいうのがワイングラス持って、・・・それも2000年代だったと思う。
そう、事情が変わった。

単純なパーセプトロンは進化したのである。単純に言うと入り口、中身ひとつ、出口という3つの構成だったものが、中身が数百、数万ぐらいに拡大したのである。
中間層とか、隠れ層とか言う。一気に規模が数桁も拡大したのである。この中間層が膨大になった構成を、深層という。深層学習をDeep Learningと訳しているが字句通りに深く学習しているのではない。ただ、膨大なパラメータを最適化するという作業を学習に例えることはできる。

英語はディープラーニングである、なんていうバカは流行の言葉に乗っかろうしているだけで何も理解してはいない。自分の妄想でDeep Learningを適当に解釈して宣伝に使っているだけの無能でる。そして、騙されるバカもいる。バカがバカを騙す構図の典型である(笑)

そういうわけだが、どのようにして膨大なパラメータを最適化するか。そこは昔から研究されているわけであって。
これも単純に言うと、入力にリンゴの画像データを与えて出力にリンゴです、って出るようにパラメータを決める。それが決まったとする。するとリンゴの画像を与えるとリンゴだ、という。
バナナに対しても同様に。いちごに対しても同様に・・・・
このように果物を100種類も学習させる。すると、学習した100種類の果物から一つを与えると確実に正解が出る。教科書的に言うと、教師あり学習というものだ。
では、そこに学習していない腐ったリンゴを与えるとどうなるか? 

  ここらを考え始めると機械学習とかAIとかが面白くなる,と思う。 我々は、人は、例えば、apple = リンゴだと習い、知る。そこに、applfと出てきたら・・・リンゴではない。タイポだ、間違いだ、誤字だと勘づく。そこをソフトではどうするか。
ここらを考えるとAIだ、機械学習だ・・・という話とも関係なく、人ってどのようにしてここらを判断しているのか? って興味が出てくる。

ソフトであれば、それはappleの可能性が70%です、って表示するかい。applfはappleと間違った可能性があります、と表示するかい。ここらだ。ここらがAIとか人工知能とかが興味深いところなのだ、ワタクシにとっては。

学習結果を総動員して、それは間違いの可能性が80%あります、と言うのも一つの策ではある。だが、人はそうしない。
そりゃ間違いだろ、と判断する。このレベルまでAIの実力を上げたい、と昼寝していて夢で考えた次第である。

posted by toinohni at 18:56| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seesaa Blogの広告

さっき、気づいたが右側に広告が出ている。広告がでる設定ではないはずだが。設定を見直す。見直して、広告を消す事ができない場合にはSeesaa Blogは削除する。

消した。

で、広告があるから成り立つビジネスだということを、ちみぃは理解しているのか?  というツッコミは無視するワタクシである。

広告というものは・・・・・

騙され続けて数十年、ワテの右に出る者はおらへん、キリッ)  

             広告とか宣伝とか勧誘とか、絶滅しやがれ(笑)

posted by toinohni at 18:08| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人工知能 AI 機械学習とかが一時期は話題になったが

数年前にGoogleのなんとかが囲碁の世界チャンピオンに勝ったとか、国内ではもう名前も忘れたなんとかいうアプリだかコンピュータシステムだかが将棋の有段者に勝ったとかが話題になったものの、当時に出たソフトバンクのペッパーは今は忘れ去られ、AIだ、人工知能だと言ったところでろくな売り物がないってのが実情かなと斜めに構えてみたワタクシである。

騙され続けて数十年、ワテの右に出る者はおまへん、キリッ) 

そういうわけなので技術系サイト等で宣伝があると、まーたインチキっぽい事をやろうとしているなあ、こいつらは、性懲りもなく(笑)

で、将棋のプロの高段者とAI将棋の対戦ってのは毎年、リーグ戦とかないものなのかい。人もAIもレベルは向上するんでないかい。もっとも人が知恵を絞って新しい戦法を考えても、それをAiが学習してしまったら・・・・ってことになるのかい。
囲碁にしても世界チャンピオンとGoogleソフトで毎年、対戦があると面白いのになあ。

人間側が負けるのヤダから対戦はしないことにしたのかに?  どうだろに? 

で、AIとか機械学習とか人工知能とか掛け声は聞くのだが、ソフトバンクのペッパー路線は消えたようだし。代わりに素晴らしいロボットもどきが出てきたわけでもないし。
ただ、この分野のエンジニアを高給で採用しようとする動きがあるようだから企業は何かたくらんではいるのだろうなあ。

何かモノが出てくるのか、新しいサービスが出てくるのか、目端の利く賢い連中が今頃は必死こいて。。。。。なにかやってるフリだけしてたりして(笑)

何かやろうとするとね、カネがかかるんですよ、採算とれるようなものでないと企業はゴーしませんし。
米国のなんとかロボティクスを買収したソフトバンクは次のモノを出して来ませんかしらね。
ロボットがバク転したり跳び箱飛んだり・・・・そういう動画は面白いんだけどなあ。

AIではないがドローンもさ、ハイパワーになってオレを吊り下げて飛んでくれぃ!! 
宅配をドローンで・・・・・って話も数年前からあるが、どうだろなあ。
車の自動運転も・・・・
なにがしかの掛け声だけは聞くのだが実態がなかなか見えぬ時代でありますね。宣伝するのはカネかからないからね。テキトーですね。

posted by toinohni at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

Win 10 タスクマネージャーは万能ではないのである なんのこっちゃ?

Win 10, DELL OPTIPLEX SFF うろ覚え。これの右下のタスクトレイに、Intel Driver & Supportとかのアイコンが出る。そして、更新が可能ですと出る。Graphicsの。そんで更新すると、あんたのパソコンのデバイスは更新不可能です、メーカーに問い合わせてくだされ・・・などと出る。
要するに、更新できない。
だったら、このアイコンがでなくなるようにしたい。出ないでくれ。邪魔だ、バカタレ!!

と思って、タスクトレイのスタートアップにある、Intel Driver & Support Assistanceってのを無効にした。それでスタートアップしないはず。
電源切って、入れて。

PC使っていたら、あららら、アイコンが出とるじゃん?  なじぇ?   スタートアップにはないのに、なじぇ?  知るかよ。

というわけだ。

これ止めるにはスタートアップで無効にしてもダメだったのでGoogling。

サービス管理ツールで設定するんだって。

いろいろ あるもんだなあ。

posted by toinohni at 12:01| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TensorFlow というものがありましてね、えーえー、名前だけはしっとります

Tensorflow活用ガイド、下田他 技評 の3章の画像処理の画像合成の dcgan.pyを実行。

step 50000 でこんなんが出てきた

image

こういう画像ファイル 500作ったである。30分ぐらいかかったかも。

自慢じゃないが、内容は理解しておらぬ(笑) とりあえずクリック、クリックたのしーの段階である。本の解説を読んでもわからぬ。2,3ページしかないし。

どうやら機械学習とかいうものは大量のデータが必要であるようであるだぉ。で、演算みたいなことを本格的にやると CPU パワーが必要であるだあぉ。それどころか、GPUも使いやがれ・くださいって言う話だぉ。
これって、オツムが弱く かつ 貧乏・金無しのワテには無理ぃって話だお!!

だお、だお、だおーーーん!!

  まー冗談はともかく、機械学習、AI、TensorFlowってものがどういうものであるか、その感触を得る、概要を知る、それだけでいい。
オツムは鍛えれば良くなる、貧乏・金無しは蟻みたいに働けばなんとかなる。・・・って話でもなくてよぉ。

この本では次の章で自然言語処理、その次で音楽と続くのである。まーどういうものか知るためには全部なぞってみる・・・・つーか、ワタクシに出来ることって、まずはそこなんでして

あら、しょんぼり、 (´・ω・`) うむ。MS-IMEとGoogle-日本語の違いであったか。

posted by toinohni at 10:19| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tensorflow活用ガイド 下田他 技評2018

Sampleは3章と6章。3章は画像処理。DLして試したが・・・・試そうとしたが動かんのであった次第である。

原因・・・大したことはない話。データは指示通りサイトをアクセスしてDLして解凍したのだが、そのFolderをどこに置くか?  という問題であった。
DLしたファイルの内容と本の内容が違っていたのですわ。

topdir = os.path.join('images_background_small2', 'Japanese_(katakana)')   # OK

#topdir = os.path.join('data', 'images_background_small2', 'Japanese_(katakana)')

上が本の記述。下がDLしたファイル。
joinでpathを得るのだが、そのpathどおりにFolderがあればいい。なのでmlp.pyがあるFolderに、/images_background_small2/Japanese_(katakana)というのを配置すればよいのであった。

この本は初めの方はWindows対応だと思っていたら章によってはMac対応になっていたりして、何だぎゃー! 
  wget使っているからLinuxもあるで・・・いや、それはMacにもあるかもなあ、Macはまったく使ったことがない。
というわけで、Win10使用で全くのPyhton初心者だと試す事も困難であろうよ(笑)

ワテみたいにテキトーにWin 10を使い、たまにUbuntuも使うという暇な人には良い暇つぶしになるでばらん。
ちなみに冬になって牡牛座のアルデバラン、オリオン座のベテルギウスなどが見える夜がたまにある・・・といいなあ。
オリオン座のベテルギウスは星としては終末に近い、超新星爆発は時間の問題だ、と言われている。ただ、宇宙規模での時間の問題だ、というのは数百万年のスパンがあるでばらん。
で、ベテルギウスって「脇の下」って意味だよーん。これは我が西東京市の多摩六都科学館のプラネタリウムを見た時に説明員が解説していたので覚えている。
喫茶店やレストランに ベテルギウス って名前をつけるのは恥ずかしいなっとかで少し笑いをとっていたでごわす。

で、上の本の3章に、画像合成として dcgan.py というコードがある。DLした。動作する。動作している。これが膨大な数のファイルを出力するである。
step 24009 : g = 5.8393  d = 0.033   とかの表示。一回は動作みたいので終わるまで動かすが、step 100万までいったらどないする? 

肝心の内容だが・・・・・理解できぬ、ググッ。

posted by toinohni at 09:47| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Let’s Encryptが切れる・・・・とかの案内が来たである

余ったDELL LATITUDE E6400(Core2 duo 2.5GHz, 4GB Mem, 100GB SSD)にUbuntu 18.04LTSを入れて、Linuxのお勉強だぜ。。。と春先に鯖を建てた。偉い!!
   それから最近はSSL化が普通だよね、じゃワテもやってみますとサイトの解説記事を真似て無料のLet’s Encryptをインストした次第である。
そしたら3か月ぐらいで有効期限が切れまして。再度、インストした気がするが、それから3か月が過ぎようという今日この頃。切れるでーーと案内が来たのである。親切である。感謝である。

で、どうやって更新するんだっけ・・・・ てへてへ

$ certbot-auto renewと叩けばよい・・・・・らしい。だが、やってみたらワタクシのUbuntuはそんなコマンドはナイダギャーという。
あれれれれ。
で、調べたら、/certbot/というFolderがあるでばらん。そこにあったとでごわす。
なので、cd certbotとしてから コマンド 叩いただぉ。すると処理が始まって、ヤタッと思っただぉ。これで安心、おいらのサバも安心のSSL対応、https:// なのである。

と思っていたら、ダメだっただぉ。処理の最終で赤い文字が数行出てだぉ。英語だからチンブンカンブンだお。でも最後の行に、Failedって単語があっただぉ。

ようするに、更新に失敗しやがっただぉ。だおーーーん。悲し~だぉ。

というわけでLinuxをいじるの半年ぐらいかな、だぉ。コマンドほとんど忘れてただぉ。それで少し復習しようかなーーーだおな次第である。

いや、簡単に言うと、更新する前にapach2を停止しないと更新できないの。使用中のファイルを変更するわけにはいかないんだぉ。

sudo systemctl stop apache2

これで停止してから上の更新コマンドを叩くといいだお。更新後にはapach2をrestartするだお。

というわけで次第であったでござるの。

https://toinohni.dip.jp/

https://toinohni.dip.jp/

https://toinohni.dip.jp/

さあ、みんなもアクセスするだお!!  

これはLog Fileを見たりネットワークのお勉強をしたり、Linuxの使い方を習ったり、まー学習用なのであるぉ。
ところが、ワタクシは問題を発見したのである。史上最大の発見!!  記憶が消える!!  鯖を建てたころ、半年ぐらい前はLinuxのお勉強だ!!  と LPICという本を中古で買ってLinuxのお勉強をしたであるぉ。ところが、一か月ぐらい放置したらすっからリンコンであった次第である。
つまり、Linuxのコマンドやそのオプションを覚えても意味がない。どうせ忘れる。試験用に覚えても意味がないと判断してLPICは放棄した。

ワテの場合には必要に応じてGooglingしてLinuxを使う、それで十分だ。覚えないでいい。どうせ忘れる。ならば、わっしの記憶脳はインターネットにあってGoogleが入り口である、と考えるのである。
試験用に記憶してもすぐに忘れるのであるから覚える努力は無駄である。そんなのは学生がやればいいのである。わっはっはである。

そういえば三角関数の公式だって思い出せん。いや、導き方は分かっているから5分ぐらいで公式はいろいろと書き出せる・・・が、そんなこと意味がない。公式集を見ればいい。
一度、学習して、ある程度は使えたものであればそれでいい。必要に応じて調べる。

まーだいたいな。上の場合のcertbotのFolder、更新前にapach2停止、なんてものは以前もやったのによ、忘れていたで。

さらにLinuxの場合にはコマンド叩いても動作しないわな。どっとスラッシュ が必要だし。半年ぐらいLinuxをいじっていないとスッカラリンコンになるという経験則ね。

posted by toinohni at 08:13| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月04日

AI, 機械学習, 深層学習・・・・で、どのような結果が?

鉄腕アトムのようなロボットが登場するわけではない。ソフトバンクのペッパーは出来が悪くて消えた。
そもそも考えても見ろ。パソコンは目があり、耳があり、口があり、顔がある。つまり、ハードウェアはかなりのレベルでとっくにあるのだ。それを活かすアプリは皆無だ。なんでだ。知るかよ。

てなこというと、スマホの音声認識利用したアプリが改善続けている・・・よね、と。

PCアプリでかなりのことが実現できそうだ。ただ、動きは無理。

Googleの翻訳は低レベルだ。オレと同レベルだ(笑) 有料の翻訳ソフトはマシかもしれないが試す機会がない。

AI技術者を大手メーカーが高給で採用するような記事をいくつか見たのだが、それで何をしたいのであるかね。
何かをやるにしても、この手のサービスは米国発だ。Google, Amazon, Microsoftの後追いをしようとしているのか。

技術者のマスターベーションってレベルが現実だろに。

AIが目標ではなく、その向こうに目標があってAIは手段である、というビジョンが皆無なんだな。

よっしや、酒のんで偉そうな事を書いてみたぞ(笑)

posted by toinohni at 14:41| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TensorFlowってものがあるんですよ、なあにぃ やちまったな””

TensorFlow活用ガイド 技評2018  ってものを読んでました。出版社から例題をDL出来る・・・と思ったら3章、6章に限定されてました。
よって、2章の例題は写経です。書き写しであります。

で、動いた!!  よかった!!  というものもありなのですが、動かんぜよ、ゴラァ!! 

というものもありまして。

可視化のところで。次の記述でエラーが出やがりまして(笑)

    from   tensorflow.contrib.keras.python.keras import callbacks    # 追加 Board用

これね、ないって言うのよ、バカタレ!!
ModuleNotFoundError: No module named 'tensorflow.contrib.keras.python'

これはOK。後ろに、.python.kerasってつくModuleがないって言うとるわけ?
import tensorflow.contrib.keras as keras

Python 3.6.6 + Tensorflow 1.7.0 だっけな。本とは違うけどね。

しゃーないな、Visual Studio 2019 Communityで試して見るかい。

こういうのな、何かやると弊害というかどん詰まりというか、出くわす。ここらに楽しみを見出すことができればパソコンでコンピュータ言語で暇つぶしってカネがかからぬ最良な趣味になるんだけどなあ。今の所、バカタレの鎌足!!   意味不明。

posted by toinohni at 09:03| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

TensorFlowというものがございまして・・・・ほーそれは食えるのか?

[表紙]TensorFlow活用ガイド[機械学習アプリケーション開発入門]

Pythonである。ここでPythonの知識が必要になる。さらには環境があぁーーーとかの話もある。Anaconda使っている。インストールは > conda installl pands のようにしている。
Python VersionとTensorFlow Versionは組み合わせによっては動かない。
Python 3.6用のTensorFlowでないといかんみたい。そこは
> conda install tensorflowのようにやって画面見ていたら途中で次のいくつかは、Degradeしますって出た。3.7用から3.6ように格下げしたですぜ。それだと動いた。俺んちのでは。

てなあたりは大した問題ではない。
さらにPythonの復習としては、List、配列とNumpy Arrayは必須。numpy.arrayだけでいいかもだけど。
まあ記述を見て知らないのがあったら調べつつ進むべし。行列の演算も行列としての掛け算なのか、要素ごとの掛け算なのか・。・・・・ Maximaでもあったし。

http://gihyo.jp/book/2018/978-4-7741-9504-9/support

サポートページにサンプルコードがあった。全部ではない。3章と6章の。とりあえず、DLしてクリック、クリックたのしーなをやってから記述を精読します・・・予定である。

  正誤表もあった。

さー、DLしてクリック、クリック・・・・お、動いた!!  やった!! よっしゃ、終わり・・・のパターンかもな。

posted by toinohni at 08:38| 東京 ☀| Comment(0) | ソフト系雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする